FC2ブログ

現場から、

20190625074043457.jpeg

これがらっきょう剥き現場の過酷な様子です。
みんなたちは、
美味しい花らっきょうなど食べることがあったら、
美味しい!美味しい!の他に、
お手間入りで本当にご苦労だったでしょう、
ありがとう!
と必ず思って欲しい。
大量のらっきょうを剥いた、おばさんかおじさんか、
お姉さんかお兄さんがいるんだよ。
想像以上にお手間なんだよ。
是非とも感謝を忘れずにね。
2019年06月25日 | Comments(0) | 未分類

やはりイかれてた…

今年のらっきょうは漬けは漬けたはなから食べ始めて、
うまいうまいと娘にもあげたりして、
どんどん減っている。
ふと生協で三年子今期最終というのを見かけたら、
あと1キロだけやるかと、
あんなに皮むくのが大変だったのに、
買ってしまった。
私は正真正銘のいらんことしかやらない気狂いである。
我ながら驚く。
今日届いたんだけどこの前にも増して、
粒が小さいさすが。笑
球根の植物を植えたことある人はわかると思うが、
翌年は球根が幾つもに分かれる。
それと同じで三年子は三年間で小さく枝分かれした、
らっきょうなのである。
普通のサイズの三分の1から四分の1、
もっと小さいのもある。
その分きめ細かくしっとりとした感触になる。
当然同じ1キロでも剥く数は4倍以上か。
今日剥き始めたが途中で疲れて明日に持ち越し…
しかし私のらっきょうはかなり美味しいので、
味噌、黒豆などについで人気アイテムになる予感。笑
豚モモ肉の味噌漬けもお歳暮などに最適な品だし。
かっこいいパッケージで売り出そうかしら。
2019年06月24日 | Comments(0) | 未分類

世話がやける

昨日は初めて雄花と雌花が同時に咲いたので、
いそいそと花粉を付けてみた。
ただし、その後雨が降ってきたので、
上手くいったかどうかは怪しい。
翌日と翌々日に咲く予定の雄花があるが、
今度は雌花の方がまだ小さい。
花粉は保存できないものか、とおもった。
こう言う時は樹木医ムササビの出番ではないかと、
メイルで聞いてみた。

同日に咲かないと難しいが、ネット情報では、
咲いた雄花を切って冷蔵して成功した例はあると。
もっとびっくりした事実は、
受粉能力は咲いてから数時間したらなくなるから、
人工授粉は遅くとも朝9時までだと!
どんだけなりにくい設定なんだよ!

朝から雨だが雄花が咲いていたので、
ダメ元で切ってきた。
明日はまだ咲きそうにないから、
2日待たせることができるか、
世話の焼けるピーナツかぼちゃである。
2019年06月24日 | Comments(0) | 未分類

数字嫌い

数字というのは確かにわかりやすい。
100グラムの2倍は200グラムで、
200グラムは100グラムより多い。
多ければいいかといえばそういう訳ではなくて、
粉を2倍入れれば美味しいケーキが焼けるわけではない。
しかしお金の話になると人は、
もう何の条件もつけず、ただ多ければいいと思うようだ。
どんな方法で稼いだものかも、
親から相続したもので、本人の努力と無関係でも、
何も問題にしないで沢山持っている人がすごいという、
そういう話になるようである。
数字の多さを誇るタイプの人と言うのは、
年収やフォロワーの数やそういう数字で、
単純に威張ることができる。
これは昔も書いたかもしれんが、
我々中学で英語を習った時、
数えられる名詞、数えられない名詞と言うのがあった。
数えられない名詞は、美しさとか幸せとか、
計量的に数字で比較できない。
数字の好きな人たちは、数えることに熱心で、
抽象的な価値には目を向けない傾向がある。

数えられないものが良いのは、
勝手に盛ってもいい所。笑
ベリマッチでいこう!
2019年06月23日 | Comments(1) | 未分類

コービンの話

コービンの本を読んでいて、
あー同じだなぁと思うところがある。
コービンが労働党の党首になってから、いっときも休まず、
党本部と事務方はコービンの邪魔をし続けていた。
そして総選挙になってもそれをやり続ける。
反コービン派の議員に手厚く選挙資金を配分し、
他党と接戦になっている候補は無視。
コービンを引きずり下ろすためなら、
選挙で自党の議席が減っても構わないというわけである。
これ、共産党と組むくらいなら、
自公に負けても構わないという野党共闘の話と同じである。
コービンのチームは政権とも身内とも、
戦い続けなければならなかった。
多くの国民が味方についてくれたからよかったが。
2019年06月23日 | Comments(0) |

今朝の散歩

20190622163440301.jpeg


朝早く公園に行くと、
大抵かわしまさんという優しいおじいさんがいて、
何かしらちょっとだけどおやつをくれる。
うさぎちゃんはもちろん一目散に駆け寄るのである。
お利口におやつを待っている、
はなちゃん、にこちゃん、うさぎちゃん。
彼ははなちゃんを連れてきてるんだけど、
よそのうちの犬らしい。

この後公園で待ち合わせた三人と連れ立って、
いっちーの家に。
大量に生まれたメダカを何とかしたいというので、
私がメダカいらない?と聞いたら、
何と四人も希望者がいた。
そのうち三人を連れてメダカをもらいに行った。
うちのメダカもここから来たのである。
メダカ利権は全然うはうはしないけど、
ま、よかった。

明日はついに雄花が咲きそうである。
雌花も一つ咲きかかっているが、
これはお尻の形がちょっと曲がっている。
もしかして象虫にやられてるんではないかと心配だが、
取り敢えず花粉を付けてみたい。
このまえ象虫見かけたんだよね。
2019年06月22日 | Comments(0) | 未分類

途中

20190621073939cc0.jpeg

木彫の途中を、恥ずかしながらお見せしよう。
一般的には大まかな形は電動の糸鋸で、
切り出すようだが、
うちは平安時代なので電動工具はない。
(ボンドはあったけど)
そこでめったやたらと鑿で彫っていたが、
松井製作所の跡地でハンディなノコギリを発見した。
これが結構役に立って少しはかどった。
それにしてもけっこう行き当たりばったりで、
適当だけど。
ま、こういう形の哺乳類は沢山いるので、
これでは同定は難しいだろう。
内緒だけど、目指してるのはネコ科ね。
2019年06月21日 | Comments(1) | 未分類

マニフェスト

今コービンのんの本を読んでいるが、
労働党のマニフェストが出てくる。
これが素晴らしくて、いいなぁと感心した。
一つ一つの項目が合わさって、
コービン労働党の目指す社会の像が、
くっきりと見え、非常に魅力的に思える。
インパクトもある。
それを読んでいた直後に、
えだのん立憲のマニフェストが、
出たわけだが、比べると腰が引けてて中途半端。
99パーセントが絶対支持したいと思えるような、
魅力に欠けるかなぁ。
2019年06月21日 | Comments(0) |

むかつく

今朝の三つ目の雌花が咲きました。
何か美味しいものがあると見えて、
ありが集まっています。
午後には萎む予定です。
雄花は全然咲きそうにないです。
相変わらずダンゴムシは茎を食べているし、
そのうち枯れるんじゃないかと、
私は気が気ではないというのに。
ピーナツかぼちゃむかつく。
2019年06月20日 | Comments(0) | 未分類

はぴばすで

うさぎは4歳のお誕生日を祝して、
生まれて初めて散髪した。
デブが丸出しになった。
今朝の散歩では大方の犬友たちに好評であった。
元革命家の親切な外人は目がハート型になって、
可愛いぃ、と叫んでいたし!
トリミングのお姉さんにもらった、
大粒真珠入りのピンクのチョーカーも、
似合わない!と大好評であった。
このお姉さんはウサギがお利口にやらせたと言って、
500円おまけしてくれた。
すごいでしょ。やればできる。
私はうさぎはフグに似てると気がついた。
骨盤が上がって、だいぶ尻尾が上向くようになった。
もう一息であるが。

20190619081536c8d.jpeg
20190619081537aad.jpeg
20190619081538a76.jpeg

2019年06月19日 | Comments(2) | 未分類

国益

コービンの本は面白いが、
日本でもイギリスでも同じで、
庶民の味方戦争反対差別を許さないというような、
普通の主張をする人を、
既得権益層が狂ったように攻撃するのが、
呆れるばかりの酷さである。
コービンの国民の利益を重視する政策が、
国益を損なうという主張はおかしい。
国民の利益こそが国益ではないか。
国益というのが他の国との経済的競争力であると、
権力者は言うし、それを信じ込まされている人もいるが、
国内が安定して平和でみんなが食べていけることが、
国としての利益であり、それなくして、
そもそも経済競争などできるわけがない。
くだらない権力争いに終始して、
それにエネルギーを使っている間にも、
種の絶滅は進み生態系の破壊が加速している。
本当に人間は愚かで困ってしまう。
バーカ。
2019年06月18日 | Comments(0) |

失敗!

木彫であるが、
昨日早くもついに失敗した。
鑿ではつっていて、大事なところまでヒビが入って、
欠けそうになった。
この手のミスはありがちとわかっていたのだが、
防げなかった……
迷わず奈良時代にはなかった木工ボンドを取り出し、
くっつけた。笑
こんなことで大丈夫なのか、わし?
たぶんダメだと思う。
2019年06月18日 | Comments(0) | 未分類

ピーナツかぼちゃ、、

私はピーナツかぼちゃが、
何を考えているのか本当にわからない。
二本のうちやや小ぶりの方もけさ雌花が咲いた。
相変わらず雄花は蕾である。
昨日咲いた方もしばらく粘っているのかと思いきや、
午後にはもう萎んでしまって、
朝顔かよ!と厳しく突っ込んでしまった。
私が口出しするのもアレだけど、
タイムテーブルの設計に問題はないのか?
真剣に結実する気があるのか心配になる。
ピーナツかぼちゃは謎の生物かもしれん。
2019年06月17日 | Comments(0) | 未分類

新たな心配が

201906160756140fe.jpeg

かぼちゃの雌花が咲いた。
鮮やかな真っ黄色の花である。
これは是非とも結実して欲しいのだが、
雄花がまだ咲いていない。
人工授粉させる気満々でいたのだが、
花が咲かないとどうしようもない。
これは虚しく枯れる運命かもしれない。
こういう事は2本ぐらいしか植えない家庭菜園では、
ありうることらしい。
タイミングが合わないって奴。
雄花の蕾はたくさん付いているがまだ小さい。
全く気がもめる。
2019年06月16日 | Comments(0) | 未分類

注文していたもう一冊

もう一冊買ったのは、
「候補者ジェレミーコービン」

この本の翻訳者の藤澤さんのツイートで、
コービンの事は、
リアルタイムでワクワクしながら追いかけていたが、
それがそっくり立派な一冊の本になっている。
これが面白くて止まらない。

残念ながら岩波の本はどうも装丁が好みでないなぁ。
2019年06月16日 | Comments(0) |

なんと千代鶴是秀!

だいぶ前から結構気に入っている彫刻家がいて、
作品の画像を保存したりなどしていたが、
今回木を彫り出して、あの人のはなんの木だろうかと、
ちょっと調べてみる気になった。
そしたら本を出していて、
これを見れば作品も一杯でてるみたいしと、
軽い気持ちで注文した。
そしたらなんとまぁ、完全に恐れ入ってしまった。
だってあの千代鶴是秀の道具を使っている!
お祖父さんから受け継いだものらしいが、
完全に正統派の本格派だった。
私の気に入った作品はどれも面白い。
フォルムのラインが実に私の好みなのである。
そして木は樟ということやった。
しかしここまで手の届かない世界の住人だったとは。
お道具が違いすぎる。
全くもって挫けてしまった。
でも少しづつ彫ってるけど。
恐れ入ってばかりは私にはよくないから。
人間は有史以来なんやかんや彫ってきた。
素人だろうがそこらの彫刻刀だろうが、
おばあさんだろうが、
彫ってはいけないという事はないやろ。
2019年06月15日 | Comments(2) | 未分類

五日市憲法

この前の号のビッグイシュー、
まだ読んでない記事があった。
「五日市憲法」について。
名前しか知らなかったが、
これは予想以上に凄いものであった。
幕末から二十数年の間に日本の各地で、
民間人による憲法の草案が実に102も!作られた。
その一つである。
長く続いた江戸幕府が倒れたこの時期、
新しい国のあり方を、一般の人たちが真剣に考えた。
五日市は絹の道の要所として栄えた場所である。
当地の旧家深澤家の当主は、
東京で出版される書籍を買い集め、
地元の人が自由に読めるようにした。
勉強会や討論会が開かれ、人々は真剣にこれに参加した。
こういうのを読むと、
前に読んだ金沢の職人米澤弘安の日記を思い出すが、
人々の知識欲勉強熱心社会参加の意欲、
あらゆる意味で今日とは比べ物にならないレベルである。
全然政治の話はちょっと…ではない。
またその内容を具体的に見ると、
人間性の高潔さ正義感など、そのバランスのとれた、
倫理観にも驚かされる。
2019年06月15日 | Comments(0) |

さらなるピタゴラ化

かぼちゃがどんどん伸びるので、
新たなピタゴラ化を余儀なくされた。

20190614081309b9c.jpeg
2019年06月14日 | Comments(0) | 未分類

今朝公園であった犬友と、隣の空き地を見ながら、
あれは杏ではないか、毎年そうじゃないかと思いつつ、
朽ちるに任せるのを見ていたという話になった。
一人ではやらなかったと思うが、
同じ意見のひとがいたので心強く感じて、
じゃあ私見てくると、柵の狭い隙間から出て、
近くに行って調べることにした。
やはり杏で、それも大きい上等の実であった。
そこらに落ちていたきれいそうな実を拾って、
二人でジャム2、3回分ねと山分けした。

杏ジャムと言えば、おじいちゃんがいつも作っていた。
金沢の家には庭に杏の木があった。
私の爺さんは変なひとで、イギリス方面に長く家出していて、
戦争が始まると着の身着のままで強制送還されて、
まだ見ぬ息子とおっかない妻のいる家に、
イヤイヤ帰ってきた人なのである。
その後は特に何もしないでジャムを作っていたのである。
子どもの私に、自分の鼻をさしながら、
のーず、と英語を教えてくれたけど。
ま、教わったのはのーずだけだし、
彼の生活ぶりはあまりよく覚えていない。
かなり不思議な人生である。
我が家には彼がわざわざ持って帰ったシルクハットがあった。
これはどうしても持っていたかったんだと思うと、
なんだか悲しみをさそうね。
2019年06月13日 | Comments(0) | 未分類

ほれっ!

20190612173743baf.jpeg

これは最高にただしいでしょ。
これすごく政権が嫌がってるみたいだから。
私も載せてみました。

インドアキャンパーさんとなすこさんの合作と思います。
2019年06月12日 | Comments(2) | 未分類
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード