国に殺される

2016年の飲食物回収122件のうち34件は、食品メーカーがアレルゲン表示をしていなかったのが原因だったという。米国食品安全・応用栄養センターによると、米国では毎年3万人以上がアレルギーによる急性ショックで救急治療室に搬送され、死亡者は年間150人にも上るという。

フランスは2018年9月からネオニコチノイド系農薬の使用を全面禁止する法律を可決した。EUでも、これまで認めてきたハウス内の例外を設けず、全面禁止する法案が提出された。米国ではすでに、ネオニコ4成分を含む製剤の新規登録が禁止されている。台湾、韓国でも規制の方向が示されている。

大地の会藤田さんついと

アメリカのアレルギー患者はかなり深刻です。
日本ではこれほどではないと思うが、
確実に増えていると思う。
食物の添加物や農薬、化学物資に関する規制が、
甚だ緩いからこれからも増えるのは確実。
減らそうという動きも危機感も全くないのが、
致命的。なんでだ?

現政権と国民は戦争をしなくちゃならん。
命を守るために。
そんなとこまで来たかも。
国民を守る気が一切ない政府。
2017年05月31日 | Comments(0) | 未分類

昨日のうささま

201705310749433b6.jpeg
2017年05月31日 | Comments(0) | 動物

やばい掘り出し物

古い本棚の本の整理をしていて、
存在の認識もなかった高校時代の日記帳を発見した。
私の高校時代と言ったら、
特筆すべき事など実に何もなくて、
特に誰からも相手にされず、
深く付き合った友もなく、
全体的に理解してくれる人もなく、
くすぶっていたような印象しかない。
暗いまでは行かずとも地味なものであったと思っている。

しかし、これを拾い読みすれば、
それなりに青春の一コマをやっていたらしいな。
何より人物評などに表れる毒舌ぶりは、
まさに今日の私の萌芽が見られておかしい。
意外にいろんな友達に手紙を出している。
さすが昭和の子どもである。
自作と思われる詩のようなものも。
あー恥ずかしい。
私は英語ができないのをほとんど自慢にしているが、
ラジオを聞いてプレスリーの歌を訳して、
意外に外人の気持ちも同じようなものだと、
真っ当な感想を述べるなど、驚くような話も出てきた。
また私はある時期、万葉集が好きだと偉そうに思ったのだが、
これをいつ読んだのか覚えていない。
もしかして教科書で習ったくらいで、
とりあえず好きになった気になっていただけなのでは、
とも疑っていたが、
なんと高校時代に読んでいたことがわかった。
よかった。
しかし全くほとんどの事は忘れ果てていて、
初耳の話ばかりで、名前が出ていても、
誰かは思い出せない人も多くて、
私の記憶力の悪さを思い知らされた。
小さい字でちまちま書いてあるから、
全ては読まずに早速捨てることにした。
面白かったけどね。
2017年05月30日 | Comments(0) | 未分類

首相官邸さんに返信

20170530075850147.jpeg

ネトウヨの毒舌な伯父さんbotさんついと、
インドアキャンパーさんリツイート
2017年05月30日 | Comments(2) | 未分類

嘘の大洪水じゃ

もりのおっさんはあんだけ追い回されて、
かけのだんなは、
ちらりともお姿を見せないんだから、
日本のメディアも実にたいがいである。
こっちは誰も取材せんのでしょうかね。
国民はバカにされきっとるね。
ま、その資格はあるけど。
愛媛県なんかかけのためにださされたお金、
回収するのに320年かかるとか。

ぼっちのソーリーは嘘に次ぐ嘘。
公共放送はそれを垂れ流しに次ぐ垂れ流し。
自衛隊はけが人が出なかったのは、
奇跡的だったとか言う人多いけど、
本当に死傷者が居なかったのか、
それだって疑わしい。
お国の言うことは全然信じられない。
2017年05月29日 | Comments(2) | 未分類

フィールドの生物学シリーズから

アリヅカコウロギの研究者の、
「裏山の奇人」をよんだあとに、
同じ東海大学出版部の、
今度は淡水魚の研究者の中島淳の、
「湿地帯中毒」にかかった。
これはまたなかなか面白かった。

小松貴さんも良かったが二人とも、
なんて言うか本当にいい奴で、
小さい時から大好きだった生物を、
そのまま一生の仕事にした珍しく幸運な人たちです。
子どもというのは本当に色々なことに興味を持って、
飽きずに面白がるものだが、
最近では親や学校が、
なんだかつまんない人に変えてしまうことが多いように思う。
うまいことほっといてさりげなくサポートすれば、
(この二人の親や先生のように)
こんな立派な博士が誕生するという、
見本のような人たちで、研究対象に対する愛情をは、
本当に素晴らしいものがある。

淡水魚の方は、我が国の河川の状態の悪化で、
どんどん絶滅危惧種が増えてきて、
水辺の昆虫や両生類もそうだが、厳しい状態である。
ダムにしても護岸工事にしても、
水害対策というよりは、土木利権的な意味合いは、
かなり強いから、あまり意味のない工事も、
平気で行われている。
それによってこの世から生物の種が消え失せることに、
日本人はあまりにも興味を示さない。
農薬も人が食べない花ならいいとか、
昆虫のことは全く問題にしない。
海の放射能汚染も食用にする魚しか調べないのと同じ構造。
八百万の神と共存していた日本人は、
どこに消えてしまったのか。
それこそが真っ先に絶滅したんだろうか。
いつも、面白くてやや悲しいのが生物関連の本である。
2017年05月29日 | Comments(0) |

水野先生インタビュー

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/205997/8
水野先生の言うてること、
私はあらかた同意する。
首都を九州になんて言うのも、
結構イカす考えやね。
大陸と海で密接につながっていた、
古代から中世の日本を思い出させる。
2017年05月29日 | Comments(0) | 未分類

アフリカの諺

「ライオンが自身の歴史家を持つまでは、狩りの物語は狩人ばかりを賛美するでしょう」 アフリカ(不詳)の格言

アフリカのbotさんより
2017年05月28日 | Comments(0) | 未分類

昨日の塩豚

20170528070500a92.jpeg

塩麹に漬けておいた豚バラの塊を蒸した。
塊だと蒸すのに30分くらいかかるけど、
やることはそれだけだから簡単。
残りは冷たくなってもハムみたいに食べられるし、
炒め物に入れてもよい。
塩豚はマスタードを付けて。
レタスは塩麹、オリーブオイル、お酢と醤油。

あとはすき昆布のきんぴらときゅうりのぬか漬け。
私は昆布が大好きなので、すき昆布という、
細く切って乾物になっているのも好きです。
岩手県のものらしいが、これは吉祥寺の乾物屋で買った。
水に入れるとすぐ戻る。
人参とお揚げと、干した小エビをお出汁代わりに入れると、
これまた大変に美味い。
2017年05月28日 | Comments(0) | 食べる

前川さんったら!

https://dot.asahi.com/aera/2017052600095.html?viewmode=pc
予想よりずっとほんとに偉い人やった。
高級官僚の偏見で見て悪かった。
事務次官てすごい偉いんよ。
あの嘘つきサガワだって局長で、局長でも、
みんなへへーってほど偉いらしいからね。
よう知らんけど。
辞めてからは夜間中学の先生ボランティアやってるって、
掛け持ちで何カ所も!
新幹線で通ってたり、まお金はあるらしいけど。
みんな心置きなく前川さんを見習ってくれ。
この人辞める時、泣いた人がいっぱいいたらしいけど、
確かに今時の地位の高い人では珍しいほど、
温かみのあるおっさんやった。
記事のタイトルが良くないね。
2017年05月27日 | Comments(0) | 未分類

官僚に期待する日が来るとは!

どんなに証拠が出ても、嘘をつき通し、
シラを切り続ける政権ですが、
それしかできてないのに
国会の中ではそこを崩せない。

参議院を通過する前に、前川さんが登場したのは、
本当に良かった。
共謀罪の姿がはっきり見えた。
前川さんにならって、現役の文科省の官僚が、
本当のことを言い始めたら、
政権は倒れるんじゃないか。
前川さんの後任がかなりやばいから、
締め付けられていると思うが、
官僚が離れたら日本の政治家はやっていけないから、
この手しかないんじゃないか。
他の省庁も雪崩をうって、ぜひ。
参議院は採決にに持っていかないように、
審議拒否して時間を稼ぐべきではないか。
2017年05月27日 | Comments(2) | 未分類

しつこく細菌

妊娠から出産までの、
細菌の動きを見ていると、
少し先回りしながら良い環境を整えてくれているようで、
これってもしかして愛なの!と思えるほどである。

我々の常在細菌は宿主と一体化しているから、
見事に次世代の赤ちゃんを産むという目的を、
共有しているわけで、
そのために合理的なメカニズムに沿って、作用する。
だから当たり前と言えばそうなんだが、
まるですごい親切なお世話やきみたいに見えるのである。
生き物ってめちゃくちゃ良くできている。

そして人間は自分は偉いと思っているかもしれないが、
その自分って言うのが実は、
半分は細菌だったりするんだからね。
身体の部分だけでなく、思考、
体より偉いとみんなが思っている脳の働きさえ、
細菌のお仕事に支えられている。
2017年05月27日 | Comments(0) | 未分類

金魚

20170526162840b57.jpeg

うちの金魚はごく普通の小さい金魚だったのに、
今や20センチほどもあって、ちょっと怖い。
ギョギョッである。
去年近所で小さい睡蓮の鉢を買って、
入れたのが今年もまん丸な葉っぱが出てきた。
花が咲くといいんだけど。

あの人は事務方官僚のトップなのに、
私の嫌いな官僚言葉で話さない。
それだけでも素晴らしい印象。

政治家の漢字の読めなさが話題になるたびに、
私の想像の上をいくレベルでがっくりしてしまう。
手段を選ばず当選さえすれば、
お金になるバカでもできる職業ってことらしい。

国会議事堂前に行きたいんだけど、
どうも元気がわかない。
2017年05月26日 | Comments(0) | 未分類

また細菌のこと

私は自閉症のことを書くたびに、
自閉症の子どもを持つ人は、
不快に思うだろうか、と考える。
しかし、私の読んだり見たりしてきたものの中には、
どう考えても信憑性があり、
かつ日本では知られていないことが多いから、
少しでも紹介する意味はあるだろうと考えて、
書いている。

GMについてはそれ自体も問題だが、
常に農薬とセットで使われるので、
農薬の問題でもある。
殺虫剤殺菌剤抗生剤などに関しては、
農薬と同様に様々な細菌を殺すという意味で重要である。
人間の体は「失われゆく我々の内なる細菌」で書いたように、
夥しい細菌叢とセットで一人なのである。
(人間だけではない、あらゆる生き物が細菌とセットになっている。
草食動物は細菌がいなければいくら餌を与えても餓死してしまう)
悪いものの代表であるように言われる大腸菌も、
これが一匹もいないと人間は生きていけない。
人は血を止めるという重要な仕事さえ、
細菌の力がなくては行えない。
そして細菌叢のパターンは日々変化している。
人の年齢によっても大きく変わるし、
食べ物によっても変わる。
またこれも本の中にあったが、人の妊娠と出産に於いて、
細菌は大きな仕事をしている。
妊娠の時間的経過と共に、出産の時まで、
細菌が日々、これをサポートしている。
だから妊娠中の人の細菌叢はできるだけ、
健全なものでなくてはいけない。
生まれた赤ちゃんも産道を通る時も、
生まれ落ちてからも、様々な細菌を身に纏いながら、
成長してゆく。
すべての段階で細菌は関与している。
だから成長段階にある子どもの細菌環境も非常に大事。
以前見たアメリカの映画の中では、
重いアレルギーの子どもを持つ親が出てきたが、
食物を変えればすぐに改善が見えるという。
また自閉症の子どもはお腹が弱い子が多いが、
これもオーガニックに変えることで、
すぐに好転すると。
だから手遅れはない。
すべての人には愛されて幸せに生きる権利がある。
そして誰にとっても少しでも困難が減ることはいいことである。
可能であれば良いと思われることをやるべきである。
まだまだわからないことも多いとはいえ、
細菌の働きについては、すごい勢いで研究が進んでいる。
細菌は別の物体ではなく、長い年月をかけて、
我々と一緒にに進化してきた我々の体の一部なのだから、
大事に考えなくてはいけない。
2017年05月25日 | Comments(0) | 未分類

テロと難民

世界中でテロが起きる時代になった。
テロとの戦いというのは、
みんなの支持を得やすいと思われている。

テロにも実際はいろいろあるが、
テロリストの実行犯は確実に死ぬ事になるのは、
どんな場合も確実。
テロリストは作られるもの。
幸せな人は基本的にやらないだろう。
死ぬのはみんな怖いのだから。
自殺に関する世界の連載記事を読んだが、
どんなに強く死を願う人も最後まで、
揺れ動くという。
難民と同じで、飢饉などの原因より、
今は政治的なもの戦争が、作り出している。
共に人災といえる。
テロを起こしつつテロと戦っているのは、
難民を作り出しつつ、難民を問題視するのと、
全く同じと思うが。
2017年05月25日 | Comments(0) | 未分類

前川さんかっこいい!

かけの文書は本物だと語り、
官邸から人格攻撃を受けている前川さんという、
前事務次官の退官時の全職員あてのメールが、
よくてちょっと感激した。
こういう官僚もいたのかと、
マイノリティの差別をなくすことにも触れているし。
この人の発言はスガヤアベの発言より、
明らかに信じられる。
この人、命懸けで、全てを捨てる覚悟で、
出てきたんだろうと思う。
官邸はかつてない発狂ぶりで、
逮捕しようとしているらしい。
今日発売の週刊文春に結構長いインタビューが、
出てくるらしいから、
最低の週刊誌文春買ってみるか。
テレビではTBSが頑張っていて、
NHKと比べると、
別の国の話みたいな事になっているらしい。
2017年05月25日 | Comments(2) | 未分類

また藤田さんのついとです

発達障害の予防について、脳神経科学者・黒田洋一郎さんはこう言っている。「できるだけ農薬を避けるために有機・無農薬、減農薬作物を食べること、ことに保育所、幼稚園、小中学校の給食に無農薬作物を使い子供を守ること、居住地での農薬空中散布をやめさせること、室内での殺虫剤使用をやめること」

大地の会藤田さんついとより

こういう話ばかり出すと、
嫌がられそうだけど、
信じる信じないは自由だけど
諸外国では真剣に問題にしている人たちはいるし、
各国も対策を講じ始めています。
子どもを守らなくてどうする。
大人の役目とはそれだけではないか。
2017年05月24日 | Comments(0) | 食べる

和菓子!

20170524074520458.jpeg
201705240745221de.jpeg

美味しい生菓子を送ってもらった。
これは綺麗な上に美味しいのである。
私が一番好きなのは、この緑色の餡。
うぐいす豆の粒餡である。
豆の煮方が最適。
プロやなぁと感動する。

仰げは尊し和菓子の恩♫
2017年05月24日 | Comments(2) | 食べる

いつからか…

よく考えたら、日本の国連に対する、
対応というのはいつもだいたいが、
こんな感じだったかもしれない。
シャラップと叫んだ外務官僚がいたし、
精神医療に関する勧告なども、毎回無視する。
このメンタリティーはなんなのかと思っていたが、
アメリカ様の腰巾着ナンバーワンの、
日本様に何を言うか、頭が高ーーい!
という感じなのかもしれない。
非常に自己満足的な自信過剰な名誉アメリカン。
恥ずかしさにいたたまれない。

よく白人の夫を持った日本人女性の中に、
妙に鼻持ちならない感じの悪い人がいる。
ヨーロッパに行くと割によくいるし、
この前はなんと金沢にもいた。
アレと構造は一緒なのかもしれないね。
日本人にとって国際社会とは、欧米であり、
仲間に入れてもらいたいのは白人だけ。
アジアなんて大っ嫌い。
アフリカなんて視野にも入らない。
日本全体が非常に差別的な考え方で、
動いているように思う。
2017年05月24日 | Comments(0) | 未分類

ついにここまで

東京新聞の書簡全文掲載がこのロイター通信報道につながり、今度はこの記事に反応して海外メディア各紙から国連報告者への取材が相次いでいるとのこと。菅の威圧的な態度は完全に裏目に。

報道すべきことをきちんと報道した東京新聞あっぱれ。

中野晃一さんついと

今朝の紙面ではトップで、ケナタッチ氏への取材の記事。
スガの口先だけかと思ったら、
ジュネーブの政府関係者が、高等弁務官事務所に行って、
紙ペラ一枚置いてきたらしいね。
NHKだけ見ている人には、
なんの事かわからないと思うけど。
国連に喧嘩売って、世界中からドン引きされる国になった!
ここまで意外に速かったね。
さすがにスピード時代!
2017年05月23日 | Comments(2) | 未分類
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード