FC2ブログ

方南図書館いける!

20141024130509ded.jpg

永福に比べて中近東アジア地域の本が、
ずっと充実しておってびっくりした。
まあ、永福に比べてだが…
ついでに同志社のナイトウセンセの本と、
犬につられてアフガニスタンの本を借りた。


まだまだ面白そうな本がある。
これからは少し方南町を攻めてみるか。

図書館で発見!

「イスラームのロジック」はあっさり、
図書館にありました。
いつもの私御用達の永福にはないのですが、
方南図書館にあるので、後ほどそっちに行って、
借りてこようと存ずる。

今日はまたまた味噌を作らんといかん。
いま豆をにちょる。

20141024082143324.jpg


塩豚は水菜のおひたしと、
ドロドロ麹醤油でいただく。
マジやばい。

「もっきりや」健在!

26日のソウル・フラワー・ユニオンの金沢公演は、
〈もっきりや〉だそうだ。
私が高校生の頃からあった喫茶店である。
同級生のお兄さんがやっていた。
浅川マキなんかもあそこでやってたみたいだし、
ちょっとライブやるし、レコードがいっぱいあってという、
あの時代の懐かしい場所である。
もちろんお店の名前はつげ義春の漫画からとっている。

金沢に居たら行くんだのになぁ。
懐かしすぎる。

2014年10月23日 | Comments(2) | 未分類

足元対策

ピピンの足がおぼつかなくなって、
滑りやすくなってから、上にあった絨毯を持ってきて、
テーブルのしたに敷いた。
それで部屋の大部分がカバーされたんだが、
まだ隙間が多い。
今日は無印のキッチンマットを二枚ゲットしてきた。
台所の彼の水場に行く道を、これで確保した。
パッチワーク状態!

おかげさまで本人は歩いてくれてます。
ありがたい!
首の毛を剃ったので、急にほそくなっていて、
見た目はプードルの不気味なやつみたいなかんじです。
2014年10月23日 | Comments(0) | 動物

イスラム教についてのその後

今朝の朝日新聞に、
ハサンセンセイのお話が出ているというので、
セブンイレブンで買ってきた。
私はハサンセンセイの話は結構納得できるのである。

イスラム国が残虐だということだが、
日本でも盛んにそう方面の論調である。
しかし、少なくともアメリカやNATO諸国は、
そんなこと良く言えると思う。
人殺しは世の中の取り返しのつかない行為の代表である。
ナイフで切ろうが、ネクタイで締めようが、
ピストルで撃とうが、ミサイルで吹っ飛ばそうが、
取り返しのつかないという意味では、
全く同じことである。

私には残酷の意味がよくわからない。
いま「アラブの歴史」というみすずの本を読み出したが、
ハサン中田センセイの著書を読んでみようと思っている。
これをどっかでみつけたいんだ。
『イスラームのロジック―アッラーフから原理主義まで』中田考

塩豚

20141023132332f98.jpg

ここんとこ角煮が多かったので、塩豚にしてみた。
塩麹豚バラだ。
豚肉にたっぷりと塩麹をまぶして、冷蔵庫で、
二三日放置したのち、蒸した。ただそれだけや。
なかなかうまい。しっとり仕上がってる。
もう少し塩がきつくても良かったかも。
別の料理にも使いやすくてこれもいいが。
辛子じょうゆでいただいたなり。
2014年10月23日 | Comments(0) | 食べる

ちりめん山椒

冷凍室に二袋入りで買ったちりめんじゃこが、
一つ残っていたので、
久しぶりにちりめん山椒を煮た。
山椒は悲しいかな瓶詰めだけど。
おじゃこは乾燥の度合いや塩加減等いろいろなので、
その時によってできふできがある。
昨日はじょうできだった。
会社帰りに寄ってくれた娘にも好評で、
京都駅の地下に売ってるやつのようという賞賛をあびた。
2014年10月22日 | Comments(0) | 食べる

近い将来

いつかはこうなるというのかと、
さんざん解った。

今までも階段は抱っこだったが、
降りれば下ろすことができた。
全く立てないというのは、全然違う大変なことであった。
帰り道途中で何回かおろして休んだんだけど、
地面にべちゃっと置くわけにもいかず、
立ち止まっている間も支えていなければならん。
こんなに疲れが取れない休憩も珍しいだろ。
いっそ少しでも先を急ごうと、歯を食いしばって、
歩いてきたのである。
家にはいるのも実に困難を極めた。
鍵を開け、ドアを開け、電気をつけ、
階段を登りまたドアを開ける。
これを24.5キロを持ってやるのは…

もう無理だ、オムツやな、と思ったよ。
もっと体重のある人間でやっている人もいると思うと、
頭が下がる。。
しかし、近いうちいつかこういう日がくる。
それにしても病室の奥に自分で歩いて入って行って、
一泊で、ここまでグニャグニャで帰ってこようとは、
信じられないことであった。
2014年10月22日 | Comments(2) | 未分類

殿のご様子のご報告

おはようございます。
ややご無沙汰しておりました腰元でございます。
本日はしりつを終えられました殿のご様子を、
報告させていただきます。

お迎えにまいりますと、
殿は見るからに憔悴しきっておられました。
前足は外向きに広がり、後ろ足は腰から崩れる感じで、
歩くどころか、立つこともおできになりません。
これは腰元の予想を超えておりました。
首の傷と四本の脚を交換してしまったのか…

ともかく抱っこで、帰ってまいりましたが、
(看護婦のお姉ちゃんついてきてくれましたが、)
その道中の悲惨は、筆舌に尽くし難いものでありました。
なにげに好奇の目、驚きの視線なども、ま、気にかけずに。

家にお戻りになっても、さほど嬉しそうにもなさいませんで、
それでもお夕食をもりもり召し上がって、
(その時もお体を支えていなければなりません)
とりあえず横になられたので、腰元は、
まっさーじと手当に取り掛かりましたのでございます。
施術は二時間半に及びました。

ふとお目覚めになられ、立ちたそうにされましたので、
起こして差し上げますと、
そのまま普通に立つことが出来ました。
外に出るおつもりか、
玄関に向かって歩いて行こうとされます。
慌てて抱っこで庭に下ろして差し上げますと、
よたよたながら、
歩いておしっこなどされたのでございます。
その後気力も意欲もじょじょに戻ってまいりました。
お顔もいつもの通りの殿に。
本当に殿にはいつも驚かされます。

今朝は普通にお屋敷の周辺を、見回り、
昨日よりももっとお元気になられたご様子です。

完全に今回は寝たきりを覚悟した腰元でしたが、
またしても少し先延ばしになりましたようで…
ま、そんな風でご心配いいただきました皆様に、
心より感謝申し上げます。

追伸
腰元は力の出しすぎで、
足や腕がぶるぶるぶるとなっておるのです。
昨日の後遺症でございます。。


2014年10月22日 | Comments(2) | 腰元日記

雑木林(仮)

201410211635485ff.jpg

まだまだなのさ。
2014年10月21日 | Comments(0) | 未分類

かっこいい!

20141021145935916.jpg

@Minzokubot: 1897年に撮影されたRalph Willet Dixey (バナック族 ), Peter Jim (ショーショーニー族 )の写真。 どちらもアイダホ州を中心に多く住んでいた部族。 http://t.co/4VUc0qvWWp

ちょっとまたあれのシリーズみたいだけど。へへ
2014年10月21日 | Comments(0) | 未分類

再燃

イスラム教について知りたいと思う。
ちょうど二十年前くらいにも思って、
いろいろ本を探した。
今もせっせと探しているが、なかなか適当な本がない。
日本では、知ろうとする人さえ少ないということ。
それは、知らないでいろいろいう人が多いということでもある。

ハッサンセンセイはやはり参考になる。
こんなことも知らなかったかということ一つ。
イスラム教には聖職者というものがいない。
人々は誰のせいにもできない、
常に自分と神と一対一のの関係で自分の判断で、
信仰するのである。
なるほど!
2014年10月21日 | Comments(6) | 未分類

さっさと辞めちまえ!

先日閣僚のほとんどが日本会議に所属していると書いたが、
二三日前にはなんと110名の国会議員が、
揃って靖国神社に行ったらしい。
アベソーリーの、わかりやすい徹底したお友達人事の結果である。
右翼でなければ出世できないもちろん大臣になんかなれない。
となれば、浅ましいので有名な国会議員たちは、
こぞってそうなるだろう。
いかないと悪目立ちして目をつけられるってわけであろう。
そういう浅ましい人しかいないというのが、悲しいが、
それが美しい我が国の現状である。

一般ピープルはよく偏った考え方とかいうが、
なぜかこれは右方向のことは言わないのね。
左だけ。
この言葉最悪ね。
中立的というが、これ無意味と同義語。
意見がないということに何の意味があるのか。
2014年10月21日 | Comments(6) | 未分類

殿、しりつ!

本日なんとピピンさん首のおできを取る手術しました。

大きくなって二週間おきの手当じゃ間に合わなくなり、
包帯も巻きづらく、もう選択肢無し!
取るタイミングには遅すぎるんだけどね。

何とか無事に目を覚ましてくれたようです。
問題は足です。病院はすごく滑る。
立ち上がるのにめちゃくちゃもがいてる。
下になんかひいてくれとお願いしてきましたが。
病院から帰るといつも歩けなくなる。
清潔を保つのと滑らないのくらい、
両立できんはずないと思うが。

傷跡がどうなるかも不明ですがねぇ…
どっちにしても、大変です。

麻酔から覚めたら電話くれることになってたのに、
なかなかこなくて、コーヒーの飲み過ぎで、
気持ち悪くなったぜ。
ま、夕食は、パンチの効いたキムチ鍋を、
しっかり食べたが。

明日の夕方迎えにいくが、まずは歩いて帰れるかが問題。
2014年10月20日 | Comments(4) | 動物

好戦的で即物的、

勝負して打ち負かすというやり方は、
いわゆるアングロサクソンの好みです。
好戦的で攻撃的、そして、消費型の思考ですから、
商売としても都合がいい。
天狗には殺虫剤というふうに…

例えば婆さんなんかは、
座ったまま膝の運動をするだけでもいいと、
言われても決してしない。
そして、コンドロイチンだかの入った健康食品を買う。
人間の潜在能力も安く見られたもんである。
全く信頼されてない。

日本は昔からこうではなかったはずなのだが、
病気だけでなくあらゆる分野に、
こうした考え方がはびこっている。
2014年10月19日 | Comments(0) | 未分類

素晴らしいやないかい?

20141019090607db0.jpg

@HistoryNeedsYou: A #mediæval #chess piece from Persia - a Sultan rather than a King http://t.co/K4ktDe8i4s
2014年10月19日 | Comments(0) | 未分類

ソーリーにやめて欲しい

どう考えても一番まともな小渕さんが叩かれるということは、
原発に関して、
何か言ったかいおうとした、やったかやろうとした。
ということで、辞めさせたいということだと思います。
突かれたらどんどん出てくる人ばかりですし、
新聞テレビ週刊誌が横並びで、続報を出すというのは、
官邸のGOサインが出ているということでしょう。

しかし、ソーリーがやめなきゃ始まらん。
やぶ蛇的に切ったつもりが返り血を浴びる感じで。
アベに関しては是非、屈辱的な辞め方でお願いしたい。
好々爺として呑気に老後を過ごすなんてことは、
絶対許されない。
やったことの罪が大きすぎる。
たっぷりと償って貰いたい。
2014年10月19日 | Comments(0) | 未分類

病気について

日本人はお薬や病院が大好きだけど、
私は嫌いです。
お婆さん見てると本当に好きやなぁというか、
異常なほど信じているので驚く。
特に悪化していないからお薬は必要ないと、
医者が言っても、なんと、
強い薬を出してくれと頼むのである!

病気に打ち勝つというのは、
結果的に体の方が病気に負けないということが、
重要なのである。
ウイルスなりを薬物で殺すというのは、
そのやり方の一つにすぎない。
負けないためにやることにはいろんな種類があるだろう。
2014年10月18日 | Comments(2) | 未分類

テングザル😍

201410180931479bb.jpg
2014年10月18日 | Comments(2) | 動物

ウイキリークスの新しいリーク

ウイキリークスが、TPPの、
知財の部分をリークしたと内田さんのツイにあったが、
今朝の東京新聞はかなり大きく取り扱っている。
原発にはハッキリと批判的な割には、TPPには、
及び腰の東京新聞も少し変わってきたかもしれない。

薬に関する特許の認められる期間についてである。
特許とジェネリック薬品については、
ずいぶん前に記事にしたが、どこだったか、
TPPについてのところだと思う。
特許期間が過ぎると他社でも同様の薬を作ることができるが、
そうすると安い薬ができるため、
なるべく高い値段を長く維持したいわけである。
薬の特許はとにかくアメリカがいっぱい持っている。

このリークで明らかになったのは、
他の国が反対している中で、アメリカに、
一人日本だけが追従しているというところである。
エイズもそうだが、本当に薬の必要な人たちが、
アクセスできない高い薬価を支えているのが、
アメリカと日本というわけである。

この前誰かがある進学校でスノーデンを知っているかと、
聞いたら一人だけ知っていたが、何をする人かが間違っていた。
結局誰一人知らない、聞いたこともないという話があった。
アサンジやスノーデンが命がけでリークしているが、
日本のエリート予備軍はそんなもんである。
そのうちそういうのが、政治家か官僚になるんだろう。

エボラもそうだが、大騒ぎは薬屋のためにある。
少し前エボラの最前線のところでも書いたが、
丁寧な対処療法の組み合わせで、治り始めている。
そもそも一発できく薬など実際あり得ないし本当は必要ない。
人間の体はそんな単純なものではない。


2014年10月18日 | Comments(2) | TPPについて

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード