カールビンソン

ここんとこ何回か原子力空母の写真を見たが、
いつ見ても驚くほど醜いものだなぁと思う。
なんらかの合理性に沿ったデザインだと思うが。
合理性を追求してできた形は、
しばしば「用の美」と言われる美しさを発現する。
しかし、これは美しくもカッコ良くもない。
ミリタリーオタクの人は、
これもかっこいいと思うのかなぁ。
それに、当然の事ながら、
原子力空母や原子力潜水艦などは、
放射能漏れのもとになりうる。
作られるドック、港で、また実戦で壊されたり、
老朽化して役目を終えたもの、
全てが原発同様に汚染の源である。
アメリカ国内でこれらの関係する地域には、
昔から放射性物質の汚染が見られる。
そしてその何キロ以内の地域で病気が多いという話である。
以前読んだ本に出てきていた。
この前なくなった肥田舜太郎先生の本だった。
なんでこんなもん作るかねぇ…
2017年04月30日 | Comments(0) | 未分類

ジェンダー観

この前読んだ「誓います」で興味深かった事を一つ。
ダンのお母さんはアイルランド系カトリックで、
信心深くお節介なおばさんである。
ダンとテリーは、深く愛し合っているのだから、
絶対に結婚すべきであると主張する。
男と男であるという事は、まったく無視である。
本人たちは別に結婚する必要はさほど感じていない。
特にテリーはストレートの真似事はゴメンだという気持ち。
ダンは相棒の病気などの際に意思決定する権利や、
社会保障などの受取人として、
認められるという法的な結婚の制度的側面に、
魅力はあることはあるが、、という立場である。
大反対の意思がはっきりしているのは、
5歳の息子氏である!
彼は結婚は女の子と男の子がするもんだから、
パパたちはしてはいけないと力説する。

こういうジェンダー観を彼はどこで身につけたか。
彼の通う幼稚園はシュタイナー系で、
先生たちはそういう事を教えない。
もちろんダンとテリーも教えるはずがない。
彼は幼稚園のお友達から仕込んできたのである。
多分、元をただせばお友達の一人が、
親なり兄弟なりから仕入れたのかもしれないし、
本人がそう判断したのかもしれないが、
同年代の仲間内で共有される事で、
自信たっぷりの主張となる。
なんか、同年代の説得力で、うん、そう、
絶対そうだよねぇ、みたいに盛り上がっている様子が、
目に見える気がする。
実際子どもが幼稚園の時にたような光景見たし。
小学生から高校生あたりまでの、
うっわーダッセェー!
きゃーかわいい!
等の世代的共通意識、常識は、
こういう風に形作られているのではないか。
逆に言えば、学校などの同世代の集団の中で、
価値観が共有されるシステムについて、
詳しく調べれば、
差別意識などの定着に対する有効な対応が、
できるかもしれない。
なんてことはないかなぁ…
2017年04月30日 | Comments(0) |

見ること

たまたま、相次いでそういう話が出てきたので、
見るということ観察することについて。

注意深く見ることは実は、深く考えることにつながる。
目の前にあるものをじっくり見ることは、
あるかもしれない実際には無いもの、
あるいは(具体的には目の前にありうる可能性の無い)
抽象的なことにまで考えが及ぶことと、地続きである。
観察はさまざまな思考の基本ではないか。

私が意外に人は観察力が無いという事を感じたのは、
実は獣医師がきっかけである。
人であれ獣であれ、医者の仕事は、
まず患者をよく見る事と思っていたが、
なぜこの違いが認識できない!という経験が堆積している。
すくなくとも、子どものうさぎに次ぎ次に起こった、
謎の多様な不具合に関して、
獣医師の改善に関わった貢献度は、
どう考えても0パーセントである。
私の話はまったく通じなかった。
結局私のマッサージとうさぎの強力な治癒力のおかげで、
まだ完全では無いがほぼ健常になったが。
(先日たまたまインドの、
交通事故で下半身が麻痺した犬に対する治療を見て、
これこれこれなんだ、と思ったものである。)

見続ける事によって観察力は鍛えられ、
ますます見えてくる。
観察にはキリが無いのである。
宮本常一は、
民俗学におけるよく見ることの重要性を語っているが、
昔の漁師がいかに見、また見えていたか、
そこからどういう思考を導いていたか、
という話もしている。
どんなジャンルでも注意深く見ることは、
基本的スキルであると思う。

我々は多くの情報を得られる時代にいるというが、
ほとんどが受け売りのもので、
自分の五感を通して得た情報は、
減っているのでは無いかと思う。
(新古今和歌集の時代の歌詠みの、
ものの見方もハンパないものであった…見て見て見まくる)
我々の周りは無限とも言える、
物と事象がとりまいている。
なんと見がいのある事か!
2017年04月30日 | Comments(2) | 未分類

春の田舎くさいおかず

201704290744450fa.jpeg

ご近所から蕗と蕨をいただいたので、
超山菜なご飯である。
嬉しい。
春はいいなぁ。こういうもんがあって。
蕨はアクを取ってお揚げと煮た。
蕗は鰹節を入れてきんぴらに。
蕨のアク抜きは重曹を入れたお湯に、
しばらくつけておくというのやったが、
柔らかくなるしアクも抜けるが香りまで抜けた気もする。
そのままお酢の物で食べたほうがいいかな。
残りはそうしよう。

今年は島根連鶴さん、お花は1つだけ。
下の方からたくさんの新芽が出てきているので、
来年は盛り返してくれるだろう。
枯れなくてよかったとしよう。

20170429074443c1f.jpeg
2017年04月29日 | Comments(0) | 食べる

いいのは天気だけ…

日本も酷いがアメリカもかなりのもんである。
トランプはなんと法人税を下げたと。
トランプを支持した人の中には、
多くの労働者がいた。
完全に裏切られたと感じているだろう。
私もだけど…
トランプ政権は、
選挙の時と全く違う政策集団になってしまった。
悲しいことである。
どうやったってネオリベたちをまくことができない。
農業政策も悪い方向に動いている。

朝日も毎日も加計学園に人が入っているらしい。
加計のおやじはてまわしがいい。
今読んでいる鷗外には新聞人の話が結構出てくるが、
明治のメディアの健全さったら!
360度どちらを向いても劣化、そればっかり。
希望を見出す部分が見るからない…
2017年04月28日 | Comments(0) | 未分類

晩のおかず

201704271950576d5.jpeg

こんな料理があるのかどうかわからんが、
今日はゆで卵を煮ようと思ったのだが、
ふと思いついて鶏肉と長ネギを一緒に煮て見た。
塩麹をまぶしておいたモモと、
ゆで卵を少し甘くしたおしょうゆ味で煮て、
最後におネギを入れて、煮詰める。
何に似ているかよくわからないが、
意味不明にうまかった。
2017年04月27日 | Comments(0) | 食べる

「渋江抽斎」

森鴎外の「渋江抽斎」を読んでいる。
この抽斎さんは江戸時代の終わり頃の、
お医者さんで武士である。
幅広い趣味と学識を持ったインテリで、
真面目な勉強家であったらしい。
鷗外は古い書物を集めている時に、
この人の蔵書であったらしいたくさんの本に出会って、
興味を持ち調べ始めたのである。
これは評伝と言えるのかよくわからんが、
何年に誰それに教えを受ける。
その時師は何歳で抽斎のいくつ年上、なんていうことが、
時系列でだらだら続くので、
最初は大概退屈な本じゃなぁと思ったが、
意外や段々面白くなる。
どんどん奥さんが死んで次ぎ次と再婚し、
どんどん子が生まれる。
武鑑という武士の人物図鑑のようなものがあって、
登場人物はどこの殿様系の誰の息子、娘であるという情報も、
欠かさず出てくる。
この抽斎という人も大概面白いが、
イカれた趣味のお友達や、放蕩を尽くす息子や、
いやはや現代の日本に比べて人々の、
個性的なことは、呆れるばかりである。
レベルが違う。
またイカれているからと言って放り出すのかと思えば、
その才気を買って援助したり、
身寄りのないばあさんや、志のある若者など、
何人もの食客を養っている。
このなんとも言えない寛容さが衝撃的である。
江戸時代という時代のイメージが少し変わる。
武士という種族のイメージも。

私の爺さんの家は武士で医者であったというから、
こんな風だったのかしら。
とにかく現代の日本は超絶不寛容である。
かつ似たり寄ったりの小者の大集団である。
多分我が国の歴史始まって以来の酷さではないか。
消防士が制服でうどんを食べたら何がいかんのか。
おまいらたいがいうっせーっちゅうの!
2017年04月27日 | Comments(0) |

親切はどう?

人間はどうも賞賛されるのが好きらしい。
どや、羨ましいか、はっはっは、というのが。
頭の出来がよかったり美形だったり、
なんか抜きん出た能力がある場合は、
やはり賞賛されるチャンスは多いだろう。
特にこれといったものがないと、物寂しい。

しかし、感謝されるというのであったら、
割に誰でも出来るのではないか。
この前東京駅から地下鉄に乗って帰る途中に、
ちょっと親切をした。
中国からの観光客の家族だと思うが、
小学生くらいの坊やが気分が悪くなった。
吐いたか、吐きそうになった。
私は座っていたので、席を譲った。
坊やは弱々しいながらも礼儀正しく、
お父さんに促されて座った。
彼らは私より先に降りたが、お父さんも坊やも、
とても感じよく言葉は交わさなかったが、
感謝の思いを伝えて、降りて行った。
最近は中国や韓国の人に意地悪する日本人が多いので、
嫌な思いをしたら気の毒なので、
できるだけ親切にするようにしている。
あんまりチャンスはないけど。
感謝されるのもいいものだよ。
威張り腐って馬鹿にするのと比べると、
こっちの方が気持ちがいいんじゃないか。
親切では力の誇示にならないから不満かな?
2017年04月27日 | Comments(0) | 未分類

昨日の食物

201704260736308d3.jpeg
20170426073631833.jpeg

食べることは生き物なら誰にとっても、
一番大事なことだが、
私にとっては精神的にも重要なことである。
ちゃんと作って美味しく食べれなくなったら、
私もいよいよお終いだと思っている。

昨日のおやつは甘酒いちご。
いちごが好きだと言ったら、
姉にかあさんと好物が一緒だと言われた。
確かにそうかもしれない。
母は死ぬ前はいちごしか食べなかったらしい。
お夕食は鶏胸肉の唐揚げ。
胸肉は薄く塩麹を振っておいたから、
ふんわりしてパサパサしない。
いつもの万能ソース。
今日は生姜なしのネギだけ。
行平にごま油を少しひいて、ネギを炒めて、
お酒、赤酒、醤油を入れて沸かし最後にお酢を入れたもの。
お野菜を一緒に食べるとさっぱりとして美味しい。
大根おろしもいいけど。
そんなんで、美味しかった。
今のところはまだ死なないみたいだね。
2017年04月26日 | Comments(4) | 食べる

弱気の日

重苦しく胸が潰れてしまうような情報ばかりが飛び込んでくる。思わずうなだれてしまいそうになる。でも、無力感とか感じている余裕もない。壊れされた世界の中でも生き残らなければならないし、次の世代が生きられるスペースを少しでも広げないことには希望も消えてしまうのだから。
いんにゃくさんついとより

ブラジルのひどいニュースなど、
農業関係の情報をいつも知らせてくれるいんにゃくさん。
辛いけどへこたれないで頑張っている。
感謝。
ひろじさんも高橋さんも長い勾留にも耐え、
今も頑張っている。

私は何もしないのに、へこたれるのだけは一人前で、
今日もいろいろなニュースにやられてしまった。
恥ずかしい。
どうしてこんなひどい取り返しのつかないことが、
平気でできるのか、
信じられないような話ばかりである。
2017年04月25日 | Comments(0) | 未分類

カンパ先2つ

「島ぐるみバス」のカンパ受入れ口座はこちら。
ゆうちょ銀行 口座番号 01700‐7‐165987 口座名義「島ぐるみ会議」
詳しくは下記ツイートをご参照ください。
twitter.com/shimagurumi/st…

「平和市民バス」のカンパ受入れ口座はこちら。
郵便振替:『(口座番号)は01710-5-88511』『(加入者名)は平和市民連絡会』『通信欄に辺野古・高江行きカンパ』と記入してください。
詳細は平和市民連絡会のサイトをご覧下さい。
jca.apc.org/heiwa-sr/jp/
2017年04月25日 | Comments(0) | 未分類

分断作戦に負けるわけにはいかん

高橋組長の長期の勾留をかんがえると、
彼が東京から、本土から応援に来た人だというのが大きい。
政府は、沖縄のことなんか興味がない、
基地は沖縄に押し付けとけばいい、
と、本土の人に思わせてきたし、
実際成功していたと思う。
東京からはるばる応援に駆けつけるような、
自分の問題として沖縄に連帯する人が増えては困る。
沖縄は今までどおり、孤立させておかねばならない。
分断作戦は永遠の戦法なのだ。
ひろじさんを捕まえ運動の弱体化を狙い、
高橋さんを捕まえ、本土との連帯を切る。
そういう狙いがあったのだろう。

逆に、我々には連帯する協力する、
繋がるという作戦以外ない。
2017年04月25日 | Comments(0) | 未分類

「誓います」読了

ダンの新作を読み終えた。
これもまた前回作にも増して素晴らしかった。
前回が里子をもらうまでの話で、
これはその子が5歳から6歳になった頃、
二人のパパが出会ってから10年を経て、
カナダで正式に結婚し、法的な夫婦になる話である。

ゲイというのは性癖であって、
思想とは元々なんの関係もない。
ただ性的なマイノリティーであるので、
人権や平等に関して真剣に考えざるをえない。
その過程でストレートのリベラルと似通った思想の持ち主となる。
しかしそれ以外の分野では、当然、
保守的な古臭い考えを持ったゲイだっているわけであり、
まぁ、ダンはどちらかというとそれである。
マジョリティーが何も考えずに、
フラフラと生きていける時も、
マイノリティーはいちいち真剣に考えざるをえない。
それがマイノリティーであるということである。

この本は皮肉や冗談が溢れかえっているが、
どれもドンピシャリのとこを外していないので、
呆れるほど気が利いていて面白い。
私は何度もニヤッとし、何度も声を出して笑った。
また結婚、子育て、家族というものについての、
深い考察は普遍性に溢れており、時に哲学的である。

私は全くゲイについての偏見もないし、
里子についてもそうであるのはなぜだろうか。
同性が好きということだってあるだろうと思うし、
少なくとも子どもというのは、
血が繋がっているかどうかは全く関係ないと思う。
長年犬を飼っていたから分かる。
今まで四匹の犬と暮らしてきて、
どれも可愛かったが、一匹として私の腹を痛めた子ではない。
知らない人もいると思うから教えてあげるが、
自分のうちの犬のウンチを取るのと、
知らない犬のウンチを取るのじゃ、
全然気分は違う。
知らない犬のウンチはちょっと嫌なんだよ。笑
多分一緒に暮らすことで子どもになるのである。

ま、また続きを書くかもしれない。
2017年04月24日 | Comments(0) |

バスから降りる熊

20170424055250914.jpeg

これ、状況がちょっと理解できないんだけど。
クマ関係のいい写真をいっぱいアップしている、
アカウントなので、コラージュじゃないと思うんだけど。
見つめまくっているおばさんたちパニクってないし。
降りてるってことは乗ったということで、
どっか行った帰りなんだろうけど。
ま、とにかくクマは手のひらというか足もだけど、
すごく大きくて丸くて可愛いと思う。
私は動物の前足の形にちょっとうるさいのよ。
2017年04月24日 | Comments(0) | 動物

金沢も福井も…

石川県金沢市
庁舎前広場使用、市が不許可
5/3憲法集会 申請3/末 不許可4/14
※2014年まで同広場で開催
15~16は広場工事のため別の場所
福井県
反原発街頭アピール自粛要請
県財産活用推進課長ら3/31文書で
県庁前交差点 5年ほど前から
※県公安委の許可を得て活動


金沢も福井もこういう状況です。
もともと自民党の強い地方だからねぇ。
どいね原発のスタンディングも、
排除されるかも…
2017年04月23日 | Comments(0) | 未分類

針山新調

せっかくのチャンスだから、針箱の整理をした。
ボーイスカウトのバザーで以前買った針刺しにしてから、
針が錆びやすいような気がしていたので、
針山の中身は何がいいのか調べてみたら、
多少油っ気のあるウールの毛糸などがいいと書いてあったので、
迷わず捨てようと思っていた、小さい穴がいくつも空いた、
古いセーターの袖をちょん切って、
相変わらずの適当ながら、新しい針山をこさえた。
めほその針に糸を通してみたが、
ま、普通に通しにくい。笑
目があれになりつつあるから…
でも裸眼で、それでも通るからまだ大丈夫。笑
どっちかいうとミシンの針のほうが通しにくい感じ。
そんなんでこの前手提げ袋を、
連続で9個も縫ったので、お針仕事はおしまいにして、
歌留多を再開するかな。
枠でえらい失敗して、やる気がなくなって、
不良になっていたのだが、あともう少しだからね。
全部できたら、また箱の表紙やタイトルなども、
描く予定だから、まだ完成まではいかない。
2017年04月23日 | Comments(0) | 未分類

嬉し涙や!

昨日の夜11時ごろ、高橋組長さんが、
出てきました!!
半年以上の勾留で、もちろんなんかやったわけでもない。
ひろじさんと違って肩書きがある人ではないわけで、
ひろじさんが出て、彼だけ出られないとなると、
出るにはいったいどういう状況が必要なのかと、
考えていたが私にはよくわからなかった。
とにかく良かった。
夜中にもかかわらず沖縄の地元の人たちが、
たくさん出迎えに来てくれたようです。
(高橋さんは東京から抗議に行っていた人です。)
なんというか、結構感激しました。
毎日のように沖縄の人たちが、
釈放せよとプラカを持って、
スタンディングしていました。
素晴らしいです。
本当に良かったし、現政権はクソです。
2017年04月22日 | Comments(0) | 未分類

麹仕事

白山市のあたりには、堅どうふという、
すごい固くでずっしり重い豆腐がある。
頭ぶつけること可能である。
今回これを買ってきて、味噌に漬けた。
味噌漬けられたものも商品としてあるが、
何と言っても手前味噌に敵うものがないので、
自分でやる。
鶴来のおはぎやさんで売っていた野蕗は、
細くて筋を取るのが面倒だけど、
佃煮にしたらすごくうまくできた。
とにかく蕗のできがちがう。
塩を入れたお湯でさっと茹でてから筋を取った。
ゴソゴソもしてないし筋張ってもいないし、
柔らかく香り高い。
ぐずぐず煮ないでお酒と赤酒とお醤油で、
素早く煮詰め、少し広げておくだけである。
白山さんの参道で、いい松ぼっくりもゲット。
センザンコウにそっくり!
いっぱいあったからもっと欲しかったけど、
あんまり欲張っても大人気ないかと。笑
麹で早速、甘酒、塩麹、醤油麹、味噌を作った。

201704221507035b8.jpeg
2017042215070504b.jpeg

2017年04月22日 | Comments(4) | 「麹ともの会」

旧浅野町あたり@金沢おしまい

観光マインド無い学芸員はクビという発言は、
典型的なカネだけ今だけのネオリベマインドであって、
失言でもなんでもない本心であろう。
お金にならないものには価値を見出せない人間なのである。
マインドってね、なんじゃらほい。
金沢は観光マインド的には成功例なのかもしれんが、
地道にお金にならなくても守ってきた人たちがいて、
今があるわけで、
忍者寺だってお金が無くて下宿人をおいていたんだしね。
しかし、現在の小役人の皆さんはどうも感心しないよ。
もはや全国的に金に毒されているよ。
昔の貯金が尽きるまでの命ではないか。

今回私の生まれ在所を歩いたが、
昔と同じお名前の表札が出ていて、
多分代替わりして、どなたがお住みか知らねども、
この60年ばかり変わらず、
ここに暮らしている人がいるのだなぁと、
感慨深いものがあった。
ま、430年には遠く及ばないが。
あめ屋さんは1ミリも変わっていなかったし、
お風呂屋さんも、お世話になった小児科も、
残っていた。
俵屋さんの前と、
人がどっさり来る前の、長土塀界隈で、
記念撮影。
20170422073914985.jpeg
201704220739166bc.jpeg
2017年04月22日 | Comments(0) | 未分類

キッドの次の本

世の中げっそりなるも、
本が届いた。
ダンは相変わらずのはなっから、
ハイテンションで、面白い。
内容に関係無く、丁寧な言葉遣いが大好きな人は、
眉をひそめるだろうが、
問題は中身や。
当たり前だろ、あほ!

201704211750294b6.jpeg
2017年04月21日 | Comments(0) |
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード