静嘉堂文庫また

201706271652426d9.jpeg

今日はまた静嘉堂文庫まで、
香炉の展示を見に行ってきました。
すごく充実した内容で、素晴らしかったです。
平日にも関わらずかなり盛況でした。
今回は天目茶碗も展示されていたからかもしれませんが。

私は静嘉堂文庫に行きたいと思った、
きっかけが鶉の香炉だったわけで、
今回はついにその実物を見る事ができ、
実に嬉しかったです。
形も色も実に鶉らしく完璧に可愛いです。
香炉、香合の類は、焼き物や漆ものなど素材も様々、
形も意匠も色々で実に見ていて楽しいです。
香りの歴史は古く、
宗教的な儀式に最初は登場したもののようですが、
香道のように広がって、
様々な楽しみ方をするようになりました。
今でも若い人にはアロマという形で、
繋がっています。
どうせならこういう可愛いお道具でやるのがいいと思う。
鶉だけでなく、亀、鷺、蝸牛、鴨、狸、牛、
など動物ものもすごく多くて、
私好みです。
2017年06月27日 | Comments(0) | 未分類

無回答ファースト

20170626065815af1.jpeg
2017年06月26日 | Comments(6) | 未分類

信じがたい…

《都知事は、「豊洲」の「築地」改名を発表。あわせて「築地」は「元築地」に改名。これにより「豊洲市場」は「築地市場」になり・・・・・・・・》

有機農業ニュースクリップさんついとより

これ、本当なの?
あまりの事に絶句した。
築地は残すって、名前だけかい?
こういういい加減なごまかしが、
冗談抜きに起きているのが今の日本だけど。
2017年06月26日 | Comments(0) | 未分類

アザミ

20170625165439598.jpeg

アザミのたくさん咲いているところを見つけた。
近年は体はどう見てもアザミなのに、
黄色い花が咲いているものが増え、
あれは西洋タンポポとの交雑ではないかと、
疑っていた。
しかしこれは本物のアザミである。
アザミの歌という歌があるが、
アザミは綺麗だけど、あまりにもチクチクである。
割と危険な域です。
2017年06月25日 | Comments(2) |

頭のいい人

頭がいい人の身の振り方を見て、
いつも思うのだが、例えば東大を目指していく人は、
それなりに小さいうちから競争に負けないように、
勉強して、凄い偉いと言われて育つ。
東大に鼻高々で合格すると、
そこにはもっと出来る奴がいる。
なんとかキャリアに合格してもそこでも出世レースがある。
最後まで上り詰めるのはほんの少しなんだから、
たいていの人はいつか負ける。
小さいうちから勝ち負けにこだわる人は、
とにかく負けたくないから、ついに負けると荒む。
電通のパワハラでもそうだけど、
そこそこいい大学有名企業と進んで、
負けが後になるほど、こじらせる人が多くなる。
電通の中の競争もすごいからね。
そういう人がハラスメントに走る気がする。
東大だって、すごーい!なんて驚いて見せるのは、
実は罪作りだと思う。
ま、子どものいるお母さんのうち9割は、
誰それが東大だっていう話が出ると、
その瞬間に「まあ、すごいわねー!」と答えるよ。
やってみてごらん。

子どもをテストの点や大学の名前だけで、
褒めない。
もっといろんな事で褒めればいいと思う。
自分の負けを認めたくないばかりに、
なんとか勝ってる気分を味わうために、
より弱い立場の人に当たり散らす上司が、
減ると思う。
社会の人間関係が平和になると思うよ。

本当に頭がいい人は他にも褒めるところがあるが、
ギリギリでやってきた人は、
勉強以外の多くの体験を経験していないから、
テストの点だけ学歴だけで、
他に何もないんだよね。
だからこそそこにしかこだわれないと言うか、
かわいそうとも言える。
2017年06月24日 | Comments(2) | 未分類

慰霊の日に沖縄にて

20170624074900717.jpeg

写真は岡良君さんついとより
2017年06月24日 | Comments(2) | 未分類

トースター復活!

昨日は電気屋さんにトースターを持ち込んで、
直してもらった。
ソケットのところの首が切れて、
ビチッと火花が散って、壊れた。
ここを直せば本体がまた元どおりになる保証はないと、
思ったがやってみようと。

電気屋のおっさんにも同様の事を言われた。
これはどう見ても10年以上経っているでしょう。
今直してもなんか事故が起きる可能性もあると、
少し嫌味も言われた。
鳥取山陽のもので会社自体がもう無い。
網が一部崩壊しているけど、
これ焼け具合がすごく気に入っているし、
諦めがつかなかった。

しかしだ、元どおりにちゃんと直ったよ!
案ずるより産むが易しじゃ。
修理代800円や。
今朝はトースターでパンなど一切れ焼いてさ、
幸福感に酔いしれましたとさ。
2017年06月23日 | Comments(0) | 未分類

白目案件二つ

先日海外の会議で演説したイナダが、
自分の事をgood looking と言って、
諸外国の人々がこぞって白目をむいたわけだが、
今回あいた口がふさがらないような、罵詈雑言と暴力で、
秘書に訴えられた豊田とかいう議員、
この人をかばう文章を高校の同級生が書いている。
この中に、
私たちは頭もよく可愛く健康な体を持っているんだから、
もっと自信を持っても良かった、というような記述があり、
私も白目をむかせていただいた。
恥ずかしいというか恐ろしいというか…

頭がよく可愛いと、自ら認識している人は、
どうも自分は何をやっても許されると思っているらしい。
今回私が学んだ事。
「頭がよく可愛い人」には絶対に近づかない事。
危険すぎる。
2017年06月23日 | Comments(0) | 未分類

ばんざーいと叫ぶかも

イギリスでサッチャーが死んだ時、
街に出て大喜びした人たちがいた。
彼女はネオリベ路線で労働者の権利をがっぽりと、
剥奪した人だから、みんな根に持っていたわけだ。
でも日本人はこうはならんだろうなと、
その時は思ったが、
現在の私の心境としては、
街に出て大声でばんざーいと叫びそうな勢いです。
無尽蔵に出てくる醜い話…

公明党が聖教新聞とツイッターで、
共産党を腐す強烈な反共宣伝をしていますが、
これも公明党の落ち目ぶりを示すもので、
または自民党のための汚れ役か。
20170622082114d1d.jpeg

もう世の中の津々浦々まで不正がはびこり、
愚か者が跋扈している。
その間に国民は疲弊し生産力は落ちまくる。
ほれこの通り…

各国のGDP推移 (1995年を100とする)

   1995年 → 2015年
中国  100  2001.56
韓国  100  322.14
米国  100  301.71
英国  100  298.35

日本  100  99.31
2017年06月22日 | Comments(0) | 未分類

豊洲のこと

※日本農業新聞(21日)。閲覧必須。※小池都知事が事実上の築地市場の豊洲移転を決断したが、★呼応するかのように政府は卸売市場法の廃止を検討。成立した農業競争力強化支援法の延長線でもある。★日欧EPA交渉。小麦製品などでTPP超の譲歩。これにより日豪EPA最恵国待遇条項発動も。続
にゃんとまあさんついとより

何度も書いてきたと思うけど、
豊洲は、日本の食料品の流通システムを変え、
農水産物分野に、
外資系企業の参入を許すためのものです。
築地の問題は都議会選挙のための話ではなく、
もっと大きくてもっと危険な話だと思う。

TPPそのものも死んではいないし、その他に、
日米、日豪、日欧の貿易協定は、いっぱいあって、
それらは全てグローバリストの、
強い思惑で動いていて、
あらゆる分野で日本は譲歩し続けている。
毒があろうと食文化が壊れようと、
圧力には勝てないらしい…
2017年06月21日 | Comments(0) | 未分類

日本の農業

2017年06月21日 | Comments(0) | 食べる

フランスの続き

私がマクロンの発言で注目したのは、
植民地に関するものです。
「植民地化はフランスの歴史に属しており、
これは人類に対する犯罪だ」
「植民地支配は残酷な誤りだった」
(2月アルジェリア訪問の際の発言)
「バリケードでは問題は解決しない。国家の真の投資が必要だ」
警官の黒人青年に対する暴行に抗議して暴動が発生した時)

これらの発言は当然保守派の激しい批判にあっている。
いわゆる「西洋の文明国」は植民地支配を通して、
それらの犠牲の上に立って繁栄してきたわけである。
しかし、彼らは往々にして、植民地は民主化、
経済発展などの恩恵を受けているという詭弁で、
それを正当化する。
歴史修正主義、オルタナファクト、ポストトゥルース、
これら傾向はわが国でも花盛りであるが。

マクロンは今までフランスの政治を牛耳ってきた、
ENA、国立行政学園の卒業生であり、
強固な学閥の一員である。
しかし二大政党のパターンを崩し、
古いフランスの価値観に囚われず行動するところに、
(奥さんとの年の差問題も含めて)
その若さに由来する部分もあるかもしれないが、
期待したいという国民も多いのではないか。

フランス人は文明人の誇りによる、
巧妙な本性隠しが上手い。
口では博愛とか言っていてもお腹の中は、
大変に怪しい。
そこんとこをキチンと暴露してくれるんじゃないかと、
私はちょっと期待している。
2017年06月20日 | Comments(0) | 未分類

モンステラ

20170620065840cd5.jpeg

去年買ったモンステラが、
冬の間もぐったりしないで、
元気に成長し続けている。
うちは冬場の室内温度が異常に低く、
外とあまり変わらないので、
観葉植物はつらいらしい。
でも、このモンステラは寒さにも大変強い。

2度目の植え替えをしてやった。
うちにあった大きいサイズの鉢の一つに。
これ以上大きくなると移動も大変になるなぁ。
茎に沿って出来た細くまるまった葉が出てきて、
開いていく時の様子が面白い。
2017年06月20日 | Comments(2) | 未分類

カーテン完成

20170619203512ec7.jpeg

今日は台所のきったないブラインドを外して、
カーテンをつけた。
前からやるつもりだったが、土曜日に救世軍に、
生地を見に行ったら、
予想以上に上等のレースがあったので即決した。
たぶんテーブルクロスだと思うが、
外国のものかもしれない。
レースはドルチェになりすぎるかと思ったが、
これは本物の美しいもので500円だったので。笑

私の山勘で半分でちょうどという判断だったが、
家に帰ったら本当にぴったりで驚いた。
半分に切って切り口にミシンをかけ、
これも家にあった平ひもをくっつけた。
私の発明でたくしあげ用の、
洗濯バサミをぶら下げた。
つまむ部分を変えると、
長さが変えられるナイスなシステムやろ。
格調高いレースなので、
甘い感じがなく(柄じゃないからね)
大変よくできました。
2017年06月19日 | Comments(2) | 未分類

世界からまた

どこの国の国民もいろいろ苦労しとる。
世界でフランスの選挙の話を読んでいるが、
西谷修先生のこれも面白い。
あめりかでは、
クリントンというネオリベがあまりにも危険だから
やらせたくなくて、鼻をつまんで、
ナショナリストのトランプに入れた人も多い。
トランプはその後かなり政策を変えてきて、
まぁ多くの人は裏切られたと感じている。
フランスではちょうど反対で、
マリーヌルペンという極右ナショナリストと、
マクロンというネオリベの二択になった時、
鼻をつまんでマクロンに入れた人が多かった。
マクロンの経歴は綺麗なネオリベである。
財務官僚からロスチャイルド銀行を経て、
前政権で規制緩和政策を担当した金融エリートである。
ところがこの人は当選してから、
少し様子が予想と違ってきている。

続く
2017年06月19日 | Comments(8) |

一昨日のおかず

201706181127293b7.jpeg

徳島の「谷ちくわ商店」のちくわをもらった。
これは異様に美味いのである。
ここはちくわのみにかけているのか?

キムチが少し残ったので、この時期だけど、
キムチ鍋的なものを作った。
私は鍋じゃなくて蒸すんだ。
塩麹漬けの豚バラと、大根、人参、ちくわ、とうふ、春雨。
ごま油で炒めてから、コチジャンと醤油、赤酒などを入れ、
小エビをパラリとしてから弱火で蒸す。
春雨は野菜が柔らかくなったら入れる。
春雨はすごい勢いで水気を吸うので、
もう少しで焦がす所だった。
正統かどうかは、わからんが、
韓国料理はお魚系のお出汁によく合う。
ちくわと小エビでバッチリ。
ぬか漬けはズッキーニや。
2017年06月18日 | Comments(2) | 食べる

豊洲!

小池百合子は
アメリカが次はユリコでと、
指名したという話もあったぐらいで、
ネオリベ、グローバリストが支持しているんだから、
豊洲移転は当然な訳ですが、
築地を散々引っ張ってここまで来てその事で、
都民の人気も獲得したわけです。
それが選挙直前になって豊洲移転を発表したのは、
どういう事でしょう。
自信でしょうか。
せっつかれているんでしょうか?

選挙はトップでなくても当選すればいいのです。
全ての選挙区で、ビリ争いでもいいから、
全ての共産党が入ればよい。
山本太郎も共産党押しを宣言してますし。
出来れば自民、都民ファとせって勝つのがいい。
公明は完全に下り坂だと思う。
民進は野田蓮舫コンビが酷いから、
政党名では勝てないんじゃないか。
国政では個人技でもっているが。
小池百合子は傀儡っ気が強いですから、
独裁させたらいけないと思う。
東京は完全に外人に握られてしまうような。
美濃部さんが知事だった時代があったなんて、
もはや信じられん。
2017年06月18日 | Comments(4) | 未分類

山城議長のインタビューから

デイズと世界の両方に、
ひろじさんのインタビューが出ていいたのですが、
一見なんて事ない所でグッとくるものがあった。
「辺野古のテント村、高江のゲート前という空間は、
権力のまさに反対側。自由で平等で、
暮らしや命を守ろうとする人たちが集まる場所。
そういう空間が大事だし、大好きです。
これほど守りたい場所は他にはない。」

私はどちらも行った事がないのですが、
初めてここを訪れる人は、マイクを渡され、
自己紹介するらしい。
警察に持って行かれた場合、
誰だかわからないと困るからだと言います。
ひろじさんが逮捕された時も、
これらの現場の他に那覇署などにも人々はいって、
外から激励し続けました。
最後まで開放されなかった、
東京からきた高橋組長に対しても、
ずっと手書きのプラカを掲げて、
スタンディングしている人達がいた。
私は本当にここは素晴らしい所だと思っていたので、
この文章を読んで急に涙が出ました。
沖縄の人のどんな厳しい中にあっても、
決してへこたれず暖かさを失わない、
逞しい優しさが凝縮している場所です。
ここでみんなは歌ったり踊ったりもしながら、
来る日も来る日もダンプを止めようと体を張って、
ごぼう抜きされ続けている。
2017年06月17日 | Comments(0) |

本日!

はーい!おひさ!
腰元でございますよ。
本日ははぴばすででございます!

ついに姫様は、二歳におなりでございます。
まだたったの二歳?という風に、
みなさまおっしゃるのでございますが、
確かに腰元も、どうも、
三歳か四歳ぐらいのような気がいたしますのは、
いったいなぜでございましょうか。
ともかく姫はお元気この上なく、
大方の予想通り、乱暴めの姫君でございますとも。
鴨さんを追い詰めたり、野ねずみの童を捕まえたりも、
なさいまして、はらはらしどおしの腰元でございます。
これまでお仕えしましたどの殿方に引き比べましても、
女子ながら、野武士の風格と申しますか、
ま、端的に申しまして、野蛮でございますよ。ほほほ。
腰元が心を砕いてまいりましたお行儀につきましては、
どう見ても、あれ、でございまして…
ま、お恥ずかしゅうございます。
それでも心根は素直な良いお姫様ではございますとも。

そんなわけで、久々の腰元でございました。

201706161546180af.jpeg

2017年06月16日 | Comments(2) | 腰元日記

ひろじさん@ジュネーブ

20170616082307831.jpeg

スイスのメディアの、
インタビューを受けているところだそうです。
国連での演説は短くても、
こういう時はいろんな国のメディアが来ていて、
こういうインタビューもあるわけだから、
世界中に放映されたり、記事が出たりするチャンス。
がんばれ!

山城博治さんが国連人権理事会で発言。とても力強い発言で、国連の会議場にひときわ声が響き渡り、大きな注目を集めました。平和活動家の魂のこもった発言だということがわかり、演説後も多くの人が話しかけたり、激励したりしていました。その後、日本政府の反論が行われ、会場は凍り付いた雰囲気に。
伊藤和子さんついとより
2017年06月16日 | Comments(0) | 未分類
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード