伊勢海老!

20151231163137adc.jpg

朝からお煮染めを山盛り作った。
今年は割にうまくできたと思う。
娘の小笠原の友達が、
なんと伊勢海老を送ってくれた。
小笠原の新種らしい。
明日のお雑煮は伊勢海老が入るぜ。
今晩は伊勢海老のお刺身を食べる。
人生初や。

プリンの器を舐めているうさぎです。

201512311631398c3.jpg
2015年12月31日 | Comments(0) | 食べる

胡麻

201512301606189da.jpg

婆さんの台所から発掘された、
ゴマ炒り器でやって見た。
生のゴマを一度水に通す。
そうしてから炒り始めると、
ふっくり美味しくできる。
(テレビのゴマ生産者のおじさんのアドバイスだけど)
今日はまあまあ上手くできたような気がする。
ゴマを炒るのは意外に難しくて、
美味しくできる時と、そうでもない時があって、
美味しい時は、
ゴマはこんなに美味しいものだったかと感動する。
2015年12月30日 | Comments(0) | 食べる

煮なますなど。

煮なますと松前漬けをつくる。
松前漬けのもとは生協で買うのだか、
もとと言っても、昆布とスルメが、
細く切ってあるというだけのもの。

行平でお酒赤酒醤油を煮切って、
水をいれて薄めて一煮立ちしたら、冷ます。
これを千切り人参と昆布スルメに混ぜて、
しばらくおくと、ねばねばで増えて完成。
爺さんがいる時は、
数の子などおくってくださる人がいて、
これに入れていたが、
無しでももんだいなくうまい。

煮なますは、最後にゆずの皮を細く切って、
散らすのは重要。
ゴマが無かったので、これから煎ってかけます。
家の柚子、今年は花は咲いたのに、実はならなかった。
柚子めは役立たずであった。
去年はなったのに。
2015年12月30日 | Comments(0) | 食べる

黒豆完成だ

2015123010012542f.jpg

黒豆完成。
タッパーに入り切らなかったぶんを、
ちいちゃい壺にいれて見た。
向こうにあるルクルーゼで煮た。
味噌作りの時も大豆をこれで煮る。
30年前に買って以来、
意外に大活躍なのである。

今朝は大先輩のブリタニーのぴーちゃんに、
また会った。
だいぶ大きくなったでしょ?
と言うたら、笑われた。
全然チビだということであった…とほほ
2015年12月30日 | Comments(0) | 食べる

私は許さないよ

ソーリーは根っからのネトウヨなので、
反省なんかするはずがない。
彼の取り巻きも。
今回のこれは要するに、
アメリカの指示という以外ないと思う。

国内のネトウヨ、カルトの支持層に対しては、
正反対の対応で懐柔するだろう。
こうして海外向きと、国内向きと二枚の、
いわゆるダブルスタンダードという、
やり口がますます激しくなるのではないか。

どちらにしても、
左派はもっともっと賢くならねばならない。
私は許さないよ!
2015年12月29日 | Comments(0) | 未分類

黒豆開始。

恒例の黒豆を煮はじめました。
黒豆と大豆などの硬いお豆の仲間は、
柔らかいインゲン豆系と、
種になる時期が違うそうです。
そしてよりたんぱく質が多いと。
むかし娘に教わりましたが、
今度ちゃんと調べて見ます。
私はこの硬い系の豆が特に好きなのです。

私の履いている草履、乗っている台所マットを、
うさぎは直接攻撃してきますが、
ものともせずにあくすくいをしています。

うさぎは庭で水場の腐った落ち葉を食べています。
あとどろどろの割れた植木鉢のかけらを、
かじかじしています。
植木鉢のかけらはじいさんの遺産で、
これは庭にたっぷりある。
それで、ウンチが真っ黒です。
先輩のぴーちゃんも、泥をよく食べたといっていました。
うさぎなりに、
自分の細菌叢を構築しているつもりではないかと。
最近はなんでもきっとわけがあるのではないかと、
考えるようになっている私です。

私の考えた理屈はこういうのです。
猟犬は野生の生き物を直接くわえたり、かんだりします。
野生生物の特有の菌に触れる機会が多い。
そういう時に野生生物とある程度共通する細菌叢を、
完備していれば、菌にやられることがないのではないか。
どうじゃろうか。
2015年12月29日 | Comments(0) | 食べる

うさぎの体つき

昨日は娘が年賀状をプリントしにきました。
うさぎは話がわかる顔になってきたと、
高評価を得ました。

うさぎは脚と胴体の長さがだいたい同じで、
横からみると正方形にちかい。
首はほぼ直角まであげることができる。
視野がけっこう広く、視覚的情報も得ているような感じ。
あと、足が細い割にパッドが厚い。
昔近所で死んだハクビシンの死体に、
バスタオルをかけてやった事があるが、
ハクビシンのパッドも非常に厚かった。

乳歯が一本抜けていなくて、
片方の犬歯が二本生えている状態。
様子を見ているが、なかなか抜けない。
2015年12月28日 | Comments(0) | 動物

うさぎ図

初イラスト

20151227150142f24.jpg
2015年12月27日 | Comments(0) | 動物

人間味

今までの犬とどこが違うかというと、
運動神経ともう一つは人間味ってやつである。

最初のビルボは、
生まれつきやけに人間味のある男であった。
フロドはその遺伝子を受け継ぎ、生まれてから、
父さんが死ぬまで一緒に過ごしたせいで、
これまた人間味のある犬であった。
ピピンはちょっと違って、きた時は、
ただの生意気で自信過剰気味のチビであったが、
少しづつ人間的な魅力を培ってきた。
フロドの影響も大きいと思うが。

うさぎは頭はそう悪くないが、
頭の良さがちょっと違うかんじがする。
しっかり叱って、ガンガン可愛がって、
人間味あふるる犬にしちゃおうと思っている。
顔の表情はきた時に比べるとずっと良くなったと思う。
犬は幸せがすぐ顔に出る。

今日息子が家に来てパソコンの中を整理してくれた。
ダカラ僕そう言ったでしょう?
というていたが意味がわかってなかった。
これでずいぶん軽くなったと思うよって。
このパソコンは息子も使っていたから、
どっちかいうと息子のデータの方がずっと重いはずであった。
そういう認識が全く無かった。
苦労したかいがない…

息子は、うさぎのことを
思ってたより人間味のあるじゃんというていたが、
この数週間の私の苦労の賜物なのさ。
2015年12月26日 | Comments(2) | 動物

準備進行中

額も同じものの数が多いと、
平気で一ヶ月近くかかることがあるので、
少しづつ額装に出しています。

私のような貧乏人は立派な額は買えないし、それに、
どうせほとんど在庫になってしまうんだけど、やはり、
絵とぴったりマッチするのにいれてやりたいという、
親心で、額を選ぶのも毎回、
大変な悩みどころなのです。

いくつか仕上がってきていて、
あーこれはよくできたと、ながめながら、
満足したりしている呑気ものです。
みなさん、見に来てね!
2015年12月26日 | Comments(4) | 未分類

東電から乗り換えよう!

東京ガスの電気

1月4日から受付開始。
東電の方の解約は東京ガスがやってくれます。
簡単ですよ!
関西方面でも、
関電から関西ガスに乗り換えることができるようです。
みんなで原発の電気とおさらばしよう。
2015年12月25日 | Comments(0) | 未分類

恥を知りなさい林さん

樋口裁判長を飛ばしたあと、
言うことを聞く後釜を据え、
関電の再稼働のスケジュールに合わせて、
手早く運転差し止めの仮処分の取り消しをやる。
こういうのを見ていると、
未来に希望が持てるわけないじゃんね。
司法の独立なんかクソ喰らえという、
露骨なやり方。
当時の樋口裁判長の感動的な判決文が思い出されます。

福井地裁の現在の恥ずかしい裁判長のお名前は、
林潤、ハヤシジュンと言います。
覚えておきましょう。
福井県の皆さん怒りましょう!
一緒に!
原発なんてオワコンなんだよ。
2015年12月25日 | Comments(0) | 未分類

クリスマス

昨夜はクリスマスだっちゅうんで、
鳥の唐揚げを食べた。

昔は一羽丸の鳥を焼いたが、子どももいなくなったので、
今年は骨つきのモモを買って、お正月にでも焼こうかと、
冷凍庫にいれてある。

最近はおネギとしょうが入りのあのソースが、
好きすぎるので、唐揚げにもかけた。
何にかけても超うまし。
味噌講習会の時はモモの塊を一人半分の感じだったが、
今回は唐揚げように切れてるやつ。
切ってない方が美味しいが、
最近はなんでも切れてるんでね。
仕方が無い。

うさぎは鳥でいえば、手羽元の部分の筋肉がすごい。
あと後脚は膝のアーチがきれいに湾曲している。
こういう足は、速いんだよ。
2015年12月25日 | Comments(4) | 食べる

うさ野郎

うさぎは玄関の私の靴を持って来て噛む。
いい靴は出してなくて、
スニーカーと突っかけるサンダルだけだけど。
持ってくると取り上げて高いところに置く。
いざ外に出ようと履こうとするとないから、
持ってきて履く。
そして玄関で脱ぐと、また持ってくる。

私はサンダルを取り上げると、
それを振り回し、一発お見舞いしようとするが、
ギリギリでかわされて、なかなか命中しない。
悲しすぎる。
私と運動神経の差がありすぎる…
ビルボもフロドも子犬のうちは、
靴やスリッパをよく噛んだが、
うさぎは怒られるとなんか嬉しそうに見えて、
そこ、本当にムカつく。

うさ野郎はかなり悪いうさぎ。
2015年12月25日 | Comments(2) | 動物

きょうのうさ

201512241103535d6.jpg
20151224110355601.jpg
庭で
20151224110356e4f.jpg

鉄アレーのコーティングはだいぶ食べた。
2015年12月24日 | Comments(2) | 動物

ブレディみかこさんのブログから

勝てる左派、勝てない左派

イギリス在住の人だが、
この人のブログはいつも面白い。
左翼の陥りがちな傾向は、
どうも世界的に共通するものがあるらしい。
2015年12月23日 | Comments(0) | 未分類

鶴見俊輔対談集

吉本隆明と鶴見俊輔の対談を読んでいる。
私はもともと吉本隆明があまり好きではないが、
これを読んでると二人の違いがはっきりわかる。
やはり鶴見俊輔の方が私はしっくりくるし、
残念ながらいよいよ吉本隆明が嫌いになった。笑

現在の社会運動をしている人の中に、
安保世代の、なんかこじらせちゃった系の左翼がいて、
時に若い人の足を引っ張る風もあるが、
あれはもしかして、吉本隆明を引きずって、
吉本隆明をこじらせたんではないだろうか。

井上ひさしとの対談もあって、これがまた大変面白い。
その中に、

「自分の命をかけても」とか
「24時間全部世界のひもじい人たちのことを考えて、
それを代表して生きる」といった特別の人じゃなくて、
普通の人の中にある革命性っていうのかな、

というような言葉が出てくる。
彼によると普通の人も哲学者たり得るし、
革命家たり得る。

こういうのを吉本隆明は、甘い、ゆるいといって、
猛烈に批判する訳だけど、
(この時はまだ若いせいもあって、
ちょっと見苦しいほど攻撃的である)
鶴見俊輔はこれをひょうひょうと受けて、
純粋さこそ危ない、ある時くるっと裏返るという。

私も今までそんなに良くは知らなかったが、
今こそ若い人たちに、
鶴見俊輔を読んで欲しいと思う。
こういう左翼が必要だと思う。
2015年12月23日 | Comments(0) |

りんご料理

もっと簡単で美味しいりんごの料理もあった。
一つはポテトサラダに入れる。
これは私の母もよく作ってくれた。
ちょっと甘酸っぱく歯ごたえもサクッとして、
おいしいよ。
子供の頃はりんごの入ったポテトサラダを挟んだ、
サンドイッチは特別美味しいような気がしたけど。
みんなもうやってるかもしれんが。

もうひとつは、この季節鳥の丸焼きや、
モモを焼いたりすることもあると思うが、
その添えものとして、薄いくし切りのを、
(四等分をまた三つに切ったくらいの)
バターを引いたフライパンでゆっくり焼く。
いい感じの色になればもういい。
味付けも何もなし。
鴨のオレンジソースなどと、
おフランスでもあるように、
鳥や鴨にはフルーツの甘酸っぱさが良く合う。
超簡単。
皮をつけてもきれいだし。
なんかただのりんごでもおされ感でるし。
2015年12月22日 | Comments(2) | 食べる

うーさん

うーさんは初獣医で狂犬病の予防注射をして来ました。
涙が出るのが気になっていたが、
逆まつげか涙の配管の詰まりか、その手のものではないかと、
予想していたが、やはり毛が入っていたらしい。
そんなんで、帰ったら疲れたと見えて、
ぐっすり寝た。
今日は大人しすぎるんじゃないかと、
不安になるほどだったが、
今はまたすごい力で、ドアを止めるために置いていた、
鉄アレーをくわえて、どさんと落としたり、
すごい力自慢の遊びをしている。こわっ!
さとーの大旦那がこの犬は「重いウサギ」をくわえて、
途中休みながらでも、自分で運ぶと、
言い張るんだという話をしていたが、
確かにそういう気質はあるかもしれない。

うーさんの静かな隙に、
私はまんまと年賀状をプリントまですませた。
私のは要するに「かわ」の新年号なので、
どこにもめでたいのへちゃむくれだのとは書いてないから、
年賀状と言えるかはわからんが。
葉書そのものは年賀状用に作られたものである。

そんなんでうーさんは膝に収まりきれなくなってきた。

20151222142754d1f.jpg
2015年12月22日 | Comments(0) | 動物

素晴らしいね!

@midoriSW19: 2015年、コスタリカは電力消費における再生可能エネルギー(地熱、水力、風力、太陽、バイオマス)の割合99%を達成(年頭の75日間は百%)。ウルグアイでは95%に。 https://t.co/KWwKKF1MlJ

Mdori Fujisawaさんついとより

南米はやはり凄いね。
国民が自分の目で見、考えて、
大国の圧力に屈しない自分たちの政府をささえている。
アメリカにやられても、またひっくり返す、
不屈の強さ。
終わったんなら始めようの精神やね。

日本も、太陽光、バイオマス、地熱、小水路などの組み合わせで、
十分やれる環境はある。
ただ一つ、それを促進する制度が、ない。
地熱や森林資源などはもうあるのである。
制度は100パーセント人が作るものである。
それが出来ない。
2015年12月22日 | Comments(0) | 未分類
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード