FC2ブログ

予定が狂う

なんと胃腸炎の下痢っ子になって、
ゆうちゃん様御一行が、
お正月欠席の可能性が出てきた。
私はぜひ、かるた大会をやりたかったのに。
大人ばかりではなんなので、
蕾も山のにぎわいで、ヤングなゆうちゃん様の参加は、
ぜひとも必要だったのだが…
そんなんで何かと食べ物のご用意の具合も、
微妙に予定が狂ってしまった。
ま、仕方がない。
下痢っ子ではあるが元気がないわけではないらしいので、
ま、そのうち治ると思うが。

昨日はついにゼンマイの薪入りおでんを作った。
ごく弱火で煮たので、
お出汁もスキスキで綺麗にできた。

2018123108222856a.jpeg
2018年12月31日 | Comments(0) | 未分類

贈与経済ローカリズム

新自由主義、グローバリズムに対抗するには、
贈与経済、ローカリズムしかないわけなので、
せっせと自分の手を動かして作ったものを、
ご近所に配るというわけである。

この時期は黒豆とべったら漬け。
黒豆は去年より甘さ控えめで、あっさりしている。
今年買った豆は粒が大きく見事であった。
昨日ちょっと探りを入れてみたところ、
べったら漬けもいい感じであった。
私のは甘酒のみなので、これもマイルドな甘さで、
塩の抜け加減も良さそうであった。
今日はこれを配達しに行く。
2018年12月29日 | Comments(0) | 未分類

201812271642120df.jpeg

今日は種取り用にぶら下げておいた、
満願寺唐辛子を採った。
真っ赤でシワシワに乾いていたが、
中を開けるとやや湿り気がありました。
でもこんなに綺麗な種がたくさんできていた。
去年の種よりずっと美しい。
100位はありそうなので、
欲しい人はぜひ声をかけてください。
夏、美味しい天ぷらだの焼いてお醤油かけたり、
いろいろに食べられます。
写真の下にあるのはピーナツかぼちゃの種です。
この前スープにしたやつ。
これも植えてみようと思う。
うちは植える場所が無いので、
やはり満願寺3本、ピーナツかぼちゃ2本って感じかな。
これから土作りに精を出します。
2018年12月27日 | Comments(3) | 未分類

セクハラの話、

昨夜は広河さんのスキャンダルのニュースが、
飛び込んできて、なんとも言えない気分になった。
真実のほどはまだわからないが、
これが突然の休刊の原因だろうことは、
ま、確実ではないだろうか。
彼が編集長を止める時、次の編集長を決めるために、
紙面を作るコンペがあった。
結局社員であった女性編集者が一等になった。
彼女も大変才能のある人のように思えた。
なんと言うか全体にもったいない話である。
にわかに信じられない事である。
その仕事を見て尊敬していたジャーナリストだから、
もし事実であれば非常にショックである。
2018年12月26日 | Comments(2) |

べったら漬けです。

本漬けした。
塩漬けにした大根を洗って、
日に干してから漬けたいわけだが、
今日は朝のうちしか日が差さないらしいので、
大急ぎでやったのである。
この時水で塩抜きする、ともあるが、
少し食べてみた感じでごく短時間水にさらした。
麹につけると塩気が抜けるのだが、
どのくらいの塩気がちょうど良いかは、
全くわからんときて、ずばりいい加減である。
麹はとろみの加減もよく、すごく甘い。
最高の出来栄えである。
唐辛子だが、これは金沢の地場の、
剣崎なんばといって、小さく細長いがすごく辛い。
ラッキョウの時経験積みなので少しにした。
種を取って洗っている段階で咳が出てむせた。
強烈である。
浮かない程度の重石をするが、
我が家の重石は、庭にあった石、
爺さんの家にあった壊れた石の時計と化石の置物、
このようなラインアップ。
一番軽い化石を採用した。笑
美味しくできるといいが。
ま、自信はないね。

20181226094801112.jpeg
20181226094754a4a.jpeg
20181226094754b6c.jpeg
20181226094736394.jpeg
2018年12月26日 | Comments(0) | 未分類

鳥の丸焼き

今日はクリスマスなのでとりあえずトリを焼いた。
子供たちがいる時は一羽焼いていたが、
今や年寄り二人なので大きめのモモ一本で十分だった。
うさぎもイエスさんのおかげで美味しかったらしい。

鳥を焼くといつも思い出すのは、
何で読んだか忘れたイギリスのおじさんの事。
このおじさんは独り者。
毎週日曜日に鳥を一羽焼く。
そして1週間かけてたべるという。
この小説ではさらっと書いてあっただけなのだが、
私はどうやってこれを食べたか考えてしまう。
日曜はモモ一本、月曜はもう一本、
胸もけっこう食べでがあるから2日みる。
くず肉と皮とお皿についた汁など綺麗にとって、
器に入れて冷蔵庫にしまっておけば、
コラーゲンが固まってパテが出来るだろう。
5日目はこれを食べる。
金曜日は骨ごとコトコトお鍋で煮込んで、
美味しいスープができる。
ここにじゃがいもなり人参なりキャベツなり入れ、
シチューにするのが良いだろう。
土曜日はこのシチューがいよいよ煮詰まって、
味に深みが出たところをいただく。
こうして1週間が過ぎてゆくのではないか。
著者は誰だか忘れたわけだが、
日本人の私がここにこれだけ興味を持つとは、
夢にも思わなかっただろう。
でもこのやり口は意外に良いと思う。
おじさんはメニューを考えなくて良いし、
案外飽きがこないんではないか。
2018年12月25日 | Comments(0) | 食べる

プレゼントや!

20181225085144d9a.jpeg

朝から庭にオナガが来ていたので、
クリスマスだからリンゴでも奢るかと、
ベランダから桜の木に刺してやった。
5分もしないうちに、ヒヨドリが来た。
散歩から帰ってきたらもうこんなに食べていた。
メリークリスマスや、鳥さんたち!
2018年12月25日 | Comments(0) | 未分類

蛸の本さわり

「タコの心身問題」はちょっとふざけたタイトルだし、
本屋で平積みだったから、
割に読みやすい一般書なのかと思ったら、
大間違いでした。
中身は意外に難しくて、ぼやぼや読んでいたら、
理解できない。
著者のピーター・ゴドフリー=スミスという人は、
哲学者です。
心の成り立ちについて考えている人である。
そしてこの人は同時にダイビングの達人である。
こう言う人でなければこんな本は書けない。

今の日本はちょっとでも他のことを勉強したら、
専門分野で他人に負けてしまうと言うわけで、
あらゆる研究者が小さい穴を掘るようなやり方で、
勉強している。
全ては繋がっているのに。
科学は万能のように人間は思っているが、
我々はやりやすい所を研究しているだけで、
難しい分野や、全く思いつかない分野は、
広大に広がっている。
蛸は、ニューロンの数で言えば、
犬と同じくらいある。
賢さの質は違うわけだが、
ザックリいって、かなり賢いのである。
ここでまたしても浮上する、
賢いやつは食べにくい問題!!
お正月とはいえ私、蛸はいただきません。笑
2018年12月24日 | Comments(0) | 未分類

べったらの途中

べったら用の大根は水をすてて、
新しく薄く塩漬けにしました。
二度に分けて塩漬けにする意味は何なのか、
今んとこよくわからない。考えてみます。
言われた通りやってみた。
同時に甘酒のうんと濃いやつを作りました。
群馬で買ったのと中村橋で買ったのを、
合体していつもより水を減らしてドロドロにしました。
世の中ではもち米やなんかを足しているようですが、
もち米が無く麹が沢山あったので、
麹だけにしました。
どっちが美味しいのかな。
明後日、水で流し少し日に干して、
いよいよ麹につけます。
塩加減がポイントなんだけど、
なんか全体にアバウトな私なので、
出来栄えは運任せです。
2018年12月24日 | Comments(0) | 食べる

今朝ツイッターを見ていたら、
辺野古へ向かうダンプカーが、
ほとんど土砂を乗せていないというツイート、
上から写した写真があった。
これは問題になるなと思ったが、
どうも完全に消えてしまった。
あれは幻だったのか。

辺野古の工事をやりたいのは、日本せいふである。
お仲間企業が儲けて、沖縄の民意を踏みにじる、
このふたつのことのために。
マヨネーズと言われる地盤で、
飛行場を作るのは無理だともいわれていて、
アメリカも別に早くしろともなんとも言っていない。
政府は完成させるつもりも無いらしい。
ただじゃぶじゃぶ税金を投入することが目的。
だからダンプカーがたくさん走れば良いわけで、
砂利はよそでも使えるしね。
写真では荷台が四隅に見えてるくらい、
小さな低い一山で、多分積載上限の、
1パーセント以下のお荷物であった。
あれはうそだったのかな…
2018年12月23日 | Comments(0) | 未分類

2世代目の1号

とにかく1匹は仕上げちゃおうということで、
二期目のこんちさん1号です。
なんか面白みのないファッションかしら。
以前のものと並べてみると、
意外に前回のものはマスキングとか破綻が無く、
綺麗に仕上がっています。
これは紺色のつや消しと半光沢の縞模様という、
げきしぶのお洋服。
当時ワイズのこんちさんと呼んでいたやつです。
ま、おいおい進めていきます。

201812230919261f2.jpeg
20181223091931e4f.jpeg
2018122309192817f.jpeg

2018年12月23日 | Comments(2) | こんちさん

こんちさんその後

20181222113652f65.jpeg

靴の色が綺麗に乗らなかったので、
仕方なくまたヤスってやり直した。
マスキングをやり直さなかったので、
境目が汚くなった。
完全に予想はしてた。笑
リタッチしなくちゃね…
またヨドバシホビー館に行って買い物。
ああいうとこは男の人しかいなくて、
女でしかも白髪ババアは凄く珍しい。
プラモデル好きは圧倒的に男だからね。
なんでだろう。
乗り物とか飛行機とかロボットとかだからね。
この分野では私は馬鹿な男の仲間である。笑

昨日おとといと、前の婆さんの家の古い作り付けの家具を、
ぶっ壊して捨てるようにまとめる仕事に専念していた。
重いハンマーで破壊する作業は、
結構やると楽しい。笑
ウサギが怯えてた。
でかいタンス二つ、木っ端微塵にしてくれたぜ!
2018年12月22日 | Comments(0) | こんちさん

御座所

201812201739182fc.jpeg
201812201739196db.jpeg

座布団の仕上げをやってしまおうと、
袋を縫った。
この生地色がイマイチだけど、
明らかに座布団用の生地で、出土品。
ウサギ用なので2枚分を使って、
普通のサイズより長くして見た。
裏が青で反対側が緑。
とにかくこの綿のふくれぐあい!
普通の座布団に収まっていたとは信じられないです。
この綿のほうが古いので弾力みたいなものは無く、
切れやすいので上手く層にするのが難しかった。
でも隅っこは前より気をつけてやや大きめに。
この前ひっくり返すのに苦労したので、
口を開けすぎた。
これからはここを閉じて、
例の長い針で止めたら出来上がりです。

糸で止めない状態で、部屋に持って来て、
うさぎちゃんに使ってみてもらいました。
長くしたのに短い辺で寝てるし。
2018年12月20日 | Comments(0) | 未分類

この頃のこんちさん

こんちさんはこのところ失敗続きで、
結局全部サアーフェイサーを吹くことにした。
何匹か途中までやって、
どうしても気に入らなかったが、
やっと3匹目で、まずまず納得できる奴が、
出来つつある。
筆塗り用の白が無くてまた買いに行かなきゃ、
目玉が描けないし、全くむかつく。

20181220084143837.jpeg
2018年12月20日 | Comments(0) | こんちさん

べったら漬け計画

201812190902549e0.jpeg

今年ももうこんな時期になってしまって、
呆れるほど時の経つのは早い。
お正月はどうせ子供たちもちょろっと来るだけだろうから、
黒豆とお煮染めくらいしか作らないことにした。
その代わりというか久々にべったら漬けを作ろうと思う。
今年の大根はものすごく大ぶりで、水太りが激しい。
二本でこんなにある。
いつもの塩漬けにする容器に入りきらないので、
たまたま救世軍で見つけて買っておいた、
やや小ぶりの器と二つで漬けようと思う。
それでも際どいかも。
塩漬けにするとグッとカサが減るから、
本漬けは大きい方で間に合うんじゃないか。
忙しさにかまけている内に、
出したり入れたりだけはしていた綿が、
凄く膨らんでいる。
座布団の袋も縫わねばならん。
2018年12月19日 | Comments(0) | 食べる

プラモ屋

スプレー缶を買いに新宿までまた行ってきた。
頭を吹いていたら、突然空っぽになったので、
どうしても同じ色が必要になった。
少し前まですぐ近所に模型屋があって、
タミヤのスプレー缶は随分揃っていた。
日本はプラモデル愛好家が多く、
たいていちょっとした町にはプラモ屋があったが。
東急ハンズかなぁと思って行ったが、
タミヤのがなくて、ヨドバシホビー館というところに。
ここはすごい品揃えでした。
しかし町のお店やさんが無くなるのは絶対に不便。
うちはヨドバシが近いから良いけど、
他の人はアマゾンという事になるのかな。
これからは店舗のないお店はネット販売に委託するしかなく、
元締めががっつり手数料を取る事になる。
すでに書籍でもアマゾンは特に高いというしね。
若い人は現在はいろいろ技術が進歩して、
便利な時代になったと言うが、
私が生まれてからだけ考えても、
今が最低の時代だと思う。
こんな荒んだ時代が良いなんてどうしても思えない。

バスの中で蛸の本を読み始めたが、
出だしから所謂エキサイティング!笑
蛸とお付き合いして見たい!!
2018年12月19日 | Comments(2) | 未分類

ドイツでは

世界のドイツの情報を読んだ。
メルケルは引退を宣言しているが、
与党の敗北、極右の台頭と巷では聞いていたが、
梶村さんのリポートを読むとそれだけではない。
極右は意外に頭打ちで、
際立って増えているのが緑の党である。
キューバ人を父に持つドイツ人の青年が殺された事件で、
容疑者が亡命シリア人であったことを契機に、
ネオナチや排外主義団体がデマ情報を拡散しつつ、
「追悼デモ」を呼びかけ、これが暴徒化した。
これに対抗するカウンターデモの呼びかけに、
ベルリンでは実に24万人の市民が集まったという!!

福島以降変わっていくのはよその国で、
我が国は美しい珊瑚の海に砂利と赤土をぶちまけている。
このニュースは世界中で報道されている。
チョムスキーなどの知識人も批判の声明を出している。
国内のアカデミアが何も言わないのはおかしい。
うにも凄いバッタもすごいでも読んだが、
珊瑚が果たしている役割は、非常に大きく、
海全体に影響を持つ。
眉をひそめ目を背けられる国になっている。
本日例の著名は9万筆を突破している。
やれることをやるしかない。
2018年12月18日 | Comments(0) |

入会地

赤坂さんは福島と水俣を並べて語っているが、
その中で初めて知ったことがある。
福島の原発のある場所は、元々は入会地で、
その後塩田になった場所を東電が買い占めたものであると。
水俣の窒素の工場も塩田に立ったものである。

入会地というのは地元のコミュニティの共有財産で、
山であれば家を建てる材木、燃料にする薪、
肥料に使う落ち葉などを皆に平等に供給する。
川沿いの土地なら茅など屋根を葺く材料を取る。
塩もまた必需品であろう。
昔は公共サービスなどなかったが、
こういうシステムがそれに代わる役目をしていた。
そういう場所は共有財産であるから、
個人が所有していなかった。
そこが狙われたのである。
そう考えると近代というのは、
民間企業が公共財産を奪い取って、
太ってきたものであり、
それはまさに今も続いているということだ。

苦界浄土を読むと、
不知火の海でいる分だけの漁をする人達にとっては、
海自体が入会地のような役目をしている。
誰もに開かれている豊かな海で、食べる分をとって、
感謝しつつ慎ましく生きてきた人たちがいた。
そういうことができたから生きていけたのである。
生存に直結した水までが私企業に買われ、
現在の都会生活者には、誰にも平等に与えられる、
公共の財産というものの恩恵がない。
どんどん無くなっていく。
2018年12月17日 | Comments(0) |

ストップ辺野古!

20181217081222d30.jpeg

私がサインした時は3万くらいだったと思うが、
今朝の東京新聞では6万超となってるから、
現在は7万くらいに増えているかも。
アメリカ頼みで情けないが、
出来ることはなんでもやったほうがいい。
私のような英語がわからんやつでも出来るから。
名前をローマ字で入れて、
メールアドレスを入れる。
返信のメイルが来るから、その中の青い字のところをクリック、
これで署名完了です。
10万超えるとホワイトハウスには、
なんらかの返信をする義務があるそうです。
世界中にサインしてくれてる人もいるよ。
是非拡散してください。
https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa
2018年12月17日 | Comments(0) | 未分類

3冊ゲット

20181216182558733.jpeg

蛸の本は意外や店頭に平積みでした!
石牟礼さんの特集があったので買う。
世界は前のがまだちょっとしか読めてないけど、
買っとかなくちゃと。

電車の中で石牟礼さんのを読みだしたが、
なかなか複雑な気分になりました。
巻頭の渡辺京二の文がはなっから、
苦界浄土が渡辺京二との共著だと言う噂に対する、
はっきりとした反論です。
石牟礼さんの手柄にしたくない人が、
そんなにいたのかと…
これはま、はっきり言えるのは彼女が女性だからですね。
才能があればあるほどこういう話になる。
赤坂さんの文章を読むとまたしても、
同郷の谷川健一の石牟礼さんに対する嫉妬こだわりの話。
谷川家は石牟礼さんの家と、
びっくりするほど近所だったわけです。
谷川家は秀才のいっぱいいるインテリのお家、
石牟礼さんは石工の娘。
やはりよく言われるように男の中でも、
九州の人は重症なんかしら…
あの上野英信でさえ妻には文章を諦めさせたんだしね。
なんか情けなくなってしまった。
私の何十倍もそれらと戦って、
あれだけの仕事を残したのが石牟礼さんなんだけどさ。
2018年12月16日 | Comments(0) |
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード