FC2ブログ

たまにはパニックになれよ

コンデンセートの成分は、ナフサの成分とよく似ており、コンデンセートはナフサと同様に石油化学原料として利用される[2]。硫黄、ヒ素、水銀、鉛などの単体または化合物を不純物として含むことがある。
ういきより

重油の始末ももちろん大変だが、
積荷本体のコンデンセート、
怖いのはこっちなんじゃなかろうか。
人間は随分と危険を冒してるんだねぇ。
とにかくタンカーの話は、実にうさんくさい。
でもなぁ、ヒ素とか市場の土地から出ても、
気にせず移転するらしいから、
海は広いし、全く気にならないのかもしれんね。

煽るなってよく言われるけど、
事実を知ったとしても、もう日本人は、
パニックにならんのかもしれん。
地震が来ようが大雪が降ろうが、
そこに誰かが倒れていようが、
淡々と会社行くもんねぇ。
危険を察知してパニックになる方が、
生物としてはよほど自然なことなんじゃないか。
危険を予知する本能も想像力も、
捨て去ったかもしれん。
2018年02月17日 | Comments(2) | 未分類

よっこら、銀座まで

20180216131428152.jpeg

出てきたよ。よっこらしょと銀座まで。
gggで平野甲賀の展示があると、
息子が教えてくれたので。
何年か前武蔵美でやったのは大掛かりだったが、
これは出力したものをずらっとはるという、
形としては簡単なものだが、
ま、相変わらずの安定の巧さである。

息子の会社のエントランスのところが、
ちょっとした展示スペースになっていて、
今年のカレンダーがあると言うので、
ここも覗いてきた。
前にカレンダー作ったときはくれたのに、
今回は知らんぷりだったし。
そしたらそこにカレンダー製作の舞台裏の動画が、
見られるようになっていて、
それが面白かった。
若い兄ちゃんのデザイナーさんが、
出てきて超うけた。
2018年02月16日 | Comments(0) | 未分類

出不精

この前友達に、
「なつ代は出不精でしょう」と言われたけど、
まさにそれ!さすがによく知ってる。
そう言った友は当然ながら、
実に活動的でうらやましいぐらい元気である。
ちょっとデブ性の気味はあるが。

私は子供の頃から、
お家で本を読んだり絵を描いたりするのが好きな子、
だったが、気がつけば、
お家で本を読んだり絵を描いたりするのが好きな、
お婆さんに、そのまま推移していたのである。
実際子どもの頃は体が弱かったのだが、
今や意外に体はさほど弱くないかもしれない疑惑…
ただ無理しないと言う自分を甘やかす癖だけが、
生き延びているのである。
身の回りの活動的で、
中身が充実した人たちを見るにつけ、
あーあ、スカスカの人生だなぁ、となげきつつも、
やはり出不精をやっている。
三つ子の魂百までというやつか。
2018年02月15日 | Comments(2) | 未分類

晩のおかず

最近はなんでも減塩で私は全く気に入らない。
魚はある程度の塩がないと美味しく発酵しない。
塩サバであるが、一切れは焼いて食べたが、
相変わらずのうすら寝ぼけた味でどうもうまくない。
残りを粉つけて揚げて、
黒酢、お醤油、赤酒を混ぜたタレで、
絡めてみた。
どうにかましになった。
自然な作り方の沢庵を買ってみたが、
これも減塩で眠たい味じゃった。
もうちょい塩入れて欲しい。

どんだけ血管大事かしらんが、
うすら寝ぼけたもんばっかり食べて、
長生きしてちょ。
わしは塩なんかこわくないもんねーだっ。

20180214194841ada.jpeg
2018年02月15日 | Comments(0) | 食べる

署名集め

昨日突然現れたご近所の奥さんは、
先日坂道の雪かきを共にやった人であった。
最初に一人で始めた偉い人ね。
アベの改憲反対の署名であった。
道で合えば挨拶はするという程度で、
特に親しいわけではない。
ただ共産党のポスターがあるなぁとは思っていた。
先だって共産党のサポーター制度が始まったので、
私は実は早速登録してみたのであった。
そこでそのことを話すと、大変なお喜びぶりで、
自作のNOのシールがポストにいっぱい貼ってあるので、
それも当然大注目であった。
これ自分で作ったの、と自慢しておいた。
とりあえず署名用紙を二枚預かって、
署名集めをすることになった。
金沢で毎週どいね原発のスタンディングに、
励んでいる姉からも署名集めのお願いがあったが、
こっちが早かったので。
在特会やテレビに出る差別扇動お姉さんなどが、
これ見よがしに着物を着るのが、
癇に障っていた。
着物好きは右翼みたいに思われてはかなわん。
左翼(系)も着物を着るのだ。
まそんな事。
2018年02月13日 | Comments(0) | 未分類

トイレの話

https://withnews.jp/article/f0170413003qq000000000000000W01110101qq000015025A
野糞一筋の信念のおじさんの記事は、
昨日娘にもらったが、今朝の新聞に、
なんとタイムリーにバイオトイレの話。
この前読んだ「無銭経済宣言」で、
トイレは現代を象徴する話であると。
これを大量の水で流している限りは、
何も言えないなぁと色々考えていたわけである。
コンポストトイレを使っても、
都会では有機肥料の行き先がない。
このおじさんの考え方やっている事は、
基本的に完全に正しい。
ただ現在の私には実行は難しい。
このバイオトイレはどうでしょう。
処理という枠内で完結していて、
お餅に変わったりはしないし、
循環の広がりはないが、一考に値する。

201802130859496c7.jpeg
2018年02月13日 | Comments(0) | 未分類

やばい?

今日は恒例のバレンタインデー用、
ビッケの製造をしました。
娘が異常に忙しいので、材料の買い出しや、
下準備は私がたっぷりやりました。
まあまあの出来ですが、
次は中身の組み合わせなど少し変えるか、
といった感じです。
終わると娘は友達と食事の約束があるらしく、
一目散に帰りました。

うさぎを連れて玄関まで一緒に出ましたが、
「かっこがやばい…」と言われた。
着物やモンペは別に問題ないんだけど、
うさぎのお散歩セットのモンベルのカバンを、
その格好で袈裟懸けにすると、
確かにちょっとヤバくなるのね。笑
今日は道行コートに毛糸の帽子でしたが。
足元はメレルのヒモなしの軽い山靴です。
これは昔からのお散歩用シューズですが、
足袋のまま履けるので便利です。
こういう風に書くと、やっぱり少しヤバイかな…
髪の毛は特に不評ではなかったです。
201802121822210ac.jpeg
2018年02月12日 | Comments(2) | 未分類

プロのたたずまい

息子たちがちょっと立ち寄ってくれました。
プロっぽく親指をしゃぶるゆうちゃんです。
赤ちゃんぶりが板についた。

2018021208521423b.jpeg
2018年02月12日 | Comments(0) | 未分類

男性の皆さん2

2017年に発表された論文は、
1981年から2013年までの30年に発表された、
精子の数に関する185の研究の解析である。
北米、欧州、豪州に住む男性が対象。
調査対象は条件なしに選別された42935人。
報告では、精子は毎年1.4%づつ減り続け、
52.4%減少している。
ヨーロッパで最も少ないデンマークの男性の、
20%以上は既に生殖能力がないと。

日本はどうか。
2006年の日欧の国際共同研究に参加した、
聖マリアンナの岩本教授の報告によると、
フィンランド人の三分の二、
最も少ないデンマークと、
ほぼ同程度であった。
今と同じペースで減少すれば半世紀後には、
日本では子供はほとんど生まれなくなる、という話は、
どうも絵空事ではないようである。
2016年の環境省の発表によると、
日本人の血液、尿から、調査した全員から、
プラスチック可塑剤フタル酸エステル類、
有機フッ素化合物など、環境ホルモンが検出されている。
またEUでは「抗男性ホルモン作用」を持つ農薬、
を危険とみなし禁止したが、
日本では大量に使われている。
「スミチオン」の商品名でわかる通り、
住友化学の商品である。

住友化学の幹部も農水省のトップも、
企業寄りと言われる学者やジャーナリストも、
多分ほとんどが男性であるはずである。
私は心から、
男の考えることは謎だなぁと思う。

2018年02月11日 | Comments(0) |

鳴呼

石牟礼道子さんの訃報が、
あー、だめや、まみだが、

本当に私は感謝しております。
ありがとうございました。

合掌
2018年02月10日 | Comments(0) | 未分類

男性の皆さんへ

日本の国会議員の中の女性の割合は9%、
日本企業の中の女性社長の割合は7%くらい、
な、らしいから、
世界的に見ても非常に女性の社会進出が、
実現していない国であると言える。
女性にも男性にも、
賢い人も愚か者もいるのは当然だが、
自分の属する集団に有利なように、
行動する人間が残念ながら多いわけだから、
やはりバランスが悪いのは良くないだろう。
この現状から見て、多くの組織はトップが男性だから、
男性がいろいろなことを主導的に決めている、
というのは確実だろう。
ここまでは枕である。

昨日「世界」を読んでいたら、
恐ろしい記事があった。
ヒトは滅びるだろうと私に予想されているわけだが、
ヒトの中でも男性が先に滅び始めるらしく、
それは既にかなりやばい感じで進んでいる。
(特に先陣を切ってるのが日本…)
タイトルは 「空騒ぎではなかった環境ホルモン」
水野令子氏の記事である。
1992年に「過去50年で精子の数が半減」
というBBCのニュースがきっかけになり、
多くの人が危機感を持ち、
日本でもその原因とされる環境ホルモンについて、
野生生物におけるオスのメス化などが、
大きく報道された。
しかし1998年に「新潮」に「環境ホルモン空騒ぎ」
と題する記事が載り、
産業界寄りの学者ジャーナリストによる、
鎮静化の動きは強まり、
研究費がつかないために研究も続かず、
日本ではそれ以降パタリと消えてしまった。
しかし世界ではその後も研究は続けられ、
様々なデータが出てきている。
精子の数の他には、
前立腺、乳がんなどがホルモンに関わるガンの増加、
新生児、大人の生殖器の障害は増える一方である。
日本でも男児の女性化を示す尿道下裂の発症率は、
1972から2008年までに5倍に増え、
死産児に占める男児の数は女児の2倍を超えている。

続く
2018年02月10日 | Comments(0) |

緑にした

今日はついに髪の毛を染めてきました。
金髪にしようかと思っていたんだけど、
金髪に憧れちゃうモンゴロイドと思われるのも、
アレなので緑色にしました。
昔、電車で見たお姉さんがカッコよかったから、
白っぽい緑、ああいう風にしたかったんだけど、
それには一度脱色する必要があって、
私は自前の脱色(白髪)を利用する、
というのが本来の計画だったので、
やはりそのまま緑を軽くのせる感じに。
意外に普通で
美輪明宏や草間彌生みたいではありません。
ヤクザのおばさんのようでも、
おばあさんの紫でもなく、
割に普通です。
逆に言うとインパクトはあまりないです。
今度写真を撮りますから待っててね。
2018年02月10日 | Comments(2) | 未分類

右へ倣え!

米澤弘安の日記に選挙の話が出てくる。
大変な熱狂ぶりである。
物珍しいと言うのもあるだろうが、
選挙権もないのに。
当時は高額納税者だけにしか選挙権はなく、
一般庶民は誰も持っていない。
もちろん女性も。
しかし、当時の様子からは、
「政治の話はちょっと…」という、
今日のような忌避感は微塵も見受けられない。
選挙権はなくとも税金は納めているわけで、
普通ならその行方は気になるだろう。
払うだけ払って何も考えないという、
今の状態の方が不自然である。
こういう人間を作り出したのは、
1パーセントの人たちだったんだろう。
やはり賢いというべきだな。
猿は体制順応型だから、
ひとたびそれが多数派になれば、
あとは右へ倣えに自動的なっちゃうんだな。
クソみたいな社会でも郷に従ってしまう。
うまいこといきすぎや。
2018年02月09日 | Comments(0) | 未分類

腹がたつねぇ、

 政府は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画が進む名護市長選で自民、公明両党などが推薦した渡具知武豊氏が当選したことを受け、同市への在日米軍再編交付金の支給を再開する方針を固めた。2017年度分と18年度分として計約30億円を交付する。
毎日新聞

早速お金です。この露骨さ。
30億は大きい。

落選した稲嶺さんはこういうお金に頼らない市政を、
ということで頑張って結果も出してきました。
また毎朝小学校の前で黄色い旗を持って、
子どもの安全を見ていて、
選挙の翌朝もちゃんと立っておられた。
頭がさがる。
また今日は辺野古に行ったみたいだね。
知れば知るほど素晴らしい方で、泣けてくる。
こういう人を自民公明の支持者は寄ってたかって潰す。

「『稲嶺さん、ありがとう』 名護市長退任 市民ら胴上げ」
私からも心からの感謝を敬意を捧げます。「ガージューでマクトゥの(強く誠実な)政治家」――稲嶺市長の2期8年の足跡は不滅です。今後も力をあわせ、基地のない平和で豊かな沖縄をつくるためにがんばりましょう。
志位さんついと

またまた泣ける。
2018年02月08日 | Comments(2) | 未分類

昔の食事

米澤弘安は85歳まで生きた。
昔は平均寿命が短いと言われるが、
赤ちゃんや子どもなど、体が強くなる前に、
死ぬケースが多かったせいなのかな。
(悪い細菌にやられたり)
長生きの人はそれなりにいたような感じだ。
本の終わりの方に食べ物のことが出てくる。
私の好きなテーマ。
日記に日常のメニューが出てくるのは、
お母さんが長期のお留守で、
弘安がご飯作りをしていた時なので、
母さんがいる時とはちょっと違うかもしれない。
ていうか絶対違うと思うけど。

昔の食事でとりあえず言えるのは、
油脂の類がほとんど出てこないということ。
和食はそれが一番の特徴であろう。
お菓子にしても和菓子はそうだし。
朝は漬物、昼はお汁、夜には、
煮たり焼いたりお刺身だったり、
お魚である。
粗食と言えるかもしれないが、
割に美味しそうである。
ブリとか毎日食べてる。笑
まズバリ言って健康的なメニューである。
何をどれだけ食べたというより、
いかに無駄なく正しく消化吸収されたかが、
健康に関わるわけで、
十分腸内細菌が活躍していたと思われる。
お漬物の主たるものは沢庵みたいだし、
お汁は多くは味噌汁だろう。
魚も麹漬け糠漬けなど、発酵食品が多い。
こういう場合は粗食ななりに、
細菌は良い仕事をするのである。
ご飯は白米なのか部付き米なのか、
玄米なのかは書いてないけど。

トイレの汲み取りは農家の人と契約しており、
この有機肥料代として、
暮れにもち米をもらっていた。
これを今もある越山さんというお菓子やさんで、
ついてもらったらしい。
うんちもおしっこもお餅に変わるなんて、
なんと素晴らしいことだろう。
うらやましい、理想的!
2018年02月08日 | Comments(0) | 食べる

「百年のあとさき」おしまい

米澤弘安についてまたちょっと。
どうもこの人が特別だったようには思えないが、
とにかく好奇心旺盛でやる気がある。
様々なお寺の講話を聞きに行く。
宗派は問わないので、信仰とも少し違う。
だってキリスト教の教会まで行ってるし。
アインシュタインの相対性理論についての映画が、
かかった時は、専門家の講演付きで見ている。
全くアインシュタインまで出てくるとは、
恐れ入った。

また芸能関係では、祭りやイベントには、
必ず浄瑠璃、漫才、手踊りなど、
素人プロ入り乱れての公演がひっきりなしにあり、
仲間内で楽しむものの含め、
(家にも楽器がいろいろあったらしいし、)
弟の清二はヴァイオリンまで演奏する。
(この楽器はレンタルだったらしい)
日常の隅々に音楽や踊りがある。
これも恐れ入るね。

ま、人間の頭や感性も使わなければ劣化する。
使えばどんどん磨きがかかるということだろう。
寒さや雪や暗い夜道も、
物ともせずに季節の巡りに合わせ、
人付き合いを欠かさず、お楽しみも欠かさず、
その充実した日常の有様に、圧倒された。
勝負にならんね。

2013年 発行 北國新聞社
砺波和年著

201802080858158bb.jpeg
写真左は弟清二
2018年02月08日 | Comments(0) |

なかったこと

寒い冬が魚の産卵のシーズンらしい。
「苦海浄土」に、
海に春が来た時の美しい描写がある。
陸に若葉が芽吹く頃に、
海の中でも春の躍動が始まる。
湾の中にピンク色の鯛の群れが入ってくる。
海藻だって芽吹くんだしね。
私はこの本を読むまで、
海の中の季節の移ろいを、
想像したこともなかった。
本当にびっくりして感動した。
海が大好きなその人が、
その美しさを、うっとりと思い出しながら、
あの優雅な方言で語る。病院で。
海に帰りたいと…

「よくわかっていないけど短期的で局所的」な、
影響が今起きているだろうとおもうと、
本当に悲しい。
新聞もこの話は取り上げない。
トカラ列島に流れ着いた不気味な油の写真は、
ほとんどの国民の目には触れないのだろう。
この先もずっと。

とにかく最近水俣をよく思い出す。
ユージンスミスの写真展に行ったせいもあるが。
国もチッソも因果関係を認めず、
その間にどんどん患者が増えた。
福島もワクチンもみんな同じ。
なかったことにされた惨事が、
どんどん積み重なって、
ヘドロのように堆積していく。
2018年02月07日 | Comments(0) | 未分類

青い新作

20180207111453be4.jpeg
2018年02月07日 | Comments(0) | 未分類

お豆ご飯

20180206194729c31.jpeg

今日は良くないことばかり考えて、
はっきょーしていたので、
当然ながら機嫌は悪かった。

ご飯を炊こうとスイッチを入れた時に、
そうだ昨日お豆が来たじゃん、
ということを思い出し、一度止めて、
お豆ご飯にすることにした。
こういうお豆も早く食べるほど美味しいからね。
お豆を入れてお酒とほんのひとつまみのお塩、
ぐるぐるかき混ぜてもう一度スイッチをオンや。
お豆ご飯は私の大好物。
お豆の甘みとほんのり塩気があって、
おかずはなしでご飯だけで食べるのが一番。
実に美味い。
少しだけ機嫌も直った、ちょっとだけどね。

金沢の雪はひどいねぇ。
姉は一人暮らしなのに、
うちのより大きな冷蔵庫を持っていて、
いつもたんまり食べ物を入れているから、
多少の雪でもひもじいことにはなるまい。
ただ天気予報見ても、
降り止む感じがあんまりしない。
気の毒。
2018年02月07日 | Comments(2) | 食べる

本日も発狂中なり

あの夫婦のおうちに、
不時着か予防着陸かなんかして、
爆発炎上すればいいんじゃないかな。
パイロットは逃げてね!
パイロットの安全を鑑み、
ここはドローンがいいかな。
イかれた外務大臣は、
即座に高く評価したりして、
官房長官は全く問題ないと言うし、
財務大臣は口を歪めて大笑い。
佐川長官は万歳を叫び、
NHKの職員は一斉に表に飛び出し、
頭を抱えてしゃがむ。
どさくさに紛れて、籠池夫婦は出してあげよう。
公明党と強姦魔のダブル山口は、
仏罰ということで三本の矢が急所に!
全国の首相応援団のネトウヨは、口の中に、
謎の油の塊が詰まって息ができない模様。
それくらい全国的に発狂している。
2018年02月06日 | Comments(2) | 未分類

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード