昨日のうささま

201705310749433b6.jpeg
2017年05月31日 | Comments(0) | 動物

美しい立派な皆さんのお顔

多くの人は人間が大好きらしいが、
生物の中で哺乳類の中で、
「見かけ」で考えた時に、
ヒトは随分ショボいし、どっちかいうと不気味だと、
私は常々感じている。
とりわけほとんど体毛がなく、
一部だけふさふさ残っているあたりが特に気持ちが悪い。
皮膚の色と体毛の色がはっきり違うタイプほど、
違和感がある。笑
イケメンだの美人だのといっても、
そこんとこは一緒なわけで。
立派な哺乳類の写真と比べると、
どう考えても貧相である。

色々やばい今日この頃、
見かけが立派な哺乳類の皆さんのご尊顔を、
見て気分転換してみたい。

20170517074002629.jpeg
20170517074004ac0.jpeg
20170517074003c7e.jpeg
2017年05月17日 | Comments(2) | 動物

バスから降りる熊

20170424055250914.jpeg

これ、状況がちょっと理解できないんだけど。
クマ関係のいい写真をいっぱいアップしている、
アカウントなので、コラージュじゃないと思うんだけど。
見つめまくっているおばさんたちパニクってないし。
降りてるってことは乗ったということで、
どっか行った帰りなんだろうけど。
ま、とにかくクマは手のひらというか足もだけど、
すごく大きくて丸くて可愛いと思う。
私は動物の前足の形にちょっとうるさいのよ。
2017年04月24日 | Comments(0) | 動物

趣味の一環

20170219083137e7c.jpeg

アニマルライフついとより
2017年02月19日 | Comments(0) | 動物

ゆきのひのうさこちゃん

本日はちらちら雪が降ってます。
東京のくせに金沢みたい。
今朝はうさぎにてんで似合わない服を着せました。
うさぎは異様に胸囲があるので、
胸が入る服は他がぶかぶかで、
なんかかっこ良くならないのです。
動きが激しいせいか、あまり寒がらないのですが、
ラブのように毛が密でなく、油っぽくもないので、
びちゃびちゃのドロドロになるから。

夕方も雪で、誰もいないので、
ボールっこ遊びをしていたら、
突然野生のスイッチが入って、
すごい勢いで走り出した。
散々走り回って藪から出てきた所で捕獲。
似合わないお洋服は、片肌脱ぎになって、
猛烈に汚い野うさぎになっていた…

こういう日は粕汁が良いという、
親切な姉のアドバイスがあったが、
おしゃけがない。
冷蔵庫に生協で買った、
トビウオの団子というものがあったので、
構わずこれでやることにした。
美味しくできるだろうか。
2017年02月09日 | Comments(0) | 動物

今日のうさぎちゃん

20160928114319759.jpg

久々にうさぎの写真でも。
うさぎの犬種はブリタニーと言うのですが、
この近所にあと二匹居ます。
一匹は最初に会ったピニン先輩で、
もう一匹はサブロー先輩です。
この二匹はすでにお友達でした。
二匹は体は真っ白なところと、真っ茶色なところが、
はっきり分かれていて、
手足がムラムラの水玉のようになっています。
うさぎは全身がムラムラのブチなのです。
こういうブチをローンと言うそうです。
チビの時ははっきりしない柄だ、くらいに思っていましたし、
さほど色柄は気にもしなかった。
サブローのお父さんはブリタニーが大好きで、
たいへんくわしい。
そして、実はローンが羨ましくてたまらないらしいのでした。
そんなにいいもんやったの?
ビックリです。笑
2016年09月28日 | Comments(0) | 動物

完全に秋

秋の気配到来に伴って、
うさぎの走りがヤバくなっている。
うさぎ的には「走りの秋」なのか?

昨日は木の上をあちこち飛び回る鳥を追いかけて、
走り出して止まらなくなってしまった。
喉が渇いて、すごい感じのたまり水を飲みに来たところを、
ようやく捕獲した。
今朝もえいたくんという若い犬と走り出して、
その子が割りにあっさり帰ってしまってから、
あきらかに走り足りないモード。
うさぎが本当に走るときは一人でぐるぐる走る。
(女陰の脇と後ろもものところ)がマッサージでほぐれ、
後ろ足が軽くなってきたのもあって、跳ぶように走る。

私はといえば、きのう登山客の方から、
「ハンバーガーじゃなくてハンバーグなの?」
と鋭い指摘をいただいて、これから「は」を、
泣きながら描きなおすのである。
実は私はこの二つの名前を普段から間違えやすいの。
おばあさんみたいでしょ?
じつはそうなんだよ、とほほのほ…
2016年09月02日 | Comments(0) | 動物

季節の味覚

うさぎちゃんは相変わらず、毎日のように、
蝉をいただいています。
庭での楽しみは、断末魔の蝉を見つけること。
これを発見すると、
もうおめめがキラリンッになってしまう。

前にも書いているように、うちの庭は、
決して広くはないが、蝉の一大生産地なのである。
土のある所は穴だらけである。
であるからまたここで卵を産みつけようというものも多いのだろう。
昆虫は次世代の仕込みが終われば、
やるべき事はやったかなという感じなので、
我が庭は断末魔の蝉がいる確率も高いのではないかと思う。

今までの犬たちはここまでじゃなかった。
うさぎは実に野生的である。
結構面白いけど。
蝉も最後はうさぎの腸内の常在菌の健全性に貢献し、
多少は血となり肉となり、
食物連鎖的にはこれでいいんじゃないか。

私はうさぎちゃんには蚊を食べて欲しいけど。
2016年08月22日 | Comments(0) | 動物

保護犬

うさぎは今朝公園で、初めて会った保護犬の子と遊んだ。
他に犬もいなかったせいか、
その飼い主の女性がその子をもらったいきさつを話してくれた。
いろいろ聞くうちに、つい私も愚痴を言ってしまった。
うちも貰おうとしたんだが、年寄りすぎると断られた事など。

そこのご家族はご夫婦の他に、
おばあちゃんと中学生の娘さんがいるらしいが、
(おばあちゃんは年寄りすぎ、娘は若すぎで、)
お母さんだけが頼りですから、
しっかり頼みますと言われたそうです。
まるで壮年の男女以外役立たずのような言われようで、
違和感がある。
おばあちゃんがいれば犬は安心して居られるし、
中学生ならば十分散歩もいける。
みんなでできる事を分担して協力すればいいではないか。
(うちでは子どもたちは小学生のうちから、
二人で二匹を連れて散歩していたが…)
保護犬のマッチングのお仕事は大事な事だとは思うが、
犬の幸せを思う余り、異常に適正審査が厳しくなっていて、
本末転倒な気がする。
犬も人間もそうそう理想的な環境で生きられるわけではない。
できる範囲で多少の我慢をしつつでも、
幸せに暮らす事は可能ではないか。

うちでは前の犬が16歳7ヶ月まで生きた、と、
〈お調べ〉の際に書いたら、雑種は長生きなので、
おたくなら、もっと生きる可能性があるからますますダメ、
と言われた時はあっけにとられてしまった。
飼い主より先に死ぬ事だけが犬の幸せなのかい?

ともかく、うさぎは保護犬の友達が多い。
2016年08月17日 | Comments(0) | 動物

やまの日のうさぎ

20160811211137ab1.jpg

息子夫妻が久しぶりに立ち寄ってくれて、
嫁が写真をとってくれた。
こうして見ると、やはりずいぶん大人っぽくなった。
嫁はいい子だが、息子と話すとムカつくことばかり。
よくこんなやつと結婚したなぁと、
そこはちょっと気がしれない。
2016年08月11日 | Comments(4) | 動物

昆虫食

今年は蝉が多いなぁ。
我が家の庭はすでに穴だらけである。

地上生活を終えかけている蝉を、
ワイルドなうさぎちゃんは容赦無く捕まえる。
この前も、暗くなってから大騒ぎしているので、
家に入ろうと捕まえたら、お口からセミの翅が…
あとコガネムシはどんくさいのか、
よく捕まっている。
公園ではフォバリング中のトンボを、
捕まえようと、大ジャンプを見せていた。
けっこう昆虫食べているのではないかと思う。
季節の味覚、旬の味?!

身体の形が変わってきていて、お腹も冷えて、
予定通り異常に元気になっている。
まだ途中なのに…
仔犬時代のイタズラが少し復活して、
また出かける時は閉じ込める必要が出てきたかも。
嬉し恐ろしい。
2016年08月01日 | Comments(0) | 動物

うさぎちゃん問題、ひさびさ

久々にうさぎのことです。
うさぎの身体はイマイチ普通でないのですが、
本人はエネルギーがあるので、
変わりなく元気に生活しています。

問題は背中がやや猫背で、
背骨が尻尾の方に下がっている。
これは鹿の体型です。
うさぎは鹿ではなく犬なので、おかしい。

実はうさぎは背中にハゲが二カ所あって、
大きさから見ても、仔犬にとっては、
かなり深刻な怪我だったと思うのです。
多分うんと小さい時に大きな犬に噛まれたのではないか、
これが成長の遅れた原因ではないかと、
私は前々から想像していました。
やはりハゲの箇所は毛が生えてないだけでなく、
中の方にも問題があった。
気長にここをマッサージしてやるうちに、
何と無く凸凹がなくなり、
全体にスムーズな毛並みになってきました。
そうなると背中の真ん中が自然と凹んで、
後ろの方が上がってきた。
まだ完全ではないのですが、
なによりお腹の熱っぽいのが取れてきたので、
やっと光明がさしてきたと思っています。
何とかこれでいい方に向くのではないかと思います。

今以上に元気になる可能性があって、
そこは怖い。
先日もうさぎの激しい瞬発的な動きにたまげた、
見知らぬお婆さんに、
「あなた怪我しないようにね」と、
心から心配されました。
気をつけますと答えた私…
2016年07月19日 | Comments(0) | 動物

ぺっかさま

今朝もぺっかに会って遊んだ。
ぺっかは、ミミズが大好きで、
ミミズの上を転がり回って匂いを付けるのが趣味らしい。
生のミミズ?と聞いたら、
乾燥でもよくて、その場合は口の中で、
少し戻してから使うそうである。
戻して…正しい乾物の扱いである。
恐るべし、ぺっか!
2016年07月05日 | Comments(0) | 動物

うさぎの友達

うさぎちゃんの友達にぺっかという犬がいる。
二匹はよく走り回って遊ぶ。
石垣島から連れてきたという保護犬で、
琉球犬という在来種らしい。
様子は柴をほっそりさせたような感じ。
この子は凄く足が速く、敏捷である。
うさぎもどちらかというと速い方だが、
ぺっかの方が速い。
ぺっかは走ってくれる相棒が好きだから、
ノリのいいうさぎちゃんは、
友達認定されているというわけだ。
しかしこう暑くなると、うさぎもイマイチである。
ぺっかはさすがに暑さに強い。

ぺっかという名前が可愛くて、
飼い主に聞いて見たら、
北欧の絵本にこの名前の犬が出てくるのがあるという。
飼い主のお姉さんはいつもセンスが良くて、
ちょっと洒落ている。
ペルシャ人のような裾が丸く膨らんだズボンなんかを、
はいているが、これがよく似合う。
絵本からとったというあたりも含め、
絵描きか、デザイナーかそんなお仕事ではないかと、
睨んでいるがどうだろう。

私はといえば、
何をしている人だろう、なんか怪しいと、
見られているらしくて、
そういうことはよく言われる。
今回の個展で絵を描いていることがばれた時、
絶対普通の奥さんじゃないと思ってたわ、とか。
個性的なおしゃれにキメてるわけでもないし、
どこらへんから怪しさが滲み出しているのか…
2016年07月04日 | Comments(0) | 動物

ウサギのみかんちゃん

うさぎちゃんは今日公園で、
みかんちゃんという名前のウサギちゃんに会った。
最初ひも付きで動き回っていたので、猫かと思った。
うさぎが近づいた頃は、お父さんが抱っこしていたので、
無事に狩らずにすんだ。
あむない、あむない。
良かった。
ウサギはかなり可愛かったよ。

お母さんがうさぎを可愛がってくれた。
オレンジなんとかって種類だから、
みかんちゃんと名付けたらしい。
日曜日は時々くるから、
また会うかもねって。
あむない、あむない。
2016年07月02日 | Comments(0) | 動物

カエルさんまた登場

うさぎはもしかしたら家の中にいても、
庭のカエルの活動がわかるみたい。
ぽちゃんだかガサゴソだか音がするのか、
カエルくさい匂いがするのか…

変な警戒の声を出すから庭に出したら、
出るなり暗闇の一角に向かって、
警戒感レベルマックスの体勢をとり、
ジリジリと近づいて、
飛びかかって行ったところにかえるが!
私には見えも聞こえもしない。
慌ててつかまえて、犬の方ね、家にいれた。
カエルさんごめんね。

カエルさんが居たのは、
カエルコーナー周辺じゃなかった…
がっくり。
2016年06月25日 | Comments(0) | 動物

カエルさんコーナー完成

20160622081853b97.jpg

写真だけみると、
和のテイストでちょっとすごいでしょ。
大きい方の甕にはでかい金魚が、
一人暮らししている。

昔誰だか忘れたが、子供電話相談室の回答者をしていた先生の本で、
「金魚は幸せなのか?」という小さい女の子から質問があったと。
それね、私も前から聞いて見たかったとおもったけど。
どうなんだろう。
何と答えたかは不明。

一個100円の布袋草と、こちらは少し高かったが、
睡蓮を買っていれてみたが、咲くだろうか。
小さい器には、カエルの置物に登ると、
入りやすいんじゃないかと…いらんお世話か。
ま、カエルはぴょんとできると思うが。
カエルの置物の上にカエルが乗ってるところが、
ちょっと見て見たい気がして…

最近は暗くなって庭でうさぎがなんかやってると、
カエルをいじめてるんじゃないかと、
気になって仕方ない。
ほんま、バカみたいな話だけど。
2016年06月22日 | Comments(0) | 動物

先住民とご対面

昨夜庭でうさぎがカエルと対面した。
いわゆるガマガエルってやつである。
最初はうなっていたが、尻尾をさかんに振って、
遊びたい様子でもあった。

きょうび両生類は絶滅の一途をたどっている。
何とかこのガマさんには元気で、
機嫌良く暮らしていただきたい。
うさぎが嫌で逃げちゃうかなぁ…
うちと庭が接している他の家の庭も含めて、
テリトリーなのかもしれない。
繁殖期以外あまり水を必要としないらしいが、
乾いた時ちょっと肌を湿す水場があるといいかなぁ。
庭にある適当なものに水が溜まるようにするか。
蚊がふえるかもしれんが、
ガマ氏が食べてくれるんじゃないだろうか。
急にガマさんの環境を気にするわしである。

親戚のカエルの先生の本によると、
カエルは平和主義者、逃げるが勝ちがモットーで、
誰とも戦わないらしい。
あれは何歳ぐらいなんだろう。
いつからここいらに住んでいるのか。
2016年06月19日 | Comments(4) | 動物

暑い一日でした。

最近の犬の飼い主さんは、
水やの氷やのいろいろ準備して散歩している。
うちはウンチの紙とビニール袋だけという、
貧しい装備。
人様に、うさぎちゃんも飲む?
とか言われて、おごってもらって、
そこのうちの子よりごぶごぶ飲んで、
たまに水をひっくり返したり、実に申し訳がない。

姉が誕生祝いに金一封をくれたので、
それでお肉を買い、
新しい散歩バッグ(ピピンのお古のボロクソだったし)と、
広口のペットボトルを買ってやった。
うちにあったチタンのアウトドア用のコップも、
うちにあったカラビナで付けた。
(うちはなんでもあるなぁ)
私は急に今時のかっこいい飼い主になった。
リードはもともと山用のロープだし、
うさぎは、ちょっとした登山家のような犬になった。
暑がりのうさぎは、さっそく氷を喜んで、
草っ原で休憩しながらガリガリ食べていた。

公園の水場では小学生たちが、
大きなペットボトルに水をいれて、
盛大に頭からかぶるという楽しそうな遊びをしていた。
男の子も女の子も、びしょぬれ。
要するに今日はそれほど暑かったのであるな。
2016年06月17日 | Comments(0) | 動物

最近のうさぎ

20160613093350c01.jpg

うさぎさんは猟犬のさがで、
動くものには強力に注目してしまう。
おもに鳥や昆虫などだが、
もちろん人間も対象である。

特に変わった動きをしている人間を見つけると、
とことん気になってしまう。
例えば公園でシャドーボクシングに、
励んでいた青年。
不自然なほど近づいて!ガン見していた。
(私は遠ざかろうと努力したのだが…)
ついにお兄さんが気がついて、でへへへになってしまい、
うさぎを撫でてくれたので、
ま、大喜びしてその時は終わった。
二日後くらいに、
うさぎがお兄さんに突進するので何かと思えば、
この前のシャドーボクシングの彼であった。
今回は芝生に座っていたのに。
よく覚えていたなぁと感心した。
いいお兄さんで良かった。

シャドウゴルフのおじさん、
体操をするお兄さんなども超注目である。

先日の体操のお兄さんも、
間近でおすわりをして!ガン見していて、
(うさぎが見る時はたいていガン見になる)
お兄さんが体をひねる運動に入った途端、
後方にいたうさぎと目があって、
完全にビビっていた。
その時はお兄さんの仲間たちがいて、
その子たちはうさぎが視界に入っていたので、
彼の狼狽ぶりは完全に大受けであった。

そうやって近所のグラウンドの利用者たちの日常に、
ちょっとした話の種を蒔いている、
ご苦労なうさぎさんである。
2016年06月13日 | Comments(0) | 動物
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード