FC2ブログ

またまた木喰上人

木喰上人は、ひとところに長くは居ない。
一仕事終わるとみるや、大急ぎで出発する。
お堂を建てる時は勧進をして回ったり、
長居する場合もある。
九州で断りきれず(想像)住職になっている。
それも由緒正しい国分寺である。
ところがここで火事にあい、
お寺の再興のために奮闘して、
見事に建て直す。
ここでは10年滞在している。
残念ながらこの寺は、
廃仏毀釈でボロボロにされ、
今は形をとどめない。
故郷丸畑で、88の仏像を彫っている。
これらも散逸してしまったが。
薬師如来、阿弥陀如来、大日如来、
地蔵菩薩、などなど彫り分けて、
9ヶ月ぶっ通しで。
実に84歳の時である。
とにかくすごいのは彫るスピード。
何と1日に二体とかの事も!
像の後ろに日付があるからわかる。
木も楠、銀杏、朴など、
そこにある木はなんでも使う。
生木で彫っているようだ。
マジか…信じられない…
このお上人様は超人的である。
私はこの人にあだ名をつけた。
木喰チェーン僧。

1000体の本願を遂げて、
2000体を目指していた。
柳がこの本を書いている時点では、
300体程しか確認できていないが、
ネットで調べたところ、
全国で700体以上現存するらしい。
最も多く残っているのが、
新潟県と言うから、一度行ってみたい。
私は民藝館でしか見たことがないから。
なんとも言えないにこにこ顔が有名だが、
私は衣や台座、光背なども、
いいなぁと思う。
シンプルで美しい線を描く。

お上人様は、中西悟堂と一緒で、
蕎麦粉を溶いたものを食べておられたと。
行脚の先に温泉場があれば、
すかさず入るお風呂好きでもあったらしい。
2021年04月18日 | Comments(0) | 未分類

絵皿発見

引き続き掃除。
今日は外の倉庫からいい物発見。
陶器製の絵皿。
これ昔はポスターカラーや、
水彩絵具でも使ったものだが、
泥絵具では現役で、
今も日本画のコーナーでは売られている。
割と綺麗でなかなかよろしい。
今掃除している部屋は、
子どもたちが勉強部屋にしていたが、
夫が20代の時買ったと言う、
製図版を机にしていた。
これは今も綺麗で狂いもなく、
なかなか素晴らしい物だと再確認。
製図版とZライトは黄金の組み合わせ。
20210417134928bf9.jpeg
2021年04月17日 | Comments(0) | 未分類

大掃除とおまけ

手付かずの作業部屋兼物置の掃除をしている。
落ち葉と埃だめのベランダも掃いて、
水を流して、
30年ぶりにカーテンも洗濯した。
部屋がだいぶ綺麗になったので、
子どもの昔の作品を飾る。
息子のロボットは、
箱自体がバラバラだったのを、
ボンドで再構築して納めた。
娘の絵は汚くなっていたので、
水彩画用の紙でマットを作って入れてみた。
私の古いレコードを、
息子が積み上げてあるのが、
気になっていたので、
棚に隙間を作って、立てて入れた。
いいジャケあるやんか。
20210416135131075.jpeg

20210416135150003.jpeg

20210416135207e39.jpeg
2021年04月16日 | Comments(1) | 未分類

悲しいね

アジアの力を恐れてる人たちは、
アジアがまとまるのが嫌なんだろう。
日本はうまい具合に、
利用されまくりなんじゃないか。
前からか。
アジアからは嫌われ、
利用する側からは軽蔑され、
いい役目じゃない。
2021年04月15日 | Comments(0) | 未分類

不気味

日本が一人負けで勝手にずぶずぶ、
沈んでいくのを、
世界の人が冷ややかに見ているかんじ。
自爆してるのに気がつかないって、
本当に不思議な国。
だいぶ前からもう全然理解できない。
2021年04月14日 | Comments(1) | 未分類

また木食

木食で身体は大丈夫かと、
多くの人は思うらしい。
中西が木食生活をしていると聞いた、
たまたま近所にあった烏山脳病院という、
精神病院の医師が、
定期的に健康診断させてくれと申し出る。
お願いしたが、全くの健康体。
木喰上人は40代から死ぬまで、
木食を続けたが、その頑健な事、
呆れるばかり。
中西は若い頃寺で雲水もしている。
ここでは朝昼晩とお粥と沢庵だけ。
たまに、住職のお供で檀家に出向くと、
御精進ではあるが里芋やら人参やらの、
煮付けなどが出て、大ご馳走だったと。
寺の食事は雲水も偉いお坊さんも、
同じものを食べる。
それで何十年も過ごしても、
住職など長生きの人が多くて、
80、90歳まで生きる人はザラらしい。
これは人の常在菌のおかげであると思う。
前読んだ細菌の本に、
アジアの山奥の少数民族だったと思うが、
食べ物は何とかという芋だけで、
それだけを食べている。
それでも皆健康である。
彼らの腸内にはスペシャルな菌がいて、
その芋からあらゆる栄養素を、
効率よく吸収できるように、
働いているという話が出てきた。
完璧に一緒に進化してきている。
その上マイクロバイオームの種類や編成は、
驚くほど早く適応変化する。
同じ本にあったアメリカの実験では、
ビーガンになる、あるいはその逆で、
2週間程で腸内細菌の変化が出てくると。
だから木食にも、
ちゃんと対応してくれるのだろうと思う。
素晴らしい。
成人男子は1日何カロリーとかいうあれは、
逆にどういう根拠で出ているのか。
そっちが知りたい。
2021年04月13日 | Comments(0) | 未分類

虫と花

庭にセミの抜け出した穴より、
もっとずっと小さい穴がいっぱいあるので、
これは何かなぁと調べてみたら、
ニワハンミョウと言う昆虫の、
幼虫の住処らしいとわかった。
しばらくみていると、
上の方に上がってくる奴の目を、
見ることができた。
ニワハンミョウの成虫に
気がついたことはないが、
どう考えてもこれを仕込んだのは、
まさにそいつしかいまい。
私は庭の花壇で主に芍薬を、
ベランダで薔薇を育てているが、
どちらも有機でやっている。
植物も我々と同じで細菌と共生している。
いつか、そこらにいる白い菌がいいと読んで、
散歩で見つけた木の屑が白い菌糸で、
固まったようなものを見つけて、
これではないかと拾ってきた。
何度か拾って花壇に入れた。
木屑の分解が早くなったような気がする。
私の彫る木屑もすぐ土になる。
落ち葉よりベタつかずナメクジが出にくい。
私は花を出荷するわけではないから、
大きくなくとも、
健康で毎年花を咲かしてくれればいい。
虫たちも喜んでくれるだろうし。
2021年04月12日 | Comments(0) | 未分類

これで最後

ついに最後の一本できました。
これで折れたプラムの木は、
すっかり使い切りました。
この前姉が来て、ジャム用に使っていた、
アシメのやつを欲しいと、
持っていってしまったので、
あれの代わりになるやつなのを作りました。
木の幅が少し狭かったけど。
首の太めのやつにしようと、
最初に決めたのはそれだけです。

これから少しあちこち掃除して、
もっと作れと言うリクエストもあるので、
マトリョーシカにかかります。
20210412072659462.jpeg

20210412072722f54.jpeg
2021年04月12日 | Comments(1) | 未分類

木喰上人

昔ならそうも思わなかったかもしれないが、
木喰上人の本を、
しみじみと読んでいる。
何一つ持たない。
家もなく、身一つでさすらう人生。
この人は墨染ではなく、
鼠色の衣を着ていたと。
日本全国のお寺を詣るのだが、
宗派は問わず、神社にもお参りする。
本人の残したメモ帳から、
地名を拾い場所を特定して作った、
地図が出てくるが、北海道から九州、四国、
海を渡る船以外全て二本の足で。
先々で仏像を彫り1000体をクリア、
2000体めに入って93歳でこの世を去った。
好んで小さな村々に赴き、
仏の教えを説き仏像をプレゼントし続けた。

身一つで、全て仏様に委ねれば、
恐れることはなにも無くなり心は安らぐ。
見事な人生である。
柳宗悦に見出されるまで、
どこにも書き残されなかったが、
そんな木食の僧がいたのだった。
まだ読み始めたばかりだが、
今の欲で狂ったようなこの世を見ると、
何という清浄な生きかたかと、
泣けてくる。
そして木喰仏の素晴らしさよ!
2021年04月11日 | Comments(0) | 未分類

春の恵み

エシャロットと葉玉ねぎ、
竹の子どっさり、フキと蕨生、
こう言うものを次々と頂いた。
嬉しい、体が大喜びする。
エシャロットは刻んでポテトサラダに、
甘酒を隠し味にするとさらに上等になる。
あとはそのまま味噌と。
フキはきんぴら、蕨生はお醤油漬け。
慌ててアク抜きしたから、
かなり苦味があるけどこれがうまい。
竹の子は大量の春巻きなどに。
それと蕗の薹味噌、これも甘酒入りで、
実にマイルド。
もうほんとに春はいいね。
2021年04月11日 | Comments(0) | 未分類

牡丹と新作

島根一鶴とかんちゃんのスプーン
2021041019555086e.jpeg

2021041019561221f.jpeg
2021年04月10日 | Comments(0) | 未分類

木食について

木食もくじき、についてもう少し
木喰上人の方は、口偏がつく。
これは動物は勿論、穀物も食べない。
火を使わないという、仏教の行の一つである。
ま、そこらに生えてるものを食べる。
中西悟堂の場合は、
木食でもいけるかな、
という感じでそう悲壮感もないし、
実際そういう生活で平安、幸福感を得ている。
3年半続けた。
彼の場合、体が弱いというのでやらされた、
10歳のときの荒行の方がよほど凄まじい。
5歳まで歩けない子であった。
108日の座行、37日の滝行、最後21日断食。
滝に打たれて座っているうちに、
お腹に水苔が生えたと!
これで、嘘のように元気になった!
死ぬこともありそうな…
木喰上人は、諸国を放浪しながら、
行く先々で仏像を彫る坊さんであるから、
野宿木食は、当たり前、
という感じかもしれない。
柳宗悦は木喰上人の仏像に出会い、
これにのめり込んで上人の足跡を追って、
本を書いた。
それを昨日買ったので、これから読んでみる。
柳宗悦と中西悟堂は、
直接の関係は無かったようだが、
ブレイクを通して繋がっている。
ウィリアム・ブレイクは、
イギリスの詩人、思想家、画家である。
大正の初めにこの詩を訳して本を出したのが、
柳宗悦であった。
中西はブレイクに傾倒し、
20歳の時には、ブレイクについて学んだ、
さまざまを手書きの一冊のノートにまとめている。
丸善でブレイクの本を手に入れた時、
3冊しか輸入されていないこと、
あとの一冊は柳宗悦が買った事などと、
聞いている。
2021年04月10日 | Comments(1) | 未分類

民藝館

昨日は民藝館に行ってきた。
改装記念の、木喰仏と名品展。
行ってみて、
かなり展示スペースが広がった感じ。
いつになく沢山あって少し疲れた。
偶然、中西悟堂からの木喰つながりだった。
少し早めに着いたので、
裏の前田侯爵のお庭を一巡りした。
民藝館はいつ行っても楽しいね。
20210409130506a68.jpeg
2021年04月09日 | Comments(0) | 未分類

愛鳥自伝の続き

やっと上下二巻の自伝を読み終えた。
いやー、最初から最後まで面白く読めた。
この人は私の好きなタイプの人間である。
とにかく思想に共感できる。
親を早く亡くし、父の兄の養子になる。
養父は彼をお坊さんにしようとしたようで、
天台宗の学校に入る。
彼が最初に学んだのは仏教思想であった。
この学校のクオリティが結構高かった。
その後ヨーロッパの文化や思想を、
次々と学び吸収していくが、
思想と産業の圧力で、
アジアを征服しようとする西洋の攻撃性を、
批判的に見るようになり、
タゴール、ガンジーの思想を通して、
アジアの思想に共感するようになる。
アジアと西欧の考え方の違いの一つに
自然観がある。
征服する対象として、
これを利用搾取することには、
やはり共感できない。
ま、今となっては世界中だけど。
中西悟堂はあらゆる動物と仲良しになる。
犬でも鳥でも蛇でも。
そこにはやはり仲間としての敬意があるから。
人間中心主義とは違う。

今の日本人はアジアの一員という意識は、
ほとんどない。
戦後アメリカに支配されるようになり、
すり寄ってすり寄っているうちに、
同化した気になって、
アジアの国々を蔑視する。
いわゆる脱亜入欧ってやつか。
アメリカなどでアジア人差別が起きても、
自分が差別される側だとは夢にも考えないで、
差別する白人の側に肩入れする人すらいる。
ま、すでにここには、
思想を持ち出す土台もないが。
2021年04月08日 | Comments(0) | 未分類

竹の子ご飯

昨日は生協の竹の子が来たので、
上半身は天ぷらに、
下半身は竹の子ご飯にした。
どちらも美味い。
竹の子とお揚げさんをさっと煮て、
餅米を混ぜ研いでざるにあげておいたものと、
土鍋で炊く。
朝ぼりとはいかないが、
甘味があって良い味だった。
20210406075853882.jpeg
2021年04月06日 | Comments(0) | 未分類

中西悟堂続き

文芸史をおさらいするような部分も、
大変面白い。
登場人物も実に多彩。
私は木村荘八の絵は好きだったが、
早熟で大変能力の高い人だったんだね。
思想関係の分野も、
思想史の教科書のよう。
ただ彼が読んだ本会って語り合った人が、
順次出てくるだけだが、
状況の把握や自分の考えなどが、
非常にクリアに整理されているから、
文章が明晰で、かつわかりやすい。
頭がいいとはこういうことなんだな。
その後武蔵野の原野で無銭生活に入る。
これも型破り。
食事は蕎麦粉と生の大根松の芽。
火を使わない。
林の中でホイットマンの「草の葉」の、
翻訳などを楽しみながらやる。
場所は千歳烏山のあたりというが、
今となっては全く想像もつかないほどの、
誰もいない荒野のような場所だった。
この人はアナキスト臭いと思っていたが、
この人里離れた場所の少し近所に、
農業をやりながら住んでいたのが石川三四郎。
彼とも親しく付き合っている。
2021年04月05日 | Comments(0) | 未分類

牡丹

今年は牡丹は一輪だけ。
これは島根連鶴という名前なんだけど、
一輪では、連なれない。
来年は土壌改良にこれ努めて、
複数咲くように頑張りたい。
2021040411251655e.jpeg
2021年04月04日 | Comments(0) | 未分類

「愛鳥自伝」

久々の友達が、
片付けしてたら出てきたけど、
すごく面白いからと、本を貸してくれた。
中西悟堂の「愛鳥自伝」
マジ面白い。
野鳥の会を作った人として有名だが、
歌人であり詩人であり、
画家を目指したこともあり、
僧侶でもある。
いろいろ多方面に面白いが、
昔のインテリはやはり凄くて、
教養の幅も広く深く、今時の、
ごく狭い範囲を専門分野と決めて、
チマチマと深掘りする学者とは、
だいぶスケールが違う。
そして皆さん早熟。
全然幼稚ではないのが素晴らしい。
大正初期の我が国の詩の分野の活発なこと。
驚くべきものである。
上田敏の「海潮音」という訳詩集は、
有名だが、これは確かに凄いものだなぁと、
初めて知った。
次々と詩集が出版され、
詩の雑誌も編まれ、
その背後で同人誌がどんどんできる。
俳句短歌の世界ではすでにあったものだが。
どちらにしろ歌を読み詩作する、
一般人が沢山いたということ。
彼らは遊んで暮らせる身分ではなかったが、
そういうゆとりのある暮らし、
であったという事だ。
現在と国民の教養の程度は、
だいぶ違う感じ。
2021年04月02日 | Comments(0) | 未分類

重ね塗り

使ってみたら、洗った後、
なんかガサガサするので、
全部もう一度アマニ油を塗ることにした。
こうして見ると沢山あるが、
実は塩砂糖用はそのまま使っているし、
甘酒をお届けした時、
甘酒用としてかんちゃんに1本あげたので、
これプラス3も彫ったのである。
まだ少し木は残っている。
2021040208032042b.jpeg
2021年04月02日 | Comments(0) | 未分類

木の芽味噌なう

庭は桜吹雪。
山椒はアゲハ用ではない!
202104011346498a2.jpeg

2021040113463118b.jpeg
2021年04月01日 | Comments(0) | 未分類
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード