FC2ブログ

絵でたどる「天正少年使節」

ひさーしぶりにテレビを見た。
あるよ、と教えてもらった、
日曜美術館「絵でたどる天正少年使節」である。
先日国立博物館で見てきた、
「伊東マンショの肖像画」が今、
長崎、宮崎に里帰りしているので、
その展覧会に合わせて企画されたものだろう。

しょっぱなから大阪の南蛮文化館が出てきてびっくり。
この前の大阪、広島、イサムノグチ美術館の旅で、
大阪で立ち寄ったのが国立民族学博物館と、ここである。
あの南蛮屏風が丁寧に紹介されていた。
屏風みたいなものは本物を見るのはもちろん無駄ではないが、
テレビカメラで、舐めるようにアップで見るのは、
なかなかいいね。向いている。

あと、長崎の二十六聖人記念館が出てきた。
これは先日読んだ高山文彦の「生き抜けその日のために」
に出てきたディエゴ・パチェコ神父が、
初代館長さんをしていたところ。
見たいものがいろいろありそうである。
長崎はぜひそのうち行きたい。

ローマに死ぬほど苦労して彼らが持っていった屏風、
信長からの贈り物に関して、
安土城跡やその記念館が出てきたが、
滋賀県も行きたいじゃんか。

あと五野井隆史先生が登場した。
キリスト教史の学者で、その著作で若桑さんも星野さんも、
お勉強している。
社会問題に盛んに発言している五野井郁夫先生の、
お父さんなのでもっとお爺さんかと思ってたが、
すごい若くて元気いっぱいでびっくり。

番組自体はま、あっさりしたものだが、
やはり何より伊東マンショの肖像画の魅力が、
強烈に光を放っている。
これがミラノで発見された時の印象を、
イタリアの美術館のおばさんが言っていたが、
「目、口元に惹きつけられた、その誇り高い表情に」
まさにこれである。
南蛮人が見ても私と同じ印象を持つのだね。

テントが強制撤去されました

20160821081751257.jpg

写真はIWJより

夜中の3時半頃から、
経産省前のテントが強制撤去されたらしい。
夜中にもかかわらず、IWJからギザマキさんが、
駆けつけました。
朝日など大メディアは情報が入っていたらしく、
すでに待機していたらしいね。
5年目の区切りを前に。

アベは核の先制使用に賛成した発言を否定しましたね。
アメリカでは公表しない前提で言ったのを、
バラされたという話らしい。
ま、どっちにしても核軍縮に反対し続けている事は、
事実だから。
本当に核が好きだねぇ。

トルコのエルドアンはアメリカに対する、不信を経て、
対抗姿勢を鮮明にしてきました。
ヤバい感じ。
2016年08月21日 | Comments(0) | 未分類

塩豚

201608201948347df.jpg

今日は豚バラで塩豚です。
塩麹をまぶして、2、3日置いたものを、
蒸篭で蒸しました。
すだちと醤油麹でいただきます。
隣のキュウリはぬか漬けです。
ぬか漬けはやはり美味しいと思う。
複雑な味のくせにフレッシュさもあるという、
絶妙さ。
2016年08月20日 | Comments(0) | 食べる

「さ」

字札はまだ出来ていませんが、
「さるのさらにさくらんぼ」です。

20160819151442761.jpg
2016年08月19日 | Comments(2) | いろは歌留多

味噌汁

あんまり暑いと、お味噌汁は暑苦しい感じがするので、
ちょっとさぼっていたが、
今日は食べた。
危うく沸かしそうになって慌てた。

母には、お味噌の香りが台無しになるから、
お味噌を入れたら沸かしてはダメと教わった。
それは正しいが、もう一つの理由は、
麹菌が死んでしまうからである。
胃酸にも負けない麹菌だが、熱はダメである。
せっかく熱処理していない手作り味噌も、
沸かしては意味がない。

知り合いのお母さんはお味噌汁をあっためる時は、
湯せんにしていたと聞いて驚いたことがあった。
昔の人はさすがである。
チンッと瞬殺する現代人と比べると、
口にいれていたもののクオリティは随分違っただろう。
現代人が勝っているのは、
総カロリーの数字だけじゃないか?
2016年08月19日 | Comments(0) | 「麹ともの会」

「ろ」

やまの日のイベントも終わったので、
長らく中断していた「いろは歌留多」再開です。
ろ、の字札を仕上げました。
枠がちょっと滲みました。
今日の湿気のせいです…

絵札あげた時も書いたけど、
お菓子はろーるけーき、
ろいやるこぺんはーげんのカップ&ソーサーですからね。
そこ注意しときます。

201608181339058b4.jpg
2016年08月18日 | Comments(2) | いろは歌留多

8月16日の東京新聞

これは16日火曜日の夕刊です。
元情報はワシントン・ポストが書いた記事。
大朝日などはどういう報道だったのか知りませんが、
これが国内で大問題になる気配がないのが恐ろしい。

アベがやろうぜと言う。

20160818075948a05.jpg
2016年08月18日 | Comments(5) | 未分類

保護犬

うさぎは今朝公園で、初めて会った保護犬の子と遊んだ。
他に犬もいなかったせいか、
その飼い主の女性がその子をもらったいきさつを話してくれた。
いろいろ聞くうちに、つい私も愚痴を言ってしまった。
うちも貰おうとしたんだが、年寄りすぎると断られた事など。

そこのご家族はご夫婦の他に、
おばあちゃんと中学生の娘さんがいるらしいが、
(おばあちゃんは年寄りすぎ、娘は若すぎで、)
お母さんだけが頼りですから、
しっかり頼みますと言われたそうです。
まるで壮年の男女以外役立たずのような言われようで、
違和感がある。
おばあちゃんがいれば犬は安心して居られるし、
中学生ならば十分散歩もいける。
みんなでできる事を分担して協力すればいいではないか。
(うちでは子どもたちは小学生のうちから、
二人で二匹を連れて散歩していたが…)
保護犬のマッチングのお仕事は大事な事だとは思うが、
犬の幸せを思う余り、異常に適正審査が厳しくなっていて、
本末転倒な気がする。
犬も人間もそうそう理想的な環境で生きられるわけではない。
できる範囲で多少の我慢をしつつでも、
幸せに暮らす事は可能ではないか。

うちでは前の犬が16歳7ヶ月まで生きた、と、
〈お調べ〉の際に書いたら、雑種は長生きなので、
おたくなら、もっと生きる可能性があるからますますダメ、
と言われた時はあっけにとられてしまった。
飼い主より先に死ぬ事だけが犬の幸せなのかい?

ともかく、うさぎは保護犬の友達が多い。
2016年08月17日 | Comments(0) | 動物

白川さんと石牟礼さん

疲れてくると(白川静)先生のご本を読みます。恥ずかしいのですが、私自身は先生の弟子の弟子のそのまた弟子を自認しているんです。

石牟礼道子botより

石牟礼さんと白川さんの対談があって、
割りに短いあっさりしたものだが、
その中で白川さんは、「苦海浄土」に、
最大級の賛辞を述べている。

以前苦海浄土の話でも書いたかもしれんが、
方言には古語や古い言い回しが残っている。
水俣の方言はそれの宝庫であった。
言葉が失われることは、それが表していた、
人の思考や感情が失われることである。
有名な例は日本の色の名前である。
古代色の夥しさ!
微妙な色の違いにそれぞれの名前がついている。
これらが失われるとともに、
我々の色の識別能力は、
12色入り色鉛筆のレベルになってしまった。
我々は底なしに単純な生き物になりつつある。
残念なことである。
2016年08月17日 | Comments(2) |

「世界」9月号から

「世界」を開いてこの人が書いているのを見つけたら、
大抵それから読むことになる。
谷口長世という人、肩書きは国際ジャーナリスト。
ブリュッセル在住である。
面白いというより、恐ろしいというか、
げっそりしてしまうこと請け合いなんだけど。

今回のお題は、
『「死の商人」国際共同体に人工造成された、
南シナ海危機』
オランダはハーグにある、
国連の常設仲裁裁判所で行われた、
フィリピンと中国の南シナ海を巡る裁判の裁定の話。
ややカンケーネーな感じするかもだけど、
これは尖閣問題とご兄弟のような話である。
結論としては、
中国にとって一番わるいタイミングを狙って、
中国悪者イメージを演出するための、
中国完敗の裁定であった。

領土問題は紛争の火種に必ずなる。
したがって、これを生じさせれば紛争は起きる。
南シナ海も東シナ海も、アメリカによる、
「世界規模の石油埋蔵量の可能性」という調査報告書を餌に、
50年かけて作り出された仕掛けなのだという。
アジアに軍事的緊張を生まれることを、
嬉々として眺める一団、
それがタイトルにある「死の商人国際共同体」である。
もちろん日本人もがっつり参加している。
死の商人にとって、アジアは将来性抜群の市場であると。
実際にアジアの国の兵器の輸入額は近年うなぎのぼり。
米国主導のNATO対ロシアの対立は、
管理された持続的構造に上に成り立っているのに対し、
アジアは始まったばかり、
不安定さは深刻化する可能性が大きそうである。

国連だの世界銀行だの国際裁判所だのというと、
普通はなんか立派なことやってくれそうな、
頼りになる権威とおもいがちだが、
これらこそアメリカの世界支配のツールである。

この裁判のキーパーソンの1人は、ラムズフェルト。
もう1人は柳井俊二。
この人はアベの私的諮問機関の座長で、
安保法政を無理やり成立に導いた人。
最低にキナ臭い人たちなのである。
2016年08月16日 | Comments(0) |

やまの日記念イベントの粗品完成

やまの日記念イベントの粗品が完成しちゃったので、
申し込みのあった分は発送にかかります。
申し込み期間は9月10日までなので、
気が向いたら申し込んでください。
まだお席はたっぷり残ってますので。

たいしたものではありませんが、
こんちさんの書下ろしイラスト入りです。

こんちさんについてのおさらいは、
fc2版松井なつ代のやまカテゴリこんちさんからどうぞ。
http://natsuyono.blog81.fc2.com/blog-category-2.html

種で言うとトンカチですね。
趣味はやま歩き、化石探しです。
たまに刺繍もやるようですが。
ちくわが好物かどうかはハッキリしない。
シャベルのさかたさんが嫌いなのは確実。
2016年08月16日 | Comments(2) | やま

武道館で行われた戦没者追悼式の写真をみて、
わたしは菊の数に驚いた。
この日のためにこの日に合わせて、
全国の花の生産者は、白と黄色の菊を、
やまのように育てたのだろう。

菊のやまのまえに大きな霊と書かれた柱が立っていて、
その両脇に壺のような花瓶に、
菊と百合が生けられている。
このお花の形態がとりわけ不思議である。
これは一体なに風なのか?
菊と百合の組み合わせはこれでいいの?
菊のやまの頂上から百合の群れが飛び出している!
あまり美しくない。
いけばなではなく、菊花展の菊人形の流れ…?
(菊花展はすごく面白いから大好きだけど。)

菊という花は確実に需要のある花なんだな。
菊農家が儲かるならいいけど、
なにもここまで山盛りにする必要もないような気もする。
こういう会場の設営も、デンツーがしてるのかしら。
2016年08月16日 | Comments(6) |

終戦記念日のお買い物

2016081517211494e.jpg

今日は敗戦記念日。
いろいろ考えるのは止めにして、
新宿に紙だの本だの買いに行く。
今月はどうしても世界を買わなくちゃと思って、
紀伊國屋に行く。
駅前のキオスクのおっちゃんが、
手術するからしばらく店を閉じると言ってから、
もう随分になるが復帰の気配がない。
近所にはあと二軒本屋があるが、世界は置いてないのだ。
おっちゃんカムバーック!
西口でビッグイシューもゲット。
帰りのバスで読み始めたが今月も面白い。
改めてこれも紹介する。
2016年08月15日 | Comments(0) | 未分類

突然ですが、

さて、突然だけど「はてなブログ」を始めた。

なぜかあの忙しいので有名なお嬢さんが、
「はてなブログがいいみたい」と教えてくれた。
実はだいぶ前から今のFC2から引っ越したいと思っていて、
どこがいいだろうと考えていた。
見てみたらなんかシンプルでいいなぁと思ったので、
とりあえず始めて見た。
案の定いろいろわかんないとこが出てきて、
昨日墓参りに参加するため、うちに寄ったお嬢さんに、
教えてもらって、とりあえず麹の話などアップしてみた。
今うちのパソコンが大層調子が悪いので、
エクスポートの大仕事が出来そうにないので、
とりあえず両方に同じものをあげてみるか、と。

名前は両方とも「松井なつ代のやま」です。
リンクを両方に貼っています。
あと、はてなはツイッターと連動していて、
投稿の告知ができる。
長い間見るだけだったツイッターで、
昨日初めてツイートした。
ボタン一つ押しただけで、つぶやいたわけではないが。

ま、そんな訳です。
2016年08月15日 | Comments(6) | 未分類

「やまの日」記念イベント

粗品の制作はチャクチャクと進んでいる。
が、さすがに「過疎のやま」だけあって、
希望者は少ない。
最初は30はケチくさい数かなぁと、
思っていたが、意外にも多すぎたかも。笑

ま、まだ募集中だから、
どうぞ。
ま、「こんちもの」だからね、そこ気をつけて。
2016年08月14日 | Comments(3) | やま

Mr.トランプ

アメリカでは気が狂ったように、
取り繕おうともしないで、
激しくトランプ攻撃がされている。
これを見て、
もしかしてトランプの方がいいのじゃないかと、
思い始めるアメリカ人が出てきたと誰かが書いていたが、
私も同感である。

だってクリントンを押している連中は、
まさに世界中で悪事をやっている
グローバリストであり、ネオリベである。
この人たちが一度退場することは必要。
クリントンになれば現状維持どころか、
拍車がかかるだろう。
トランプのヤバイ部分と天秤にかけても、
彼らの力を削ぐ方が重要ではないか。
あんくらい常識はずれの人じゃなきゃ、
彼らとは闘えない。
アメリカではグローバリストしか政治家になれない、
そういうシステムが出来上がっているという。
逆にいえば、彼らはみんな同じタイプの人間である。
別のタイプの人間としては、
トランプは上出来のユニークさである。
少なくとも日本の政治家や官僚は、
トランプに従来の迎合体制が通じなくて、
呆気に取られて、動きが取れなくなるだろうよ。
私はトランプを応援しよっと。
2016年08月14日 | Comments(2) | 未分類

ロシア

ロシアの電車内

ロシアという国は、
いつも良く紹介されないが、
とても面白そうである。
2016年08月14日 | Comments(0) | 未分類

伊方原発再稼働!

ネオリベのやっていることは、
資本主義でも何でもない。
事業がペイすることすらもはや目的ではない。
もし企業として利益を考えるなら、
廃棄物の処理や事故後の費用など、
原発なんか続けるはずがない。
リニアだって、普通に交通手段として、
利益が見込めないことなど、
多分やってる本人みんなが知っているのではないか。
カジノで成り立っているのは、
大きいところちょっとだけで、
アメリカでは幾つも潰れている。
ギャンブル依存の人を作り、巻き上げて、
終われば別に場所に移る。
あとには廃墟と疲弊した地元が残る。
オリンピックの施設だって、
巨大な廃墟になっているところは、
いっぱいあるでしょ。
もはやスクラップすらしない、
ビルドするだけで、放り出す。
戦争も、仕掛けて、殺して壊して、
また別の場所に。
お金を生み出すための永久機関とかしている。

まさに今だけ金だけ自分だけ。
持続可能性の正反対を行く人たちである。
息せききって、この地球を終わらせようと、
走り続けている人たち。

今日は伊方原発再稼働。
これを信じられる人いるのか…
20160812175027552.jpg
2016年08月12日 | Comments(0) | 未分類

高笑いが聞こえる

オリンピックもあまりに金儲けと政治的思惑がらみで、
もう本当に嫌だねぇ。
パラリンピックはロシア外しに成功したようだが、
アスリートの個人の努力や夢を、
へとも思わないアメリカのやり口と、
ヨーロッパの同調ぶりに反吐が出る。

小池はさっそくカジノに前向きな発言。
さすがに多国籍企業、グローバリストの、
傀儡知事である。
日本ほど御しやすい国はあるまい。
カジノも豊洲もまったく同じ構図。
豊洲に入荷した巨大な遺伝子組み換え鮭を、
我々は食べることになるのではないかな。
2016年08月12日 | Comments(0) | TPPについて

やまの日の高江

2016081208052475d.jpg

@tchiezinha: 名護署を固めるは、神奈川県警機動隊。帰れよ。 https://t.co/seTLdDybJt

ちえぞうさんついとより

ついに出た不当逮捕。
警察署を守る神奈川の機動隊の、
このマスクで顔隠し率の高さ…
見える範囲では100パーセント!
顔を隠さないとできない仕事って、
あまりに悲しいな。

警察署を他府県の警官が守るという変な話だが、
これは多分名護署の職員は地元だから、
もっと顔ばれしたくないということではないだろうか。
2016年08月12日 | Comments(0) | 未分類

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード