テーブルの上の果実7

せーぶつ8

なかなか進みません。
2013年02月28日 | Comments(0) |

常ならぬ沈丁花

常ならぬものは、なんにせよ、どきりとするものである。
数日まえにこれを見てから、
ずっと頭にこびりついていた。

15メートルほどの間に、すごい頻度である。
この他に、花芽はつかず、枝のみが異様に長く伸びたものも。
この公園の沈丁花は去年定植されたもので、
その前はどこで育てられたかはわからない。

我が家の沈丁花は特に常と変わらない。

じんちょう2

じんちょう1

じんちょう3
2013年02月28日 | Comments(0) |

教え子

さて、私のやる気のやっちゃんは、
内外の諸事情により、落ち目の三度笠である。
なかなか重症である。

しかし、今日は、先日、塩麹、ぬかみそなどを、
あげたたなか(たにアクセント)から、メイルがあって、
長野展で麹を見つけたから塩麹を作るという、
素晴らしい情報が!なかなかやる気のある教え子である。
いい麹だといいが。
写真を見る限りまあまあかもしれん。
健闘を祈っちゃおう。
2013年02月27日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

どうも、あーあです。

TPPが、あれだけ秘密主義をつらぬいているのは、
中身がわかると反対がおきるのが解っているからです。
何しろ対象分野がひろいから、反対が起きると、
収拾がつかなくなるでしょう。
ですからこれを飲ますには、トップを脅して力づくで
受け入れさせる以外の方法はなかったと思います。
そのトップがあまりにも嬉しそうに
了解したので、さすがにアメリカ人も
きもーかったでしょうね。
アメリカにとっては、中国が大きな脅威になっていましたから、
これで、一息ついたでしょう。

しかし、日本がここまでメディアをあげて、
賛成、賛成の大合唱になるとはおもいませんでした。
選挙の時はみんなTPP反対っていってたんだし。

だって、ぴょんと外国に移住できるほどのお金持ち以外は、
みんな不利益をこうむるひどい不平等条約ですし、
日本の国の形が変わるでしょう。
少し中身がわかってくれば普通の人なら反対するだろうと
思っていました。
つまり、みんなほとんど中身をしらないってことではないでしょうか。

むかしは、末は博士か大臣か、なんていったものですが、
博士も大臣もたいがいなもんです。
嘘つきばかりです。

はなみずかいぜん。
2013年02月27日 | Comments(0) | 未分類

堤みかのツイッターから

抗生物質で通常の二倍の速度で成長する遺伝子組み換えサーモン、
アメリカで承認まぢかです。
内外から反対署名がおこっているらしいが、
承認されそうだとのこと…
世界で初めてGM動物の承認です。
魚の自然交配は誰にも止められないでしょう。

GM豚も認可待ちだそうです。

どうして、科学者はこういうことをゆるすのか。
そんなに破壊したいか。
GM種子、GM生物の販売を前提とする作成にかかわる科学者は、
犯罪者ではないか。

気分まっさかさま、、、
2013年02月26日 | Comments(0) | 未分類

ビニールハウス

散歩の帰りに、ビニールハウス栽培の子どもを見た。

自転車の後部座席に、ジッパーで閉じる、
ビニールハウスがついていて、
幼稚園児のその子はピッタリ閉じたビニールの中に座っていた。
そういえば、ベビーカーのビニールカバーも見たことがある。
雨や風よけなのだろうが、わたしはつい、
息苦しくないのだろうかと心配になる。
もちろん空気はどっからだって入ってくるだろう。
でも、私なら絶対〈息苦しいような気分〉になるだろうから、
できれば入りたくない。

ま、本人たちがよければ便利に使えばいいんだけどね。
2013年02月26日 | Comments(0) | 未分類

はなみず

今日わたしは洟病にかかった。
左からおもに、はなみずが垂れる。
これが自覚症状もごく弱く、突然音もなく垂れるのである!

さっき、絵を描いていて、絵に落としそうになった。
その前はアイパッドに、落とした。

そんでヤバいと思ってきょうは描かないことにした。

だから、わずかばかりの収入の確定申告をちゃちゃっとやる。
ほんと、こういうのすごい苦手だから、
ぜんぜん気が向かないけど…

ちょっと知り合いのたー坊さんは、税務署のお仕事みたいだけど、
わたしのやってくれないかなぁ。
お礼ははずむよ。
2013年02月26日 | Comments(0) | 未分類

また別のあーあ


またも、あーあ。
今度はデモクラシーなうから、アメリカのあーあです。


特殊部隊の尋問技術をトレーニングするための施設をキャンパス内に作るという計画に対し、イェール大学の在学生と卒業生が反対運動を組織しています。施設は米国防総省の補助金180万ドルの出資を受け、早ければ4月にもオープンする予定です。反対派から「尋問センター」と呼ばれているこの施設は、イェール大学医学大学院内に設置され、チャールズ・モーガン教授が指揮を取るとされますが、モーガン教授は以前、アラブ系とイスラム教徒の男性が嘘をついているかの判定方法についての研究を行った精神医学の教授です。

ショック・ドクトリンにも尋問、拷問に関する研究の話が、
たっぷりページをさいてかかれていた。
精神医学の学者と軍、CIAなどがやるもので、
人間性を破壊する様々な方法の話に、言葉を失った。

しかし、その伝統はみゃくみゃくと続いていたのです。
イエール大学といえば、名門です。
ここで、軍事目的の尋問技術を教えるのか。
当然人体実験もおこなわれるだろう。
何と言って良いかわからない。

反対派は勝利するだろうか。
2013年02月25日 | Comments(0) | 未分類

あーあ3

あーあがつづく。

アーミテージさん、マイケルグリーンさん、ありがとう!
とかれは語り始めたというではないか。
日本からむしりとることしか考えていない、
ジャパンハンドラーでも、外人の知り合いはうれしいもので、
つい何に対してか知らんが、お礼をいっちゃう。

きもいですねー。最強にきもい。

新聞には、TPP賛成63パーセント、アベ支持率70パーセント越え
と書かれています。
嘘と知りつつきもいですねー。
それに中身についてなにひとつ報道してないものについて、
賛成か反対かきかないでほしいねー。
つい賛成!といっちゃうからね。
ペットボトルのお水しかだしてもらえなかったけど、
支持率あがればうれしいだろうねぇ。

もうきもくてきもくて。
きもがってすむ話じゃないけど、
きもさがとまらないんです。
2013年02月25日 | Comments(0) | 未分類

あーあ3

この前の選挙の時と負けず劣らずの絶望感で、
ぜんぜん調子がでない。

ゆいいつ良かったのは、
一平くんが冬眠からさめたこと。
あいつはいいカエルである。
ゲコリ。
2013年02月25日 | Comments(0) | 未分類

テーブルの上の果実6

せーぶつ7
2013年02月25日 | Comments(2) |

あーあ2

本当に情けない。
ネットうよくの親分だけあって、
かれには誇りというものがない。

ジョン万次郎は、四国の漁師のせがれで、難破して、
外国船に拾われた時、十代であったが、
じつに堂々と誇り高かった。

わたしは見たわけではないが、
彼の行動のながれや、周りの人の反応でそれはわかる。
彼は、きちんと意見を述べた。
学びたいという要求もした。
かれはよく働きもした。
かれを見下す人はいなかったし、
多くの人に愛され、援助を受けた。

人としての誇りは、学歴でもなければ、お金でもない。

貢げば貢ぐほど、顔色を伺えばうかがうだけ、
軽蔑されるというわけである。
哀しいソーリダイジンのナンバーワン!
2013年02月24日 | Comments(0) | 未分類

あーあ

TPPについて必死に知ろうとしたこともあったけど、
もうこうなったら、どうしようもない。
もう知りたくないや。
結局なにひとつ知らない人もいっぱいいるんだしね。

ヤフーのトップの見出し見て腰が抜けた。
満額回答だと!
どうしてこうも嘘を書くか!
報道はとことん国民のみかたをしてくれない。
だーれも国民ののしあわせのことは考えてない。

それより、つまらない挑発ばかりして、
本当に戦争になりそうなのが怖い。
貧乏もいやだけど、殺し合いはもっといやだ。
あの人、おなかいたくなればいいのに。

わたしなんかが何をほざいても、何の力にもならないからね。
もっと有名な人たち、何か言わなくていいのか?

原発事故とおんなじで、
戦争で死ぬのはヒラ国民で、誰も責任などとらないくせに
馬鹿なことばかり言って。

原発事故の後始末もできないくせに、
TPPでそっくり国の主体性を放棄し、
この上戦争までやりたいとは、見上げた根性だぜ。

今や私もテロリストの気持ちがほんの少しはわかる。
あの人たちの何人かが今すぐ死ねば、
ちょっとは流れが変わるかなと思ったり。

とりあえず私は、呪ってみるかな。
案外才能あるかもしれんし。
2013年02月24日 | Comments(2) | 未分類

テーブルの上の果実5

せーぶつ6
2013年02月24日 | Comments(0) |

ひさしびりにガラスのピー様

ぴ2

ぴ1

よい天気なのでピー様もごきげんである。
しかしだ、わしの可愛いデイジーをたべるやからがいるみたい。
花のところが、パクリという感じでもげてる。
ゆるさん!
牡丹についてだけど、
島根連鶴さんはもしかすると5つさくかもしれない。
新島の輝は2つ。
去年咲かなかった吉野川さんはひとつ。
ま、あんまり期待してもだけどね。

問題は芍薬さ。
わしが株分けと称してほっくりかえし、
いらん破壊行為をしたせいで、
一番のお気に入りがダメージをうけたかもなのさ。
心配…
2013年02月23日 | Comments(2) | 動物

中大兄皇子

タイマノケハヤについて調べていて、
偶然面白いブログをみつけました。
2006年にちょっとの間だけ更新されていて、
その後は動いてないブログです。

「中大兄皇子の謎」という話がすごくおもしろい。
このブログの中身をわたしの解釈もいれて説明するとこうなります。

663年、朝鮮半島の白村江で、一大決戦が行われました。
「唐・新羅」軍と「百済・倭(日本)」軍のそれぞれの連合軍の戦いでしたが、「唐・新羅」の圧倒的な勝利のもとに幕を閉じました。
この敗戦によって百済は完全に滅亡し、朝鮮半島は新羅による統一へと向かうということになっているのですが、
この戦いに倭は参加していないんじゃないかというのです。

大和朝廷はじつはまだ九州を支配していなかった。
九州の国、仮にナカ国となづけてみます。
大和朝廷とは別に王様がいて、それが中大兄皇子ではなかったかと。

そして白村江は、このナカ国の戦いではなかったか。

その後逃げ帰ったかれは大和朝廷で天智天皇になるわけですが、
皇太子身分で摂政となる時期が7年もあります。
弟と言われている大海人皇子に、
なんと娘を4人もとつがせているらしいけど、
当時の結婚は関係を強化するためのものですから、
弟ほど近い関係をより強化する必要があるのかも疑問です。
それに血が濃くなりすぎるだろう。
天智天皇が百済人を重用したことも腑に落ちる。

ま、そんなこんなで、私としては完全にこの説に賛成です。
なんとなく九州の独自性も合点がいく。

地図をみれば九州は、朝鮮半島にすごく近い。
朝鮮半島南部と多島海の島々を含む伽耶連合の方に
より近い関係であったのではないでしょうか。

中大兄皇子の中は、那珂川の那珂ではないかともありました。
中天皇(なかつすめらみこと)という中継ぎの天皇という言葉もあるように、
中は正式名称としてはちょっとおかしいもんね。

image_20130223083043.jpg


2013年02月23日 | Comments(0) | 未分類

テーブルの上の果実4

せーぶつ5

あんがい難しい。
基礎的なデッサン力がぜんぜん足りてないから、
どう描いたらいいかわかんなくなってしまう。
美大の入試では、鉛筆や木炭でデッサンさせるが、
あれはけっこう大事かもしんない。
2013年02月23日 | Comments(0) |

区役所で

ロビーのかたすみに人だかりがあって、なんだろうと思ったら、
新聞にでていた、保育園が足りない!というママたちの運動でした。
要望書を書く人たちがいっぱいいて、報道のカメラマンや記者も
たくさんいました。
私は、赤ちゃんはいないけど、署名でもして応援しようかと、
きいてみたのですが、てんやわんやで、かえって迷惑かと帰ろうとしたら、
むんずとつかまれて、やっと用紙を持っている人が見つかったらしく、
とりあえず一筆書いて帰ってきました。
みんなベビーカーの中や、背中や胸にちびをくっつけての活動で、
大変だと思いますが頑張って欲しい。

先日のアイスランドの記事じゃないけど、
あちらは、0〜1歳児は育児休暇をほぼ全員のママや、パパがとるから、
ほとんどいらなくて、それ以降の子どもは当然100%はいれるわけです。

日本は高税率低福祉社会の典型になりつつあります。
我々の税金はみんなかつあげにあっちゃうからねぇ…
2013年02月22日 | Comments(0) | 未分類

テーブルの上の果実3

せーぶつ4

名画みたいに、できるかしら。
目の前にあればもうちっとましに描けるかもしらんが、
なんせうそっぱちだからなぁ。
2013年02月22日 | Comments(2) |

駐輪場で

自転車かげ
2013年02月21日 | Comments(2) | 未分類
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード