ゴジュウカラかい?

   ごじゅうから

ゴジュウカラというやつは、かように
木の枝ではなく幹にとまって
頭を下にして移動することができるという
げにめずらかなる鳥である。

こいつのあしでは難しいかとも思われるが
(つまさきにちょっと力をいれた感じにしてみたが…)
案外あしのうらに
強力なスパイクがついておるやもしれん。
2010年07月31日 | Comments(2) | 動物

巨大ぼろぞうきん(誰がしぼるのか?)

昨日は、涼しい一日でした。(たぶん)つかのまの…

ピピンはぼろぞうきんのようにねむりこけていました。
私はあまりのありがたさに、感謝の念でいっぱいで
台所の掃除をするという!偉い人でした。

本日は読みたい本があって、購入しましたが
完全に機嫌を悪くしてしまいました。

表紙や扉のデザインはきにいらなくても
我慢ができる。(人にはそれぞれの好みがあるからね)

しかし、本文ページを過剰に装飾するのはやめてほしい!!
数字をたてに積み上げるというへんなノンブルや
やたらと罫をひきまくったデザインに
読み進めるうちにストレスのかたまりになってしまった!
ああ…だめだ…
2010年07月30日 | Comments(0) | 未分類

ホシガラスというのか?

  ほしがらす

ホシガラスはちょっと高い山にいて
つけねが太く先のするどいくちばしで
まつぼっくり中のおいしい実を
食べているらしい。

(乗り物はまつぼっくりのイメージかな?)

先週娘が尾瀬で山登りをするというので
(遊び過ぎや!この暑いのによくまぁ…)
「ほしがらすに会ったらよろしく伝えて」と
軽い気持ちで言ったのですが、
本当にお会いする事ができたらしい!

これが証拠写真。
おぜ

木もないピーカンの山で
死にそうになったらしくて
「あんな禿げ山は二度と登りたくない
 富士山なんかも絶対のぼらない!」
とおこってました(ひひひのひ…)
2010年07月29日 | Comments(4) | 動物

水まき

水まきはもはや日課である。
うちの庭には井戸水の蛇口があって
うんと冷たい水をけちけちしないで
まけるので、けっこう楽しい仕事である。

ただ、問題は〈蚊〉である。

庭には蚊の基地があり大軍団が駐留している。
ただで庭を使っていながら、強欲にも
私の血(おもいやり予算か?)まで要求するのである。
地球にくらす仲間のよしみで
昆虫とも仲良くやっていきたいというのが我が方の方針である。
百歩譲って血は少しあげよう、ただし替わりに
(かゆいもん)を入れるのはやめてほしい、という私の要請は
今年もうけいれてもらえないようである。

また、けっこうとんでいるのがチョウである。
キアゲハ、アオスジアゲハ、カラスアゲハ、モンシロチョウかな
などをみかける。
弱々しげにみえて、案外やつらは強いのか。
ただ、よろよろとんでるのか、元気にとんでるのか
私にははっきりしない。
2010年07月27日 | Comments(2) | 未分類

闘いはまだまだ続くのか?だろうな…

30度くらいじゃ、涼しいと感じるほど
すっかり亜熱帯体質になったわしである。

毎日やれることはやる。
庭に水をまき、網戸に水をぶっかける。
ぬれタオルを犬にかける…など

わしが頼りにしているのは
つまるところ〈気化熱さん〉あんただけや!
またしてもはなはだ貧弱なる友好関係である…

久しぶりにともしび通信の仕事が入って
鳥は途中です。
死んでいるわけではないのでご心配なく。

それにしても、たまには〈寝冷え〉してみたい。
2010年07月27日 | Comments(0) | 未分類

むしもも

もも

もともと蒸し物好きであったが、新しいせいろを
買って以来拍車がかかっている。

本で見て一度作ってみたいとこの時を待っていたのである。
毎年季節に桃の到来ものがある。
ま、じいさんの家にであるが…
我が家にもまわってくるのである。

写真は頭に十字の切れ目を入れて、
せいろで5、6分むしたところです。
かわをつるりとむいて、あら熱をとり
冷蔵庫でしっかりひやし、すこしお砂糖を入れた
生クリームをそえていただくのである。

うまく表現できないけど、おいしいです。
りんごを煮て食べる時と同じ変化です。
果物がお菓子に変身します。
くちあたりもまるくなって、生よりたくさん
食べれちゃう感じです。
2010年07月26日 | Comments(0) | 未分類

決断

本日、我が家はクーラーを買いました!
17年間、なしでなんとかやってきた我々ですが
この数日で急にピピンが調子を悪くしたことや
昼間の室温が34度を超えると、私もあやしくなって
決断した次第。

すべて納得で、あらゆる手段をこうじ、なしでも
なんとかやれると思ってきただけに、
私はちょっと複雑な気持ちです。

つくのは来週だけどどうなんでしょうね。

それと、今日うちにきた娘の提案で
昔息子がつかっていたバリカンでピピンさんは
腹部を虎刈りにされました…
全身やろう今度というてますが
けっこうすごいみためでっせ…
2010年07月25日 | Comments(6) | 未分類

ハァ、ハァ

ピピンは水色に白抜きの桜吹雪
わしは犬張り子の模様……ハァ ハァ
2010年07月23日 | Comments(0) | 未分類

夏山登山のみなさま

暑いなかごくろうさまです。
少しはましな風景を見ていただきたいと思いつつ
いかんせん、虫の息の管理人です。

これで、食欲が落ちたらこの先、見通しが暗くなります。
最近は「酢醤油とぬかずけだけがとーもだちさ~♫」てな訳で
アンパンマンに比ぶべくもないしょぼい交友関係です…

そばつゆよりお醤油っぽいつゆに酢をあわせたもの
これにときに、梅干しをいれたり、ゆるく溶いた和からしを加えたり。
唐辛子でからくしたり。
これを、なまのでもゆでた野菜でも、蒸し鶏、ゆで豚
すなわち万物にかけていただく。
ぬかずけは冷蔵庫でつけていますが
きゅうり、なす、しろうり、かぶ、にんじんもよろし。

本日ピピンは、昆布やのしらいさんの昆布巻きの柄の
わたしはまねきねこの柄の手ぬぐいです。
2010年07月22日 | Comments(0) | 未分類

かけすらしいが

  かけす

お暑うございます。

なんとか描き上げたのでした。
大雨覆(おおあまおおい)という名前の部分が
奇跡のように美しいです。
虹彩が白いので、どんぐりまなこな可愛さである。
ややそとまたにしてみました。

うちはクーラーがないから、こう暑いと汗がたらりと流れます。
首にてぬぐいをまいて、汗をふきます。

絵を描く時はいつも、洗った筆の水をぬぐったり、
余分の絵の具をふきとったりするために
ふる布(古いポロシャツが最適!)をひざにおいていますが
たびたびまちがってこれで汗をふいてしまいます。

ぴぴんさんには小さめの保冷剤をてぬぐいで包んで
首にまいてやっていますが、少しは涼しいかなぁ。

ちなみに、私は日本てぬぐいのちょいコレクターで
わがやには、てぬぐいがたくさんありますんです。

2010年07月20日 | Comments(2) | 動物

死体発見の件

わしは、散歩の途中でさまざまなものを発見する。
ちゃぶ台を拾ったこともあるし
(この時は雨の中、すけっと[いやがる息子]をつれてとりに戻った)
柳ごおりをもらったこともある。2個も!

今朝は、いやはや、死体である…

狼狽しきったわしは家にかえって、たまたま来ていた娘を
たたき起こし、相談した。
朝の8時少し前のことである。
「U田さんの家の前にねこの死体があるが、どうすればいいだろう」

娘はわりとあっさり眼をさまし、
「おばば、行くぞ!」とかけ声もいさましく二人で現場に戻る。

よくみるとそれは猫ではなく〈ハクビシン〉であった!

わしはインターホンをならし、U田さんをたたき起こした。
でてきたU田さんのおじさんがダンボール箱などを
用意していると、お隣のS木さんの奥さんが出てきた。
第一発見者はわしではなく、S木さんの奥さんであったらしいのだ。
(さすがに朝に強いややご年配の方である)
彼女はすでに保健所に連絡し、引き取りの手はずをととのえていた。

ハクビシンの死体は箱に入れられ、保健所の人をまつばかりとなった。

けっこういい仕事をしたわれらのコミュニティーであった。

わしがやったことといえば、二人の人間をたたきおこしたこと
死んだハクビシンくんにタオルをかけてやったことだけだが…
2010年07月19日 | Comments(0) | 未分類

浴衣の少女

ネットで新聞を読んでいて
京都の中学のゆかた登校の写真を見た。
祇園祭のころの恒例の行事らしいが
緑のゆかたの少女なんかえらくかっこいい。
おかあさんの浴衣をおばあちゃんに着付けてもらったそうだ。
かあさんに「私より似合う」と言われたという
コメントもほほえましい。
さすがやなぁと思った。

うちの近所でも花火がある時なぞは浴衣姿の若い人を
よく見かけるが、ゆかたもその着方もうーんという感じ。
美しさの基準を知らないってかんじかな。

京都にかぎらず、
昔からのお祭りなどが残っているところは、
コミュニティがしっかり機能していて、お祭りといっしょに
さまざまな技術や美意識などもひきつがれていくのだと思う。
そういう場所はこどもも育てやすいし
老人にとっても居心地のいいところなんだろうなと思う。
2010年07月16日 | Comments(0) | 未分類

夢はかなうか?

今日のわしは、夢について!語るのである。

偉い人や有名なスポーツマンなどがよく「夢はかなう!」と語る。
かなった人が呼ばれてしゃべる訳だから、あたりまえである。

おおかたの夢はかなわないのである…!

昨夜、娘は旅から帰ってきた。旅人系の女である彼女は
今までにもいろんな場所を旅してきたが
今回は〈屋久島〉であった。

以下、電話取材による。

けっこうよかったよ。(力強い口調で。けとこにアクセント)
ヤクシカ、ヤクザルはそこらへんにごろごろいた。
やくこざる、かわいいーの。
四六時中毛繕いや。(にやにや声で)
しやわせそーやったよ。
苔はもうむしまくりやー!(苔はどうよの質問に答えて)
おかあさんの気に入りそうなとこや。(結論!)

以上

こうしてわしは夢をみるはめになったのである。

〈屋久島に行きたい!〉というわしのゆめは
はたしてかなうのだろうか…?
2010年07月14日 | Comments(4) | 未分類

詩集を買う

フリーペーパーを手に入れるために入った本屋で、
谷川俊太郎のコーナーと遭遇した。

少し前新聞で読んだ彼の詩が心に残っていたので
せっかくだから〈あの詩が入った詩集を買おう〉と思いたった。
しかしすぐにそれはあきらめた。
その詩は最新作でもなく、私は詩の題も覚えていなかった。
そして彼の本は大変多かったからね。
そこで〈じゃあこの中で一番いいなと思う本を一冊買おう〉に変更。

なかみも見て外見も検討して一冊選んだ。
佐野洋子の絵が入って、装丁は平野甲賀、上等だ。

翌日ゆっくり読み始めた。
なんと私が読みたかったあの詩が入っていた!
(なんと運がいい私であることよ!!)

軍事産業は戦争を決してやめないし
マスメディアは
だれの幸福にも不幸にも関心を持たないことにきめている。
どうとでもなれってなぐあいに不機嫌な時
詩を読むとなぐさめられる。

「はだか」
谷川俊太郎詩集
筑摩書房
初版1988年
2010年07月13日 | Comments(0) |

疲れました

スペインはなかなか勝ってくれなかった。
フリーキック山盛りいいとこでもらってもね…
我が国のキッカーひとり貸してあげたいくらいだったよ。
ま、PKで負けるなんてことにならなくて良かった。
ただでさえ、機嫌最悪のわしはどうなっていたか…

トロフイーのケースがルイヴィトンとは知らなんだ。

今日は、ギャラリーに予約金を払ってきたぞ。
2010年07月12日 | Comments(0) | 未分類

スズメかもしれないが

  すずめ

ずっと昔から描きたかった雀ですが、
やはり難しかった。
満を持したつもりだったが…

鳥の羽は部分によって、機能がちがっていて
それぞれに名前がついています。
その部分ごとに色がちがっているぶんには
いいのですが、1本の羽がいろわけされていて
それがずれながら重なっていて模様になっているようなものは
ステンシルでは表現しきれない、いまのところは。
もうちょっと、考えてみないとだめや。

ま、すずめはかわいいけどね。
2010年07月09日 | Comments(0) | 動物

暑いけど、よかった!

スペインはすばらしかったよ。
もう1試合みなきゃいけなくなったが、
うれしい。

来年の事を言うと鬼がわらうというが、
4月に個展をやることになった。
ま、さきの話で、それまで生きているかどうかも
わからんが…
2010年07月08日 | Comments(2) | 未分類

サッカーのお楽しみも終わりに近づく

わしは、オランダもドイツもあまり好みでないので
あとはスペインを応援するだけや。
ウルグアイの試合はみなかったんだけど
監督の
「いかに負けるかを選べるとしたら、きょうに近いものだろう」
という試合のあとのコメントを読んで
しびれましたぜ。
みたかったな…

(日本の負け方も負けてないぞ!)
2010年07月07日 | Comments(0) | 未分類

散歩の途中で

たいへんな蒸し暑さである。
でも、頭にしか毛のないわしは
ピピンさんよりはましではなかろうかと思って
がまんしている。

川沿いの道を歩いていた。
人だかりがあった。
おばさんたちが川を見下ろしている。
なにがいるのかとのぞいたわし
「かわい~~!」と
アホみたいな声をあげてしまった。

カモさんがチビカモたちをひきつれて
すいすいおよいでいるのであった。
「いち、にー…」と
チビカモの数を数え始めたわしに
おばさんの一人は先輩面で教えてくれた。
「6匹!」

だけどね、ほんとに普通に
7匹だったのよ…
2010年07月05日 | Comments(2) | 未分類

あーおいとーりことりぃ~

  あおいとり

〈こるり〉です。
もっとるりっけの強い〈おおるり〉もいますが
どちらかと言うとこちらの方がわたしは好きです。

ブラジル負けちゃったね。応援してたんだけど。

平和主義者のわしは、やはりきたないファウルは嫌いです。

日本代表には、負けてもいいから、見終わった時
後味のわるい試合はしてほしくないです。
一生懸命かつ、フェアな試合が見たい。

へたくそでも愛されるチームになってほしいです。
いまのところ、素質はあるように見えます。

母校を訪れるスポーツ選手は多いけど
保育園まで押さえるのはかなりめずらしいよ。
そこが本田のなんかへんにおかしいとこ。
2010年07月03日 | Comments(0) | 動物
 | HOME | 

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード