群像2

きゅうこん2

根の暗い私はついつい地味な色を選んでしまうので
今回はあほらしいまでのはでな絵をと
思っていますが、じりっじりっと
地味になっていくのではないかと予想しています。
2010年10月30日 | Comments(0) |

群像1

求婚

大作というほどおおげさなものじゃないけど。
はでな柄物にする予定や。
2010年10月29日 | Comments(0) |

ちょっと大作の終結

大作

いちおう終わりにしました。

大作の第二弾計画中なり。
ちょっとのんきな感じのやつをいってみるかな
と思っています。
2010年10月26日 | Comments(0) |

ちびバラ近況

ばら

ちびはつぼみをつけています。
最初は3つあったのですが、
それはちょっと多いだろうよと若気の至りだよと
私が言ったせいか、ふたつに絞ったらしい。

ま、よく頑張っているちびばらであります。
2010年10月25日 | Comments(0) |

「海女の島〈舳倉島〉」

実家にころがっていた古くさい装丁の本で
前から気になってたものをついに読んだ。

(へくらじま)は輪島の沖合にある小さな島。

フィスコ・マライーニというイタリア人の本で1964年初版。

著者は島で海女たちの映画を撮ったもようである。
外人にありがちな日本に対するとんちんかんな決めつけも
なく、素直な感じで始まります。
舳倉島に入ってからは、どんどん愛にあふれてきます。
どくとくのユーモラスな人物描写や
島の祭の場面などに見られる細かい観察、
自然(海や風など)の描写も美しく、
気持ちよい詩情があふれている。

なかなかにおもしろい本であった。

最初はダーチャ・マライーニの親戚かと思ったが
そんなことはどこにも書いてなかった。
(ま、私も松井秀喜の親戚じゃないしね)

1964年 初版第1刷
1989年 新装第1刷
2004年 新装第3刷
ということなので、それなりに
評価され愛されている本であるらしい。
私としてもうれしい。
白黒写真がわりとたくさんはいっているが、
どれもなんとなくぼんやりしてて昔らしい。

未来社発行
2010年10月25日 | Comments(0) |

いよいよこけティッシュな庭で

こんちちよこ

苔の生育状況は、大変順調です。

よい天気なので再び撮影。
犬の名前はちよ子ですけどね。
(さりげなくご紹介)
お二人とも足もぐりまくりです。

ま、今となってはオスがいなくてよかったなぁと
思っているんですよ。
だって、オスなら、
れいと(麗人)と名付けることになるだろうし
それってば完璧にきもいでしょう!
2010年10月23日 | Comments(0) | こんちさん

ちょっと大作の10

地面

ねばってますよ。
これも重ねに重ねた。
しつこくやるっていうのもたまにはいいかなぁ
と思っています。
2010年10月23日 | Comments(2) |

ちょっと大作の9

がらさいご

とりあえず、背景にかかりますわ。

今回は絵がちょっと大きいので
(大きく切り抜いた型は広がってしまって使いものにならんのだ)
全体的な型紙はおこさずに、切り取った形の方を
混沌とした机の上から拾いだしながら
それとあわせて、部分的なかたを作って
少しずつ色をつけて行くことにします。
(意味わかるかな…)
2010年10月22日 | Comments(0) |

甘いドーナツ

娘がまだ家に住んでた頃だから
だいぶ前だけど、娘と新宿にいった時
とおりかかったドーナツ屋でおやつを買って帰ろうと
いうことになった。

ふたりで協議を重ねて3つ選んだ。
(彼女は毎度のことながら異常にまよって)
「これははずせないね!」というのは
ブルーベリーだかきいちごだかの赤紫のあまいのが
べったりコーティングされたゴージャスなやつ。

さて家についてお茶をいれて食べるだんになったら
なんとそれじゃなくて別のが入ってたの!

そうなるとあとのなんかにはぜんぜん興味なくて
「あれが食べたかったのにー!」
と二人でくやしがったわけです。

今日画材屋へ行った帰り、ふと思い出して
「そうや、わし一人でかたきをうってやろう」と
やや凶暴な気分でドーナツ屋を目指した。
そしたら、なんとそのお店だけ別のお店にかわっていて
ない!のさ。

復讐の心は宙に浮き、残念なんてもんじゃない。
どうしてくれようぞ!!
2010年10月21日 | Comments(2) | 未分類

ちょっと大作の8

がら8

あんまり毎日ながめていたら
恐ろしい事に、あきてきちゃったよ。
2010年10月21日 | Comments(0) |

ちょっと大作の7

がら7

真ん中のやつは、なんかありそうな感じになりましたね。

こういう模様は、たぶん帯状のものが大きくなるにつれて、
爆発というかはじけてできるんだと思うのね。
そういうつもりで描いたら、やけにありそうになったのでした。

ありそうになってくれなくても良かったんだけどさ…
2010年10月19日 | Comments(0) |

ちょっと大作の6

がら6

どうかなぁ。
悩みははてないぞ。

おむかいさんの立て替え工事がいよいよ始まった。

わしは台所の窓から、いつもお向かいの庭を楽しんできた。
朝まできれいに咲いていたさるすべりが
重機で根こそぎになって…
見るに耐えないわしだ。

昨日の元気はどこへやらになりそうになって
あわててベンダ・ビビリの曲をかけました。
2010年10月18日 | Comments(0) |

ベンダ・ビリリ三鷹公演

いってきたぞ!イエーィ!

わしはYou Tube の映画の監督インタビューを見たその足で
予告編を見、その足でチケットを予約した。
映画が公開されたらとれなくなると思ったからだ。
いやぁ、いつにない素早い判断であった。

おかげさまでなかなかよい席で
一緒に行った娘にもほめられた。

しかし、誰かロジェに言ってやってくれ。
演奏中いったい何を言ってたんだ。
うろうろうごいちゃ、何かひとこと話している。
それが気になって前半、わしは集中できなかったぞ。

しかし、ベンダ・ビリリはじつにうまいバンドである。
ドラムはすごくよかったし、ベースもうまかった。
みんな声がよくて、合唱がきかせる。
今や一弦のジミヘンと呼ばれるロジェは本当に天才かもしれん。

老いも若きものりのりの踊りっぱなしや!

お客は、ユニークな装束のミュージシャン系、
アフリカ大好き系に車椅子や杖をついた人も
たくさんいて、ほんとにいろんなみんなです。

三鷹市公会堂はなかなかいい味であった。
路上生活つながりでビッグ・イシューの販売もあって
わしは、最新号をげっとした。

リーダーのパパ・リッキーはコンゴの平均寿命を
とっくに超えたおじさんである。
みんな体に気をつけてがんばってくれ。
ニューアルバム期待してるよ!

2010年10月18日 | Comments(0) | 未分類

ちょっと大作の5

がら5

全体にほんの少し変わりました。
どこが変わったかみつけるゲームみたいだけど。

つくづく思ったけど
絵描いてる時間の5分の4は、見てる時間だね。
さんざん見て、もっとここを暗くしようとか
思うんだけど、なかなかうまくいかなくて。

がらをつけるのもけっこう勇気がいるんだよ。
うるさくなるんじゃないかと思うし
やっぱり静かなのが好きだしね…

がらがあっても静かをめざしてやってみます。
2010年10月17日 | Comments(0) |

親鸞について

五木寛之の「親鸞」はたくさん売れたらしい。

私はこれを、東京新聞の連載で毎朝楽しみに読んだ。
続編の連載が始まるというお知らせがあった。
うれしい。

私は親鸞がけっこう好きである。

弟子の唯円が書いたといわれる「歎異抄」の中で
「人は条件さえ揃えば簡単に人を殺す、
おまえだって、一人どころか百人だってころすよ。」
というようなことを言っている。
そして、その条件は、信仰を深めるとか、猛勉強するとかといった
個人の努力ではどうしようもならんのだと。

それは本当にそうだろうと思う。

親鸞はだから、仏さんを信じてすべてをお預けするんだよ。
という「他力」ということを言う訳である。

親鸞の影響を受けた人はやまのようにいて
岡本かの子だとか、棟方志功だとか
なんか読むたびに出てくるし、
デンマークの寛容化の話を読んでいても
これも親鸞だなぁと思う。

「他力」の仏さんのやる部分を
人間自身が社会制度の中でやれるんじゃないかと
いうのが、私の支持する考え方である。

ともかく私は親鸞をけっこう信頼している。
(ダジャレである…)

新聞連載は山口晃の挿絵がなかなかよくて
それも楽しみの一つである。


2010年10月16日 | Comments(0) |

ちょっと大作の4

がら4

今回は、〈てかずをかける〉のが目的なので、
全員柄ものにする予定です。

がらは本体にちゃんとのっけるのが難しい。
本体といっしょにまるまってもらうのが大変。

でもその前にもう少し手を入れます。
2010年10月15日 | Comments(0) |

クートラスの展覧会

クートラス

行ってきましたよ。
ギャラリーSUは飯倉のキャンティーの裏手
いわゆるスペイン村の一角、
いわゆるおされな場所にありましたよ。

カルトの1枚も、小さな素焼きの像のひとつも
ま、欲しいわけですが
作品集でがまんしました。

でも、作品集はよいできです。
色もテクスチャーもよく再現されています。

それにしてもクートラスや、ピロスマニ
船の絵ばかり描いていたアルフレッド・ウォリスなど
キャンバス買えない系の絵描きばかり好きな
やばいわしであります。

2010年10月15日 | Comments(0) | 未分類

ちょっと大作の3

がらぱ3

ちゃくちゃくかな?

実のところわしは、
色で死ぬほど悩んでいるのさ…

2010年10月14日 | Comments(0) |

ちょっと大作の2

がら2

せっかく何度も手を入れてかいた線も
型紙をあてて鉛筆でトレースする時
それをカッターで切る時
下絵にあてて色を付ける時と
3回もずれるチャンスがあるんですねぇ。
ありがたいことです。

完成までまだまだかかります。うれしいです。

さて昨夜はなかなかきつい試合でした。
マークされても、人ごみをかき分けて
よいプレーをするのは難しいことですねぇ。
駒野は痛そうでした。
「サッカーなんてあむないことしたらあかんよ!」
とわしはちょっと言いたい。
2010年10月13日 | Comments(0) |

ちょっと大作の1

がら3

これは下絵です。
ほんとうはもう少し淡いですが
よく見えるようにフォトショップでアンダーめにしました。

模様は少し変わるかもしれません。

ペンの勢いが大事な一気に描く絵もありますが
このては気に入るまで何度も
少しずつ修正しながらアウトラインを決めます。
鉛筆デッサンの時なんかに使う
たいへん柔らかい〈練りゴム〉という消しゴムで
けしたり描いたりします。
2010年10月12日 | Comments(0) |
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード