FC2ブログ

しさしぶりにデモにでも行くか、

てなわけで、昨夜は官邸前をめざしたわしでした。

今朝の東京新聞では、45000人となっていました。
先週はたしか、14000とかでしたから、
来週は10万の大台に乗せましょう。

岩上安身の中継も1万人以上の人がみたようです。

メディアは基本お商売で、世の中にあることの中から、
ほんのいくつかを選んで乗っけているわけだから、
45000人のデモがどこにもでないのは、
不思議でもなんでもないです。
リビアで140万人の意思がしかとされたんだから…

ただ、とりあえず大飯は再稼働させたくないし、
そのためにできることは、他にあまりないからね。
福井に近い人はあっちにいきましょう!
関西の人は関西電力前へ!

今回は、以前より来ている人の年齢層もタイプも
ずっとバリエーションがふえたなと感じました。
良い傾向です。

福島のようなことをくりかえしてはいけない。
これを止められなければ、日本人はなさけなすぎる。
2012年06月23日 | Comments(2) | 未分類

no title


さいかどーはんたい!
2012年06月22日 | Comments(0) | 未分類

no title



2012年06月22日 | Comments(0) | 未分類

no title


国会議事堂まえ、なう
2012年06月22日 | Comments(0) | 未分類

今日は一日雨でしょうか

朝起きたら、あんまりひどいどしゃぶりでした。
ピピンを庭に出し、
もうすこしこやみになったら出かけようといいました。

さっき、かっぱをきて行って来ましたよ。
雨でも、散歩が大好きなピピン!

どうもきょうは鬱々として、
強烈に切ない話を読むことが出来ない。

私は陰気な裏日本の出身だからだな、きっと。


2012年06月22日 | Comments(0) | 未分類

あやしく白い途中10

9か

途中はつづくよ、どこまでも…

映っている型紙は一部です。
周りとのコントラストを見ながら
同じ場所に最低でも5回くらいは重ねて色をつけるので、
その度に型をさがすのです。
向きを発見するのもけっこう難しかったりしてね。

「苦海浄土」はあきれるほど涙がでたりするので、
すこしづつです。
2012年06月21日 | Comments(0) |

にんじんのきんぴら

にんじん

みんな大好きな人参のたらこいりきんぴらです。
人参をせんぎりにして、ごま油でいためます。
しんなりしたら、お酒とお醤油をちょっといれ、
最後にたらこを入れて、よく混ぜてできあがり。
あと、ごまをぱらり。

たらこの塩味でほんのり味がついてる程度で。
にんじんの甘みがたっぷりです。

たらこは、ばらばら事件のやつでいいからね。
2012年06月21日 | Comments(0) | 食べる

卑怯について

〈卑怯〉は悪いことだと、うるさくいわれなくなったような気がする。
最近は、卑怯な行いが大手をふって横行している。

ずるいこと、弱いものいじめなんかも、
その時はよくても、後味が悪いはずだと思っていたが、
どうもそう感じない人もかなりいるようだ。

今朝の新聞は政治家の卑怯な行いのオンパレードである!

原子力基本法にこっそり変更が加えられ、
宇宙機構法は平和目的限定が削除され…
とにかく戦争がしたいということであろう。

やれやれである。
2012年06月21日 | Comments(0) | 未分類

みごとな変態ぶりを見せるわし…

案の定です。
石牟礼さんの文章を読んで、息がつまっています。

われわれがだいなしにしたものが、
あんまり素晴らしいものだったからね。

彼らはあきらかに柿本人麻呂の仲間です。
海と、海の生き物と、交感しあって生きていたのでした。

なかなか読めないのに、
今日は石風社に石牟礼さんの詩集を注文してしまいました。

私はこの著者を奇跡を見るような目でみています。
本当に驚くべきことです。
2012年06月20日 | Comments(0) | 苦海浄土

いよいよ

自爆テロしかないかなぁ…と思うのは、
我慢が足りないかしら。

わしのテロリスト(手帳よ)は名前が増えすぎて、
みなさんにどこか一所にお集りいただかねば、
うまくいかないという事態になっている。

むずかしいねぇ。
2012年06月20日 | Comments(0) | 未分類

あやしく白い途中9

とちゅう

近年まれに見る大作と化している。
いつか完成するのかなぁ。

きりなく手を入れる所がでてくるし、
型紙の量がはんぱなく、型を見つけるのに苦労する。

嵐が去ってよかった。
2012年06月20日 | Comments(0) |

結婚式の続き

扇丞さんの結婚式についてだが、
新たにメイルで訂正が入ったので記しておく。

「…ところで、萬さんの音量は乾杯だけでなく、
 全祝辞を通じて宴席を振動させたのである。」
以上である。

ともかく良い結婚式であったらしい。
扇丞さんはお父上とは少しキャラクターが違うが、
狂言の解説なども要領よくおもしろく話せる、頭のいい男である。
万蔵家になくてはならない一人になるだろう。

姉は太一郎と写真をとったというので、ぜひ見たやと思っている。
亡き八世万蔵の長男である。1990年生まれというから、
これからのわかものである。

当世万蔵の三人の息子たちともども力をあわせ
がんばってくれたまえよ!
2012年06月19日 | Comments(0) | 未分類

もろっこいんげん

もろっこ

嵐が来る前に、Dんちゃんの畑で野菜の収穫してきました。
こいつをおあげとおなすと煮ましたぜ。
モロッコ原産?モロッコでもたべるのかな?

かっこがいかす。もこっとした肌触り。
2012年06月19日 | Comments(0) | 食べる

DAYS JAPAN7月号

いま問われる写真の力と題して、
フォトジャーナリズムのコンテストについて語っている
広河さんの文章がいい。

ピュリッツァー賞についての痛烈な批判である。
亜米利加がやってるものだから、まあ、当然そうだろう。

今回の受賞作はいずれもDAYSにも応募されたもので、
作者のジャーナリストとしても立ち位置に疑問が残るという理由で
(広河さんはもうすこしマイルドに書いていますが)
DAYSがはじいたものだったのです。

今やDAYSのコンテストだけが政治的な影響を受けないものとして、
世界中の心あるジャーナリストの支持を得ている。
それは毎年の受賞者の言葉を読めばわかる。

ここに出て来た人たちは、
数少ない本物のジャーナリストだなぁと感動する。
彼らは常にすさまじい葛藤とともにシャッターを押している。
そして撮った写真が多くの人に見られることで、
問題の解決の糸口となることを心から望んでいる。

そんなDAYSがこの日本で出版されていることは誇りである。

〈株主〉事件に抗議して私は来年は定期購読をやめるわけだけどさ。

皮肉にも福島の事故で、DAYSの認知度はあがった。
もう大丈夫でしょう。
2012年06月19日 | Comments(0) |

ぴぴんは

ピピン

すごくやせたけど、すごく可愛い。
困ったなぁ。
2012年06月18日 | Comments(0) | 動物

美人への道

わしの予定としては、年を重ねるごとに、美人になって、
死ぬ頃には最高にいい顔になるというスケジュールである。

我が家のトイレには鏡がついている。

気分の悪いことがあった後,トイレにいったりすると、
そこには実に不機嫌な嫌な顔のわしが映るのである。

うーーんこういうことか、美人への道は、
やはりそうそう簡単なものではないな…と思い知るのであった。
2012年06月18日 | Comments(4) | 未分類

あやしく白い途中8

こんちしろ

こんちさん顔だしましたっ!
2012年06月18日 | Comments(2) |

扇丞さんおめでとう!

本日は天趣味の先生の息子さん、野村扇丞さんの結婚式でした。
なんと、姉は列席の栄誉を賜ったのでした。

「女の人が少ないから出てといわれた」と。
おーーう、これはいかなこと、聞き違いかとおもったぞ。
あの枯れ木のどこに女の気配があるというのじゃ!!!

祐丞先生はやさしいねえ、さすが鈍太郎キャラや。

ま、そんなんで、萬さんをはじめご一門が
金沢に集結し、尾山神社にて執り行われたのであった。

祐丞先生のご挨拶が長く、かつおもしろかったとさ。
萬さんの乾杯!の声が大きくてお部屋がびりびりしたとさ。

そんで姉はなにを着たかって、お姉ちゃんに
単衣の紋付をかりたってさ。
あん人はそんなもんもっとったんやね。

はい、芸能ネタでした。



2012年06月17日 | Comments(0) | 未分類

変態疑惑

再稼働のニュースに維新の会特集の世界に水俣病の本。
わしの周りはがっつり、気の重くなるネタで包囲されておる。

わしは一種の変態ではないかと思うようになった。

自ら進んで、不機嫌になるようなものを読むという…
2012年06月16日 | Comments(0) | 未分類

あやしく白い途中7

しろと

なかなか困難である。

筆を持つのに一本使うから、
型を押さえように2本は欲しい。
手ね。
2012年06月16日 | Comments(0) |

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード