天ぷらの威力

昨夜は息子夫妻が夜寄ってくれました。
前から週末に行くと言っていたのが、
仕事が忙しいから行けないというメイルが来たので、
美味しい天ぷらにしようと思ってたのに残念、
と返事したら、
8時ごろになるけど行くという返信がきました。
あれは絶対に天ぷら狙いだったと思います。
案の定二人は異常に大量の天ぷらを食べました。
天ぷらは白なす、モロッコインゲン、オクラ、ピーマン、
シシトウ、人参、苦瓜(自家製)の皆さんです。
ピーマンやインゲンは少ししかなかったけど、
バリエーションは豊富で相変わらず白なすが美味い。

お嫁さんは完全にスイカ泥棒になっていました。
緑のワンピースを着ていたので、
黒い縦縞があるともっと似てたと思う。
息子は以前に一度やったのですが、
今年はまた会社のカレンダーをやっているようで、
昨日は珍しく休日出勤だったらしいです。
自社製品を使った箱を色々作って、撮影するらしい。
カメラマンは高校の剣道部の先輩だという、
珍しい話でした。
楽しみにすることにします。
ただ、ここのカレンダーはサイズがでかいので、
一般家庭では掛けにくい。
2017年08月20日 | Comments(4) | 食べる

友人とランチ

昨日はお昼でもどう?というお誘いにほいほいと、
この暑い中来てくれたお客がいた。

お昼は、数日前初めて炊いてみた、
発酵玄米と、お野菜の炊き合わせ、
豚ももの鍬焼き、青瓜のぬか漬け、おやっこ。
人参と青瓜、お豆腐揚げとオクラを、
昆布カツオのお出汁で煮てお葛であんかけに。
ウリは柔らかくなりやすいし色が悪くなるので、
後で参加させる。オクラも塩茹でにして最後に。
豚肉は薄く塩麹してカタクリつけて焼いて、
熱湯で脂抜きする。
醤油、醤油麹、酒、赤酒を沸かして、
焼いた肉に絡める。
仕上げに甘酢漬けの生姜を散らす。
これは暮しの手帖でついこの前ゲットしたレシピ。
今までお醤油につけてからこなつけて焼いていたが、
薄めのお肉の時はこの順番の方がいい。
醤油麹は照りと甘みが出て素晴らしい。
生姜は小さいサイコロにして5秒ぐらい熱湯にくぐらしてから、
甘酢に漬ける。
これは実に気に入った、使える。
千切りは良くやるが角切りが妙にいいの。

写真を撮り忘れたけど、
美味しいと好評でまずは良かった。
2017年08月07日 | Comments(0) | 食べる

夏野菜げっと

近所の友人が、知り合いから、
手作りお野菜詰め合わせセットが届いたというので、
たっぷりおすそ分けをもらった。
ずいぶん前から、婆さんのうちから出てきたお盆いる?
と聞いていて一度見に来てと言っていたのだが、
今日はデパートの外商よろしく幾つか風呂敷に包んで、
野菜を頂きがてら、持っていった。
好きなのを選んでもらって、
お盆とお野菜の物々交換で、
二人とも嬉しい嬉しいと言うわけであった。
若い人はあまりお盆を使う習慣がないのか、
誰もあまり欲しがらない。
私はご飯の時にお盆で食べたりよく使うのだが。
私はお野菜の話を聞く前から、
今日は素揚げ野菜の南蛮漬けと決めていたので、
うちにあったナスとピーマンに、もらった満願寺がプラスされた。
冷蔵庫で冷やしておくと、しばらくはもつので、
最初から琺瑯のタッパーに入れた。

20170721144034264.jpeg

うちの庭の満願寺はチビで、
身長が40センチくらいしかないが、
一応花が咲いた。
シシトウくらいのがなるかもしれない。
2017年07月21日 | Comments(0) | 食べる

日本の農業

2017年06月21日 | Comments(0) | 食べる

一昨日のおかず

201706181127293b7.jpeg

徳島の「谷ちくわ商店」のちくわをもらった。
これは異様に美味いのである。
ここはちくわのみにかけているのか?

キムチが少し残ったので、この時期だけど、
キムチ鍋的なものを作った。
私は鍋じゃなくて蒸すんだ。
塩麹漬けの豚バラと、大根、人参、ちくわ、とうふ、春雨。
ごま油で炒めてから、コチジャンと醤油、赤酒などを入れ、
小エビをパラリとしてから弱火で蒸す。
春雨は野菜が柔らかくなったら入れる。
春雨はすごい勢いで水気を吸うので、
もう少しで焦がす所だった。
正統かどうかは、わからんが、
韓国料理はお魚系のお出汁によく合う。
ちくわと小エビでバッチリ。
ぬか漬けはズッキーニや。
2017年06月18日 | Comments(2) | 食べる

芽がでた!

20170611084829a91.jpeg

親切なご婦人にもらったゴーヤの種は、
水につけても一向に動きがなくて、
もうダメかと思いながら、ダメ元で
ゴーヤ用にベランダに設置したプランターに植えてみたが、
何と忘れた頃に芽がでてきた。

本葉が出てきたのでネットをつけてやった。
今はまだ足場と養生シートがかかっているので、
日当たりが良くないが、
そろそろ取れると思うので何とか頑張ってほしい。
万願寺も諦めた頃発芽した。
こちらは下の花壇なのだがどうかなぁ。
花壇は植える場所がもう無くて、
日当たりに難があるゾーンなのである。
何にせよ種から芽がでるって嬉しいことや。
2017年06月11日 | Comments(4) | 食べる

昨日のおかず

2017060613322460b.jpeg

今週の生協の有機レタスがバカに発育がよく、
すごく大きかったので、
私も比例して大量に食べた。
大変美味しかった。
グリーンアスパラはなるべく早く、
茹でなくてはどんどん味が落ちる。
トウモロコシなんかもだけど。
塩麹まぶしの手羽中は今回は筑前煮じゃ。
人参とこんにゃくとちくわ、昆布と鰹節を少々。
こういうお煮物はどうしたって美味しい。
2017年06月06日 | Comments(2) | 食べる

農業の話

私は農家に生まれなかったので、
基本的には農業のことは何も知らない。
庭で花を育てるぐらいの、いたってのんきな、
自然との付き合いである。
娘が去年から会社勤めの傍、自然栽培の農業を始めて、
まぁそれもごく小規模な話ではあるが、
私もついでにいろいろ学ぶことが多い。

最近になって偶然見つけた、
自然農法の農業をやっている人の、
ツイートを見るようになった。
この人はややスピリチャルがかっていると、
言えなくもないが(笑)現場の話は非常に面白い。
強烈な発酵マニアでもある。
細菌の他に菌類もなかなか重要であるのは、
菌根菌を使って植林している人の本で読んだことがあるし、
土と内臓にも少し出てきた。
例えば畑のそばにキノコが生えてくるとする。
この子実体が食用に適するかは別にして、
菌類は世界最大の生物と言われるだけあって、
地中にその何倍もの菌糸の広がりを持っている。
この菌糸が作った道が、水や細菌が植物の根と関わる時に、
役に立つらしい。
キノコは生やすに限るらしい。笑
土の中の細菌叢が優れていると、
本当に病害虫に強く、ジャガイモなんかも、
肌がツルツルのすべすべで、見たことがないほど美しい。
この人は人間の細菌叢が理想的であれば、
蚊に刺されることもないと言っている。
血も内容に違いが出てくるらしい。
あり得るとは思う。
2017年06月05日 | Comments(0) | 食べる

昨日のご飯

201706030845544fd.jpeg

昨日は珍しくご飯じゃなくて、
焼きビーフンでした。
だいぶ前に買った台湾のビーフンで、
とても美味しいし細いのですぐ戻る。
いつもは干しえびを戻して入れるが、
ばーさんの家の発掘品の、
ホタテ貝柱の水煮缶を使わねばならなかったので、
これと、長ねぎ。
良いお味であった。
私は焼きビーフンは具の少ない方が好きなのである。
ホタテやエビやカニは旨味が強いので、
あんまり入れすぎない方がいい。
結局ホタテ缶は大根の千切りサラダと、
中華風卵焼き、ビーフンと、何日にも分けて使った。
肉団子は珍しく豚肉の揚げたタイプ。
黒酢あんに絡めたが、あんが少なめで絡まり具合が弱かったけど。
2017年06月03日 | Comments(2) | 食べる

昨日のおかず

20170602073151861.jpeg

塩麹をまぶしておいた豚モモを、
焼いて大好きな大根おろしを、
たっぷり添えて食べました。
レタスと赤玉ねぎとスナップえんどうのサラダは、
オリーブオイル塩麹お酢とお醤油。
2017年06月02日 | Comments(0) | 食べる

昨日の塩豚

20170528070500a92.jpeg

塩麹に漬けておいた豚バラの塊を蒸した。
塊だと蒸すのに30分くらいかかるけど、
やることはそれだけだから簡単。
残りは冷たくなってもハムみたいに食べられるし、
炒め物に入れてもよい。
塩豚はマスタードを付けて。
レタスは塩麹、オリーブオイル、お酢と醤油。

あとはすき昆布のきんぴらときゅうりのぬか漬け。
私は昆布が大好きなので、すき昆布という、
細く切って乾物になっているのも好きです。
岩手県のものらしいが、これは吉祥寺の乾物屋で買った。
水に入れるとすぐ戻る。
人参とお揚げと、干した小エビをお出汁代わりに入れると、
これまた大変に美味い。
2017年05月28日 | Comments(0) | 食べる

また藤田さんのついとです

発達障害の予防について、脳神経科学者・黒田洋一郎さんはこう言っている。「できるだけ農薬を避けるために有機・無農薬、減農薬作物を食べること、ことに保育所、幼稚園、小中学校の給食に無農薬作物を使い子供を守ること、居住地での農薬空中散布をやめさせること、室内での殺虫剤使用をやめること」

大地の会藤田さんついとより

こういう話ばかり出すと、
嫌がられそうだけど、
信じる信じないは自由だけど
諸外国では真剣に問題にしている人たちはいるし、
各国も対策を講じ始めています。
子どもを守らなくてどうする。
大人の役目とはそれだけではないか。
2017年05月24日 | Comments(0) | 食べる

和菓子!

20170524074520458.jpeg
201705240745221de.jpeg

美味しい生菓子を送ってもらった。
これは綺麗な上に美味しいのである。
私が一番好きなのは、この緑色の餡。
うぐいす豆の粒餡である。
豆の煮方が最適。
プロやなぁと感動する。

仰げは尊し和菓子の恩♫
2017年05月24日 | Comments(2) | 食べる

もやしさま

20170521090820ed9.jpeg

卵と炒めた時のもやしが、
少し残っていたので、軽く茹でて、
ささみの蒸したものとごま油、酢じょうゆで和えた。
ゴマを入れようと思ったら、
炒ったやつがなかったので、
仕方なく無しにした。
でも美味しかったですよ。
もやしはこの歯ごたえが独特で、
親切価格だけど美味しい。
2017年05月21日 | Comments(0) | 食べる

発達障害と農薬

201705201832347e8.jpeg
201705201832364aa.jpeg
20170520183230962.jpeg


発達障害をはじめアレルギーや化学物質過敏症などの子供が増えている。原因の一つに、ネオニコチノイド系や有機リン系の農薬がクローズアップされている。とくにネオニコは、近年日本での使用量が増加した農薬であり、胎児期、乳児期の人体に取り込まれると、発達障害を引き起こすことがわかってきた。

大地を守る会藤田さんついとより
2017年05月20日 | Comments(0) | 食べる

今日のおかず

2017051719055516a.jpeg

鳥の手羽中のどっさり入りを買ったので、
相も変わらず塩麹に漬けておいた。
これをフライパンに並べて、
オーブンでてきとう分焼いただけ。
簡単すぎる。
こういう風に使えるように、
前のフライパンがダメになった時に、
取っ手の取れるフライパンにした。
これが本当に予想以上に大活躍である。
ハンバーグは特に両面軽く焼いてから、
オーブンに入れるとむっくり膨れて、
大変美味しく焼ける。
時間も短縮されて良いことづくめ。

今日はこれにインゲン豆の茹でたのに、
マヨ醤油麹。
さつまいもが一本残っていたので、
少しの水にバターちょっととお塩を入れて、
火にかける。
人参のグラッセなんかもこんな風だが、
おさつは人参より身体が弱いので、
水は少なめでさっさと煮る。
柔らかくなりそうなら蓋をとって水気をとばす。
これが崩れないで美味しくできた。

あとは切り干し大根と竹輪とお揚げの煮物と、
切り干し大根のお酢の物。
お酢の物も美味しいね。
(今姉の家で流行っているやつ)
今日は煮物も柔らかすぎず好みの歯ごたえにできた。
2017年05月17日 | Comments(0) | 食べる

勝手に思ってろ!

最近あるついとで、3・11以降「味噌が放射能に効く」
と言うのでもてはやされたという事実を知った。
そんなんで味噌作りもスピ系に認定されていると!
もうこうなったら、私は完全にアウトである。
スピ系の人と言われても仕方ない。

遺伝子組み換えに反対するなどの、
食の問題を語るとき必ず、
金持ち疑惑とスピ系疑惑が沸き起こる予感を、
どうしても意識してしまう。
科学を否定するつもりは全然ないが、
科学とは現時点で人間が証明できる知見である。
その周りにはまだまだ未知の分野がある。
そして科学至上主義の人には、
人間が一番偉いという根本的な選民意識、
生命に対して優劣をつける、
差別意識がある事が多いと感じる。
科学的であることを権威のように振りかざしたり、
擦り寄ったりしすぎ。

それと、小さな差でもって貧乏競争しても意味ない。
貧乏だから体に良くない食べ物で我慢しろ、
というのが間違っているわけで、
食物の生産流通のあり方を変えることは、
可能だし、皆がちゃんとしたものを食べられるはずである。
アメリカでさえネオニコチノイドフリーに、
移行している。
イギリスでさえシェアの半分はケージフリーの卵なのだ。
なぜ日本人ははなから出来ないと思い込んで、
金持ちが羨ましいねという話に収めるのか。
そこまで卑屈になる必要はない。
堂々と要求しないから世論にならないし、
企業の姿勢を変える力にならない。
最賃の話もそうだ。我慢は美徳かよ。
ケージフリーは大手養鶏業者にとっては、
利益率が減るわけだから、
向こうが進んでやってくれたわけではない。
多分どの国でも消費者の意識が変えたのだろう。

言っとくけど私は、金持ちでもスピ系でもないけど、
もうそう思われても気にしないことにする。
勝手に思ってろ!誰か!笑

2017年05月10日 | Comments(2) | 食べる

春の田舎くさいおかず

201704290744450fa.jpeg

ご近所から蕗と蕨をいただいたので、
超山菜なご飯である。
嬉しい。
春はいいなぁ。こういうもんがあって。
蕨はアクを取ってお揚げと煮た。
蕗は鰹節を入れてきんぴらに。
蕨のアク抜きは重曹を入れたお湯に、
しばらくつけておくというのやったが、
柔らかくなるしアクも抜けるが香りまで抜けた気もする。
そのままお酢の物で食べたほうがいいかな。
残りはそうしよう。

今年は島根連鶴さん、お花は1つだけ。
下の方からたくさんの新芽が出てきているので、
来年は盛り返してくれるだろう。
枯れなくてよかったとしよう。

20170429074443c1f.jpeg
2017年04月29日 | Comments(0) | 食べる

晩のおかず

201704271950576d5.jpeg

こんな料理があるのかどうかわからんが、
今日はゆで卵を煮ようと思ったのだが、
ふと思いついて鶏肉と長ネギを一緒に煮て見た。
塩麹をまぶしておいたモモと、
ゆで卵を少し甘くしたおしょうゆ味で煮て、
最後におネギを入れて、煮詰める。
何に似ているかよくわからないが、
意味不明にうまかった。
2017年04月27日 | Comments(0) | 食べる

昨日の食物

201704260736308d3.jpeg
20170426073631833.jpeg

食べることは生き物なら誰にとっても、
一番大事なことだが、
私にとっては精神的にも重要なことである。
ちゃんと作って美味しく食べれなくなったら、
私もいよいよお終いだと思っている。

昨日のおやつは甘酒いちご。
いちごが好きだと言ったら、
姉にかあさんと好物が一緒だと言われた。
確かにそうかもしれない。
母は死ぬ前はいちごしか食べなかったらしい。
お夕食は鶏胸肉の唐揚げ。
胸肉は薄く塩麹を振っておいたから、
ふんわりしてパサパサしない。
いつもの万能ソース。
今日は生姜なしのネギだけ。
行平にごま油を少しひいて、ネギを炒めて、
お酒、赤酒、醤油を入れて沸かし最後にお酢を入れたもの。
お野菜を一緒に食べるとさっぱりとして美味しい。
大根おろしもいいけど。
そんなんで、美味しかった。
今のところはまだ死なないみたいだね。
2017年04月26日 | Comments(4) | 食べる
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード