いろはについて

いろは歌留多で、
どうしてもいいのが思いつかない字がある。
ずっと前から考えているんだけど。

私は絵を描く時の資料として、
動物や植物の図鑑も持っているけど、
普通の人がふと思いつくような動物がいいと思って、
今まで見ていなかった。
猿なら、テナガザルや、キツネザルでなく、
やはりただのさる、としてニホンザル風の絵を描く、
というように。
昨日ついにちょっと調べてみた。
やはりその字はめっきり少ない。
どうしたものかなぁ。
反対にいろいろありすぎて、
もっとおもしろい組み合わせがあるかもと、
ペンディングしているのもある。
粘るといいアイデアが出てくることもあるから。
ずいぶまえに決めたやつを、昨日変更した。
それも二つも。
もうちょっと悩む必要があるな。
2017年02月19日 | Comments(0) | いろは歌留多

「ぬ」絵札

20170215121707e85.jpeg

「ぬーの だいじな ぬかみそ」です。

ヌーはあまり一般に知られていないだろうな、
と思ったのですが、
この前来た友達に「ヌーってわかる?」
と聞いてみたら即答で、
「わかるわよ、幼稚園で絵本に出てきたじゃない」
というお答えだったので、
大喜びでヌーに決めました。
たしかに、吉田遠志さんという作家の先生が講演に来られて、
幼稚園で一時アフリカの動物の絵本が流行っていました。
結構覚えているものですね。
しかし、難しいのが残ってきている…
わけであります。

ヌーはアフリカに住むウシ科の動物です。
私は以前「つのシリーズ」という、
人気のないシリーズを描いていた時に、
いろいろな角を見ました。
角が立派なのはたいてい、うし、やぎ、しかです。
結構凄いのがあります。
私は角が好きです。
2017年02月15日 | Comments(2) | いろは歌留多

「あ」字札

20170212200515c47.jpeg
2017年02月13日 | Comments(0) | いろは歌留多

いろは歌留多評判

いろは歌留多は少しづつ進んでいる。
この前ちょっと見せた友人は、
あっけにとられる程の反応の悪さだったので、
やや気落ちしていた。
そうでもないけど。笑
ところが昨日、
用があってうちに来てくれた友人は、
これまた、笑いすぎというほどの大笑い。
この人はやや笑上戸のきみがあるからね、
あまり信頼できるデータでないかもしれんが…
とりあえず歌留多になったら是非欲しい、
とまで言ってくれた。

世の中の人々はほんとうにいろいろやね。
美空ひばりがどんなに天才歌手でも、
大好きな人と大嫌いな人がいて、
ピカソが天才画家だとしても、
好きな人も全然感心しない人もいるんだから、
ま、当たり前のことといえば当たり前やね。
2017年02月10日 | Comments(2) | いろは歌留多

「あ」絵札

2017020813433919b.jpeg

「あけびは あまい あますぎる」
です。
2017年02月08日 | Comments(0) | いろは歌留多

歌留多の製造について

歌留多のことをいろいろ考えていたんだが、
やはり裏張りのじゃないと嫌だなぁと。
そしたら京都に作ってくれるところがあった。
今も裏張りの手作りの花札や百人一首を作っていて、
オリジナル歌留多の製造もやっている。
ここに持ち込めばちゃんと裏張りした歌留多ができる。
ただしお値段はかなりしそう。
手作業だからねぇ。
ちょっと取材に行ってみたい、天狗堂。
http://www.tengudo.jp/http://www.tengudo.jp/
おかげさまで創業200年や!
2017年01月11日 | Comments(3) | いろは歌留多

「う」絵札

20170110080121085.jpg

今年度の初描き下ろしです。
「うどは うまい ひひーん」です。
今回は初の鳴き声入りです。
2017年01月10日 | Comments(0) | いろは歌留多

「も」字札

2016111113194891e.jpg

齧歯類といえばあの歯ですね。
リスの時は満腹すぎて口を開けることもできなかったので、
モルモットにはちょっと歯を見せてもらった。

モルモットは盲腸の発達が顕著であり、
腸の半分近くを占めている。
繊維質は盲腸内の細菌プロトゾアに、
消化してもらっているという。
当たり前ながらモルモットもまた、
モルモット本体と彼の細菌叢との総体であるのです。
2016年11月11日 | Comments(0) | いろは歌留多

「も」絵札

201611110730295fb.jpg

「ももを もっているのは もるもっと」
です。
モルモットは小型の齧歯類、
しっぽのないネズミです。
齧歯類はリスに次いで二匹目かな。
2016年11月11日 | Comments(0) | いろは歌留多

「わ」字札

201611100937461ef.jpg
2016年11月10日 | Comments(2) | いろは歌留多

「わ」絵札

20161109085054c70.jpg

「わには わいんを ぐびぐび」です。
ワニは免疫力が非常に強く、
ウイルスを無効化することが出来るらしいです。
お酒も強そう…
2016年11月09日 | Comments(4) | いろは歌留多

「ゆ」字札

20161107083759c0e.jpg

ゆでたまごですが、私の理解ですと、
卵の表面がなるべく短時間で高温になって凝固することが、
きれいに剥けるために、重要なことと思います。
室温に戻した冷たくない卵を、ごく少ない水、
(かぶっていなくて良い)に入れて火にかける。
こうするとくっついて上手く剥けないということはないはずです。
2016年11月07日 | Comments(0) | いろは歌留多

「ゆ」絵札

20161105082911da4.jpg

「ゆきひょうは ゆっくり むいている」です。
手先が細かい作業に向かないというのもあるが、
あわてない性格なのです。
2016年11月05日 | Comments(0) | いろは歌留多

「に」字札

20161103104147b5c.jpg
2016年11月03日 | Comments(0) | いろは歌留多

「に」絵札

20161101122519c22.jpg

「にわとりは にんにくを にくむ」
です。
やはりあの匂いでしょうかね。
わりに今回はさっぱりとした色になりました。

2016年11月01日 | Comments(0) | いろは歌留多

「て」字札

20161031110333869.jpg

やはりてっかまきに、まで一行に入れたかったので、
3行目によを加えました。
二字ではばらんすが良くないので。
これで21字42枚。
少し半分に近づいた。
2016年10月31日 | Comments(0) | いろは歌留多

「て」絵札

20161030092117ec3.jpg

「てみやげは てっかまき にした」です。
今回珍しいのは、鉄火巻きの絵がないところです。
本当に鉄火巻きかどうか…
実は、テリーヌとか、テキサス最中とか、
意外に手ぬぐいセットかもしれない。
我々はてんとう虫を信じるしかないのです。

てのつく食べ物を考えていた時、
なぜかテキサス最中、テキサス饅頭というのが、
出てき続けて困った。
実はあるんじゃないかと、疑っている。
2016年10月30日 | Comments(0) | いろは歌留多

「よ」字札

20161028164425b5c.jpg
2016年10月28日 | Comments(0) | いろは歌留多

「よ」絵札

201610271040052fa.jpg

「よたかは よもぎの ゆめをみる」です。
ヨタカといえば、宮沢賢治の「よだかの星」です。
醜い鳥という設定ですが、
羽の模様が気持ち悪いかといえば、
これは単なる擬態で木にそっくりです。
枝に平行に止まるのも擬態の努力です。
夜行性などで、みんなの起きている明るい間に、
ねなきゃならんので、どうしても力が入ってしまうのでしょう。
羽が気持ち悪いのは、
爬虫類の鱗のようなアリスイの方がすごいです。
よたかが凄いのは何と言っても口を開けた時の顔です。
口を開けて飛びながら、飛んでる虫を食べる。
閉じていると分からないが目のすぐそこまで、
切れています。
その顔は確かに結構怖いです。

擬態しているものを描くのは難しい。
鳥の羽は、ここまで胸の毛、ここから翼の上の並びとか、
構造が大体決まっていますから、
色分けも機能の区切り目で変わるというのが多い。
しかし擬態の努力はそういうものを飛び越えてしまう。
それに個体差が大きい。
だから何が何だかわからなくなっちゃう。

なるべく手を入れない書き方の今回は、
ものすごく難しかった。
全体にちょっと変わった雰囲気にしようとは思っていたが、
どうもそれもうまくできなかった。
寝てるんだけど、昼だし、
ものすごく明るいのもどうかと思って…
よもぎも実在するわけでなく夢だしね。


2016年10月27日 | Comments(0) | いろは歌留多

「つ」字札

20161023071705814.jpg

久々に描き上がったものを数えてみたら、
この「つ」までで、19字分ありました。
38枚描いたことになります。
行く手にはまだ半分以上残っているということです。
げっ、頑張らないとだめですねぇ。
でも全然飽きてきてないので、大丈夫。
これ描くのも考えるのも面白いです。
2016年10月23日 | Comments(0) | いろは歌留多
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード