FC2ブログ

初怪我

ついに一昨日手を切ってしまった。
朝彫り始めて早々に、
手が滑って刃物が左手の親指にとんと当たった。
切れたかなと思ったら、やはり血が出てきた。
グサッとではないです、笑!
刃物が鋭いから痛くはないのだが、
血は結構出た。
やはり早い時間は良くないね。
まだ8時台だったから、目の前の木で、
カアと鳴いているカラスの息も白かったし。
その後血も止まったので昼頃からはまた始めた。
特別に何もしなかったけど、
傷はすっかり良くなったからご心配なく。
2020年02月12日 | Comments(1) | こんちさん

ぶた鼻のまま、、

20200206084154a29.jpeg

今日は風が冷たくて外で作業すると、
手が凍えてしまうので、諦める。
手がかじかむと危ないからね。
そんで去年からやらなきゃと思っていて、
ずっとほっぽってあった箪笥部屋の掃除をする。
彫らないと死んじゃう病のせいで、
いろいろ後回しになっている。
ばあさんの家の片付けもしなきゃならんし…
2020年02月06日 | Comments(2) | こんちさん

テーラーカラー

20200204093858a40.jpeg

だいぶ前から、ヘチマ襟のままか、
テーラーカラーにするかを迷っていて、
後者に傾いて、少しづつ襟を小さくしていた。
娘にどっちがいいと思う?と聞いてみたら、
めんどくさいかもしれないが、
テーラーカラーだろうと、即答であった。
めんどくさみに関しては嵐のようなそれを、
何度もくぐり抜けて、
こんにちのこんちさんがいるわけだから、
襟に刻みをつけるぐらいは突風のうちにも入らない。
そんでもって軽く刻んで見た。
なかなか良いのではないかと。

そうしたら突然40年以上も前のことを思い出した。
私の学生時代といえば、
みんな経済の許す限り、
それなりにおしゃれを決めているつもりであったが、
大方の系統とすればジーンズ系であった。
中にはアイビー風にジャケットを着ている、
綺麗めのものもあったが、
結構汚めのタイプもちらほら。
その中にあって入学以来燦然と輝く、
スーツ姿の男子がいた。
当然テーラー岩崎と呼ばれていた彼は、
実際家が紳士服の仕立て屋さんであったらしい。
彼は元気にしているかしらと思い出したのである。
今もスーツで決めているだろうか。
2020年02月04日 | Comments(0) | こんちさん

ぶた鼻眉毛なう

20200127101104afb.jpeg
2020年01月27日 | Comments(0) | こんちさん

お顔にかかるかなぁ、

2020012307271732a.jpeg

やってもやっても終わらないこんち大仏。
しかしそろそろお顔にかからねばならんだろう。
とんがった鼻は、少し低めになりそうだ。
チビの方の鼻は凄く綺麗に彫れているが、
今度はどうだろう…
顔の表面の向きがとても重要だが、
そこも上手くいくか心配。
リュックの形も今ひとつ満足していなくて、
頭の顎の下の部分もまだ完全に綺麗になっていない、
全体にあちこち修正しなくてはならん。
足ももう一息細くしたいが、
この部分は実に彫りにくい。

今日は寒くて雨だからベランダでできない。
窓は閉めてやることになる。
昨日リンゴを木にさしてやったんだが、
オナガやメジロが早速食べに来ている。
それを眺めながら仕事ができるのは嬉しい。
2020年01月23日 | Comments(2) | こんちさん

失敗や修正

昨日は朝からこんちさんの襟元を彫っていた。
一段落したから買い物に行ってくるかと思ったが、
なんかどう見ても襟ぐりのカーブが気に入らない。
こんなんだと、こんちさんがダサいと思われるじゃん。
それ嫌だなぁと。
今から修正できるか考えながら買い物をして、
帰ってから、必死に直しに入った。
まだ完成してないけど、これならいいかな、
と言う襟ぐりになって、あとはタートルネックの、
セーターの首のところだ。
こんちさんはま、独自の好みはあるけど、
ダサくないからね。
全体にまだ横幅が広いのと、
頭のてっぺんがこれどう見ても失敗。
木の棒がちょびっとしか出てない。
のこぎりで切った時に斜めになって、
ちょうど真ん中が窪んでしまった。
これも早い段階で修正できたかもしれんが、
今となっては手遅れ。
こんちさんは時々頭が吹っ飛んでしまうタイプの、
トンカチになってしまった!!
2020年01月17日 | Comments(0) | こんちさん

今朝のこんちさん

今日は天気がいいので、
今まで運良く大きな失敗はしなかったが、
今回は大きいし形も複雑なので、
とんでもない失敗をするかもしれません。
新しいあいほんで背景をぼかして撮ってみました。

20191203093958e8c.jpeg
2019年12月03日 | Comments(1) | こんちさん

でかこんちに向けて

今回のこんちさんはいかにも大ものなので、
やはり道具が必要です。
あの直立うさぎの時でさえ、
もう少し大きいのが欲しかった。
彫刻刀で奈良の大仏を彫るような果てしない感じ。
電動工具は無理でも、
せめてもう少し刃渡りの大きい彫刻刀を、
買うしかないかと、本日注文したっ。

今回はまた別のプレッシャーも。
私においては割りによくあることなのだが、
この小さいこんちさんがすごく気に入っている。
ご存知のように元は絵とお話だったのを、
息子の使った残りの、擬木と樹脂があったので、
生まれて初めてこういうものを作ったわけです。
特に意識したわけではないのに、出来てみれば、
こんちさんの性格がほんのり出ている。
形も、鼻とかリュックとかいい形にできたなぁと思う。
だからさ、これを超えられるかってとこ、
少なくとも同じ程度に気に入ったできになりたい。
2019年11月19日 | Comments(2) | こんちさん

昨日のこんちさん

20190306080944678.jpeg

昨日は久々に晴れて、スプレー日和でした。
今日はまた駄目な天気です。
最後に残っているこんちさんは、
一度固まらなかった時の後にやったやつで、
少しアバタがあったりします。
レジンは2種類の液を混ぜて使うのですが、
硬化速度が非常に早いので、
数秒で素早く確実に撹拌しなければならない。
その時は多分ちゃんと混ざっていなかったのだと思う。
それで型に汚れがつき、
次のにそれのかけらが混ざったのしょう。
なるべく綺麗にヤスって、
サーフェイサーをかけてもう一度ヤスって、
何とか一人前にしてやろうと苦労しています。

泣いても笑ってもあと六人しかいないので、
慌てずゆっくりやります。
2019年03月06日 | Comments(0) | こんちさん

いったん終了

こんちさんだいぶできたので、
ディテールにやや問題はあるも、
一応ここでおしまいにして、
ちょっと絵を描く事にした。

20190122083342b71.jpeg
2019年01月22日 | Comments(0) | こんちさん

新春こんち

2019010908294589e.jpeg

こんちさんはやはりなかなか難しくて、
全部サーフェイサーをかけてから塗っているが、
サーフェイサーごと剥がれる場合すらある。
ま、元はと言えば型が劣化していたわけだから、
仕方がないと諦め、何とかだましだまし、
やっている。
いろんな場所のエッジも甘くなっている傾向。
とにかく出来る限りやすってやるしかないが、
手間がかかる。
白いコートの方はリックは手塗りにした。
やはり少しぼってりする。
そんなんでやや完成度は落ちるが、
可愛いからいいかっと思う事にした。
2019年01月09日 | Comments(0) | こんちさん

2世代目の1号

とにかく1匹は仕上げちゃおうということで、
二期目のこんちさん1号です。
なんか面白みのないファッションかしら。
以前のものと並べてみると、
意外に前回のものはマスキングとか破綻が無く、
綺麗に仕上がっています。
これは紺色のつや消しと半光沢の縞模様という、
げきしぶのお洋服。
当時ワイズのこんちさんと呼んでいたやつです。
ま、おいおい進めていきます。

201812230919261f2.jpeg
20181223091931e4f.jpeg
2018122309192817f.jpeg

2018年12月23日 | Comments(2) | こんちさん

こんちさんその後

20181222113652f65.jpeg

靴の色が綺麗に乗らなかったので、
仕方なくまたヤスってやり直した。
マスキングをやり直さなかったので、
境目が汚くなった。
完全に予想はしてた。笑
リタッチしなくちゃね…
またヨドバシホビー館に行って買い物。
ああいうとこは男の人しかいなくて、
女でしかも白髪ババアは凄く珍しい。
プラモデル好きは圧倒的に男だからね。
なんでだろう。
乗り物とか飛行機とかロボットとかだからね。
この分野では私は馬鹿な男の仲間である。笑

昨日おとといと、前の婆さんの家の古い作り付けの家具を、
ぶっ壊して捨てるようにまとめる仕事に専念していた。
重いハンマーで破壊する作業は、
結構やると楽しい。笑
ウサギが怯えてた。
でかいタンス二つ、木っ端微塵にしてくれたぜ!
2018年12月22日 | Comments(0) | こんちさん

この頃のこんちさん

こんちさんはこのところ失敗続きで、
結局全部サアーフェイサーを吹くことにした。
何匹か途中までやって、
どうしても気に入らなかったが、
やっと3匹目で、まずまず納得できる奴が、
出来つつある。
筆塗り用の白が無くてまた買いに行かなきゃ、
目玉が描けないし、全くむかつく。

20181220084143837.jpeg
2018年12月20日 | Comments(0) | こんちさん

修正

コートの襟元襟巻きとの境目が、
どうも綺麗でなくて、もう一度ピンクを吹き直した。
暗くなってからベランダの電気を付けて。
こう言う事はやや危険だけど、
どうしても気になるとやってしまう。
お陰でそこは改善したが、
今度はリックを吹いたが、どうかなぁ。
ステンシルも同じだけど、修正が難しいから、
なるべく一発で決めたいところだが、
そうもいかないのが現実の厳しさである。
ステンシルはなんだかんだでキャリアが長いから、
ほとんど大きな失敗はしないが、
塗装はまだアマチュアだから仕方ないね。
全くもって手がかかる。

そうこうしてるうちにもう、
今週末と来週は味噌作り講習会である。
二回目はお子さんがいっぱい来るから、
個展の時にオーツカさんにもらった、
ピーナツかぼちゃをスープにしようかな。
離乳食の時期だからお土産にしてもいいし。
2018年12月03日 | Comments(0) | こんちさん

紅い!

201812021509127bc.jpeg
20181202150912386.jpeg

派手なこんちさん。
襟巻きんとこちょいずれてる。
誤魔化さなきゃだね。
マスキング難しい。
これからリュックの肩の帯のとことかね、
難しいし、襟巻きどげないろにするか。
ミッソーニみたいな混ざり混ざりのニットみたいに、
吹いた後、手描きで色を入れてやるかなぁ、
と昨日は考えてたんだけど、
ちょっとおばさんみたいになるかなぁ。
2018年12月02日 | Comments(0) | こんちさん

こんちさんのこの頃

20181120084543b7f.jpeg

こんちさん少し塗り始めましたが、
塗り終わった頭の色が、マスキングテープとともに、
剥がれるという悲劇が起きました。
松井製作所の元社長に聞いてみたところ、
剥離剤を吹いたのが原因だろうと。
先ず洗うのがいいという。
剥離剤には色がのると書いてあったけどね。
剥離剤は、油の一種なので、油分を取り除くなら、
やはり米ぬか石鹸に勝るものなしであるから、
台所でガンガン洗ってみました。
塗りかけの奴も。
これで乗りきれるかなぁ…
今日はさいわい良い天気である。
2018年11月20日 | Comments(2) | こんちさん

18匹!!

乾かしておいた型を片ずけようとしたら、
割に簡単にくっついていたかけらが外れたので、
試しに残りを流してみました。
予想より1匹多く、4匹できました。
詳しく見ると顔とかがきれいに抜けてないのが、
あるかもしれませんが、
とりあえず18匹で本当に終了しました。
型の方もちょっと弱ってきたしこれが限度かと。
1匹頭を吹いてみましたが、
継ぎ目の磨きがまだ足りないので、
まだまだやすらないとダメみたい。
古いマスキングテープを使ったら、
ネバネバがついてしまった。
ケチケチするとこういうことがあるね。
テープは新しいに限るね。
消しゴムも。

20181119080853a0c.jpeg
2018年11月19日 | Comments(0) | こんちさん

まず3匹

20181116152416149.jpeg

あらかた綺麗にした3匹。
後方にそそり立つのは、
初代の試し塗りの1号です。
ほっぺをピンクにしようか迷ったんだけど、
結局無しにした。
ピンクの方が良かったかな…
2018年11月16日 | Comments(0) | こんちさん

型取り終了

20181115115045f24.jpeg

途中でやめたら、やめてしまいそうなので、
昨日おとといと、型に流し続けました。
15匹目で、なぜか失敗してしまった。
計り方を間違えたのか、一部固まらない。
そのせいで型も汚れてしまったので、
ま、これまでだと思って終了した。
材料はあと3匹分くらいは残っているが、
これぐらいなら混ぜて固めて捨てられる。
要するに14匹出来ました。

こんちさんは逆立ちで型取りしているので、
足のところが表面張力で膨らんで出来上がるので、
これを紙ヤスリで平らにすることが一番大事。
丁寧にやらないと安定して立たないからね。
あとつなぎ目のバリをヤスってとる。
ヤスリに次ぐヤスリです。
綺麗にしたら色をつけていくけど、
これがまたマスキングに次ぐマスキングになります。
ま、慌てず少しづつやります。
2018年11月15日 | Comments(0) | こんちさん
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード