そんな中、

20170220165159b27.jpeg

そんな中、あっぱれこの勇姿!
買って応援日刊ゲンダイ!

東京新聞夕刊はとりあえず一行もないっす。
2017年02月20日 | Comments(0) | 未分類

圧力かけまくり

安倍晋三記念小学校の件は今現在すごい勢いで、
各方面に圧力がかかっているのではないか。
週刊誌も中に記事を書いても、
表紙には出さない。
たぶんそうなると中吊り広告にも出ないんじゃないか。
新聞も特捜部が書いても、一面の、
目次みたいなところには載らないわけで、
どこもかしこもできるだけ人目につかないように、
気を配って記事にしている。笑
せっかく書いて、読まれる可能性を自ら減らすって、
よほど怖いんだろう。
地元の議員さんが最初に掴んだニュースだが、
ここも圧力がかかっている。
こういうのは要するに脅しで、
親や子どもを持ち出すパターンが多いらしいが、
これにはなかなか耐えきれないらしい。
私の大嫌いな橋下などは、全力でなんでもやるだろう。
今やってる最中ではないか。
世の中酷い事だらけやなぁ。
2017年02月20日 | Comments(0) | 未分類

お詫びと訂正

訂正します。
こちら特捜部の記事でありました。
東京新聞は本紙全体と、特捜部がどういう関係かわからない。。
特捜部が紙面の中で劇中劇のように独立している。
これもなんか変な気がする。
うーん、東京新聞は不思議な新聞。
とりあえず、お詫びします。
2017年02月18日 | Comments(0) | 未分類

東京新聞は腰抜けか

最近東京新聞が信じられない。
副主幹長谷川が司会者として出たテレビでの、
ひどいデマ報道に対し、
紙上に謝罪文は載せたが、
その後は約束した対応をやっていない。
のりこえネットとしんさんの受けた、受け続けている、
バッシングや沖縄の間違った報道のされ方は、
なかったことにはならない。

昨日も国会で取り上げられた、
「安倍晋三記念小学校」の不正まみれの話も、
今朝も東京新聞には出ていない。
学校用地をほぼタダで買っている。国有地である。
日本会議メンバーの巣窟であり、
あの総理夫人が名誉校長として、
堂々と名前を連ねている。

かたや毎日はよくやっている。
毎日に変えようかな。
自浄機能がないということは、
東京新聞はNHK並に腰抜けだったって事か。
2017年02月18日 | Comments(2) | 未分類

私の金満家時代

自転車の鍵を付け替えた。
だいぶ前から硬くて動かなかったりしたし、
ぐいっと押すバーの頭がもげて、
錆びた鉄の棒を押さないといけなかったし、
そろそろ替えてもバチは当たらんだろうと。
そしたらこの自転車を買った時のことを思い出した。
あの頃の私は金満家だった。
息子が勤め始め家にお金を入れてくれる。
卒制にかかった費用の一部も返済してくれ、
それを月々のお手当みたいな感じで、
私がポッケに入れていたのだ!
自転車はごく普通の安いママチャリだけど、
娘にお母さん金回りがいいから調子乗ってるだろと、
鋭く指摘された…
しかし金満家時代はあっという間に過ぎ去った。
息子は浅草に古いアパートを借りて一人暮らしを始め、
その後はご結婚や。
あの金回りのよかった時代が懐かしい。
もう二度と来ない…しくしく。
2017年02月17日 | Comments(8) | 未分類

朝刊から輪島の話

昨日輪島の塗師、赤木さんの展覧会のDMを受け取った。
茶の箱展、いいなぁと思って見ていた。
そしたら翌朝の朝刊に、また輪島の話。

こちらは良い話ではない。
輪島市の過疎の集落が土地を売って集団移転と引き換えに
東京の産廃業者の処分場が作られると。
19日に住民投票が行われるらしい。
貧困が作られるのと同様に、過疎もまた作られる。
選択肢のなくなった人たちに、
押し付けられるのが原発や処分場である。
輪島市の大釜地区は総持寺の門前町だったらしい。
何度も書いているように、海上交通の盛んだった昔は、
能登は豊かな地域であった。
数年前能登を旅行した娘が、
非常にいいところだがその寂れようは、
如何ともしがたいものだと言っていた。
陸上交通の時代は、
国鉄解体からローカル線廃止に行き着き、
ついに陸の孤島となった場所は日本中にある。

公共交通機関は黒字にならなくても、
存続されるべきである。
採算性と関係なく存在するのが公共というものである。
足があれば可能なことは増える。
そしてその足元を見て迷惑施設が押し付けられる。
そうなれば観光地としての可能性さえ失われる。
朝から気が重くなる。
2017年02月17日 | Comments(0) | 未分類

総合的に救いようのないNHK

残念なのはNHKが学校放送としてやってきた高校講座。十年ぐらい前からタレントさんの導入を決め、講師ではなく、タレントさん主導にして、番組も30分から20分に短縮。こういう番組まで「エンタメ化」するのは何とも残念なことです。真剣に学ぼうとしている人がいるのに。
高校講座って、通信制の高校に通う人たちの教材なのですが、エンタメ化を進めた当時のNHKの部長に、どうせ生徒はみてないんですから、先生が30分もしゃべる作りでは番組にならないと言われた時は、とても悔しかったですね。

内藤正典先生のついとより

こういう人がNHKでは教育番組を作っているのか。
だからああいう意味のない再現ドラマが入ってくるわけだ。
再現ドラマが悪いと言っているのではない。
映像には映像にしかできないことがある。
全くの安易なイメージショットだからおかしいのである。
秀吉とみられる殿様が暗闇の中で、
扇を振り回して激昂しているショットとか、
浜辺でクワトロラガッツィと思われる人が、
別れ別れになる場面とか、
いわゆる埋め草みたいなもんである。

自分が勉強したくないからって、
人もそうだと思わないでほしい。
「番組になる」というのが、エンタメ化の事なら、
番組にならなくて結構である。
実にNHKは総合的に無意味なものになっている。
2017年02月16日 | Comments(0) | 未分類

今朝の東京新聞から

今朝の新聞のトップは、小学校あ5、6年から、
英語が教科にはいるという記事。
いよいよきましたね。
少しづつ衰退していくのではなく、
ここでガクッと断絶します。
もはやルーツと切れた何者でもない日本人が誕生する。

チベット人は難民収容所でも、
必死に子どもたちに、
長く受け継いできた仏教を教えた。
それがなくなっては、
自分たちのアイデンティティが無くなってしまう。
これがあれば、どこにいても誇り高く生きていけると。
私にはママたちの、
「日本の本なんて読んでないで英語の勉強しなさい」
という声が聞こえるんだけど。
2017年02月15日 | Comments(0) | 未分類

がっくし

マイケル・フリンが辞めさせられた。
これは痛い。
ロシアとの関係修復の鍵であったのに。
アメリカの覇権主義が、
またぞろ始まる。
2017年02月14日 | Comments(0) | 未分類

次はぬなのよ

昨日は「あ」の字札をアップしたんだけど、
あ、はあの一字のために、三枚型を切る。
ふー、である。
ところが次にかかっているのは、「ぬ」
これは全文字の中で最高の4枚を要する。
あの小さい字のやつがよぅ。
絵札が先だから、まだだけど、
考えただけで、うぇーやだなぁと思ってしまう。
字札の方が意外にも難しいのである。
ま、なんといっても嫌なのは周りの枠だけど。
2017年02月13日 | Comments(0) | 未分類

一緒にされたくないなぁ

媚びへつらう態度というのは、
洋の東西を問わず嫌われるものではないでしょうか。
よくはわからないけど、
外国の昔話でも物語でも、
誇り高く堂々としている人が、
愛され尊敬されるように思います。

昨日ののお昼ご飯。
大根と小松菜の味噌汁、
大豆と昆布の煮たの。
大豆は昆布を溶かす、タケノコもだけど、
なんの仕業か。
あと、あみの佃煮、これは吉祥寺市場のの玉木屋の。
吉祥寺では桶に入っていて、優しいおばさんが、
おしゃもじですくって、計ってくれる。
よくデパ地下などの真空パックは、
ペチャンコになっていて同じ会社のでも美味しくない。
おしゃもじにかぎる。
20170212200323f2f.jpeg
2017年02月12日 | Comments(0) | 未分類

今年も出しました。

20170211124412535.jpeg

昨日お雛様を出した。
これで一安心。
天国の母にどやされなくて済む。
2017年02月11日 | Comments(0) | 未分類

自己満足について

よくいちゃもんをつける時に、
「自己満足だろう!」というのがある。
これは、少し間違っている所があると私は思う。

自己を満足させることは大事なことである。
自分の人生なんだから、
自分が満足しないでどうする。
問題になるとしたら、
自分の満足のためにやっていることを、
「どうだ、ありがたいか、喜べ!」とか、
「どうだ偉いだろう、尊敬しろ!」とか、
他人に強要したり自慢したりする場合である。
そこの部分が良くないだけである。
一人静かに満足することは、
決して悪いことではないし、
文句を言われる筋合いはない。

もう一つ重要だと思うのは、
「満足」というものの性質である。
人によっては、
お金をがっぽりもらう事が満足になるが、
お金を一銭ももらわない事が満足に繋がる場合もある。
満足ほど一般解というものがなく、
何からも自由なものはないと思う。
素晴らしいものである。
2017年02月10日 | Comments(0) | 未分類

四角い黒いむじゃむじゃ

四角い黒いむじゃむじゃを書いた、
はんこみたいものあるでしょ。
バーコードの一種という認識はあったが、
今まであれと関係を持つには至っていなかった。

この度携帯を買った時に、
これ入れてないの?便利なのに、と、
娘が読み取り機能のソフトを入れてくれた。
それがなんと、役に立ったのである。

我が家の郵便物はこの頃は夕方に届く。
それでいつもうさぎの散歩と重なってしまう。
それで郵便屋さんの不在通知が入っていることになる。
この度不在通知の下に付いたあれを、
ふと思いついて読んで見たならば、
あっという間に再配達申込みの場所に連れて行ってくれ、
その上荷物の番号はもうわかっている状態!
再配達のお願いがじつにスムーズにできるのであった。
この度二回続けてこれを使って、
こう言うものだったのか、このむじゃむじゃは、と、
深い満足感を感じている今日この頃である。
2017年02月10日 | Comments(0) | 未分類

公共の話の続き

オランダの刑務所が続々と閉鎖 🇳🇱 2009年と2014年の大量閉鎖に続き2016年にはさらに5箇所が閉鎖。理由: 犯罪が起きないから。逆に管理に携わる1900人もの従業員が失業するという社会問題に...😱 goo.gl/9MDmho

Chihiroさんついとより

オランダは減っていく途中であるが、
もうすでにすっかり減っちゃった国もある。
かたやアメリカでは民間の刑務所がどんどんでき、
囚人は黒人率が高く、
どこより安い労働力として働かされている。
日本では、貧困が原因で軽微な犯罪で繰り返し、
戻ってくるひとがふえ、
刑務所は病気や障害を抱えた人、
高齢者の率が高くなっている。

これもまさに公共の問題である。
お金で買えるサービスはあっても、
お金のない人は受けられない。
お金がないのは自己責任であるとするのは、
新自由主義的考え方であり、
アメリカの後ろを走って付いて行っている、
日本の今の状況である。

例えば公務員の仕事は、基本的に、
自分も所属しているコミュニティーのための仕事である。
労働に対する対価としてお金を受け取っているが、
そのお金はコミュニティーの成員から集めた税金である。
仕事のあるべき姿と言うか目指すものには、
コミュニティーの安定、成員みんなの幸せという、
倫理的な考え方をもともと含んでいる。
この感覚的な部分を全く欠いた、
相互の契約に基づいてお金のやり取りをする、
サービスとの違いであろう。

アメリカ軍は国の兵隊であるから、
たぶん国家公務員のようなものだらう。
しかし現在のアメリカの戦争では軍人の他に、
たくさんの民間警備保障会社の社員が、
作戦に加わっている。
軍人には軍人なりの伝統的な認識の基準があって、
拷問などは民間の社員の方がずっと、
残酷であると読んだこともある。
辺野古や高江で警官の前に、
アルソックの警備員が壁を作っているように、
日本もどんどんそうなっている。

実際、刑務所がなくてもいい社会と、
刑務所が満員の社会と比べて、
どっちがいいか。
貧乏人の我々にとっては、絶対に前者がいい。
金持ちたちによって、現在の社会ができてきたわけだが、
彼らは本当に後者がいいと思っているのか。
今現在日本には民間が運営する自治体は存在しないが、
東京の高級住宅地では、それこそ壁で囲って、
決してよそ者は入れないように監視している、
超高級マンションはできてきている。
そこの住民はやはり、「こわい、あぶない、きたない」が、
大嫌いなのだと思うが、
そういう環境は精神的に本当に心地いいのだろうか。
囲われた孤立した社会というものは、
本当の安心感をもたらすものなのか。
2017年02月08日 | Comments(0) | 未分類

昭和の神保町

201702071748458b8.jpeg

昭和スポット巡りさんのついと。
昭和51年の神保町の写真です。

本が全てではないにしても、
国民の知的レベルの一つの目安にはなる。
ざっとみても、様々な本の専門店が林立して有る。
英米文学、社会科学、映画演劇。
今も神保町は本の町ではあるが、
どうみてもこの活気は全くないな。
本は売れてない、読まれていないのだ。
昭和51年に比べて。
2017年02月07日 | Comments(2) | 未分類

パネットーネ!

20170207134202d16.jpeg

ミラノの姉から荷物が届いた。
何だろう、見た感じの第一印象で、
パネットーネみたいと思ったが、まさかね。
でも開けたら本当に、
でかいパネトーネが出てきてびっくり!
ふんぎぽるちーにセッキの立派なやつも!
ありがとう!
2017年02月07日 | Comments(1) | 未分類

金沢へ出張2

夜は近所の銭湯に行く。
これが普通の小さな銭湯だが、ジェットバス、サウナ、
露天風呂も完備したイカすもので、
なかなか気に入った。
姉は今まで気がつかなかったらしいが、
私が重要なポスターを発見した。
65歳以上は市役所に申し出ると、
どこでも150円で入れる切符がいただけるらしい。
ぜひこれは申し込むようにと教えてあげた。
実はもう少し離れているが温泉もあるらしい。
次回のお楽しみにした。
そこはなんと朝6時から、日曜は5時からやっているらしい。
永平寺並みの初動で呆れる。

翌日はもう一つの懸案、麹の買い入れである。
前の家の近所の麹屋さんが遠くなったので、
海の方の麹屋さんを目指す。
船木屋さんもいい麹とみた。
まだ食べてないが、早速味噌と塩麹などを作ってみたい。
金石は、これがまた隅に置けない街で、
今度ゆっくり散策したい。

2017020708571122b.jpeg

姉の友達は今や三人も甘酒作りに励んでいるらしい。
また知り合いの娘さんの飼っている犬がお腹が弱く、
甘酒を進めたところ、すっかり良くなり、
今や人間様もせっせと飲んでいるという、
素晴らしい話も聞いたぞ。
ともの会会長は嬉し涙である。
2017年02月07日 | Comments(0) | 未分類

金沢へ出張1

お久しぶり。
日、月と、金沢の姉の家に行ってきました。
今回の旅の目的の一つは甥っ子の家で、
17歳で死んでしまった、
ゆうとくんのお参りをする事でしたので、
まずそれでした。
思い出話をしようにも、お母さんが、
ハラハラと泣き始め、桜餅をいただきながら、
よもやま話で退散しました。
全然悲しみは癒えとらんかった…

姉の家は私クラスの方向音痴でも絶対迷わない程の、
わかりやすい場所である。
駅からまっすぐな一本道である。

まずお昼を食べて作戦会議をして、
近所のニトリに棚を買いに行く。
私はニトリの看板を見るとどうしても、
ワを入れたくなる。
なんで、ワを抜かしたんだ!
棚は精度が今ひとつだったが、なんとかできた。
仏壇の下の棚も二段にした。
ミニ仏壇は結構可愛くて気に入った。
作ってもらった小さい床の間も、
さすがに材料はアレだが、まあまあかな。
軸や香炉や鉄線の花瓶が同じものだから、
畳の部屋は実家のような気がする。

20170207085707425.jpeg

姉の友達の絵や私の描いた絵、
うちに昔からある古い古い仔ウシの絵など、
5枚の絵を場所を決めてフックを打って掛けた。
鏡も取り付けた。
納戸部屋の古い箪笥に、着物などを納めた。
引越し時のダンボール箱をまとめて、
捨てられるように縛る。
燃えないゴミをまとめて袋に入れる。
などの作業をやった。
姉の家は収納が結構十分にあって、
もっと上手く片付けられそうだが、本人が、
もうこれ以上キレイにする必要はないと、
きっぱり断る!ので困ったものである。
私は台所をもっとやりたい…

マンションはやはり素材的に味気ないものだが、
いろいろの工夫でカスタマイズするしかない。
幸いこの家は古いので、
その分天井高がありゆったりしている。
東京のマンションに比べるとずっと広い感じ。
8階で角部屋なので眺めはいいし、
すぐご近所は謎のお大尽の大きなお家が多い。
海は見えないが…山がうっすら見える。
晴れているともっと綺麗らしい。

20170207085710759.jpeg

2017年02月07日 | Comments(0) | 未分類

堕ちるべき

辺野古のこと酷いね。
腹の底から怒りがこみ上げる。
現地の人は私の比じゃないだろうと思うと、
本当に悔しい。
地獄に堕ちろ!
2017年02月04日 | Comments(0) | 未分類
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード