FC2ブログ

はぴばすで!

20181020083127628.jpeg

ゆうちゃんさまが、
私の作ったピーナツかぼちゃのスープを、
お召し上がりになりました!
2018年10月20日 | Comments(0) | 未分類

胡麻

20181019081818b7b.jpeg

先日来娘が収穫した、ほんの少しの胡麻を、
乾燥させている。
もちろん胡麻油を絞ろうなどと、
大きな野望を持っていたわけではないが、
胡麻和え2回分くらいの収穫であった。
胡麻油一滴に何粒使うのだろう!
総合的に気が遠くなる。
想像してはいたが、胡麻の手間のかかりようは凄い。
種だから基本的に自然にこぼれ落ちるのだが、
何しろ粒が小さいから、良くないものや、
さやのかけらなどの選り分けが大変である。
大豆なんか可愛いものである。
国産の胡麻が無くなるのも理解できる。
目が弱った年寄りには難しいだろうし、
若い人はやる気がわかないだろうし。
母の友人が送ってくれていた胡麻は白かったが、
この胡麻は薄茶色の金胡麻というやつである。
全部終わって食べるのを楽しみに頑張ります。
2018年10月19日 | Comments(0) | 食べる

ごもっともでござる。

この前引きこもり明けに買ってきた紙袋に装飾を始めた。
やることが多くてなかなか手がつけられなかったが。
かるたを持ち帰ってもらう用の。
今回は3時間しか仕込みの時間がないので、
外観は全て同じの額の箱に内容がわかる名前をつけて、
飾る順番にして梱包し、
前日までに車に積み込まねばいかんのだが、
何と算数の問題が途中までで、まだ終わっていない…
それでも搬入の運転手、うさぎのシッターさんなどは、
何とか手配できた、上出来であるとも言える。

世の中に突然家族が入院する、あるいは、
死んでしまうというケースは、
ざらにあると思うが、
事務的なことだけでもえらい大変である。
銀行に行ったり人に連絡したり。
ばあさんやお姉さんの対応も大変で。
私はとりわけ事務処理能力がないので、
娘がずいぶん助けてくれた。
「えりちゃんは偉いけどちょっと怖いのよね」
というと間髪を入れず。
「偉いんだから怖いのぐらい我慢しな!
偉くなくて怖いよりましでしょ!」
と、怖く言われてしまった。
ごもっとも。
偉くなくて怖い娘でなくて本当にラッキーだったでござる。
2018年10月18日 | Comments(2) | 未分類

はや一年!

明日がゆうちゃんのお誕生日である。
もう一年が経った、速いねぇ。
何かパンを背負うイベントをするらしい。
よく知らないけどお餅を背負うやつのパン版?
夫はそんなんで依然入院中だけど、
うちの近所で、雨ならうちでやってくれるらしい。
私がバタバタしているので、
言いにくかったのか、鳥でも焼こうかと聞いたら、
ぜひお願いしたいというので、
いつものオーブンで焼いたやつを作ろうと思うが、
急なことで塩麹につける時間が短く、
多分思い通りの味にならないのが気に入らない。
常温にしばらく出して、麹菌の活動を促しちゃおうかと。

プレゼントは何がほしいと聞いたら、
グランドピアノがいいというので、
それをあげることにしたが、もちろんオモチャだよ。
スヌーピーみたいなあれを狙っているのかね。
割と最近の人は誕生日に熱心だね。
しかし、一年間無事に元気に育ったのは良かった。
ご両親におめでとう!と言いたい。
2018年10月18日 | Comments(0) | 未分類

ほーさんの話

あの人たちは高級なお寿司屋で食べるから、
構わないのでしょうか。
それも自腹ではなく人のカネで、税金とかね。
そして確実に言えるのは、
絶対感謝したりしない。
お魚本人はもとより、危険な海で獲ってきてくれた人にも、
心を込めて料理した人にも、誰にも。
金を払ってるんだと、ヘラヘラして食べるんだ。
絶対に。
ガツガツ食べるのはお行儀が悪いと言われるけど、
ヘラヘラ遊び食べする方がずっと嫌だ。
ガツガツは少なくとも真剣だから。
ものを食べることは真面目にやってほしい。
これを思うと、私は本当に耐えられない気分になる。
あの人らに殺意すら沸き起こる。

今気がついたけど、
大昔ほーさんという料理人の話を書いたが、
私の考えは全く変わってないんだなぁ。
王様の料理人をやめて、
泥棒たちにご馳走する太ったほーさんの話。
懐かしい…
2018年10月17日 | Comments(0) | 未分類

ヘラヘラしながら、、

大手水産会社は、高級鮮魚のブランドも作ると思う。
貧乏人には得体の知れない安物を、
金持ち用の高級料亭や寿司屋には、
それに相応しいものを、そして両方で儲ける。
アメリカで卵のサルモネラ菌汚染の時に、
大量の卵を回収したが、
確か100を超える別ブランドの卵が、
じつは同じ会社の作ったものだったと。
野菜でもそうなってるし。
これはシティファーマーという本で読んだ。
今や中小企業や個人商店が棲み分けることも許されない。
どの分野でも起きていて、町工場に良い技術があれば、
それを取り上げて捻りつぶす、
というような感じで。
何もかもがほんの数社の多国籍企業の手に握られていく。
日本はこの傾向にすでに蝕まれている。
一気に潰されそうになっている。
ヨーロッパはかなり食べ物に関しては、
個人経営者が生き残っているようだが。
そういう国ではやはり国が手厚く国産品を保護している。
日本がやっているのはそれのちょうど反対の事。
ヘラヘラしながら全てを売り払ってしまう。
いろいろ考えると暗くなるね。
2018年10月16日 | Comments(1) | TPPについて

築地行ってきました。

20181016140507d0e.jpeg

20181016140508bc4.jpeg

20181016140508770.jpeg

20181016140510a86.jpeg

20181016140511dc5.jpeg

築地行ってきました。
いろいろ誘ってみたんだけど、前日だし、
みんな忙しくて、一人で参加しました。
50人くらいかなと予想してたけど、
100人くらいはいたんじゃないか。

私は子どもを介した知り合いに、
築地のマグロ屋で働いていた人がいて、
二度ばかり築地を案内してもらったことがある。
その時の活気あふれる築地とは、
ほぼ空っぽの築地とでは全然印象が違う。
古くて汚いのは、ま、事実なわけです。
それでもね、すごくいい場所、魅力あふれる場所です。
広々して奥はそのまま海までつながっている。
金沢の市場もよく知っているが、
そのスケール感はさすがに世界の築地でした。

この闘いは、新自由主義との闘いだから、
GM種子やラウンドアップとの闘いと全く同じ。
力の差はあり過ぎるけど、
普通の人々が、人数だけはいっぱいいるんだから、
束になれば勝てるんじゃないか。
圧倒的に向こうが間違っていて無茶苦茶なんだから。
私も実は全然忙しくない訳じゃないけど、
行ってよかった。
頑張っている人を応援するとこっちも元気が出る。
商品が少なく人が多めだったので、
残念ながらお買い物はできず、ちょっと残念。
2018年10月16日 | Comments(2) | 未分類

築地お買い物ツアー!

都は早く築地を壊したくて仕方がないのだが、
営業権というものがあって、
強制的にこれを壊す根拠はないらしい。
現在築地に残って営業している人たちを応援するため、
築地お買い物ツアーというものが行われている。
私はこれに参加したいと思っていたのだが、
昨日IWJからお知らせで参加者募集をしていたので、
今日と明日開催の分で、
明日なら行けるかもしれないと思って、
とりあえず詳細情報をもらった。
だれでもいけます。

16日火曜日10:50築地市場正門集合。
(大江戸線築地市場駅A1出口すぐ)
遅刻したら置いてかれるので注意。
お買い物は11時から12時半まで。
ぜひ一緒に行きませんか?
2018年10月15日 | Comments(4) | 未分類

マハティール2!!

マハティールの名前を久しぶりに聞いたのは数年前、
板垣先生のインタビューの中だった。
マレーシアの飛行機が立て続けに落ちた頃。
我々は半分以上プロパガンダのようなニュースを見て、
何が本当だかさっぱりわからないわけだが、
先生はいろんな国の情報から、
多くのことを読み取っていた。
マハティールはその時も精力的に動いていて、
重要な人物だと知った。
それからまた数年が経ってこうして政治の表舞台に、
92歳とは思えぬエネルギッシュさで復活したのだ。
ちなみに板垣先生は、おまえカイロ大学に留学したら、
と若きハサン先生にアドバイスした、
ハサン先生の先生である。

消費税を10パーセントにと盛んに書かれているが、
山本太郎も言っていたが、
凍結先送りで、ありがたい!お代官様!!
と思わせる作戦と見える。
今本当に10にしたら即死する。
以前税の専門家が言っていたが、消費税と言うのは、
これを税と言えるかと思われるほど、
不平等で不健康な税制であると。
マハティールのように、
あっさり0パーセントにするべきである。
2018年10月15日 | Comments(0) | 未分類

マハティール!!

マレーシア マハティール首相がすごすぎる。
消費税廃止、死刑廃止、無国籍の子どもを学校に入れるようにする
前の首相時代もアセアンの平和に貢献してすごいなと思ってたけど人権面ではどうかなと感じてた。
今度はとにかくすごい。
伊藤和子さんついとより

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=161748

マレーシアがイスラム教の国であるということを、
忘れてはいけない。
欧米の根深いイスラムフォビアの中で、
難しい舵取りをしながら、
これだけのことを矢継ぎ早に成し遂げている。
凄い手腕の92歳である。
マハティールの心のこもった忠告を、
素直に聞き入れる日本の政治家はいるか。
2018年10月14日 | Comments(0) | 未分類

「ボンボンが嫌で踊らなかった」!

昨夜息子から例のゆうちゃんの運動会の情報が入りました。
「ゆうさんあんまり何もしてないけど金メダルや」

20181014074009a1b.jpeg

ええっ!わかんないけど凄いやんか!!

20181014074111ab5.jpeg

「ぜんぜんすごくない、ボンボンが嫌で踊らなかった」

なるほど!
私は完全にこのとき知った。
ゆうちゃんはやはり息子の子どもだった…
もしこれが息子の運動会だったら、
「ボンボンが嫌で踊らなかった」
これ以外考えられないもんね。
これ一択だもん。

〈打つ手なし〉の感じが背中からほとばしり出ている、
お嫁さんの後姿。
わかる、この感じ!
それなりに興味深いスポーツフェスティバルでした。
お疲れさま。
幼稚園や保育園は、
金メダルの最大の消費地やということもわかった。
2018年10月14日 | Comments(0) | 未分類

ぴよぴよ行進曲!

今日はゆうちゃんの保育園の、
スポーツフェスティバルという名前の運動会であるらしい。
彼女はあと少しで1歳になるが0歳児である。
それが、ボンボンを持って!
「ぴよぴよ行進曲」に乗って踊る予定!らしい。
あの若さでそんなエンターテイメントが、
できるとは、はっきり言って半信半疑である。
私は見にいけないが、きっと後で、
お嫁さん激写の写真か動画が配信されるはずなので、
期待して待っていようと思う。
そういえばママはバレエダンサーだったから、
意外とノリノリでキレのいい動きを見せるかもである。
息子は全然だけど娘もダンサーだったから、
踊り子体質はあると思われる。

それにしてももう1歳とはね。
保育園の先生達におかれましては、
ご苦労さまと言いたい。
2018年10月13日 | Comments(0) | 未分類

引きこもり

昨日は精神的肉体的疲れが急に来て、
1日引きこもって、鬱状態でした。
展覧会関係の用で出かけようと思っていたのに、
外にも出る気がしなくて、人とも話したくない。
ポストまで郵便を出しに行くのもやっとで、
かなり遅くなってしまった。
こういうのを引きこもりというんだね。
1日掃除。
洗濯がしたくても天気も悪いし。

お世話になっている方にかるたを先行プレゼントしたのだが、
非常に喜んで褒めてもらって、
それだけが嬉しいことでした。
また、展覧会の期間中のうさぎ関係の当番については、
犬仲間の方にシッターさんを紹介してもらえることになり、
これも一安心。
いざという時こういう経験をしておくのも、
うさぎにとってもいいだろうし、
私も安心できるので、良い機会だと思って、
お願いしてみたい。
2018年10月13日 | Comments(1) | 未分類

縦走

私は山登りの初心者な訳だけど、
今までの山は登って降りてという登山だったわけで、
なんか気にいんないなぁと思っていた。
登山のための登山であってさ。
そしてついに、私のやりたいのは縦走だとわかった。
言葉は知っていたけど意味をよく知らなかった。
尾根伝いに登って降りてどんどん進む山登りなんだよね。
縦走こそが、熊やカモシカのやってることでしょう。
多分。
山の中を移動するということ。
私は毛皮もない軟弱者だから、
夜はそこらで丸まって寝るというわけにもいかない。
テントを背負っていかなければならない。
それは重い。笑
実に軟弱者…
いい具合に山小屋のあるコースを見つけて、
初心者のばあさんのくせに、縦走したい。
そうじゃないとダメだ、意味がない。
2018年10月12日 | Comments(0) | 未分類

私はお刺身が好き

指摘されていた通りに初日の豊洲は、
崩壊状態でした。
あまり報道されていないと思うが、
動線が悪く大渋滞。
建物内が高温多湿で、マグロが溶けていた。
ターレが急坂を登れず発火した。

築地を潰したい人たちは、築地的なビジネスモデル、
流通システムを変えたいわけです。
築地は「生の魚」の鮮度をできる限り保ったまま、
食べる人の前まで送り届けるという、
難しい仕事をやっていたわけです。
そのために、多くの人が関わって、ある意味、
手間はかかるが時間勝負のシステムが完成されていた。
ネオリベ的な流通システムはこういう事は、
是非ともすっ飛ばして上流から下流までひとつながりの、
一本にして、そこを独占的に押さえたいわけです。
ネオリベの考える儲かる商品は、
保存期間が長く管理に手間がかからないもの、
ドライ、冷凍、真空パックなど。
鮮魚はこれらの正反対の商品です。
日本の市場を奪いたい大手水産企業は、
鮮魚なんか多分扱いたくないのではないか。
豊洲は見るからに巨大冷凍倉庫のような、
形をしています。
築地は平屋、豊洲は高層建築です。
昨日も上下のエレベーターがすでに機能せず、
時間ばかり食ってしまった。

簡単に潰せると思ったかもしれないが、
日本人が簡単に刺身や寿司をあきらめるとは思えん。
多分全部冷凍でセリとか無しで、
海で獲った人が売る人という全部一社独占みたいな形が、
理想なんだろう。
ますでにかなり怪しい寿司も食べている我々だが…
2018年10月12日 | Comments(0) | TPPについて

入院、築地

始まりは高血圧なんだけど、
色々問題が出てきて、夫はついに昨日入院しちゃった。
どのくらいの長さになるか今はわからないけど、
とりあえず死にそうという話ではないので、
予定通り展覧会はやれそうです。
ただし様々な難しめの調整が必要。
突発的なことがあれば在廊できないこともあるかもしれんが。

今回のDMが発端で、近所の犬友のおじさんが、
昔の私の担当の編集者の、
旦那さんだったと言う驚くべき話も登場して、
本当にびっくりしている。
このおじさん自身が超驚くべき経歴の外人なんだけど。
うさぎのとこが大好きでいつもうさチャーーンなんて言って、
かまってくれるわけだけど。
そんなんで奥さんだったほうも展覧会に来てくれるらしい。

数日間はこの夫問題で何もチェックできなかったが、
今日が豊洲の開場の日です。
都は開場と同時に築地は立ち入り禁止のテープを貼ると、
言っていたんだが、今まだ築地は生きているそうです!
森山さんついとによると。
築地の存続を目指していろいろな人たちが動いている。
なかなか私は動けないが、できる限り、
署名やなんかはしている。
うつけんが頑張っているし、築地のおかみさん会の、
女性たちが素晴らしく賢明な動きをしている。
この問題は日本の主権の話、食の安全つまりは国民の人権の話、
これらを潰そうとするネオリベの話である。
今後も注意深く見て、やれることはやりたい。
2018年10月11日 | Comments(2) | 未分類

尾瀬と暗雲

201810081159534e4.jpeg

土日で尾瀬に行ってきた。
群馬県側の鳩待峠から、富士見峠に登って、
尾瀬ヶ原の竜宮十字路に下り、
竜宮小屋に一泊。
翌日は尾瀬ヶ原をあちこち歩いて帰ってきた。
2日目は霧のような雨まじりだったが、
全体に爽やかな感じの紅葉で美しく、
夜は星空も見られた。
初めて尾瀬を歩いたが気持ちの良いところである。
人が多いかと思ったが、気候が良くないせいか、
特に初日のコースはほとんど誰もいなくて、
水たまりにはアカハライモリはいるし最高だった。
上りと下りはどちらもさほど長くないので、これくらいなら、
私は全然元気で疲れたり苦しくなったりはなかった。

ところが留守にした間に夫が体調を崩し、
血圧が上がって、わりと大騒ぎで、
今は下がったが、ふらつきなどあってちょっとやばい。
展覧会の時には、
うさぎの番やお願いする事がいろいろあるので、
ちょっと怪しい雲行きである。
2018年10月08日 | Comments(0) | 未分類

言葉の問題

私にとって、あべせーけんの実害の一つに、
言葉の破壊があります。
本当に軽く気持ち悪く卑怯に、
日本語を変え続けている。
最近になって使いたくなくなった言葉がたくさんある。
言葉は世につれ変化するのは当然なのだが、
元の意味やニュアンスに敬意を払わず、
心にもない妙な乱用はやめてほしい。

「絆」はお気に入りのようだが、
これはもともと動物が逃げないようにくくりつける紐である。
絆は束縛のニュアンスがあって嫌だ。
「寄り添う」なんかも連発されすぎて、
気持ち悪くてしょうがない。
橋下徹のせいで使えなくなった「やんちゃ」。
女性支持者を前に媚びるように甘えるように、
やんちゃさせてください、と言った。
この時は本当にぶるっとするほど気持ち悪かった。
この前「魂を削る」についてなんか変だと書いたが、
今日別の役者さんの言葉でこれが出てきた。
割に流通しているようだね。
「命を削る」ならまだわかる。
命を粗末にすることは推奨されないが、
それと引き換えにやりたい事があるなら、
本人の希望であるなら良いではないか。
しかし、魂の方は、死ぬまで大事に育てていくべきで、
削るなんてとんでもないと思う。
違うのかな。
2018年10月05日 | Comments(0) | 未分類

算数の問題、山

さてさてついに算数の問題にかかった。
これは毎回ものすごく苦労するんだけど、
私がやるしかない仕事。
ギャラリーは複雑な形をしていて、
壁の状態も同じではない、
釘が使えるところと使えないところがあって。
どこの壁に幾つの額をどのくらいの間隔をあけて、
飾るとうまく収まるかという事なんだけど、
これが私には非常に難しい。

数字が絡むと突然病的におどおどする私は、
普通の人には絶対わからないと思うけど、
例えば一度何かを測って、142ミリね、
うん、えっ、142ミリだっけ、、
ともう一回測ったりする…
これはものの数を数える時もそうで、
何回数えても途中で混乱したりする。
こういう事を延々やって、額の数と額縁の長さと、
間の空きを、壁の長さに対して、
引いたり足したり割ったりかけたりして計算する。
私的にはもう想像するだけで難しい、、疲れる、、
今回は横長の額の数が多くて、
やはり一部二段にしないと無理かも、
というところまで今日は進んだ。
でもこの前の個展の時はもっと絵の数が多くて、
もっと額のサイズもいろいろだったから、
あれに比べるとマシかもしれない。

またしてもお天気が悪くついに北アルプスは、
寒すぎなので、一泊で尾瀬方面に行く事になった。
天気は曇り一時雨、たまに晴れの予報だが、
さほどあるぷすではないので、決行の予定。
嬉しい!
2018年10月05日 | Comments(2) | 未分類

VOC測定器

201810031648505b0.jpeg
これは何だろう?仲卸の通路にあるけど。
安田浩幸さんついと

@jishizuka @8qZMGy937fcrbkn そもそも生鮮食品市場でVOC測定をしなければならないって状況がおかしい。VOC排出規制や測定の必要があるのは化学工場や塗料・印刷工場。VOCというのは有害大気汚染物質のこと。つまり、この豊洲市場内にそういうものが入ってきてるかどうか調べ続ける必要があるという状態。
森山さんついと
meti.go.jp/policy/voc/dow…

どんな職場としても適切ではない場所、
ガス工場の跡地を、
あろう事か人の体に入る生鮮食品を扱う市場にする。
雨のたびに、これも有毒物質を含む地下水が溢れてきて、
今後ずっとこれをかき出し続けなくてはいけない。
そんな豊洲市場に引っ越すために、
(今度の11日が豊洲の晴れの開場の日です。)
海外の観光客にも人気の築地を壊す。
豊洲移転を機に都内の寿司屋や料理屋で、
閉店する店が相次いでいる。
日本人は特に都民は変わっている。
どうしたらそんな事がいいと思えるのか。
私には全く理解できない。
2018年10月04日 | Comments(0) | 未分類

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード