FC2ブログ

白人

ざっくり言わせてもらえばもらえば、
わたしは昔から白人が嫌いだ。

今回のフランスが見せた宗主国根性の構造は、
新大陸発見の時の、〈進んだ文明を持ったわれわれ基督教徒〉は、
〈色の黒い非基督教徒の未開人〉に何をやってもかまわないという
メンタリティと、なにひとつ変わっていない。

白いということは、そんなに自慢の種なのか?
2013年01月24日 | Comments(2) | 未分類

10月の個展

ギャラリーはね、ポンテといって、
イタリア語の橋って意味だけどね、
犀川の大橋のすぐそばにあるのです。

金沢には、犀川と浅野川という2本の川があって、
どちらの川も、それぞれにきれいです。
私が生れ育ったのは浅野川のそばだけど、今の実家は、
犀川をこえて、金沢市から少し外れた白山市ってところだから、
実家からは便利なところ。
姉の家なんか、2回曲がれば、画廊に着くほど近い。

私がいる間は、せっせと写真ものせて、テキスト中継するから、
東京の人はそれをみてくださいね。

なんか、楽しみになってきたぞ。
そこそこ広い画廊だけど、絵はずいぶんまたたまってるから大丈夫。
来年あたり、東京でやるときのために、
最新作はとっておくよ。
2013年01月23日 | Comments(0) | 未分類

欲張りにもほどがある!

オックスファムが発表した報告書
「不平等の代償:なぜ極端な富と貧困は世界中の人々に負の影響をもたらすのか」
によると、最も裕福であるとされた100人の
2012年の総収入は2400億ドル(約21.6兆円)で、
世界の極度の貧困を終わらせるために必要な額の4倍に相当します。

!!!!!


オックスファムは世界90カ国以上で、
そこに住む人びとと共に活動する民間の支援団体です。

それにしても、あの世に持っていけないお金を、
子や孫に残したいにしても、どうしてそんなに欲しいのか。
これは病気だと思う。
以前読んだ本にも、チェイニーだったと思うが、
(ラムズフェルトやったかもしれん)
国務長官になっても、絶対株を手放さず、みんなに違反だと
いわれても突っぱねて、この株を自分で上げて自分で大儲けした。
もちろんその前から十分大金持ちだったんだしね。

こういうのはヒラ人間の私には、よくわからん。
私も、もうちょっとお金あったらなぁとおもうけどさ。
使いきれないほどは、いらないなぁ。
2013年01月23日 | Comments(0) | 未分類

大胆にも

人生一寸先は闇と申します。
明日の命もしれないというのに、
10月に個展をやることにしました。

毎回きてくださるお客さんにはもうしわけないのですが、
今回は金沢でやります。

前から母にみてもらうために、一度金沢でやりたいと、
思っていたのですが、良い画廊がみつからず、
まごまごしているうちに、母がきゅうに死んでしまったわけです。
ま、しょうがない。
今回素敵な画廊が見つかったので、えいっとやることに。

10月11日から16日です。
なんと3連休が入っています。

ホテルつき往復2万円ほどのツアーもあるけん、
まんじゅう食いがてらに、金沢の旅いかがでしょか。
私は、連休中は行きます。

取り急ぎお知らせまで。
2013年01月22日 | Comments(2) | 未分類

このごろの塩糀と味噌

相変わらず、塩糀を愛し続けているわしです。

これなしにやもはややっていけんレベル。
正月にわたしが留守にした時、娘がこれを使って、
重ね蒸しをつくったらしい。
そんで、愛に目覚めた模様。
「これってどのくらいもつの?
わたしあんまり家でつくれないけど、少し瓶にいれて欲しい。」
という発言!信者がじりじりっと増えているぜ。

味噌の方も順調に育っている。
いままで、みそ汁にいれるのはためらっていた。
なんだかもったいなくて。
家に前からある味噌も使わねばもったいないし、
造った味噌はつかうのがもったいないし…

きのうは、ついに、混ぜてみた。
これが素晴らしかった。
みそ汁だけで、ごはんが終わりそうになった。
恐るべし、手前味噌!!
(煮干しで軽くだしをとった。中身は小松菜とはんぺん)


2013年01月22日 | Comments(0) | 食べる

アイスランド

夕刊に出ていた、男女平等度のデータ。
世界一はアイスランド。
フィンランド、ノルウェーと続き、
わが国は101位である。

首都レイキャビクの会社の社員食堂の写真がある。
双子の幼児とご飯を食べる両親。
この会社は週に2回、社員と家族に、無料で夕食を提供している。

編集者の仕事と育児の両立に限界を感じ、
日本から移住した女性の話がでている。

ここでは社会の仕組みは共働きが前提で、
大半の会社は終業が、午後4時半。
保育園の受け入れは2歳児で100パーセント、
それ以前もさまざまなサポートがあり、
会社に連れて行く人も多い。
育児休暇も男女共にあり、給料の80パーセントが出、
全員がこれをとるらしい。

これは、もはや男女平等とかの話ではない。

ヒラ人間はいつの世も、搾取され、騙され、
安心して暮らせないのが相場かと思ったら、
なかには、運のいい人たちもいるんだね。

資本主義経済でも、欲張りが富を独占しないで、
分け合えば、これくらいのことはできるのだろう。
う〜ん、日本にできる気が全然しない…
2013年01月22日 | Comments(0) | 未分類

古本屋ではない

昨日ぶっくおふの前を通りかかったとき、
そうだ細雪を買おう。百円くらいかな。
とおもって店に入った。
けっこう大きな店なのだが、
結局谷崎潤一郎のものは一冊たりともなかった。
谷崎だけではなく、あの列に芥川はなく、なの列には夏目もない。
ようするに、文学といえるようなものはないのだ。
なんか、びっくりしてしまった。

ここにある、おびただしい本はいったいなんなんだ?
あそこは古本屋ではないんだな、だとしたら、
なにやなんだろう。
2013年01月21日 | Comments(0) |

うすうす感づいていたが

昨日の東京新聞の日曜版は和菓子についてだった。
和菓子への支出金額のグラフが出ていたが、
金沢市がダントツトップ。
2位以下から頭一つでている。
全国平均の2倍になんなんとする勢い!

2位以下は、岐阜市、熊本市、山口市、仙台市、松江市、
宇都宮市、京都市、名古屋市、水戸市の順番であった。
かつての城下町や古都で、多く購入されているという解説だった。

この正月、水本というお茶席のお菓子を注文で作るお菓子屋さんの、
一月のお菓子花びらもち(皇室の正月の行事食に由来するらしい)を、
食べたが、実にうまかった。

とにかく和菓子屋が多い。
そして、どこも美味しい。

饅頭食い過ぎの金沢人である。
2013年01月21日 | Comments(2) | 食べる

DAYS JAPAN写真展 地球の上に生きる 世界の未来を作るために

開催期間:2013年1月20(日)~2月3日(日)入場無料
     11:00~19:00 会期中無休
会場:世田谷文化生活情報センター 生活工房 (三軒茶屋 キャロットタワー)
     4 階 ワークショップルームB [関連展示]
3 階 生活工房ギャラリー / 9:00-20:00

お近くの方はぜひ。
私は、紙面でみましたが、
どれも素晴らしい写真ばかりです。
2013年01月21日 | Comments(0) | 未分類

いよいよ乗っている鳥だ

ついに鳥にたどりついたよ。
2羽づついきます。
2013年01月20日 | Comments(0) | やま画廊

リグニンについて2

樹木の細胞は糖類とリグニンからできており、
リグニン:糖質は、1:2か1:3の比率です。

これを分解するのが非常に難しかった。
リグニンが強い接着剤になっているので。
紙を作る過程で力任せに、ばらばらにし、
リグニンはすてていたのです。
この時のリグニンは細胞がばらばらになっていて、
その性質を失っていました。
三重大学の松岡先生の研究によって、簡単にこれをきれいに
分解することができるようになった。

リグニンの粉末は、木同様に、机や椅子にもなれば、
医薬品、衣類、パソコン、自動車のボディーにもなります。
それも、廃材や古紙など、一度仕事をしたあとのものから、
抽出することができ、なんども繰り返しつかえるのです。

新しく木を切る必要は、極端にへります。
リグニンを再利用することで、
木が大気中のCO2を吸収してから、
最後にリグニンがCO2になって大気の中に戻るまでのサイクルは、
非常に長いものになり、かつ、
完全につながった循環になるのです。

この技術は1988年にはすでに確立していました。
でもちっとも実用化が進まない。
資本主義の経済では、じゃんじゃん作って、
大量に消費することが、大事で、
こうした、少しのものを、何度も使い回すような形は、
どうも嫌われるようです。

ノーベル賞の山中先生の研究はまだまだ実用化には遠いのに、
たっぷり研究費が、国からでています。
いかにも具体的に儲かりそうな感じがあるからね。
病気を治すのももちろん大事だけれど、
山中さんが悪いわけじゃないが、
なおっても、地球がボロボロになるんじゃ、
元も子もないんじゃないかと私は思うけど。

温暖化や、異常気象などへの取り組みは、
もう待った無しのところにきています。
環境を決定的に破壊する原発にしがみついている政府が、
こういう事業に積極的に取り組むとは、ま、思えませんがね。
先日の藻の話にしても、自然界の仕組みに学んだ、
素晴らしい技術を、我々は
すでにいろいろ手にしているのです。

使わないんだな、これを。
2013年01月20日 | Comments(2) | 未分類

ことら

ことら

虎穴に入らずんば虎児を得ずというが、
このくらいのことらは、虎穴の回りで、
兄弟と盛大にあそんでいるので、別に虎穴に入らなくてもいいと思う。
どっちにしても私は虎児得たい!

ことらは毛がふわふわしていて、模様がはっきりしていない。
なんといっても手脚の太さがすばらしい。
難しかったよー…
2013年01月19日 | Comments(2) | 動物

ガラスでも素敵ないぬライフの人

今日は暖かだったので、道に残って固くなった雪を砕いて
溶かそうかとスコップ持って家の前に出た。
ピピンもすかさず出てきた。

ちょうどフリーランスの猫が通りかかった。
ピピンはワンワーンとか言って、
走って!追い払ったのだった。
猫が行ったあとも、ワンとかいって偉そうな感じで、
塀沿いの雪におしっこをかけたり。

調子乗っていかんいかんと、そうそうに家にいれた。

家にはいってからもヴイヴイしたかんじは続いて、
お母さん、おれは腹減ってるんだ、はやめにメシにしてよって、
男らしく要求するのだ。
私は、、後ろ足がちょっと、ヨレヨレしているのを確認するも、
はいはいと、はやめしを与え、一休みしてもらった。

少しマッサージや。
2013年01月19日 | Comments(0) | 動物

辺見庸

私は、辺見庸がけっこうすきです。
その辺見庸はマリオ・ジャコメッリが好きらしい。
なにしろ「わたしとマリオ・ジャコメッリ」という本を書いてる。

それを私はまだ読んでない。
読んでからいくべきか、よまないで行った方がいいか、
今思案しているところ。

どちらにしても、マリオ・ジャコメッリの写真は、
一種の詩であると思う。
2013年01月19日 | Comments(0) |

リグニンについて

木の話です。

植物は、古くは這いつくばる
藻や苔のような形をしていました。
それが現在のように、重力にも負けず、
そそり立つようになったのは、
リグニンというものの働きです。
屋久杉が7千年も立っていられるのは、
このリグニンが非常に強いものであることを示しています。

また、動物の生まれてから土に帰るまでのサイクルにくらべると、
木の一生のサイクルはけたはずれに長い。
たとえば、7千年生きた屋久杉は、倒れた後地中ににとどまり
なお、数百年から千年単位の時間をかけて
もとのCO2と水に分解され大気中にかえります。
しかし、木を切って、薪にして燃やすと、
このサイクルを、数千分の1に短縮してしまうことになります。

このサイクルを壊すことなく、法隆寺の柱のように、
樹齢数百年の木を切って使っても、
何千年も建物として使うならば、持続可能なエネルギーの
循環になるはずです。

さて、日本が輸入している
石油の5分の1はさまざまな工業製品の原料として
つかわれています。
この石油の代わりに木を使おうという話になります。

続く
2013年01月19日 | Comments(0) | 未分類

写真美術館で

マリオ・ジャコメッリ 写真展
THE BLACK IS WAITING FOR THE WHITE
会 期: 2013年3月23日 ( 土 ) ~ 5月12日 ( 日 )
休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
料 金:一般 1,000(800)円/学生 800(640)円/中高生・65歳以上 600(480)円

これも、ぜひ行きたい展覧会です。

image.jpg
2013年01月18日 | Comments(0) | 未分類

今日のガラスの老犬時代

右手

右手に体重をかけて歩いている証拠写真です。
強化ガラス?
2013年01月18日 | Comments(0) | 動物

森本大活躍!

なかなか出場機会にめぐまれず、
わしの心配の種だった、あの森本が、
移籍したとたんに、1ゴール、2アシストの大活躍。
陰ながら応援していたわしは、うれしいぞ。
がんばれっ!
2013年01月18日 | Comments(0) | すぽーつ

もうひとつ

動物を描こうとしています。
うめきちがあんまり可愛いすぎるので、というか、
私の〈好き度〉が高すぎるので、それに見合うものが、
なかなか決まらない。
いちおう決めたんだけど、どうなるかなぁ。
2013年01月18日 | Comments(0) | 動物

鼻の穴

鼻の穴のなかには、
鼻水だとか、はなくそだとかが入っていたりして、
いかにも臭そうなのに、
自分の鼻の中が臭くて、我慢できないってことがないのは、
どうしてだろうか。
ありがたいけど。
2013年01月17日 | Comments(0) | 動物

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード