架空の植物4(ルリバナケンジョウ)

架空4

コバルトの青の花を描きたかっただけなのですが
できてみれば、今までで一番架空度が強いものになりました。
これは多分、葉のつきかたが関係しているのでしょう。
いかにも光合成の効率がわるそうですからねぇ。
2009年10月28日 | Comments(0) |

架空の植物3(ミヤマキリコ)

架空3

第3弾。どこが架空だ。こんなんあるだろうといわれそうです。
絶対ないだろう異常なものが描きたい訳でもないから、
架空の度合いがむずかしい。
ようするに私が知らないだけ…ということ?かも。
2009年10月27日 | Comments(0) |

架空の植物2(モモノキマメ)

 架空2
ひさしぶりです。
時間がとれなくて、新作が描けず
お客さんもあんまりいないしいいかと…すんません。

へたっぴぃの私でも、それなりの創作の悩みもありまして、
1枚目はちょろりとできても次からは架空度の調子をあわせることなど
ずいぶんまよってしまいました。
また、いくら偽物でもなんとなく全体が調和してないと
騒がしい感じになります。
植物は静かなのがいいところ、と私は思っているのです。
もう少し手を入れる予定ですが、とりあえずの完成。

2009年10月23日 | Comments(0) |

架空の植物1(ラッケス)

  架空1

ついに、仕事をちょっと後回しにして、新作を描きました。

架空の植物はずうっと昔から描きたかった。
しかしまず、実在する植物でしょう、と殊勝なことを考えて
この何年か植物を描いてきましたが、
先日、昔の植物図鑑をペラペラ見ていて急に描くことにきめた。

想像上の植物といえば、
工作舎から出た「平行植物」を思い出す人もいるかもしれませんねぇ。
どこかにあります、あの本。
しかし、レオレオーニくんのことは忘れてください。

長くなるので、いろんな説明や言い訳はまたにする。
2009年10月15日 | Comments(0) |

ルピナス

  るぴなす

これも、以前のものです。
アップしてないのがまだ、ありましたね。

数が多くて描いても描いても、仕事がぜんぜん終わらない。
後半が始まる前になんとか、時間ができないかと
鋭意努力の最中である。

あと、クマですけど、
つくづくチョコににてるなぁと…
役立つこともあるかもしれないから、お教えしましょう。

私は、チョコレートが猛烈に大好きです。
2009年10月14日 | Comments(0) |

ニワトリをもっている男児

  にわとり
男児ばなれした腕力、バランス感覚である。
余裕の表情すらうかべています。

次に描きたいものが、きまっているのに
仕事がたまっていて、なかなか始められません。
今日も少しでも早く、終わらせようとがんばったのですが…
2009年10月11日 | Comments(0) | 動物

クマをもっている男児

  くまをもっている

ひさびさの新作、完成です。
男児が背中で持っているのは、ヒグマのこどもでしょう。
クマがあんまり黒いので、彼を柄物にしてみました。
2009年10月06日 | Comments(0) | 動物

いのししとお月さん

 イノシシとお月さん

もうひとつ、筑紫ん国のおもしろか話ばい。

イノシシのお相撲をみて、大笑いしているお月さんである。
これは、メインがいのししということもあって、
花札みたいな感じにしたかった。

笑うのはたいてい太陽で、笑う月はあんがいめずらしい。
描いてしまえば、自分でもころっと忘れてしまうのだけど
この月は、てこずった記憶がある。
2009年10月03日 | Comments(0) | 未分類

深江の忠どん

 忠どん

ここのところ少し忙しくて新作にかかれていないので
古いものを出してきてみました。シブイ!

福岡の昔話です。忠どんはおもしろか男で
トビになりきって、いましも飛び立とうとしているところです。
着物のグルグル模様はずばり、バカボンからの引用です。
(今初めてばらしました!)

九州は史跡などの多いところですが
深江という所もなにやら大変有名ないわれのある「いし」
がある村として万葉集のなかに家持のうたったうたがあります。
2009年10月01日 | Comments(0) | 未分類
 | HOME | 

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード