FC2ブログ

負けず嫌い

世の中には負けず嫌いという人たちがいる。
私は中学生の時、あー、
負けず嫌いってこういう人の事か思うと、
非常に印象的な事があって、同時に、
私はどちらかと言うと負けず嫌いではないなと自覚した。
負けず嫌いは別に悪い事ではない。
スポーツ選手なんかはみんなそうだし、
実際負けてもいいやと思っていたら勝てないだろう。
世の中でうんと勉強していい学校に入った人も、
大方負けず嫌いだろう。
だから現在の官僚とか政治家は、
多くが負けず嫌いなんじゃないか。
官僚や政治家が死んでも間違いを認めようとしないのは、
認めたら負けと思っているからなんではないか。
負けず嫌いも大事な事だけど、一緒に、
潔さも学んで欲しい。
これがセットでないとよくない。
2019年03月14日 | Comments(2) | 未分類

「江戸庶民風俗絵典」

2019031315301128d.jpeg

「江戸庶民風俗絵典」という本をもらった。
これに類するものの文庫本サイズのは、
2冊持っているが、これが優れているのは、
著者の三谷一馬氏の詳細な説明がついているところ。
別の冊子になっていて絵をみながら読むことができる。
時間があれば眺めているが、
これを見ていると江戸は火事が多かったのは、
当たり前だなぁと思う。
木でできた家の中で生の火を使っていたんだから。
私だって絶対火事にしちゃいそうである。
またうなぎの蒲焼屋がいろいろ出てくる。
上等のから屋台まで、何パターンもあって、
うなぎの蒲焼きがみんな大好きだったと見える。
それが今や、絶滅かと言うのだから恐ろしい。
猪の肉屋が出てきて、足元に破傘が見える。
古い傘の紙が油紙だから、イノシシ肉を包むのに、
ちょうど良いという事らしい。
その説明で川柳が出てくる。
川柳はあちこちに引かれているが、
短歌や俳句と違って庶民の日常を読んだものだから、
こういう時には資料的な価値が出てくる。
川柳も意外に役に立つんだ。
この絵は犬が出てたから出してみた。

けさの観山ザクラはこんな感じ、
まだ蕾だけど大変鮮やかでした。
ここはうさぎが走り回る公園です。
ビルボもここで遊んでいたし、その時も桜はあったけど、
だいぶ大きくなりました。
木は長生きです。
またこの木の下には、
山ほどセミの幼虫がいるはずです。
毎年抜け殻の花が咲きますから。
うさぎはお花には興味なし。
201903131530112b3.jpeg
2019年03月13日 | Comments(0) |

記念日は終わりっ

昨日が福島の地震と津波と、
原発の爆発から8年だったわけだが、
私は情けなくてどうしようもなかった。
グリンピースから来たニュースレターでは、
放射能の定点観測の結果などがまとめてある。
(去年寄付したので送ってくれたもの)
復興拠点と政府が定め帰還させようとしている地区が、
やはり広範囲、高濃度で汚染されている現実。
除染に携わる作業員の待遇に関しても、
人権問題であると。
継続的な計測の結果と共に国連に報告されています。
我が国は国連から様々な分野で勧告を受けていますが、
内容を無視するばかりでなく、国連に対して怒っている。
今日の夕刊はすっかりリセットして、
オリンピックのネタがトップとなります。
記念日のイベントはおしまい!て感じ。
私の住んでいる国では、
こういう風に以外できないのか。
どうしてもこうなっちゃうのか。
2019年03月12日 | Comments(0) | 未分類

文楽

今日は明治神宮で文楽を見てきた。
文楽に親しんでもらおうという試みで、
1000円で見られる。7時からの回。
お能なんかのように、
明治神宮の舞台でやるのかと思っていたが、
入ってすぐの場所に特設の舞台があった。
あいにく小雨が降ってきたが、
雨具を着てみた。
演し物は「小鍛冶」。
人形の踊りの面白さに主眼があるタイプで、
景事物と言うらしい。
狐の踊りが素晴らしかった!
こういうタイプのもあるんだね。
短い時間だったが満足感があった。
寒いかと思っていたが暖かく小雨はあったものの、
背景には大きな木立、明るく照らし出された舞台、
外で見るのは格別の味があるものだし、
文楽もいいもんや。
2019年03月11日 | Comments(1) | 未分類

庭の椿

2019031015283076c.jpeg

先日来の雨でやっと椿が咲いてきた。
花びらの多いものは、蕾のまま落ちたりして、
気の毒だった。
でも私はどちらかというとこういうツボツボとした、
小ぶりな花が好きだ。
いつのものとも知れぬウニの瓶に挿した。
アレはもう長いこと食べてないねぇ。
美味しいものであるが高級なものでもあるから。
ウニの瓶詰めの瓶はなぜか肉厚で、
私は大変気に入っている。
捨てる気にならない。
2019年03月10日 | Comments(0) | 未分類

しかない

最近、
感謝しかない、尊敬しかない、
という風に「しかない」という言葉を使う人が多いのは、
なんでなんだろう。
間違いという訳でもないし、使ってはいけない理由もないが、
みんな一斉に「しかない」といいはじめたのは、
不思議さしかない。
今使ってみてわかったけど、どうも、
どうしても名詞にして使いたいということなんだなぁ。
なんの流行りやねん。
2019年03月08日 | Comments(1) | 未分類

マスク

最近は季節を問わずマスクをかけている人が多くて、もう慣れたが、
アレルギー疾患の増加などもあり、
あの使い捨てされるマスクの、
需要と供給はすごいものなのだろうと思う。
時々黒いマスクの人を見かけるが、
必ず鴉天狗みたいだなぁと思う。
鴉天狗の本物は見たことないくせに。
会って見たいが、結構怖いかもしれんな。
2019年03月08日 | Comments(2) | 未分類

法然

法然少年は本当に賢かったと見えて、
13でお山に入るのですが、
先生に私じゃ荷が重い、もっと偉い先生とこ行きなさいと、
たらい回しされるほどだったのでした。
仏教には中国の偉いお坊さんの書いた本や、
それを学んだ日本のお坊さんの書いた本など、
沢山の立派な蓄積があり、
それが教理という仏教理論の体系です。
法然はそういう本を片端から読んで、
何年もかけてお勉強して、結局山を下りる。
挙げ句の果てに!
仏さんの名前を唱えるだけで良い!
という異常にシンプルなところにたどり着くのです。
法然はいろんな難しいことを勉強しないと、
浄土に行けないなんていうのはおかしい、
学のない人も賢くない人も煩悩まみれの人も、
いわゆる凡夫も救われる道があるべきだと。
これは仏教界では新しいアプローチで、
要するに新興宗教な訳でした。
大原談義、東大寺講説などの場面では、
並み居る宗教界のお偉方の前で、
公開討論のような事をしている。
みんなたちは、法然ってどうなの?て感じで、
たくさん集まったのだけど、超自然体で登場して、
あっさり論破みたいな感じだった模様。
その後念仏の広がりと共に、危険視されて行き、
流罪を食らう訳だけど。
東大寺講説は本になって残っている。
元は漢文で書かれていて、
それの読み下し文の一部を私は読む訳だけど、
漢文というのは実に明快で曖昧さが無く簡潔。
当時の日本では公的な文書も、
お坊さんが読むもの書くものもすべて漢文であった。
法然がそれをお話しする時は、どう言う話法だったのだろう。
とにかく言葉の体系は思考の現れたものだから、
法然たちの頭の中は、きっとくりっと明確であったのではないか。
近年の日本語はいよいよ曖昧を目指しているような気がする。
日本人の頭の中はドロドロではないだろうか。
2019年03月07日 | Comments(0) |

庭のこと

よく雨が降る。
私はちょっと嫌だけど、庭の皆さんは喜んでいる。
芍薬の赤い芽が急にいっぱい出てきた。
今年は白が花芽を付けるだろうか。
今朝見ていたらなんとクロッカスが咲きそうであった。
大昔に植えたもので、もう何年も咲いていないから、
全く予想もしなかった。
一つだけだけど。
植えっぱなしで元気なアネモネも、
第一号の花を持ち上げてきている。
あとは今年はクリスマスローズがたくさん咲いた。
種が落ちて増えた株がだいぶ大きくなって、
花をつけるようになった。
古い葉を切ってしまうとうさぎが踏み荒らすので、
なるべくこんもりさせて、
通行の邪魔をするようにしたのが、
功をそうしたらしい。
2019年03月07日 | Comments(0) | 未分類

昨日のこんちさん

20190306080944678.jpeg

昨日は久々に晴れて、スプレー日和でした。
今日はまた駄目な天気です。
最後に残っているこんちさんは、
一度固まらなかった時の後にやったやつで、
少しアバタがあったりします。
レジンは2種類の液を混ぜて使うのですが、
硬化速度が非常に早いので、
数秒で素早く確実に撹拌しなければならない。
その時は多分ちゃんと混ざっていなかったのだと思う。
それで型に汚れがつき、
次のにそれのかけらが混ざったのしょう。
なるべく綺麗にヤスって、
サーフェイサーをかけてもう一度ヤスって、
何とか一人前にしてやろうと苦労しています。

泣いても笑ってもあと六人しかいないので、
慌てずゆっくりやります。
2019年03月06日 | Comments(0) | こんちさん

くやしい

以前原爆と原発という題で何回かに分けてやまに書いたけど、
アメリカは原子力平和利用という大掛かりな展示を、
間髪を入れず世界的に展開します。
日本では正力松太郎や中曽根がご活躍して、
傷も癒えない広島でも開催します。
最後まで頑張っていた被爆者組織は、
自分さえよければ良いのか、
平和利用ができなくて泣く人がいても構わないのか?
と言う論法で崩されます。
被爆者組織の会長の声明は苦渋に満ちたもので、
泣けてくるよ。
このやり方は今もいろんなところで使われています。
こうして日本人の原爆、原子力に対する、
忌避感は木っ端微塵に足蹴にされ、
現在の原発列島を作り上げた訳です。
アメリカは原爆を絶対手放したくなかった。
原爆の広島と長崎での大成功と、
ペニシリンの実用化、この二つで、
アメリカはかつてない全能感に酔いしれていたと言います。
アメリカは本当に強いし上手いし悪い。
でも情けないのは日本の方でしょう。
あの過酷事故を経てもしがみつき、
今回の展示もほとんど見つけられないようにやっている。
建物の前の案内板にも無く、
玄関を入って初めて小さなチラシが見つかった。
私も間違えたかと思った。
杉並の女性たちの頑張りは、
限りなく跡形もないものにされ…
2019年03月05日 | Comments(0) | 未分類

セシオン杉並へ

セシオン杉並の原水爆反対署名に関する展示を見てきました。
丸木夫妻の絵は大迫力でしたけど、
なんかがっくりきてしまった。
杉並区のうちの近所の魚屋さんが始めた署名運動は、
杉並だけで26万筆、
当時の人口は赤ちゃんお年寄りも入れて39万というが、
その7割の人が書いたのです。
これは全国へ広がり、日本の成人人口の半数が署名したと!
そして世界に広がりました。
今の私には考えられないです。
問題はいっぱいあるけど、どこにでも、
他人事感が漂いまくっている。
がっくりしてたらダメなんだろうけど、
まじ虚脱感や。
でもこの後に原子力平和利用を認める、
切り崩しが来るんだけどね。
2019年03月05日 | Comments(0) | 未分類

ガザから比叡山

岡真理先生のパレスチナの本を読み始めたが、
しんどくて休憩を入れている。
割と発言しておられるのでお名前は見かけていたが、
著書を読むのは初めてだった。
カナファーニーの「太陽の男たち」を読んで、
パレスチナ問題に取り組む事になったらしい。
私も数年前この本を読んでものすごい衝撃を受けた。
あー、あれかー、と緊張が蘇ってしまった。

とにかく今はちょっと休んで、
この前家を建て替えるっていう人から、
何冊か本をもらってきたのだが、
その中から「法然」を読みだした。
このジャンルの違い方がおかしいでしょ。
法然の子ども時代からの賢かったぶりは、
すごいものである。
法然面白い。
2019年03月04日 | Comments(0) |

ダサい、

官邸の望月記者に対する嫌がらせは、
不倫疑惑を捏造するまでにエスカレート!
どうも彼らはショートカットの、
クールな美人さんを見ると、
生意気な女め、目にものを見せてくれるわ!
と、ハラスメント心がムラムラと沸き起こるのではないか。
反対にロングヘアーの甘ったるいファッションの、
あの人とかあの人とかは好きなんだよね、と、
妙に納得する。
どういう髪型にするか何を着るかは、
もちろん勝手であるし、好き好きだが、
なんかこう、傾向ってあるよね。
おじさんたちは一言で言ってダサいねぇ。
2019年03月04日 | Comments(0) | 未分類

関係ある事は関係ない?

消費税のことや食の安全の事など、
自分に直接関係のある事なのに、
どうもみんな興味があるように見えない。
そのくせ、赤の他人の結婚だの不倫だのには、
興味津々だったりして。
最初は確かにちょっと面白いかもしれないが、笑
所詮自分には何の関係もない話じゃん。
何でそっちなのか意味がわからん。
普通反対じゃないのかな。
消費税が最初に導入された時の大騒ぎを思うと、
この淡々と受け入れる感じが信じられない。
不公平な税制でそれも1割だよ。
TPPの反対集会みたいのに行ったときも、
道行く人で怒る人とかいるんだよ。
迷惑だって。
毎日食べるものだけで我々の体は出来ているのに。
あんたもそうなのに、と不思議だった。
2019年03月03日 | Comments(0) | 未分類

哀れで悲しい

私が国家だとまで言い始めました。
常日頃から国会で彼は、私は総理大臣だから、
総理大臣としてここに立っているとか、
そういう事をひっきりなしに言います。
これを言わないと心配になるのではないか。
海外の国際会議での動画とかを見ると、
写真を撮るときなど皆が両脇の人と、
気軽に談笑しているような場面で、
彼は誰からも声をかけられずポツンと、
していることが良くある。
G20などでも彼の演説は誰一人聞いていないし、
堂々と席を立って他の人とお話している人もいる。
いくら鈍感な人でも、これは良く我慢できるなぁと、
驚くほどです。
その反動で国内では威張れるだけ威張りたい。
下品な野次もNHKが優秀な編集技術で、
無くしてくれるし、しどろもどろはカットしてくれる。
結局日本人が悪いんだよね。
彼の居場所はそこではない。
2019年03月01日 | Comments(0) | 未分類
«« NEW | HOME | 

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード