FC2ブログ

速すぎる

世の中の動くスピードは、
日に日に速くなってきている。
金融界の取引なんかは、今やナノ秒の世界だと、
以前水野先生が言うていた。
それに対応するシステムを持っているものだけが、
勝てるわけで、
個人投資家なんていうのは、なんていうか、
お祭りで金魚すくいしてるようなもの。
なんか例が変だけど、
適当に遊ばせてもらっているわけ。
本命の皆さんは次元の違う勝負をしている。

世間では速さは進歩、良き事と捉えられているけど、
頭の回転の遅い私が僻みでいうわけでもないが、
それもあるけど、
悩まず即決する、打てば響くように反論する、
というのはいかにも賢いように見えるけど、
確かに賢いんだろうけど、どうなんだとも思う。
ネオリベの人たちの爆進ぶりを見ると、
ちょっともう少しいろんな事考えたら?
自信持ちすぎだろ、という気がする。

もうちょっとのろのろしようよ。
全体にさ。
2017年05月22日 | Comments(0) | 未分類

TPP…また

私が死ぬほど嫌がっているTPPですが、
アメリカ抜きで締結に向かって、
頑張っています。
日本とニュージーランドなどが積極的に。

いつも思うんだけど、ネオリベの人たちの、
諦めなさ、いっときも休まず爆進する迷いのなさ、
エネルギッシュさは、
私から見るとほとんど病気ではないかと思います。
私のような欲望の強くない、
どちらかと言うとのろまの人間は、
確実に負ける事になる。
とても太刀打ちできない。
畏れ入るばかりや。
世の中で偉くなる人は、だいたいが、
負けず嫌いの頑張り屋さんなんだと思う。
勝ち抜いてきた系の。
私は競争心ちゅうもんが不足してるから、
負け抜いてきちゃってる。笑

(時に、負けず嫌いって、負け嫌いの間違いじゃないか。
この「ず」は複数形?)
2017年05月22日 | Comments(0) | TPPについて

もやしさま

20170521090820ed9.jpeg

卵と炒めた時のもやしが、
少し残っていたので、軽く茹でて、
ささみの蒸したものとごま油、酢じょうゆで和えた。
ゴマを入れようと思ったら、
炒ったやつがなかったので、
仕方なく無しにした。
でも美味しかったですよ。
もやしはこの歯ごたえが独特で、
親切価格だけど美味しい。
2017年05月21日 | Comments(0) | 食べる

オバマの読書

http://courrier.jp/news/archives/85835/2/

読めたのは途中までだけど、
十分だった。
少しだけど私が読んだ事のある本も出てきて、
面白かった。
スピーチは自分で書くんだね。
当たり前か…

これ読んで悲しくなるのは何故だ、
知ってるけど。
2017年05月21日 | Comments(0) |

嘘なら良いのに

日本と韓国が突出しているのは変だ、嘘でしょう、
と思われるかもしれないが、本当です。
ここからは、
私の考えですから間違っているかもしれませんが、
これは政治の話です。
ネオニコチノイド系の農薬を、
EUでは今後使わない事に決まっている。
それ以前も規制が厳しく、物によっては、
日本の基準はEUの500倍というのまであるらしい。
言われるままに規制緩和するとこうなる。
ネオニコチノイド系の農薬の危険が、
だいぶ前から問題になっていて、売れなくなってくると、
その分ゆう事聞く国が買わされるわけである。
しかし韓国はもうトップが変わりましたから、
これからは日本のダントツ独壇場になると思います。
GM種子の認可だって世界一ですから。

農薬やGMは環境を破壊します。
生態系は、空気も海も繋がっているものです。
鳥も魚も移動するんだから。
日本の沿岸部の海水の汚染はかなり酷いらしい。
酸性に傾いているらしい。
日本は本当に悪い国だと思う。
自分の国土と国民がダメになるだけでは済まない。
放射能もそうだけど…

米国ではモンサントへの訴訟が膨れあがるが、日本政府はさらにモンサントの遺伝子組み換え大豆・トウモロコシを承認。世界トップの承認件数をさらに伸ばしている。日本では128品種のGMOの耕作が可能。言葉がない facebook.com/InyakuTomoya/p…
いんにゃくさんついと
2017年05月20日 | Comments(0) | 未分類

発達障害と農薬

201705201832347e8.jpeg
201705201832364aa.jpeg
20170520183230962.jpeg


発達障害をはじめアレルギーや化学物質過敏症などの子供が増えている。原因の一つに、ネオニコチノイド系や有機リン系の農薬がクローズアップされている。とくにネオニコは、近年日本での使用量が増加した農薬であり、胎児期、乳児期の人体に取り込まれると、発達障害を引き起こすことがわかってきた。

大地を守る会藤田さんついとより
2017年05月20日 | Comments(0) | 食べる

発掘品を発掘

201705200902145f3.jpeg

ばあさんの家から見つかった大物磨きと、
息子の部屋から見つかった小物二点。
すばらしいじゃないか!!
2017年05月20日 | Comments(0) | 未分類

訂正します

一つ前の筑紫哲也のついとは、
フェイクのようです。
イギリスでは報道されている云々の、
別のついともあったので騙されました。
確かに文章がなんか変だなとは思ったけど。
訂正します。
いづれにしてもNHKがくだらない政権の広報である事実は、
間違いないけど。
2017年05月20日 | Comments(0) | 未分類

自由に魅力を感じないという事

共謀罪とマイナンバーと戦争法案、
この三つがほぼ成立したので、
完璧な三点セットと成りました。
これでほぼ独裁政権にたてつく事は難しく、
国民主権という概念はなくなったという事ではないか。

だいぶ前から傾向として自由を尊ぶという事が、
重要と思われなくなっている。
独裁者に身を任せてもよいと。
だからこういう状況を人は受け入れるのだろう。
自由に伴う自分自身での、
判断や決定を下す事をしたくない。
自由がもたらす新しい発見や面白い事は、
諦めてもかまわない。
予定調和的なそこそこの人生を、
自分は規則を守って人に迷惑もかけない、
良き民であると信じて生きる事を選ぶ。
そういう考えをかえることはむずかしい。

私は自由がいいなぁ。
2017年05月20日 | Comments(0) | 未分類

蔑まれるニッポン

公共放送BBCはNHKとの番組交換を中止したということです。同じ公共放送とは考えられないという理由です。NHKは公共放送の役割をすでに放棄したと考えれば期待感もなくなるのではないか。戦時の大本営と変わらない。

筑紫哲也さんついとより

BBCだってただの西側メディアの一つだけど、
こうして露骨に軽蔑の眼差しで、
我々と一緒にしないでねと言われてる。
優秀で高給取りのNHKの社員たちは、
少しは何か感じないものか…
感じるようなら、皇室ネタを引っ張り出さないか…

朝日少し見直した。
止まるな続報出し続けろ!
2017年05月18日 | Comments(4) | 未分類

子ども、犬、管理の事など

最近目にすることが多いのは、
テストができてよくいうことを聞く、
先生や親に褒められて育った良い子が、
良い大学に行って高級官僚になるから、
上の意向ばかり気にして、自分の頭で考えられない、
話にならん…てな感じの言説。

これは私も大筋同意するところである。
ただ、ちょっと違うんではないか…と思うのは、
それは子ども本人が悪いんじゃなくて、
そんな評価しかしない親や教師がダメなんだろう。
子どもが親や先生に褒められたいと思うのは、
ある意味自然なことだろう。
人は賞賛されることが大好きだし。
人間ばかりではなく犬もそうです。
以前犬が散歩に出て、幼稚園のこどもの集団に出会って、
口々に、「わんちゃんかわいー!」と賞賛された。
その際のビフォアアフターの写真を見たが、
これが、笑えるほどの変化!
ビフォアのやる気のない感じから、
アフターのお目めのきらりんの変化ったら!笑
だからね、皆にでくのぼーとよばれ、
褒められもせず苦にもされず、いつも静かに笑っている、
というのは実はすごく難易度の高い事なのです。

記憶力がよくてテストに強い、
管理しやすい従順な子どもばかりを、
高評価する大人が悪いに決まっているんじゃなかろうか?
そこは当然だと言わんばかりなのは、
言ってる人もそういう価値判断なのだろう。

こう言っちゃなんだが、昔の小説など読んでいると、
多様な評価の仕方をする先生や親はいくらでも出てくるぞ。
型破り的な教師もけっこういたっぽい。
現代のような単一な評価の仕方は、
当たり前でもなんでもないと思う。
どちらかと言うと恥ずべきことである。
イナダ大臣が、私はあまりにも記憶力が良いので、
云々という答弁をした時、
記憶力が良いのは現代では物凄い高評価なんだろうなぁと、
やや呆れ気味に納得した。
みんな個性とかなんとか言うくせに、
大きくはみ出れば即問題児だ。
管理しやすいということは、
親や教師にとって、それが楽だからであって、
たぶん子どものためでもなんでもない。

ちょっと偉そうだった?笑
私自身が立派な親とは全く思ってないけど、
子どものことだけじゃなくて、
人間は本当は自分のためなのに、
相手を思ってのことであるかのように、
都合よく誤魔化しがちである。
そこはなるべく意識する必要がある。
努力と勇気もいる。
だって、他の何より強いのが自己愛であるから。
2017年05月18日 | Comments(0) | 未分類

大逆事件の屏風

201705180638075a2.jpeg

http://www.aya.or.jp/~marukimsn/

共謀罪に抗議して、
丸木美術館では大逆事件の屏風を、
特別公開していると。
こんな絵を描いていたとは知らなかった。
批判精神がこの筆力で、屏風という形になっている。
すごい。
2017年05月18日 | Comments(0) | 未分類

今日のおかず

2017051719055516a.jpeg

鳥の手羽中のどっさり入りを買ったので、
相も変わらず塩麹に漬けておいた。
これをフライパンに並べて、
オーブンでてきとう分焼いただけ。
簡単すぎる。
こういう風に使えるように、
前のフライパンがダメになった時に、
取っ手の取れるフライパンにした。
これが本当に予想以上に大活躍である。
ハンバーグは特に両面軽く焼いてから、
オーブンに入れるとむっくり膨れて、
大変美味しく焼ける。
時間も短縮されて良いことづくめ。

今日はこれにインゲン豆の茹でたのに、
マヨ醤油麹。
さつまいもが一本残っていたので、
少しの水にバターちょっととお塩を入れて、
火にかける。
人参のグラッセなんかもこんな風だが、
おさつは人参より身体が弱いので、
水は少なめでさっさと煮る。
柔らかくなりそうなら蓋をとって水気をとばす。
これが崩れないで美味しくできた。

あとは切り干し大根と竹輪とお揚げの煮物と、
切り干し大根のお酢の物。
お酢の物も美味しいね。
(今姉の家で流行っているやつ)
今日は煮物も柔らかすぎず好みの歯ごたえにできた。
2017年05月17日 | Comments(0) | 食べる

美しい立派な皆さんのお顔

多くの人は人間が大好きらしいが、
生物の中で哺乳類の中で、
「見かけ」で考えた時に、
ヒトは随分ショボいし、どっちかいうと不気味だと、
私は常々感じている。
とりわけほとんど体毛がなく、
一部だけふさふさ残っているあたりが特に気持ちが悪い。
皮膚の色と体毛の色がはっきり違うタイプほど、
違和感がある。笑
イケメンだの美人だのといっても、
そこんとこは一緒なわけで。
立派な哺乳類の写真と比べると、
どう考えても貧相である。

色々やばい今日この頃、
見かけが立派な哺乳類の皆さんのご尊顔を、
見て気分転換してみたい。

20170517074002629.jpeg
20170517074004ac0.jpeg
20170517074003c7e.jpeg
2017年05月17日 | Comments(2) | 動物

発掘品

20170516174326927.jpeg

掃除するといろんなものが出てくる。
インディアンの人形はネックレスが切れていたので、
直した。
最初目は閉じていたが、突然ぱちっと開いてびっくり。
あとは初代の犬ビルボのうんとチビの時の写真。
可愛い。
息子が捨てるという焼き物の中から一個拾ってきた。
大樋焼みたいな茶色の釉薬が綺麗じゃんか。
センザンコーボックリと、よく似合う。
2017年05月16日 | Comments(0) | 未分類

恥ずかしい国

北朝鮮の経済規模は、
GDPで言えば日本で最も少ない福井県が、3.3兆円、
これより少ない2兆円という。
国家予算は日本の10000分の1だそうです。
本当に弱小国です。
この国をアメリカは脅し、挑発し続け、
歩調を合わせて、国ぐるみで煽っているのが日本です。
恥ずかしくないですか?
天候不順などで非常に厳しい食糧難に見舞われていたりしています。
助けが必要なレベルなのに、
経済制裁という名の意地悪をする。

私はアメリカも異常だが、
日本は恥ずべき国だと思います。
国民もあまりにも愚かだと思います。
これからどんどん弱小国になっていく予定なのに…
2017年05月15日 | Comments(0) | 未分類

遺伝子組み換え飼料

いんにゃくさんのフェイスブックで読んだんだけど、
遺伝子組み換えの飼料を食べた家畜の糞は、
堆肥にならないと。
普通は80度くらいまで温度が上がるそうだが、
40度以上にならない。
微生物の分解発酵の活動が非常に低調。
地球上の様々な循環を、回しているのが細菌だが、
その細菌が、
遺伝子組み換え飼料に含まれる殺虫剤と抗生物質が、
糞の中に残留しておりそのために殺されるせいである。

これは人間が病気になるとか死ぬとかいう以上に、
やばいことと言えるかもしれない。
地球が回らなくなる。
もう、さっさとやめなければいかん。
(現在日本で流通している肉のほとんどは、
遺伝子組み換え飼料を食べて育っていると思う。
何割かはちょっとわかんないけど。)
もう一つ農薬関連の嫌なニュースも読んで、
気分が下げ下げである…
2017年05月15日 | Comments(0) | 未分類

日本の入管の酷さ

仮放免者の会(PRAJ): 東京入管で被収容者が5月9日より集団ハンスト: praj-praj.blogspot.com/2017/05/blog-p…

ハンスト参加者による声明:より良い人類の未来のために:praj-praj.blogspot.com/2017/05/blog-p…

もやいの稲葉さんついとより

我が国の入管の酷さは実は有名で、
なぜこういうことが許されているのか、
まったくわからないが、
ほとんど知られていない。
ハンストは行われています。
長いですが声明を読んでみてください。

http://praj-praj.blogspot.jp/2017/05/blog-post_12.html?spref=tw&m=1
2017年05月15日 | Comments(0) | 未分類

トイレットペーパー

もう何十年も使い続けている生協の、
トイレットペーパーが一旦終わりになって、
後続の商品に変わった。
色や匂いの付いていないガサゴソタイプ、
牛乳パックのリサイクル商品である。
これが一番気に入っている。
昨日これがホルダーから転がり落ちた。
ワンタッチホルダーという、
両端の引っ掛かりががバネになっているタイプなのだが、
今までそんなことは一度もなかった。
ははーん、紙の幅が狭くなったんだなとおもって、
調べたら、やはり以前に買ったものと比べて、
9ミリ短い。
機械もいじくって意外と大掛かりな、
仕様変更だったのかもしれない。
実質値上げである。
何というか厳しい世の中である。
公園などのトイレットペーパーが、
盗まれることも多いらしい。
内澤さんのように、お尻は洗って布で拭くというやり方で、
紙はなしにするか…
2017年05月15日 | Comments(2) | 未分類

「東京人生」

先日息子がまとめた夥しいゴミを、
少しづつ出したり、
燃えないものはもう一度点検して、
小さい袋に入れなおしたり、
まだまだ掃除は続いているのである。

この部屋は息子の作業部屋ではあったのだが、
壁際一面にスチールの本棚があって、
我が家の古い時代の蔵書と、子供たちの集めたかなりの量の漫画、
建築、デザイン系の雑誌の数々や、
ナショナルジオグラフィックのバックナンバーなどがぎっしりである。
これも整理整頓の時を待っている…
ため息。

たまたま天才アラーキーの本を見つけた。
私が買ったかわからないが、展覧会で売られていたものらしい。
1960年代から2000年代まで、
10年刻みで東京の写真が出てくる。
意外に面白い。
80年代の原宿、女の子たちが揃いの衣装で踊っている。
あー、こういうのあったなぁ。
竹の子族とか言ったか、急に思い出した。
なんかダサいんだけど、これも若者の強烈な自己表現の形で、
今見ると結構インパクトがある。
神楽坂の通りや、裏通りで遊んでいる子どもたちや、
どこかの団地の子どもたちも、
ひどく楽しそうで、こういう光景もいつの間にか、
見なくなったなぁと気がつく。
生き物としての人間の発するエネルギーみたいなものが、
全体に少しづつ希薄になって、
東京は味の薄い街になったかも。

20170514104119b93.jpeg


2017年05月14日 | Comments(4) |

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード