みるみる変わる

国鉄解体、郵政民営化から、今水道も民間になりつつある。
図書館がTSUTAYAに委託され、
東京では、区役所業務の民間委託も始まっている。
辺野古で反対派の市民に最前線で対峙しているのは、
警官ではなく民間警備会社である。
親たちの反対を押し切って、取り立てて問題もなかった
学校給食を、民間委託にかえたのも、
ついこの間のことである。
こうして小さいとこから、大きいとこまで一つ一つ、
「公共」というものがなくなって行く。
アメリカの後をすごいスピードで追いかけている。
公共の福祉のためにあったはずの仕事が、
どんどん株主様の方を向いた営利企業になっていく。

本当にこういう風に変えられるんだ、短期間で。
大きな抵抗も無く。
なんか、すごいなぁと、へんに感心する。
世の中が変わるのなんか、あっという間のことや。
2015年01月31日 | Comments(0) | 未分類

あーあ

TPPは、日本が各分野で言いなりに譲歩しているため、
一気に締結が近づいている模様。

以前から度々書いているように、
資本主義の暴走に対抗するために、
協同組合というシステムは有効だと思うのだが、
また、大きな協同組合が解体される。
たくさんの議員を出している圧力団体なのに、
巨大な票田なのに、なんということか。

これからは小さな協同組合を、地域ごと分野ごとに、
たくさん作るのがいいと思うが、
そこも日本では法律が整備されていない。

原発にも基地にもNOと言えないんだから、
TPPで言えるわけないか…
2015年01月31日 | Comments(0) | TPPについて

バター……

@nyantomah: ※毎日(31日)によると、★TPP交渉で日本政府は、先に発効した日豪EPA交渉と同様に乳製品のね輸入無税・低関税の特別枠を参加各国と国ごとに設定する譲歩をする見込み。※これで昨年の不可解なバター不足の演出理由が判明した。全てはTPPコペルニクス的譲歩のためだったのだ。
2015年01月31日 | Comments(0) | TPPについて

ショックドクトリン

人質事件がショックドクトリンの機能をはたしている。
この間、沖縄は凄まじい破壊的な工事を、
信じられないほどの強引さで、大急ぎで進められている。
TPPは猛烈な譲歩をどんどん飲んでいる。
絶望的である。
米も酪農も。
また同時に農協解体に向けて着々と布石が打たれ、
株式会社化に向けて進み出している。
銀行や小売りやいろんな要素を持った農協は、
郵便局のようにおいしい。

命を救うことには熱心じゃない割に、
この機を利用することだけは真面目にやる。

海外のニュースの方が、どこの国でも日本の何倍も
正確にアベセーケンを見ている。
知らないのは、知りたくもない日本人だけではないか。
2015年01月31日 | Comments(0) | 未分類

「日本人の魂の原郷沖縄久高島」3

祭りは人々のものの捉え方、考え方、感じ方、
世界観が、表されるものであるが、
久高島の祭祀は、
非常古い古代の気配がぷんぷんする。

海の彼方のニラーハラーにいます島の守護神は女性である。
そして神の声を聞き、これを祀るのも女性である。
母性原理に基づく信仰のかたちは、
こうしたもの全ての原型でないかと思う。
そのままの形で残ったために、女性がにない、
女性が担ったために残った。

祭祀の見た目は、驚くほどシンプル。
派手な装飾も道具だても全くない。
聖なる場所も何のへんてつもない広場だし、
神が降りる依り代も自然石や、小枝で作った梯子、
余計な飾り気というものがない。
神女達の衣装は基本的に真っ白の着物で、
髪は結い上げ銀の簪で止める。
イザイホウでは髪にイザイ花という造花をさす。
赤白黄色の紙を竹にさしたもので、
色といえば唯一これくらいである。
(本も映画もモノクロだから見たわけではないが、)

世の中の祭りにありがちな賑々しい、
派手さは全くなく、だからこその、
形じゃない感じ、厳かな本気がにじみ出ている。

それぞれの祭りで、神女たちによって、
いろいろな神歌(テイルル)が歌われる。
ノロの片腕(ウメーギという)として、
長く祭祀をまとめ上げてきた西銘シズさんは、
(著者の師でもある)
テイルルを歌って見てくださいと、軽く口にした著者に、
神の歌は神様に歌わせられるものだから、
その時にならないと歌えないと真剣に断って、
著者は自らの不明を大反省している。
2015年01月31日 | Comments(0) |

「日本人の魂の原郷沖縄久高島」2

意外にも久高島は沖縄本島のすぐ近くにあります。
地理的にみて、いかにも離島という感じではありません。
そんなこの島になぜここまで古い祭祀が残ったのか。

12年ごとのイザイホーや、月ごとに行われる、
家単位の祭祀は数に入れないで、
島ぐるみのものを数えただけで、
一年に28回の行事があります。

琉球王朝が祭政一致の立場であったことや、
この島が琉球開闢の祖神が降り立った島であるという、
伝承を首里政府も認定し、それは島人にとって、
大きな誇りであったことなども、
積極的に祭に取り組んだ理由であったでしょう。
しかし、沖縄は政治的環境の大きな変化を度々受けています。
琉球王朝が倒され、日本に併合され、
戦争の時はまさに戦場となった。
久高でも、古い家屋は戦争で全壊したというが、
それでもこれらの祭りは途切れることなく続けられ、
現在に至っているのである。

私が最も大きいと思うのは、
これらの祭祀はほぼ全部が、女性によって、
(男性も参加するが補助的役割である。
大漁祈願のようなものは、
男性が主催するが祈願する行為自体は神女の役目)
執り行われているということだとおもう。
そもそも「イザイホウ」は島の女性のうち、
30から41歳までの全員が神女になる儀式である。
これが12年ごとに行われるので、
島の大人の女性はみんな神官なのである。
ノロと呼ばれる最高位の女性神官二人が、
その組織の頂点である。
(ノロそのものは琉球王朝の祭祀システムの一つであり、
他の地方にもいる)

続く
2015年01月30日 | Comments(0) |

あーあ、たまらんねぇ

遺伝子組換え作物の承認件数、日本が世界最多 

@tomo_nada: また日本に新たな不名誉な称号が与えられました。
「遺伝子組換え作物の承認件数、日本が世界最多」
世界最悪、日本の遺伝子組み換え承認行政。
米国政府もびっくりの日本政府のGM企業忠誠度
http://t.co/BXjmXHkQuU
2015年01月30日 | Comments(0) | TPPについて

「日本人の魂の原郷 沖縄久高島」1

この本の帯に書かれた池澤夏樹の言葉。
「日本の根は沖縄にある。
沖縄の根は久高島にある。
ぼくはこの本を百回読むだろう。
これは新書ではない。古典だ。」
この力の入った言葉は決して宣伝用ではない。
なぜなら、このことを私も実感するから。

ともかく内容もその表現も素晴らしい。
島の祭事をのちに残す役目を与えられ、
四半世紀に渡って通った。
著者自身が厳かな場面では、ちゃんと感動し、
その場に島びとと同じような気持ちで立ち会っているのが、
端々から伺える。
なおかつきちんと過不足なく内容をおさえている。
(学者の書く文化人類学の本とは、
どことなく違うものになっている。)
本来の祭りの雰囲気を全く壊すことなく、
実に生き生きと伝えてくれている。
そこがこの本の格調の高さ、
古典と言われるに値する重みとなっている。
本当に素晴らしい書き手を得たものである。

著者は沖縄で警察官となり、嘉手納署に10年務め、
米軍機墜落事故を機に退職し、
写真専門学校に学びカメラマンとなる。

この事故については、ついせんだって、
「なぜ日本は原発と基地をやめられないか」
という本でおさらいしたばかりである。
この経歴を読んで、
あの時、私なんかには軽々しく言えないような、
決定的な大きな絶望があったのだろうと思うと、
言葉もなくしゅんとしてしまった。

続く
2015年01月29日 | Comments(0) |

多数決

政府に批判的な人や番組に寄せられる苦情は、
良かったよというお便りにいつも数で勝ってしまう。

これは選挙と違い一人一票ではないから。
自民党が培ってきた要員達は、何度でも連打する。
数で圧倒的に上回ることがお仕事なのである。
良かったとおもうひとは、何十回も繰り返さない。

じゃんじゃん電話がなって、メールがパンクすれば、
その後ろにおびただしい批判の目が見えて、
人々は恐怖にすくんでしまう。
多数決が正しいという価値観はこういう時に役に立つのである。
2015年01月29日 | Comments(6) | 未分類

一本みち

一本みち
1年 ささき かい
よるふったゆきが
ほどうにつもっていた
6年生のおにいちゃんたちが
足あとをつけて
ゆきをよけてくれた
その一本みちを
あとについてあるいてきた
学校についたとき
こんどは
ぼくが
みちをつけたいとおもった
(音更町)

この詩は、なんとご近所の方にもらった北海道の
六花亭というお菓子やさんのお菓子の袋に、
書いてあったのです。

私は川崎洋の子どもの詩の本なども、
持っているのですが、
子どもの詩にはこういうタイプのものがけっこうある。
自分のお兄ちゃんお姉ちゃんや、先輩たちに、
してもらったことを感謝し、また憧れ、
こんどは自分がやってやろうじゃないかと、
面白そうでもあるし…という。
これを読んで、その素直な気持ちに、
心動かされるのは、大人になったら、
すっかりこんな気持ちを忘れはてるからだろうか。
忘れちゃだめだよねぇ。
2015年01月28日 | Comments(0) | 未分類

毎日心が波立つね

ハサン先生はけっこうぼろっくそに言われています。
(まあ慣れてると思うけど)
その中で領域国家を否定するなんて、
キチガイじゃないの?という批判があります。
しかし、日本人が口を揃えて、
これがなくなったら世界はめちゃくちゃになると、
叫んでいるのは、なんか異様である。

アップリンクで、またやるらしくて今日予告編を見たが、
先日このやまでも紹介した、
「トゥーマスト ギターとカラシニコフの狭間で」
に出てくるサハラ砂漠の遊牧民、トゥアレグ族も、
イスラム国同様、境界領域国家に異議を唱えている人たちです。

いわゆる欧米先進国が自分たちに都合良く作った、
様々なシステムや制度は当然、
〈最も正しい〉わけではない。
押し付けたあげく相手をバカ呼ばわりする。
本当にいい性格です。
そこに正確に乗っかって、
疑問に思うこともない日本人はまた凄い才能。

それにある意味、境界領域国家を最も逸脱して、
〈先進的〉なのは、何を隠そう多国籍企業じゃないか。
これはまた別の話になるが。

あとハサンセンセイはもはや日本人ではない、
ムスリムのメンタリティであるというのも、びっくり。
それが何が問題なのか?彼はムスリムなんだし。
ときに、日本人らしいメンタリティってどういうんじゃ?
沖縄の海に反対の声を無視し、
コンクリを何十トンもぶち込んで、平気なのが
日本人にふさわしいメンタリティなのか。
今この時に、晴れ着ではしゃいで写真を撮る国会議員の、
メンタリティか?
(あれすごい人数だったでしょう、萎える。)

2015年01月28日 | Comments(0) | 未分類

見てきましたよ。

「イザイホウ」を見てきました。
割に短い映画なので、えっー、もっと見せてよ、
という感じでした。
見たりないです。

この島では土地は共有なのです。
ノロと呼ばれる女性の神官のみが私有地を持っている。
もうこの段階で社会の様相は大きく違わざるを得ない。
もっと詳しく知りたいので、集英社新書
「日本人の魂の原郷沖縄久高島」
比嘉康雄著を買ってきた。
これを読めばもう少しわかると思う。
池澤夏樹絶賛の本である。
2015年01月28日 | Comments(0) | 未分類

これね…

なんじゃこれ!

20150128074928801.jpg

こいつらは全員やめて欲しい。
頭がクラクラする。
気味が悪い国や…
2015年01月28日 | Comments(4) | 未分類

TPP反対じゃ!

ビル・ゲイツはモンサントの株を、
大量に持っている大株主らしいです。
1パーセントの長者様がなさることには、
我々どう頑張ってもかないません。

しかしだ、わしは昨日、一口2000円のとこ、
頑張って二口分送金したぜ。
4000え〜ん!
世の中のためにできることはなーんもないわしだが、
これくらいはなんとかなる。
4000え〜ん!
2015年01月27日 | Comments(0) | TPPについて

ニューヨークでは、、

@uchidashoko: 昨日、ニューヨークでTPP主席交渉官会合が始まった。市民たちは雨と雪の中、反対を訴えた。米国の仲間から届いた写真に連帯しつつ! http://t.co/cgyPA88Zyi

内田聖子さんより

201501271025515ea.jpg

昨日TPP交渉差止の会に入会金を納付し、
原告団にに連なるための書類に捺印して送付しました。
2015年01月27日 | Comments(0) | TPPについて

辺野古、ひどすぎる、

@chiemikami: 緊急事態!
スパッド台船が4台も大浦湾に来てしまった
昨夜の衝突は疲れさせるため?
昨日までに海に投入される石材が
浜に集積されていた

いよいよ生態系の破壊が始まる!


三上智恵さんより
2015年01月27日 | Comments(0) | 未分類

ソマリ式清算の提案

あのソマリランドの本に出てきた話。
部族同士の野蛮な殺し合いの報復の連鎖のあと、
長老が集まってはなしあいをした。
一連の戦いでの死者を、細かく調べ合計する。
男一人にラクダ二頭、女は一頭、
(ラクダの数は不正確かもしれんが)というふうに、
清算したという話が出てきた。
人の命は帰ってこないが、
やはり補償があれば立ち直りやすい。
これは単位がラクダだったりするから、
お話しじみているけど、割と最近のことです。
(本が手元にないからはっきり言えないけど)

これを参考にして、
例えば第二次大戦以降という風に区切って、
(日本のように嘘で捻じ曲げて、
殺したことをなかったようにするひどい国もあって、
あれを水に流すのはちょっとひどいとは思うが)
なるべく正確に兵隊も民間人も全部の殺された人の数を、
出してみる。
強い国は絶対自国の領土で戦争はしないけど、
空爆された国はインフラや建物も破壊されるから、
それは別枠で査定してもいいと思う。
補償金は、受け取る国がお金でも一部物納でも、
選べるような感じがいいかも。

まぁ、こういう風にならんだろうなぁ。
2015年01月26日 | Comments(0) | 未分類

誰だ?

イスラム国は映像をアップするなど、
残虐で極悪非道だから、
オバマもアベも空爆で殲滅しちゃえと言っている。
イスラム国がこれまで処刑した外国人は、
アメリカ人とイギリス人の5人そして日本人1人、
ということらしいです。
(内部で、またなんとかと言う名の異教徒も殺しているらしいが)

しかし空爆して殲滅するとなれば、
死者は5、6人という訳にはいかない。
あっちにもこっちにも、手足の吹き飛んだ死体や、
お腹の裂けた死体や、壊れた建物に潰された死体が、
散乱することになるのだろう。
そういう写真は「残酷だから」アップしない。
残酷なのは写真か?

生き物はみんな殺されたがっていない。
殺されることを非常に恐れている。
だから誰であろうが、
殺してはいけないという話は基本的に正しいだろう。
誰をどういうやり方で殺すのが一番残酷かという、
細かいことはこの際抜きにして、
一番沢山殺したやつが一番悪い、
ということでいいんじゃないか。
みんなでそいつを非難するのが正しいんじゃないか。

一番たくさん殺しているのは誰だ。

2015年01月26日 | Comments(0) | 未分類

またバターを買う

娘は毎年バレンタインの頃にクッキーを焼く。
会社のみんなにちょっとづつプレゼントするのだ。
ずいぶん前に、
「今年は嫌っというほど大量に作ろうか」
と妙に積極的にいうので、
「ほーだ、ほれがいい!
嫌っというほど大量生産しようじゃまいか!」
と大賛成の意思を伝えていたのに、
そのごうんでもすんでもない。
そこで「あんた、びっけはどうすんの?」
と聞いてみると「忘れてた!やるやる」

心配はまたしてもバターである。
この前買ったのは有塩バターである。
お菓子には無塩がいるのだが、てんでないのである。
賢い私は美味しい焼き菓子のプロ花ちゃんに聞いて見た。
そしたら何とお菓子材料の卸屋さんで、
小売もしてくれるお店が、
思いのほか近所にあることを教えてくれた。
なんとその前を何度も通ったことのある道だった。
目立たないように隠れているとしか思えない会社であった。
しかし最高に嬉しい、バターの他、
良さそうなお砂糖も買った。

これでいつ何時娘氏がやるぞ!と言っても大丈夫。
お手伝いして嫌という程沢山もらうぞ!
2015年01月26日 | Comments(0) | 食べる

犬の名前

また犬を飼うならどんな名前にしようかと考えていた。
馳夫(はせお)はどうだろうか。
本名はアラゴルンといって、これもかっこいいが、
この人は全体的にカッコよすぎるのね。
アラゴルンはそれに大きい人、人間なので、
今までホビット族できた流れから外れるし。
そんなんだからたぶん残っているサム、
サム・ギャムジーしかないんではないかな。

映画になっているが私は一本も見ていない。
ただひとえに、フロドの役の人の顔が、
神経質そうで賢そうで、
イメージに合わないという理由からである。
全体にホビット族にしては目が大きすぎる。
ホビット族は丸い小さな目をしているんだよ!
そこを注意するとずいぶん感じが変わるのに。
残念である。
2015年01月26日 | Comments(0) |
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード