不潔の勧め

ニューズウィーク
次々に出てきました。
諸外国で出ても日本では無視されることが多いですが、
今回は割に報道されているのは何故でしょうかね。
不潔の伝道師の私は、
だいぶ前からこの手のものを使っていないのですが、
お腹もそうだけど、風邪っていうものを、
ひかなくなります。
手洗いうがいをやめたら、風邪をひかない、笑
というている先生もいたけど、
多分本当ですよ。
2018年06月13日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

味噌、その他

20180523122638ca9.jpeg

現在国内で生産されている大豆は、
だいたいが白めと言って、お豆の蝶番のところが、
白っぽい。
在来種には黒めも多いが、この大浜大豆は、
薄い黒で、茶め、ぐらいの感じである。
産地は、珠洲市狼煙(のろし)、
名前の通りズバリ灯台のある所です。
大昔狼煙の灯台に行ったことがあります。

さて昨日のらっきょうですが、
一晩塩につけてから甘酢に漬ける、
簡単方式で作ったのだが、
今食べてみたら塩気が薄い。
次回は10日塩漬けにしてから、
塩抜きして甘酢に漬ける本格方式を、
採用することに決めた。
この方が乳酸発酵して旨味が増すというから、
やはりこれだろう。
多分塩抜きの具合が決め手となろうかと。
なんでもやってみると難しい。
世の中簡単なことなど無いし、
簡単がうたい文句でろくなもんが無いな。

今日は味噌の他、甘酒、塩麹を仕込んだ。
20180523122641d6f.jpeg

お昼はえんどうとホタテのパスタ。
だいぶ大盛りになったな…
最近私は大食らいの評判が高くなった。
今回金沢でも話題になったが、小さい時は、
給食も食べられず神経質で大変だったのに、
いつからこんなガサツもんになったのかと。
これ我ながら驚く。
あの頃の繊細な少女は何処に!!
2018年05月23日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

ジェンダー

よだれかけプレゼント企画のために、
久しぶりに味噌作り妊婦さん達に、
メールを出した。
一人は男児出産済み、もう一人は男児出産予定、
もう一人は女児出産予定であった。
私ははっきり言って、全体的に、
ジェンダーにこだわる方ではないが、
赤ちゃんに関しては、顔や行動で、
判断できないことが多いし、
着ているものでかろうじてわかる、笑、
ということも多いので、
ここは、いらん混乱は避けるべきと思い、
よだれかけのステッチの色のために、
わざわざ雌雄を確認したのであった。笑

講習会参加者は実に良い生徒たちで、
味噌や塩麹や甘酒をしっかり食べているようで、
なかなかに偉いのであった。
元気に育つ事請け合いである。
会長はうれしいぞ。
2018年03月05日 | Comments(2) | 「麹ともの会」

味噌日和

味噌作り講習会用に買った大豆が、
多かったので、連日味噌を作り続けている。
自分用と贈物用である。
今日はパネットーネのお礼に、
ミラノに少し送ってみたが、うまく着くだろうか。
品名はsarsa di miso と書くといいと、
書いてあったのでそう書いたが、
味噌はあんなに硬いのに。

自分で作る時は時間のことを気にしなくていいから、
豆があらかた煮えたら火を止めてそのまま蒸らす。
こういう場合ルクルーゼはいい具合である。
均質に柔らかくなっている感じで、
潰すのもこの方が楽である。
寒いから冷えやすくて味噌作り日和。
もっと小ぶりの甕が欲しいなぁ。
2018年02月02日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

会長の決意

味噌づくり講習会は、うちの狭い台所だし、
一度にちょっぴりの人しかできないんだけど、
それでももう四年になる。
一回目の参加者で娘の大学時代の友達は、
今や麹を自分で作ったりしているらしい。
種麹を買って来て米にカビをつけるわけである。
なんというか彼女は研究者のテイストである。
ただのおばさんの師匠とは一味違う。

すべての人にその人の生きる環世界がある訳だから、
何がどういう風に伝わり、
影響を与えるのかは、計り知れないものがある。
しょぼい会長も、襟を正して、
今後も励んでいかねばなぁと、
心を新たにしているところである。
2017年12月18日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

味噌づくり講習会3

3回目の味噌づくり講習会が、
無事終了しました。
今回は初参加の娘!と、二度目の娘の友達、
そして去年日程が合わず参加できなかった、
姉のお友達でした。
彼女は近所の麹町小学校でヨガをやってるらしい。
昔は麹屋さんがあった場所だが、
今は麹屋は一軒もないらしい。
ま、そうだろうとは思ったけど一応聞いてみた。

お昼は、ややクリスマスということで、
いつもの塩麹漬けチキンは骨つきのももで、
ことのほか美味しかったです。
うさぎは、
大好物のお姉ちゃんと骨つきチキンの登場で、
思わず興奮してしまい、
今朝は割と良かったおみ足を、
またちょっと痛くしたかも。
しょうがないですね。
いつも忙しい娘は、その後も用があるらしくて、
飲みに行くのと聞いたら、
壁登りに行くんだと。
綺麗な色のついた石みたいなもんが、
うまい具合に突き出ているアレらしい。
本当にいろんな事をやるやつである。
呆れる。

ともかく今年も三回の講習会を終えることができて、
会長はホッとしています。
ま、明日は姉用の味噌をまた作りますけど。
今水につけた。
明日はゆうちゃんのところに甘酒の配達もする。
会長は意外に忙しい。
2017年12月17日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

数字

味噌や塩麹などの賞味期限とか、
出来上がるまでの時間とかを常に聞かれるのだが、
いつもうまいこと答える事ができない。

塩麹については麹屋さんが出しているレシピも、
実にいろいろで、出来上がりも2週間から2ヶ月まで、
異様に幅があったりする。
実際季節によってもものすごく違うし。
できたら冷蔵庫でどのくらい持つかというのも難しい。
例えば畑に植わっているネギは、
そこで生きているので、
どのくらいもつかという質問は誰もしないと思う。
ずっと植えておくと葱坊主ができ花が咲く。
変化はするがずっと生きている。
人間にとって食べごろはいつかという話である。
(葱坊主も美味しいらしいが。)
それと同じように麹は生きているので、
(米という食べ物を抱えて)発酵が進むと、
やや味が酸っぱくなるかなぁというくらいの事である。
味噌なら茶色くなって味も少しづつ変わる。
だからと言って特に問題はないのである。
生きているんだから。
好きな時に食べれば良い。
納豆も同じでいつまでというのはないと、
納豆屋のおじさんが言っていた。
古い納豆が好きな人もいると。
(謎のアジア納豆にもその手の話は出てきたね。)

私自身もそういうのはないわけではないが、
人々は全体的に数字を気にしすぎである。
食べて美味しいと思う時に食べればいい。
自分のベロが一番信用ができるはず。

逆に言うと死んでいるものが難しい。
各種の保存料が入っていて、
死んでいるのに変化しないもの、
硬くならないとかをパサパサにならないとか、
色が変わらないとか、
そういうものはいっぱい出回っているが、
それらの方が恐ろしいような気がする。
判断する元になる情報がない。
その代わりに数字が書かれてあるわけだけど。
中沢新一の「チベットの僕の先生」に出てきた、
先生が人生をかけて自分とは何者かを極めてきたのに、
身分証明書という誰かの作った紙がないと、
自分を証明できないとは、
これはなんなんだと驚く話に少し似ている。
存在そのものではなく、
印刷された数字だけが判断の基準になるという。

私はちゃんとそれなりに変化するものを、
美味しい時に食べるということを目指したい。
私が単に数字に弱いっていうのもあるけど。
私が数字に弱いのは、
あいつはお金の物語のまわし者では?
という色眼鏡で見てるからかも。笑
今気がついたけど、これあり得るな。
2017年12月07日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

麹屋さんの事

今日風邪で欠席した妊婦さんは、
旦那さんが福井県の丹波の人で、
私が京都で買った大阪屋さんという麹やは、
本店は舞鶴なのです。
なんとこのお店は実家に近いらしい。
帰省した折に行ってみると言っていました。

今日きた別の妊婦さんは実家が富山だそうで、
富山には石黒さんという、
カビも作っている麹屋さんがあります。
ここの麹もとても美味しいし、
ネット販売もしています。
その後、年内にここに行けるかもしれないと、
連絡がありました!

今回も私は姉に送ってもらった、
地元の木村さんの麹を使いましたが、
麹に限っては、北陸は意外に強いと、
再確認しました。
麹屋さんがしっかり残っているし、
品質も高いです。
北陸たまにはえらいじゃん!
生徒さん達の麹購入ルートは確保されたも同然、
これは実は非常に重要なめでたい事です。
着物は着付けができないと縁遠くなるのと同じで、
新鮮な麹が手に入りにくいと、
麹食品は結局食生活に入ってこないから。
私は姉に頼りっぱなしですが、
親に頼むってのもなかなかいい考えです。にやっ
2017年12月06日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

味噌作り講習会1

本日1回目の味噌作り講習会終了しました。
ご家族に入院する人が出たりで、
当初の予定より減り、2名だけでしたが、
一人コブ付きでしたので実は3名です。
もなちゃんという九ヶ月の少女ですが、
以前は機嫌よく抱っこされてくれたのに、
今回はダメで、私が抱くと泣くので、
ママがおんぶと抱っこで乗り切りました。
どうも人見知りシーズンに突入したらしいね。

お味噌はま、普通に順調にできました。
お昼はやはりここは基本のお味噌汁を飲んでもらおうか、
ということで、今回は普通っぽく、
お豆腐とお揚げとおネギの味噌汁を作りました。
これはお代わりしてすっかり食べ尽くしてくれて、
本当に良かったです。
いつものチキングリルに、
カリフラワーと人参のピクルスなどです。
あと、昨日作っておいた昆布と大豆の煮物。
お帰りの際には、作った味噌の他に、
甘酒、塩麹、醤油麹のお土産も。
今日のお二人はご主人の方とも顔見知りですので、
(犬友です)お父さんにチキンの残りを、
お土産にしましたとさ。食べてね!

次回は三人の妊婦が集合、
そこにおばさんが一人混ざって、
四人の予定です。
その次は10日から17日に変更になり、
現在三人の参加の予定です。
2017年12月03日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

麹ともの会からのお知らせ

今年の味噌作り講習会の日程が決まりました。
12月、2、5、10日です。
いろいろな事情で日にちがくっついてしまって、
ちょっと大変ですが仕方ないです。
2と10は余裕がありますので、
ご希望の方はどうぞ。
2017年11月22日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

最近の細菌の事

細菌の働きの話などになると、
日本ではトンデモやえせ医学的な印象になるのは、
なぜだろうか。
あるいはスピリチュアル。
医学とか科学とかのイメージが非常に硬直している。

失われゆく我々のうちなる細菌を書いた人は、
アメリカの細菌学会の会長も務めた人で、
この著作は、その年の影響力のあった出版物、
の一冊に選ばれてもいる。
実際アメリカではかなり影響が出ているように見られる。
腸内細菌がPTSDの発症に関係しているという研究も出ている。
腸内になんとかいう三種類の細菌がいる場合、
ダメージを受けにくいらしい。
(これは南アフリカ)
一般的に心の領域と言われるものも、
細菌や寄生虫に影響を受けている。
彼らの働きは純粋に化学的なやり取りであるが、
興奮する物質を出すというような事が、
多分怒りっぽいなどの性格に繋がるわけであろう。
去勢すると犬の性格が変わる事があるわけだが、
これはホルモンの話だが同じようなもので、
当然あり得るだろう。
以前読んだ哲学する身体でも紹介したが、
人間の設定した前提条件から外れる、
漏れたノイズのようなものを使って、
最短距離を見つけ出すという例もそうだが、
実際の科学的な現象は、自在で、
結果的には驚くような形で発現したりする。
基本的に細胞の作り変えなどの素材は血液に運ばれるが、
腸壁の修復に関わる細菌は、
これを直接やっているとかいうのも面白い。

そういうものを迷信や古臭い考えと混同するのは、
周回遅れなんじゃないかと思う。
あえてやっているのなら資本主義に洗脳されすぎだし、
自然にやっているなら自信過剰である。

話は全然変わるけど、記者会見などの時に、
背景に市松模様にロゴを貼り付けたボードを使うのは、
いいアイデアなんだろうか?
みんな同じで意味がわからない。
2017年11月01日 | Comments(2) | 「麹ともの会」

のりこさん

息子の嫁のお母さんのことである。
あちらもなつ代さんと呼ぶので私ものりこさんにしている。
我々は同い年である。
気楽な人なので本当に運が良かったと思う。
10年ほど前に亡くなったご主人は
イラストレーターで(私と違いそこそ有名な)、
のりこさんは、
彼のマネージャーのような仕事をしていたらい。
同業者だけど、へんな居心地の悪さもないのは、
彼女のお人柄だろう。

昨日は生ゆうちゃんを見物に行ってきた。
産院では彼方のガラスケースに入っていたので、
全然よく見えなかったのだ。
本人は早めに出てきただけあって、
まだ2500ぐらいで実にちっちゃい。
しかし活発に動く子で、
私はダンサーになるんじゃなかろうかと思った。
ママはバレエをやった後体操部に入った人。
うちの娘も踊り子系で、バレエから阿波踊りに転向(?)
(息子はバレエ教室からタダでいいから、
男の子が欲しいと言われたが、きっぱり断った人だが…)

のりこ制作のかぎ針編みの小さな靴と前掛が、
できていたが、すごい綺麗にできていて、
意外にのりこ細かい仕事もできるのであった!
私は出土品のリネンで、ゆうちゃんの
ボンネットとエプロンをこさえてやろうと思っていたが、
いやぁちょっといい加減な仕事はできないと、
緊張が走ったぜ。

お父さんがいらっしゃればまた違うと思うが、
息子は意外にくつろいで嫁の実家に馴染んでいた。
内弁慶で外交家とはほど遠い彼がねぇ。
今時は女もすなる育休を、男もしてみんとて、
一ヶ月の育休を取るらしい。
とにかくイクメンやる気満々である。
世の中どうなるかわからんものである。
一寸先は闇ってやつか。(違)

あと私はこっそり、作戦どおり、
ゆうちゃんのおててとほっぺをひとペロリしてきた。
マイクロバイオーム、おみまいだっ!
2017年10月30日 | Comments(2) | 「麹ともの会」

麹ともの会からお知らせ

今年も寒い季節になってきたので、
味噌作り講習会やろうかと思います。
新豆のでる12月ごろの予定です。
参加したい人はお気軽に申し出てください。
日程はいかようにも調整します。
参加費はお味噌の原材料費です。
多分塩麹、醤油麹も作ります。
お昼は麹攻めのお料理を作って食べましょう。
2017年10月22日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

野生の麹黴

昨日の夜娘からメイルがあって、
田んぼだったらしいが、稲穂についた、
麹菌のコロニーを見つけたと。
どうも野生の黄麹の塊らしい。
さすがに自然栽培だとこういうことがおきるのね。
実際これを使って麹を作ることができる。
やってる人のブログを見せてもらった。
温度管理など色々大変だが、
娘はやる気満々である。
私が以前「もやしや」という本で読んだ限りでは、
白い麹カビは放射線照射で変異させた、
人が作ったものである。
いわゆる改良品種で色も綺麗、味も良いというもの。
娘は天然のカビは味も野暮ったいという。笑
甘酒などには向かないかもしれんが、
醤油にすればどうなんだろう。
なんか本格的で笑えるんだけど。
2017年10月02日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

会長のお仕事

ついに昨日、私は犬のマッサージ師として、
デビューしてしまいました。
ちょっと気になる犬がいて、
公園で会った時にマッサージしてあげたら、
そこの奥様が激しく興味を持たれ、
ぜひやり方を教えて欲しいとおっしゃるので、
うちに犬を連れてこられて、いろいろお話ししながら、
マッサージを試みた。
いつもお散歩担当はお父さんなので、
お母さんは初めてお会いしたのだが。
お母さんは体調がすぐれないというので、
こちらも甘酒など処方(笑)してみた。
犬のマッサージ師稼業は麹ともの会会長の業務と、
実に地続きなのである。
私は長年ピピンのマッサージをして、
少しづつ習得した訳だが、その効果に関しては、
絶大な自信を持っている。
きっとにこちゃんは幾らか元気になるだろうし、
老犬に差し掛かった時の困難が減ると思う。
お母さんも麹で元気になるといいが。
2017年07月31日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

昨日の晩ご飯

晩ご飯はもうこれ以上ないくらいの、
貧乏くさく古臭いご飯でした。
再現ドラマのつもりはなかったが、
舞台は北陸の寒村か…

ご飯(6分づき米)、間引き大根葉とおあげの味噌汁、
鯖のぬか漬け、きゅうりのぬか漬け。
以上です。
鯖のぬか漬けは姉からお土産にもらったもの、
薄くスライスしてそのまま生で食べた。
軽く焼いてもいいんだけどね。
昔食べたのより塩気が薄く上品だった。
キュウリはうちの糠床製。
おかずが少ない分お味噌汁はお代わりした。
これね、全て発酵食品だよ。
ご飯も細菌の好きなタイプだし。
貧乏くさくとも健康的で、実際美味しくて満足。

この前味噌汁がお湯を注ぐスープに、
ついに抜かれたニュースがあった。
私の味噌汁飲んだら美味しくて、
乾燥スープなんか嫌になるのにな。
みんなに飲ましてあげられなくて残念。
2017年07月05日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

赤ちゃん

赤ちゃんが生まれて、
感動しているパパの写真を幾つか見たが、
(いずれも病院での出産直後の写真)
どこの国かは書いてないが、アメリカかなぁ、
生まれたばかりの赤ちゃんを抱いているパパは、
全員上半身裸になっている。
すすんでる。
アジアと思われる写真が一枚あって、
日本かどうかはわからないが、
水色の抗菌上着のようなものを着て、
ぴったりフィットのゴム手袋をしている。
この違い。
我が国の細菌に関する常識は、
いつになったら変わるのだろう。
永遠に変わらないような気がしてくる…
がっくりする。
2017年06月30日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

お野菜げっと

昨日は味噌作りの生徒が、雨の中お野菜を届けてくれた。
旦那さんの実家で作った、
玉ねぎやズッキーニや人参など。
ズッキーニは仕事で行ったイタリアで買った種を、
植えてもらったもので白っぽい縞の。
アーティチョークも育てているらしい。
あれは2年越しの栽培なんだって。

お礼に味噌や塩麹をあげようと思ったら、
うちで作った後また二回味噌を作ったから、
あるって!
塩麹も醤油麹も!!
仕方ないので甘酒を少しと、
人気の高い生協のマヨネーズと、
本醸造のお醤油を持って行ってもらった。

しかし、私の仕事の中で、絵でも本の紹介でもなく、
麹ともの会の味噌作りが、
一番世の中のためになってるかも。
全くびっくりしてしまったよ。
まあ、ひとつでも役に立っている仕事があって、
良かったと思う。
そんなんで残り物で簡単に食べようと思っていたお夕食に、
野菜天ぷらを盛大に揚げてしまった。
うまかった。
2017年06月14日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

京都の麹

実は京都で麹もゲットしてきた。
京都で久しぶりに会った友人が、
かぶら寿司(カブにブリを挟んで麹に漬けたもの)
を作っていると聞いていたから、
あなたの使っている麹屋さんが近いなら、
買ってきて欲しいとおねだりしておいたのである。
今朝は調子の出ないパソコンと格闘しながら、
朝から甘酒を仕込んだのだが、
この麹は素晴らしい。
甘い甘い!割に高かったけど。
京都も麹屋さんがわりに多く残っていて、
どこかで買おうと思っていたが、
どこがいいかは一見さんではわからない。
友人に頼ったのが大成功だった。
麹ともの会のお仕事も怠らない、
えらいわしだった。
2017年06月08日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

麹仕事

白山市のあたりには、堅どうふという、
すごい固くでずっしり重い豆腐がある。
頭ぶつけること可能である。
今回これを買ってきて、味噌に漬けた。
味噌漬けられたものも商品としてあるが、
何と言っても手前味噌に敵うものがないので、
自分でやる。
鶴来のおはぎやさんで売っていた野蕗は、
細くて筋を取るのが面倒だけど、
佃煮にしたらすごくうまくできた。
とにかく蕗のできがちがう。
塩を入れたお湯でさっと茹でてから筋を取った。
ゴソゴソもしてないし筋張ってもいないし、
柔らかく香り高い。
ぐずぐず煮ないでお酒と赤酒とお醤油で、
素早く煮詰め、少し広げておくだけである。
白山さんの参道で、いい松ぼっくりもゲット。
センザンコウにそっくり!
いっぱいあったからもっと欲しかったけど、
あんまり欲張っても大人気ないかと。笑
麹で早速、甘酒、塩麹、醤油麹、味噌を作った。

201704221507035b8.jpeg
2017042215070504b.jpeg

2017年04月22日 | Comments(4) | 「麹ともの会」
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード