FC2ブログ

ラザニア

牛乳が余ってしまったので、
久しぶりにホワイトソースを作った。
ベシャメルソースが正式名?
暑い時なら杏仁豆腐にする所。
バターと粉をよく炒めた所に、
温めたミルクを少しづつ入れて混ぜまくる。
味は我が家は塩麹。
正式のやり方かは知らんが、
母がやっていたようにやっている。
多少ダマができてもオーブンに入れちゃえば平気だよ。
昔母が作っていた時は大量で、
これを混ぜるのはなかなかの仕事だった。
私はやりたくて、チビなのでお砂糖の缶に、
(昔デカイ缶入りのお砂糖という物が貰い物であって、
先日和泉の方を散歩していたら、
これがゴミに出してあって超懐かしかった。)
乗ってかき混ぜていて、
落下してこぼしたという武勇伝がある。
ま、そんなんで、ミートソースとこれをかければ、
美味しいラザニアができる訳だ。
この前フランチェスコ法王が、
ホームレスをお食事に招いたという記事で、
ごちそうにラザニアと書かれていたので、
あー、ラザニア美味しいよねぇと思ったのだった。
ラザニアは平たい大きいパスタだが、
これを茹でるのは割に難しい。
破れたりくっついたりするので。
ちょっと前買った、
茹でやすいラザニアはなんか美味しくなかった。
そこでリガトーニというデブいマカロニを買って、
これでやろうと思う。
この前ゆうちゃんが来た時は、
ミートソースのスパゲティをよく食べていたので、
今度来た時はリガトーニのラザニアを作ってやろうかと。
ミートソースとベシャメルソースは冷凍保存。
2019年11月24日 | Comments(0) | 食べる

民宿のおばちゃん

うちの子どもたちもそれぞれ家庭を持ったので、
いろいろ忙しくそうそう実家に寄るわけではない。
しかしこの人たちは、相棒もろとも、
食べ物には釣られやすい。
昨日は姉が蟹を送ってくれた。
年に一度の蟹となれば、万難を排してくるのであった。
週末の昼か夜という四回の選択肢があったが、
珍しく両家とも土曜の夜がいいという。
そんなんで私は昨日は完全に民宿のおばちゃんである。
今年も上手く茹でられたが雌の紅箱は小ぶりだった。
蟹を切るのが大変や、民宿も楽じゃないなぁと思った。
これから先いつまで日本海に蟹がいてくれるものか、、
もうなんか思い出作りをしてるような。
ありがたくいただいた。
久しぶりに白和えを作った。
大事にしている、母の友達が作ったゴマを少しすって、
茹でて水気を切ったお豆腐と塩麹を入れてよくあたる。
中身は春菊に、人参、竹輪、しいたけ、お揚げ。
薄味に煮て水気を絞りお豆腐と合わせる。
これも美味しかったよ。
2019年11月17日 | Comments(0) | 食べる

あのスパイスで、

娘夫婦が爺さんの墓参りに行く事になり、
帰りにうちでお昼を食べることに。
せっかくなのでお土産にもらったスパイスで何かと思い、
まず一昨日タンドリーチキンを仕込んだ。
ヨーグルト、タンドールマサラ、カレー粉、塩麹です。
ここは本格的に長粒米でビリヤーニはどうかなと。
すぐに買える思っていたが、
このインディカ米がなかななくて、
そうだカルディにあるかと思いついて唯一残っていた、
タイのジャスミンライスをゲットした。
何れにしても初めて作るので、
いろいろつくり方を調べたが、ま、いろいろなので、
相変わらず自己流の適当である。

お米はクローブ、カルダモン、ペッパーの、
いずれもシードを入れたお湯で、5分くらい茹でる。
フライドオニオンだけはちゃんと作った。
スライスしてしばらく風に当て水気を飛ばした玉ねぎに、
小麦粉をちょろちょろ振って、
油で色づくまで揚げる。
この時のオイルをお鍋に少し入れ、仕込んだ鶏肉の一部、
お米、フライドオニオンを入れ、
にんにく生姜のみじん切りと塩麹、マリネ液、
カレー粉、コリアンダーなどをパラリとして、
蓋をして蒸し焼きにする。
チキンの方はフライパンで軽く焼いてからオーブンに入れる。
いづれも超簡単でした。
ところがどっこい大好評で、
けーちゃんさまに至っては、
今まで食べたなかで一番美味しいとまで!
お米は四人で三合で足りないぐらいでした。
お皿は姉の友達のグイドが作った綺麗な緑のを、
出してきましたが、写真を撮り忘れて、
食べ始めたので、ちょっとあれですが。
スパイスさえあれば割に適当でも、
まるでインドのようにできる事がわかったので、
今度誰かご馳走するとき、またやってみます。

20190825164202834.jpeg
2019年08月25日 | Comments(0) | 食べる

芝海老、サヨリ

先日は生活クラブのお店で新鮮な芝海老を買った。
ワンパック280円という安さ、買うしかない。
新玉ねぎが美味しい季節だからかき揚げにした。
普段天ぷらは小麦粉と卵だが、これだけ揚げるのに、
卵は多すぎると思い、小麦粉に片栗粉を混ぜた。
かき揚げがばらけたら嫌だから。
そしたらとっても上手にできた。
本当はどうするのか知らんが、いつも自己流で。
ま、うまくいけばそれで良いじゃんという感じ。
予想通り大変美味しかった。

昨日は姉が送ってくれたサヨリのお刺身にありつけた。
サヨリの美しさにうっとりやで。
我が家の山椒もやっと活躍してくれる大きさに成長した。

20190507083942025.jpeg
2019年05月07日 | Comments(0) | 食べる

味噌漬け再び

201904180853037b9.jpeg

豚モモの味噌漬けが美味しいし、
日持ちするので便利で、また作ってしまった。
相変わらず美味しかった。

結婚式の招待状がついに届いた。
宛名書きが書き初め並みにデカくて、
意外にかっこいい。笑
天然記念物の記念切手らしいが、
うちのはルリビタキで、弟のところは、
日本猿をセレクトしたらしい。
天然記念物なんだね。
私の作った丸紋は結構好評らしくて良かった。
消しゴムハンコ大活躍!
2019年04月18日 | Comments(0) | 食べる

パンの残留農薬

市販のパンの分析では、国産小麦のものの他は、
全部グリサホート検出されていますね。
大手とか関係なく輸入の小麦粉は全部という感じです。
がんになりたくないっていうよりも、
グリサホートの入ったパンは食べたくない。
私の感覚では市販の輸入小麦の小麦粉は美味しくない。
天ぷらにしてもクッキーにしても。
美味しいのが食べたいと思うと、国産になります。
国産に安心できるのはいつまでかもわかりませんが。
輸入品が悪いというより、安いから輸入品を使っている。
外国でもちゃんと作っている小麦は、
もちろん美味しいと思います。
それも市販のものは原産国表示がないです。
2019年04月14日 | Comments(0) | 食べる

酢豚的なもの

ステンシルの仕事は手を離れました。
先方の希望するスキャンのサイズが大きかったので、
画像を一枚づつ送るという原始的な感じで、
やり方あるらしいが知らんから。
そんなんでちょっと時間がかかったりして、
手間取ったけど、無事について安心しました。
うまくいかなければ原画を郵便で送ってもいいように、
早めに仕事を終えましたからね、
結構偉かったです。

最近利用している生活クラブのお店は、
常に塊肉があるのが魅力です。
豚モモは結構お買い得。
自分で好きな厚さに切って、ペラペラは無理だけどね。
塩麹に漬けておいてそぎ切りにしてカタクリをつけて、
中華鍋で揚げ気味に炒め、
たけのこレンコン人参と黒酢の入った味で絡めました。
ちょっと酢豚です。
残りはお味噌に漬けておいて、
魚焼きのグリルで焼いたのですが、
それも大変うまかったです。
お味噌はもったいないから、
赤酒で少し緩めて塗る感じです。
こんがり焦げ目がついてよろしいし、柔らかになります。

2019041309260464e.jpeg
2019年04月13日 | Comments(2) | 食べる

割り干し大根

201902231641183d9.jpeg

この前作った割り干し大根、
昨日食べました。
まじ美味しかったです。
あご出汁で竹輪とお揚げを入れて炊きました。
なんとも言えない歯ごたえと甘みでした。
私は皮ごと使ったのですが、
大根の場所によって歯ごたえが違う。
これは実にいいもんであるし、
本当に大根は気の利いたやつである。
いろんなものに変身する。
ぜひまた作りたいと思う。
贈与アイテムが増えた!
2019年02月23日 | Comments(0) | 食べる

完成品

オレンジピールはチョココーティングしました。
一個ずつ付けるのが、結構面倒でした。
寒くて湯煎しても冷えやすいからね。
でもとても美味しくできました。
大根の方はどんどん乾いて、
厚切り目のがまだ干してあるけど、
どうも2週間もかかりませんね。
煮て食べるのが楽しみです。

20190214085649be6.jpeg
20190214085650ae7.jpeg
2019年02月14日 | Comments(0) | 食べる

試練

毎年ビスケットを焼くと、
私の人間性が試される事態となる。
娘に欲張ってはダメだと叱られるので、
今年は各方面に頑張ってたくさん分けたけど。
またこれを食べだすとやめられない。
昨日は夜歯を磨いた後にこっそり2枚食べた。
自制心が弱すぎる…
そのうち無くなっちゃうと思うと、
すでに悲しい。
2019年02月12日 | Comments(2) | 食べる

ビスケット製造したっ

2019021008451473c.jpeg
これが全部ではありません。

昨日の業務は厳しかったです。
ちょうどお昼頃から種を作り始めて、
焼き終わったのは10時過ぎでした。
食事と散歩の中断以外はほぼ働きづめでした。
ブラックビスケット工場!!
不死身の娘でさえ最後は疲れたと言っていました。

うちのオーブンは家庭用にしては大柄で、
天板が大きいのですがそれでも焼くのに時間がかかる。
例年はオーブンも働き過ぎで、
サーモがかかって止まることがあるのですが、
今年はあまりにも寒かったので、
元気に最後まで活躍してくれました。
今回は6種類もあるので、どれがどれだかわからんのです。
ココア生地2種、プレーン3、そして栗粉入り1です。
中身はチョコチップ、アーモンド、カシューナッツ、
レーズン、ココナツ、オレンジピール、
パルメッジャーノ、イチジクのいろんな2種類の組み合わせ。
私は希望通りたくさん貰ったけど、
欲張らずいろんな人に分けます。
姉からは例年、美味しいけどくれ方が少ないと、
非難されているので、
今年はたくさんめに送ってあげると約束したしね。

今朝の公園はこんな感じ。
20190210084514a9f.jpeg
2019年02月10日 | Comments(1) | 食べる

豆好きばばあ

ついに4日連続で大豆2.8キロ分の味噌作りました。
昨日は味噌用と並べて煮豆も作りました。
要するに私は豆を煮るのが好きなんだな。
私の煮豆は昆布を入れただけのシンプルなもの。
晩御飯はこれをちょいと乗っけてご飯を炊きました。
大豆のお豆ご飯も美味しいです。
この前はグリンピースご飯を炊いたけど、
お鍋で炊くと色も綺麗に仕上がって、
途中で青臭いお豆の匂いがして、
それもとても好きです。

20190209090356797.jpeg
20190209090357151.jpeg
2019年02月09日 | Comments(0) | 食べる

連日の業務

本日まで3日連続で700グラムずつ大豆を味噌にした。
麹があと一枚あるのでもう700やりたいが、
ちょっと腕が…になっている。
しかしだ、土曜日は娘のビスケット焼きの予定が入っている。
これはこれでほとんど工場のような有様で、
大量に焼くわけだ。
今年は去年よりもっとたくさん焼く予定である!
そうなると次は日曜になって、麹が少し古くなるから、
それも嫌だなぁと、
よししかたない、4日連続の味噌作りしかない。
ほとんどギョームアポリネールや。

クッキーの方は下準備は怠りなく、
バター、砂糖、粉のほか、ナッツ類を買って、
これとチョコをゴムハンマーでぶっ叩いて、
レーズンはコアントローにつけ、と、
すでに大変な働きぶりである。
当日は棒状に成形して、切ってと、
まだ下働きが山ほどある。
これも沢山のビッケを我が物にするためである。
ほんとこれ美味しいからね。
2019年02月07日 | Comments(0) | 食べる

昨日のおかず

2019020607573033b.jpeg

昨日はほんの少し残っていた白菜を茹で、
刻んで豚の挽肉に混ぜた餃子の中身的なハンバーグ。
塩麹ごま油お醤油を少し入れて、
よくよく捏ねた。
豚挽きは香ばしくて美味しいね。
2019年02月06日 | Comments(0) | 食べる

葉玉ねぎ

20190131091433630.jpeg

葉玉ねぎが美味しい。
どうやっても美味しいが今日は、
オーブンで焼いてみた。
バターを少し乗っけて塩麹をばらまいて。
焼けすぎないように途中から止めて、
少し中で保温した感じです。
とろけるようであったよ。
よく考えたら西洋ではこう言う風にネギを食べるよね。
フライパンで蒸し焼きにしてもいいと思う。
うちはチンはないけどオーブンはよく使う。
この前もハンバーグ、フライパンで両面あぶってから、
オーブンに入れると、むっくり膨らんで、
あっという間に焼ける。
持ち手の取れるステンレスのフライパンが、
大変都合が良い。
うちのはデリケートな温度調節は苦手だけど、
お肉やクッキーみたいな物はいける。
2019年01月31日 | Comments(1) | 食べる

栗のニョッキ!

モンテレッジョの紹介で、
栗のニョッキを食べてみたいと書いたのを読んで、
姉がわざわざ栗の粉を送ってくれた。
コテッキーノという巨大なソーセージみたいなやつも。
これに添えるものはレンズ豆という事らしく、
レンズ豆も。
そんなんで本日は栗のニョッキを食べる会を開催した。
私はニョッキ自体も2回くらいしか食べた事なくて、
もちろん作るのは初めて。
ジャガイモを茹でて裏ごしするのだが、家にあった、
キタアカリは粘りが強く網が詰まってしまい苦労した。
これには小麦粉と栗の粉を半分ずつ入れた。
ソースはセージの香りをつけたバター。
仕上げにパルメッジャーノも。
結論から言うとものすごく美味しかった。
娘を呼んで、息子たちにも声をかけたが、
ゆうちゃん様が風邪気味とか言っていたが、
結局平気そうだと言って、くる事に。
息子も栗のニョッキにかなり惹かれたらしい。
ニョッキはみんなに大好評で、
ゆうちゃん様もばくばく召し上がった。
人数が増えたので、コテッキーノだけでは足りないと思って、
ゆうちゃんの好物のハンバーグも焼いた。
りんごのバター焼きを添えたがこれもゆうちゃん様に、
大変好評であった。
よく食べる赤ちゃんである。

20190126222655592.jpeg
20190126222658744.jpeg
20190126222700f4c.jpeg
20190126222700040.jpeg

2019年01月26日 | Comments(0) | 食べる

黒豆の話

姉にべったら漬けと黒豆を送ったのだが、
姉の友人に黒豆の煮方を聞かれたらしい。
いざ教えようと思ってもいい加減なので、
教えようがないが、少し頑張って書いてみる。

世の中の黒豆の煮方は本当にいろいろだが、
私のやり方で多くのものと違うのは、
多分お砂糖である。
普通はグラニュー糖を使うらしいが、
私は塩にしても砂糖にしても、
純度の高い結晶は嫌いである。笑
不純物にこそ美味しさがある。笑
使うのはなんでも三温糖。
しかしこれも恐ろしくいろいろあって、
何十年も使っていた奄美のサトウキビ三温糖が、
生協で手に入らなくなってから、
様々な三温糖を買って試した。
近所のお菓子の材料の卸売りをしているお店で、
手に入る三温糖が今は気に入っている。
三温糖はグラニュー糖に比べてそもそも甘くないのに、
私は豆に対して0.7か0.6位の砂糖で煮る。
1の比率のレシピもあるが。
お醤油と塩は多めかもしれん。

あと鍋はルクルーゼがいい。
味噌の時大豆を煮ているやつ。
これは30年以上前から持っていて、
ルクルーゼという名前に気がついたのはつい最近。
地味なグレーの鍋である。
あと落し蓋は古臭い木のものがいい。
真っ黒になるけど。
火加減はなかなか難しいが、うちの新しいコンロは、
これが上手である。
あまり水を蒸発させず豆を踊らせず柔らかくしてくれる。

洗った豆を前日から水につけて、
黒豆の場合黒くしたいのでその水で煮る。
(味噌の大豆は新しく変えて煮る。)
私はアクをすくってから砂糖を入れる。
固さは、汁の中で冷えるとしまって硬くなるので、
自分の理想の硬さより少し柔らかいくらいで止める。
今年は乾燥状態で840グラムも煮たが、
あらかたなくなった。
鍋サイズ的にはこれ以上は無理かもしれん。
2019年01月03日 | Comments(0) | 食べる

鳥の丸焼き

今日はクリスマスなのでとりあえずトリを焼いた。
子供たちがいる時は一羽焼いていたが、
今や年寄り二人なので大きめのモモ一本で十分だった。
うさぎもイエスさんのおかげで美味しかったらしい。

鳥を焼くといつも思い出すのは、
何で読んだか忘れたイギリスのおじさんの事。
このおじさんは独り者。
毎週日曜日に鳥を一羽焼く。
そして1週間かけてたべるという。
この小説ではさらっと書いてあっただけなのだが、
私はどうやってこれを食べたか考えてしまう。
日曜はモモ一本、月曜はもう一本、
胸もけっこう食べでがあるから2日みる。
くず肉と皮とお皿についた汁など綺麗にとって、
器に入れて冷蔵庫にしまっておけば、
コラーゲンが固まってパテが出来るだろう。
5日目はこれを食べる。
金曜日は骨ごとコトコトお鍋で煮込んで、
美味しいスープができる。
ここにじゃがいもなり人参なりキャベツなり入れ、
シチューにするのが良いだろう。
土曜日はこのシチューがいよいよ煮詰まって、
味に深みが出たところをいただく。
こうして1週間が過ぎてゆくのではないか。
著者は誰だか忘れたわけだが、
日本人の私がここにこれだけ興味を持つとは、
夢にも思わなかっただろう。
でもこのやり口は意外に良いと思う。
おじさんはメニューを考えなくて良いし、
案外飽きがこないんではないか。
2018年12月25日 | Comments(0) | 食べる

べったらの途中

べったら用の大根は水をすてて、
新しく薄く塩漬けにしました。
二度に分けて塩漬けにする意味は何なのか、
今んとこよくわからない。考えてみます。
言われた通りやってみた。
同時に甘酒のうんと濃いやつを作りました。
群馬で買ったのと中村橋で買ったのを、
合体していつもより水を減らしてドロドロにしました。
世の中ではもち米やなんかを足しているようですが、
もち米が無く麹が沢山あったので、
麹だけにしました。
どっちが美味しいのかな。
明後日、水で流し少し日に干して、
いよいよ麹につけます。
塩加減がポイントなんだけど、
なんか全体にアバウトな私なので、
出来栄えは運任せです。
2018年12月24日 | Comments(0) | 食べる

べったら漬け計画

201812190902549e0.jpeg

今年ももうこんな時期になってしまって、
呆れるほど時の経つのは早い。
お正月はどうせ子供たちもちょろっと来るだけだろうから、
黒豆とお煮染めくらいしか作らないことにした。
その代わりというか久々にべったら漬けを作ろうと思う。
今年の大根はものすごく大ぶりで、水太りが激しい。
二本でこんなにある。
いつもの塩漬けにする容器に入りきらないので、
たまたま救世軍で見つけて買っておいた、
やや小ぶりの器と二つで漬けようと思う。
それでも際どいかも。
塩漬けにするとグッとカサが減るから、
本漬けは大きい方で間に合うんじゃないか。
忙しさにかまけている内に、
出したり入れたりだけはしていた綿が、
凄く膨らんでいる。
座布団の袋も縫わねばならん。
2018年12月19日 | Comments(0) | 食べる
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード