FC2ブログ

1000円派ではありません

小学校のクラブ活動で5万円の備品を購入するために保護者50人を動員してバザー品の販売会をするそうで、商品の供出だけでなく豚汁・ぜんざいの材料買いに行って調理してふるまいたいと、そのために1週間前から何回も集まって当日は早朝集合して...ねえ!普通に各家庭から1000円出すだけで良くない!?

白金ちなさんついとより

こういう話は目新しくもない。
私が現役でバザーだのお誕生会などやっていた、
PTA時代にも聞かれた意見である。
今ちょうど、貨幣経済が行くとこまで行って、
人の心を蝕み、物理的にも、
地球や人間を滅ぼしにかかってるっていう本を読んでいるから、
フトまた目に付いたわけである。

これをいろんな人がリツイートしている。
二つ見たが、どれもこれのみで、
コメントが付いていないから、
実のところどういう気持ちで受け取ったかはわからない。
なるほどたしかに、
何か言おうとすれば即座に、
いろんな方向から反論がくるタイプの話題である。

しかし、これくらいの時間の余裕もない生活こそがおかしい。
(そのひとのせいではないけど)
お金が支配する生活に馴染みきっている。
(その人一人がが悪いわけじゃないけど)
この人は大変さを強調するために話を盛ってるかもしれないが、
ひとつはっきり言えるのは、私たちの頃は、
これくらいの規模の作業ならささっとやっていた。
母親たちは料理に関してはみな毎日やってるわけで、
手際も分担もスムーズにできたから、
時間はこんなにかからないし、
さほど大変とも感じなかった。
わりに頻繁にやっていたしね。笑
そんなんで母親たちはみんな慣れていて、楽しんでもいた。
私自身こういう体験の中でいろんなことを覚えたもので、
今も感謝しているくらいだ。
幼稚園、小中学校、生協、ボーイスカウトと、
大人数の食べるものの用意は、
何度やったかわからないくらいやった。
今ならさしずめ食中毒だのなんだのの話も出るだろう。
誰が責任とってくれるかとか…
(都合の悪いことに最近の子どもは腸内が貧相なので、
簡単に病原性大腸菌などにやられてしまう。
そのためますます清潔志向になり、
ますます腸内の細菌を殺すことになる…)

実際こういう行事はどんどんなくなっている。
この二、三十年で急速に無くなったから、
いまはやはり1000円派が主流なのだと思う。
でも1000円で済ますほうがいいよとは、
私は言わないよ。
日々刻々と嫌われ者度が増すワシ。
2017年11月20日 | Comments(2) | 未分類

庭のこと

20171119092426c63.jpeg

「土と内臓」を読んでから、
私は花壇に落ち葉を乗っける事にしたわけだ。
(コーヒーかすも)
幸い落ち葉には不自由しないので。
このところ花壇を覗くと、ミミズが食べては吐き出した、
泥がモリモリになった山をたくさん見つける事ができる。
細菌たちがどうしているかは、
残念ながら見る事ができないが、
明らかにミミズさんは活発に活動しているように思われる。
こういう観察は実に楽しい。
椿も綺麗で嬉しいし、春の芍薬も楽しみである。

20171119092427dfe.jpeg
2017年11月19日 | Comments(0) | 未分類

今朝の書評欄

今朝の朝刊はなかなか皮肉である。
左ページにチョムスキーの新著、
「アメリカンドリームの終わり」があり、
その右に、ナイキの創始者自身の著作、
「SHOE DOG靴にすべてを。」がある。
ナイキはアメリカ資本の多国籍企業としては、
典型的なグローバル企業であり、
その戦略のひどい搾取ぶりは有名であるはず。
この本に鬼塚タイガーを裏切りと書いてあるらしいが、
これも事実に反するのではないか。
チョムスキーは一部のエリートが、
民衆の無力化を図り、もはや民主主義を蝕んでいると、
批判している。
日本人の評者はもちろん別の人だが、
それぞれにその本を評価しているわけだ。

世の中の人の物の見え方は、
本当にこういう感じで、全く別の観点から、
人はものを考えている。
全く反対の話を根拠にして、
嫌いだの好きだの正しいだの間違っているだのと、
言ったり考えたりしている。
依拠する事実が違えば歩み寄りは難しい。
2017年11月19日 | Comments(0) | 未分類

秋のうさぎ

2017111809143434a.jpeg

昨日のうさぎですが。

うさぎのベロと同じ構造の布を作れば、
洗剤なしにお皿洗いができるのではないか。
ピンク色で先っぽが丸く分かれている感じのデザインで。
今日の思いつきです。
2017年11月19日 | Comments(0) | 未分類

昨日のご飯

豚肉の味噌漬け、トンカツ用ほど厚くないお肉に、
味噌を塗っておいた。
2、3箇所筋切りしてグリルで焼いた。
赤いカブは売れ残りのやつ。
塩麹につけておき、水気ちょっと捨ててお酢をたす。
予想以上に美味かった。
白いのはぬか漬けのカブ。
昨日の残りのぜんまいの煮物。
どんどんぜんまいの水煮の一袋の量が減ってきていて、
もうぜんまいより人参やおあげの方が多い。
二枚目はうさぎが皿を舐めた後の様子。
獣食器洗い機、高性能!

20171118091435c8f.jpeg
20171118091436087.jpeg
2017年11月18日 | Comments(0) | 食べる

無銭経済宣言さわり

「無銭経済宣言」はとてつも無く面白い。

私の言うことを聞こうとしない息子達は、
一種の清潔教のカルトだとおもう。
世界有数の細菌学者免疫学者の声を、
(私の発言はこれらの人のうけうりだからね)
簡単に無視するというのは、普通なら考えられない。
一種の宗教であると考えられる。
ま、私の信用がないってとこもアレだけど。

しかしこの本を読むと、
私もおカネがないと生きていけない教に、
すっかり毒されているのがわかる。
私はカネの亡者レベルでは決してないが、
やはり全然ないと困るよね、と考えてはいる。
この本を読んで、
鱗をたっぷり落としていきたい。

ナオミクラインの本とも直接的に繋がっている。
チャヴにおけるコミュニティの話ともつながる。
(何しろ著者はアイルランド生まれのイギリスに住む人)
もちろん細菌を始め生き物達とも大いに関係がある。
驚くべき事に、読み出していくらも行かないうちに、
腸内細菌という言葉が出てきた…
要するに今問題になっている我々を取り巻く全ての事柄は、
経済の話であり、おカネというものが、
作り出した状態でもあると言える。

あらゆるセンテンスが頭と心に響く。
私はこの書物に決定的な影響を受ける予感が、
ひしひししちゃうんだけど…恐ろしい。
2017年11月18日 | Comments(2) |

本到着!

20171117121528565.jpeg

アマゾンに負けないくらい素早く、
注文した本が着いた。
最初に無銭が来て取りに行って帰ったら、
後の二冊がきたと電話が。
2度手間になったが、近いから大丈夫。

最初に無銭をちらっと読んだが、
これはすごい。
行き過ぎた資本主義経済を蹴飛ばし、
持続可能な気候変動を起こさない、
贈与経済の可能性を謳う、
高らかな宣言である。
きたないを少し読んだが、この訳は合格である。
最近一般的に文章が硬いというのが嫌われる。
これを避けるとどうなるかというと、
妙に馴れ馴れしい文体になる。
私はこれが嫌いである。
私はどちらかというとざっくばらんな物言いが、
好きな方だが、
こちらはまじめによんでいるのに、
見知らぬ著者から馴れ馴れしく話しかけられたら、
気色悪いだろ。
この訳はよくこなれていて、普通に真面目であった。
これが良い。
ラットが自分の決断を悔やむ、話も早く読みたい!
2017年11月17日 | Comments(0) |

チャヴ4 終わり

チャヴを読んで、イギリスもやばいなぁ、
政府のやることはどこも同じだなぁと思った。
それでも読後感が割りに良いのは、
イギリスの労働者階級の人たちが、
これほど痛めつけられているにもかかわらず、
まだ踏ん張っていること。
反移民を煽る極右になだれ込むほどのこともない。
もともと差別は中上流階級の得意技で、
労働者達は昔から、様々な出自の人々と、
助け合って混じり合って働いていたのだから。
それに引き換え中流の金持ち達の醜さが際立つ。
自分たちだけが金持ちでいる状況に、
普通に耐えられる金持ちが、私は嫌いだ。

ケン・ローチの映画「私はダニエルブレイク」を、
思い出す。
(これ見てないのに思い出すのもなんだが、)
持病を抱えた中年労働者が社会保障の窓口で、
理不尽な拒絶、いわゆる水際作戦にあう話で、
苦労しているシングルマザーと知り合い…
という話である。
まさにチャヴな二人の奮闘の話である。
見たかったが見そびれた。
今度機会があったらぜひ見に行きたい。
味方が少ないチャヴだけどケンローチがいるじゃないか。
そして今、彼らにはコービンがいる。
この前の選挙では労働党は盛り返した。
さぁ、これからだ、頑張ろう!

最後にエディトリアルデザインについて。
中身出しがページの最後の行に入っているところがあった。
こういうのは私たちの頃は、まず避けたものだ。
中身出しは次に始まる文章の頭にあるべきである。
また中身出しが本文の一行の文字列の、
センター揃えで入っている。
長い見出しなら、頭が少し下がるくらいだが、
文字数の短いものだと、頭の文字ががくんと下に行く。
これに目が付いていかない。
読み飛ばす誘惑にかられる。
横組みならあり得るし、(目の構造的に)
雑誌のようなスペースにゆとりのある、
眺める感じの紙面ならいいかもしれないが、
単行本サイズの読み物ではどうかなぁと思う。
中身出しはこれから始まる文章の要約を、
先回りして示しながら、本全体の流れを、
コントロールし理解を助ける大事なものである。
中身出しの文言をどうするかは重要だが、
同時にデザインでも大事に考える必要があると思った。

「チャヴ 弱者を敵視する社会」
海と月社
オーウェン・ジョーンズ著
依田卓巳訳
2017年11月17日 | Comments(0) |

「きたない子育て」

http://presidentstore.jp/books/products/detail.php?product_id=3045
昨日ちょっと書いた、
「きたない子育て」だが、まだ現物は手元にないが、
目次を見る限り、
「失われゆく我々のうちなる細菌」が、
ベースになっているのは確かだと思う。
若い層をターゲットに書かれたものだから、
項目は充分多く網羅的だが、
(糞便移植の話まであるようだ!)
表現的には簡単な言葉で書かれているだろうと思われる。
こういう言い方もなんか嫌味でわれながら嫌だが、
現在の出版事情を見ればそうなっているし、
知識が広まるためには良いことだろうと思う。
あの本の影響がこういう形で現れるのは素晴らしい。
最近の細菌事情に興味がある人は、
子育てに関係無くても、
この本を読んで見るのはいいのではないか。

失われ行くも一般向けに書かれた本であり、
決して難解なものではないから、
もちろんそっちを読むほうが理想的だが。
細菌学というのは、もっぱら悪い菌を、
やっつけることを目標にしたもので、
良い菌の働きに関しては、長く研究がされてこなかった。
悪い菌を殺す過程で他の菌も居なくなって、
やっと大事なことに気がついたという感じだろうか。
そこらへんの歴史などにも触れられている。
逆に現在は、
急激に増えた様々な病気と細菌の関係に関する研究が、
爆発的に増えていて、枚挙にいとまがないというほどである。
社会的に認知されるには、経済的な力との関係など、
様々な障害はあるにしても。

今度の味噌作りには、
去年来てくれた現在妊娠中のお弟子が、
妊婦仲間を引き連れて参加してくれるらしいので、
(彼女の振る舞った甘酒に感動したらしい)
ぜひこの本を宣伝したいと思う。
若くても味噌に興味を持つような人は、
細菌の話にも抵抗がないようだ。
当然といえば当然だけど。
味噌作りの仲間たちが増えて会長は嬉しい。
お弟子が優秀!
2017年11月16日 | Comments(0) |

大量発注!

新宿に出たついでにいつも紀伊国屋で、
スクリプタというフリーペーパーをもらう。
これを読んでいてまたどうしても欲しい本が出てきた。
「動物の賢さがわかるほど人間は賢いか」
説明文にある動物の例を見てもすごいが、
もうこのタイトルに私は惚れた。
買わずにおられようか。
もう一つは「無銭経済宣言」これは著者の二冊目で、
一冊目も読みたかったが、
忘れているうちにこれが出た。
紹介文を読むと一冊目に増して面白いと書かれているので、
こちらを読むことにした。
著者は経済を学んだ人だが、身をもって、
無銭生活を体験し、人間とお金についての、
様々な問題を書いている。

この二冊を頼もうと自転車にまたがったその時、
優しいあのふくだが、
こんな本が出てるよとメイルをくれた。
「「きたない子育て」はいいことだらけ!」
これざっと目次も見たが、ほぼ完璧である。
カナダの細菌学者と小児科医の夫婦の共著である。
妊娠出産の事もペットのことも出てきて、
ペットを味方につけるという章では、
「よだれ祭りへようこそ」という項目もあって笑った。
息子たちにちょっと手遅れなものもあるが、
ぜひ読んで欲しい。
そんなわけで地元の書店に、
計三冊の大量発注を済ませたワシである。
2017年11月15日 | Comments(2) |

椿

20171114151614a82.jpeg

今年も椿が咲き始めた。
なんとなく今年の花は綺麗なような気がする。
庭の大掃除の際にコンポストを一個処分して、
そこから出た土を、いろんな植木の足元に、
蒔いてやったのが効いたか。
シャベルに二杯づつぐらいだが。
あと去年は必死でチャドクガの卵をとってやったので、
被害はあったが少なめだった。
ま、雨の具合が良かっただけかもしれんが、
葉っぱの色艶も大変よろしい。
今年初めて咲いた花もあって、
これがとても可愛いのだが、
今朝見たらがぶりと食べられている、
犯人は多分鳥だろう。
また咲いたら食べられる前に写真を撮ろう。
2017年11月14日 | Comments(0) | 未分類

TPPや本の事

TPPが面白くない感じで続いている。
TPP離脱はトランプの選挙戦での目玉政策で、
就任後一番にやった仕事です。
しかし軍事面始め山盛り方向転換をしていますから、
これも振り出しに戻る可能性がある。
どこかのタイミングで、アメリカが戻るという事を、
想定して日本はパシリをやっているわけです。

あんまりみんなは興味ないかもしれないけど、
ナオミクラインの本もまだ続きを紹介しきれていませんが、
環境保護運動のネックになっているのが、
TPPでも問題になっているISD条項です。
事業を止めると起きる損失を、
企業に請求されるから、怖くて国は動けない。
TPPの問題は「これがすべてを変える」「チャヴ」も同じで、
新自由主義の富を独占する人たちと、
その他の多くの人々との、階級闘争なのだと思う。
彼らの作った自分たちが有利になる規則が、
すでにたくさん積み上げられていて、
そういうものを持った圧倒的に有利な人と、
金も力もない人間が、戦わなければならない。
そして我々の側に、多くの動植物、
生き物すべての生死もかかっている。
2017年11月14日 | Comments(2) | TPPについて

出土品再配分

今日は娘の阿波踊りの友達が、
男物の着物を引き取りに来てくれた。
麻やウールや綿入れまで欲しいと言って、
もらってくれた。
ちょっと手はにゅっと出るが、
丈も幅もぴったりでよく似合う。

またおばあちゃんの古いオーバーは、
それこそ上等舶来のツイードを仕立てたもので、
裏はスタスタになっているが、
見事な生地で捨てる気にならずに置いてあったが、
娘がきてみるとこれも意外に似合って、
私がもらうと言って持って帰った。
いやー素晴らしい。
次々と出てくる出土品を活躍できる場所に、
片付けるのは至難の技だが、
今日はうまくいった。
嬉しい。

ゆうちゃんのお宮参りの着物は、
肩と腰の揚げを解いた。
紐が少し汚いので、紐だけ新しく付け替えようかと、
これもシミがついた子供用の襦袢をほどいている。
我ながらやってることがおばあさんくさすぎる。
お話に出てくる本物の年寄りみたい。

息子はといえば絶賛腑抜け中。
この週末もゆうちゃんの傍で、
たまに指とか触ったりしながら、
ボーとして過ごしたのではないか。
この前はま、そんな感じだったから…
2017年11月13日 | Comments(2) | 未分類

座卓くん

20171109143351f7b.jpeg
20171109143353f27.jpeg

友人が純和風の家に引っ越したので、
うちに眠っていた座卓を寄贈させていただいた。
ただのもの載せ台になっているより、
彼も、みんなに囲まれ、お茶だのご飯だの食べる中心に、
でんと居座るが幸せであろうと。
そうと決まってから、
(変なビニールのクロスをかけられていたが、)
私はせっせとご愛用の米ぬか石鹸で磨いたので、
つややかで堅牢な天板が蘇った。
少し傷やシミがあるが大変丈夫で美しいものであった。
この度新居での彼の生活ぶりがわかる写真をもらった。
障子も実に美しい。
犬もいて!理想的な空間である。
素晴らしいの一言。
2017年11月10日 | Comments(6) | 未分類

山道掃除

汚い写真で汚れちゃったので、
お掃除です。

20171108093700b7f.jpeg
2017年11月08日 | Comments(0) | 未分類

楽しいパーティー!

20171108093148bc0.jpeg

カツアゲされても嬉しいのは、
自分のお金じゃないからですか。
そうですか、安倍首相。
端っこは中山教授、若い女性が誰かわかりません。
ピコ太郎さんのお着物素敵ですね。
あきえ夫人のフェイスブックからのお写真です。
2017年11月08日 | Comments(0) | 未分類

民芸館へ

本日はやっと民芸館に行ってきた。
ウインザーチェアの展覧会だが、
合わせてイギリスのスリップウエアも、
割りにたくさんあった。
なかなか面白かった。
ちょっとイギリスづいている。

本日の着物は大島、古着屋さんで買った新品である。
しつけが付いていた。
あまりに気に入ったのですごく大きい人用だったが、
構わず買って、幅や丈など直してもらった。
直しちんを入れても申し訳ないようなお値段である。
全体に地味なので、
帯揚げをちょっと色のある白っぽいものにした。
これも救世軍でただ同然の値段で買ったが、
なかなか利用価値の高い使い勝手のいい帯揚げである。

20171107141729c53.jpeg
2017年11月08日 | Comments(0) | 未分類

ボンネット出来た

20171107141151a53.jpeg

昨日作ったゆうちゃんのボンネット。
生地は麻の枕カバー、レースはテーブルセンター。
全て出土品。
私の縫い物はいつも超アバウトなんだが、
赤ちゃんのものはサイズがあるから、
これは本にある通りに型紙をとった。
布がやや厚いので、
サイズは少し小さくなったと思う。
これは全部裏が付いているんだが、
最後の後ろ頭の部分をくっ付けるのが、
とても難しかった。
のりこさんが綺麗な仕事をするので、
私もちょっと頑張って丁寧にやったつもり。
顎の下で結ぶリボンを買いにユザワヤに行ったが、
思い通りのものがなかったので、
今度オカダヤを見てこようと思う。
これでゆうちゃんのお宮参りの帽子が出来た。
お洋服は適当でいいだろう、見えないし。
2017年11月07日 | Comments(0) | 未分類

日本のチャヴ

倒産でなく、廃業。先進国から完全に脱落し、発展の途上ではなく、今や発展の終焉国となった日本らしい話である《後継者不足から中小企業の廃業が進み、関西では2025年頃までの約10年間で約118万人の雇用と約4兆円の域内総生産(GRP)が失われるとの試算を、近畿経済産業局がまとめた》
ガイチさんついとより

これもまた私は先進国と呼ぶわけだけど、
オリンピック終わったらお終い、
というのが完全に裏付けられていて、
さすがであった。
近畿地方だけでこんな訳だからねぇ。
日本は空っぽになって、そこに、
大柄な外資君が入り込んでくるという訳である。
後継者不足と言うけど、食べていけないから、
継げないのであって、息子氏が怠けてたり、
愚か者だったりする訳ではないのは、
確かなことである。
118万人のチャヴが作り出されるというお話。
2017年11月06日 | Comments(0) | 未分類

2017110510005134f.jpeg

これは多分真鍮というやつだろうと思う。
銅と亜鉛の合金。
おもちゃみたいなものだけど、
妙に可愛いくて、
どうしようもないものの1つや。
どうしよう。
2017年11月05日 | Comments(2) | 未分類

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード