FC2ブログ

こんなにきくとは!

冷蔵庫のことさ。
すごい勢いで氷をつくりはじめてるの。
予想以上の変化です。

冷蔵庫の頭きれいにしてやって!
(うちとちがって、きれいかもしんないけど…)


冷蔵庫はたいてい背面は壁にくっついているから
両側面と頭の3面が放熱可能である。

実家はほぼ両側面がでているが、
うちは側面は食器棚に隣接しているので
2面しか放熱できない。

両側面が塞がっている場合は頭しか放熱できない。
こういう場合はますます頭が大事だろうと思う。
2012年08月23日 | Comments(0) | 未分類

蚊について

庭に出るたびに、2、30匹の蚊が、
襲いかかって来る。

この地に住まうようになって20年だが、
このたびひょんなことで、
蚊の原産地が判明した。

裏のお宅には池があった!!
そこ、まじすごいらしい。

ボウフラを食べるカエルかさかなとセットでなきゃ、
池は禁止や!
2012年08月23日 | Comments(0) | 動物

親鸞にならって

すずき1

これは鈴木大拙の記念館である。
鈴木大拙は金沢出身の宗教学者、哲学者である。
本多家の庭園を借景にした、きどった建築で、去年できたもの。
ここは、あきれる程展示物の少ない記念館で、
建物自体が思索の空間というコンセプトであるらしい。

人が来るかちょっと心配だが、静かで気持ちいいから
来なくてもいいか。

お隣の中村美術館や、本多蔵品館、県立歴史博物館などと
だきあわせで見る感じなのでしょうか。

すずき2

そこで今回買ったのが、左の本。
柳宗悦の本で民芸味の装丁ですが、なにげに宗教関連の本である。

源左というのは浄土真宗の信者のおじいさん。
信仰に篤く、働き者の人格者で「同行さん」と呼ばれ、
お坊さんとはまた違った立場で布教活動をした人です。
読者モデルみたいな感じ?

右は姉が古本屋で買ったという鈴木大拙の古い本、
「無心といふこと」です。
これはまだ全部よんでない。
わかったようなわからないような感じです。

せっかく宗教系の本がそろったことですので、
五木寛之の「親鸞」や、「歎異抄」などとあわせて
親鸞について考えながら、心を整えちゃおうかなと、
思っています。

2012年08月23日 | Comments(0) |

絶交ですよ。

私は橋下という人を、
どうひっくりかえっても、支持しない。

そして、彼が人気があるからって、組もうとする人々は、
政治家であろうが、学者であろうが、誰であろうと
全員認めない。
私から絶交されることを覚悟してください。

汁をすっても同罪である。
2012年08月22日 | Comments(0) | 未分類

地球博物学大図鑑

先日買ったこの本、おもしろすぎる。
目移りしまくりです。
ともかく生物のその多様性に感動します。

しかし、この素晴らしい生き物が今も
つぎつぎと死に絶えて行きつつあることを思うと、
しょんぼりしてしまう。

放射性物質の海への影響を私はずっと心配しているが、
政府も東電もきちんと調べようとしない。
人が食べるものは調べると言うが、
そんな話をしているのではない。

人と、他の生き物の命に差をつけることは、
人間の中での命の差別に直結している。
どこまで許容するか今の時点でうまく説明できないが
私は一人の人間に何億ものお金をかけて臓器移植するような
超高度医療を認めない。
食べるものもなく死んでいくひともいるのだ。

海のもっとも原始的な生き物、プランクトンのようなものが、
多くの生命の下支えをしている。
こういうものたちに変異がおこることが、
えらい人間さまにもやがては影響して来るだろう。

日本は偉いと思っている日本人が意外に沢山いるようだが、
私はそうは、思わない。
偉い日本人もいる。
しかし、残念ながら国としての日本は…
そして、国としてのふるまいをここまで許してきたのは、
われわれ一人一人である。

うみうしは貝殻のない貝の仲間だとは!
地衣類は単独の生き物ではなく、
菌類と藻類の合体したものであるとは!
というような私的新事実がつぎからつぎにでてくる。
2012年08月22日 | Comments(0) |

いかすチビ

ひこうじょうのちび

帰りの飛行機が少し遅れたので、
待っている間、観察さしてもらいました。

このチビはずっとずっと窓に張り付いて、
飛行機を見ていました。
いかすやろ?

ママと2人旅でしたが、
飛行機のおかげで、ママはらくちんでした。
2012年08月21日 | Comments(0) | 道イケ

冷蔵庫の頭

実家に帰った時、なにげなく冷蔵庫の上におぼんが
のせてあるのをみて、
冷蔵庫は頭のさきからも放熱しているんだから、
ものをおいてはだめ、効率がわるくなる!
とかいって、掃除をしてみた。
ものをどけて、ぴかぴかにみがいた。

そして、帰ってきてみたら、
うちの冷蔵庫のほうがもっとひどいじゃん!
じぶんちさきにしろよ、ってわけで、
昨日は冷蔵庫の頭をきれいにしてみた。

ねばねばしたきたないものを、こめぬか石けんで拭き取る。
実家の8倍ほどきたなかった…

さあこれで、ひえひえや。
氷もじゃんじゃんできるだろうよ。
2012年08月21日 | Comments(0) | 未分類

あっけにとられる…

その島がどこにあるかも知らず、いままで領土のことなど
考えたこともなかった人たちまでもが、
いっせいにいきりたって、わしらのもんじゃ!と
叫ぶ様は恐ろしいです。

神代の昔から領土問題は難しい。
相手の国の側からも考えてみれば、
わしらのもんと言うことに、正当性がどれだけあるか。

先に刺激したのは知事だしね。

わたしはどうもこれはTPPと関係があるのではないかと
言う気がします。

現在の日本の貿易相手国のトップは中国です。
日本の経済に関しては、最も重要な国です。

中国との関係が親密になることを、
なによりいやがってきたのが亜米利加です。
それはずっと前からです。

今まで賢い人だとおもっていた人まで、怒りくるっているのを
見ると、ため息がでます。
2012年08月20日 | Comments(2) | 未分類

気の毒なたぬき

昨日お向かいの奥さんに会ったら、
たぬき4匹めと!とさけぶ。
何のことかと思えば、
庭にねずみとりのようなものをしかけ
捕獲して、ちょうど区が車で取りにきているのであった。

なにをするわけでもない野生の生き物を、
どうしてほっといてやらないのか、
たぬきのその後の運命については、考えたくない。

隣のおくさんも、へびがでたといって、
110番したらしいし…

この地球はひとだけが住む世界だとおもっているのか。

悲しみと怒りの塊とかした私が、
帰ってきた息子にそのことを報告したら、
彼はすばやく窓をしめて、
聞こえるでしょ!とつぶやいたのであった…

家の庭がもっと広ければ住まわしてあげるのに。
2012年08月20日 | Comments(4) | 動物

お茶のはなし

上の姉と金沢を歩いていると、
ここも、お茶室がある、ここでお茶会をした、
という話がよくでてくる。

実際、美術館やお寺や歴史的建造物にたいてい
お茶室があって、一般に貸している。
成巽閣のような重要文化財でも同様である。

それも一日数千円とかでお道具つきらしい。
お茶室のあるところは、お庭もきちんと手が入っている。
お菓子や茶会席のお弁当は注文すればもってきてくれる。

姉は立派なお家元とかでない、
茶道をやっているただの市民である。

東京の区民センターが何時から何時までとせこくくぎって
お金をとるのと比べると、驚きである。

金沢もいいとこばかりではないが、
こういうところはえらいもんだと思う。

2012年08月20日 | Comments(4) | 未分類

洗濯機について

実家は今も二層式です。
二層式いいよ。

汗になったたおるやシャツをほんとに気軽に洗えます。
水や泡の様子を見て、ごく短時間でお終いにすることもできるし、
むだがない。
手洗いの延長の感じがするよねぇ。

全自動はおおげさでちょっといやだなぁという気分になる。
今や乾燥までひとつながりのが主流かもしれんが…
2012年08月19日 | Comments(4) | 未分類

なんだ坂こんな坂!

さか

兼六園のはす向かいの中村美術館の脇の坂道は、
横に山の中のような清流が激しく流れております。
私は大学からずっとこっちにいるので
地元のことはちっとも知らなくて、
今回はじめて、みてびっくりしました。

町中とは思えぬきもちよさ。涼しい!

今度だれかを案内することがあったら自慢しなさいと
言われましたが、生まれながらの方向音痴のこの私、
うまくいくかと不安です。




2012年08月19日 | Comments(2) | 未分類

いただけない犬ライフの人

ピピン氏におかれましては、無事生きておられました。

しかし、私の留守の間は誰かがそばに居ないとおこって、
来るまで呼ぶという、悪い犬ぶりで、
おかあさんの育て方が悪い!と最悪の評判でした。

いやはや、ご迷惑おかけしましたっす。
2012年08月19日 | Comments(0) | 動物

no title



天趣味のお手伝いで、
水やりに、行きました。
2012年08月18日 | Comments(2) | 未分類

no title



北陸電力前、なう
2012年08月17日 | Comments(2) | 未分類

no title


私の生まれる前から、あったティーセット。
懐かしい、可愛さ!
ノリタケ。
2012年08月17日 | Comments(0) | 未分類

no title


途中で凄い馬に遭遇。
2012年08月16日 | Comments(2) | 未分類

no title



天趣味と、盛大に道に迷いながら、
絶景のとこに来たなり。
2012年08月16日 | Comments(0) | 未分類

いいことはひとつもない

アジアを分断させよう、敵対させようという力が
働いているようにおもいます。

もちろんやっているのはあの国。

われわれにとって、いいことは一つもないです。
中国にとっても、韓国にとっても、日本にとっても、北朝鮮にとっても。
2012年08月15日 | Comments(2) | 未分類

バチカン!

「眠れぬ夜の仕事図鑑」からもう一場面。

それはバチカンのあの広場を埋め尽くした、
何万人もの黒い服を着た聖職者の群れの映像でした。
前方のステージにはローマ法王が。
巨大スクリーンにローマ法王の顔が映し出されています。

群衆の賛美歌が地鳴りのようにあたりをふるわし、
法王はオープンカーでゆっくりと退場します。
車の回りをすきまなくSPが囲みます。


あまりにも、人気歌手のコンサートに似ている!

この映画はいっさいナレーションがないので、
パンフレットを読んでわかったのだが、
これは年に一度のローマカトリックの行事らしい。
世界中からやってきた司祭と法王が対話する集会である。

まことに、ヨーロッパを舞台に、人間の文明の爛熟ぶりを示す、
名場面集というような映画である。

宗教もまた、ここまでくると、ありがたみっちゅうもんが、
かけらもない。愕然とするほど…
2012年08月15日 | Comments(0) | 未分類

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード