FC2ブログ

うさぎの事

うさぎは、庭に出ると、
道路の方を監視していて、
犬や子どもが来ると凄いスピードで、
生垣に駆けつける。
うちの生垣はムベと言うツル植物なので、
下の方が、
ちょうどウサギの背丈ほど空いている。
彼女は特に小学生の男の子がお好み。
あの子らはおしゃべりしたり、
大笑いしながら歩いてくるから、
早めに準備して、丁度前まで来ると、
突然吠える。
わーー!と言って駆け出すと、
尻尾フリフリて吠えに吠える。
これが趣味。
見てると面白い。

うさぎは肩と腰のところに、
赤ちゃんの時噛まれた深い傷があって、
傷は治っているんだけど、
これのせいで筋肉や筋に問題がある。
小さい時もいろいろ大変だったが、
今また、首肩の形が変わって、
そのせいで左手が痛いらしい。
毎日マッサージしてるけど、
もう少し落ち着くまでダメみたいだな。
元気だけどね。

今日から怒涛の味噌作りが始まった。
2021年01月31日 | Comments(0) | 未分類

くす玉!!

謎のくす玉登場。
つまみ簪を巨大にしたようなもので、
下に長い様々な色の飾り紐が垂れている。
高いところに吊るすもののようである。
これもばあさんのものであろう。
くす玉と書いた立派な箱に入ってたし。笑
お道具はそこそこ立派だが、
今日日もっと細工の細かい雛道具が、
ヤフオクでいくらでも売られている。
くす玉の方がレア物かも知れん。
とにかく昨日今日で全ての箱は、
開けてみた。
あげく、どうしたもんか、と苦い顔…

202101301232403b6.jpeg
2021年01月30日 | Comments(1) | 未分類

下っ端

今年はお内裏様ではなく、
下っ端を飾ってやろうと、
我が家の階段下の収納を、
片付けを兼ねて開けてみたが、
次々にでかいお道具が出てきて、
言葉もない…
お道具は私の母の小さい物を毎年出している。
それに比べるとずいぶん大味だが、
悪い物でもない。
牛が引いてる棒の折れた牛車!
お籠も!
初めて見る物である。
ここに引っ越した時婆さんの家から、
箱に入れて持ってきて、
その後一度も出してないと言うことや。
これどうしたらいいか、、
死ぬまでに片付けを済ませないとと、
頑張ってるのに、
湧いてくる。
20210129142556ab4.jpeg

20210129142756184.jpeg
2021年01月29日 | Comments(0) | 未分類

続々と、

ほんと大昔なんか作ろうと自分で買った生地。
ゆうちゃんのスカートと、
かんちゃんのズボンを連続的に作った。
どちらも少し大きめ。
生地が厚くてポッケが難しそうだから、
丸かのマークは無しにするかと思ったが、
娘が残念そうだったので、
裾につけた。
ナイキとか、こういうのあるでしょ。笑
コールテンは毛足が長く、
刺繍がもぐってしまうので、
グーを作ってなんとか、マルは無しに。
20210128154907083.jpeg

20210128154928132.jpeg
2021年01月28日 | Comments(0) | 未分類

兄弟!

庭の水仙が風で倒れたので、
切ってきた。
あれに挿そうと持ってきたのが、
この花器である。
備前焼は特別好きと言うわけではないが、
これは形が美しいし肌も気に入っている。
そしたら、鉄瓶とそっくりでたまげた。
片方は鉄、片方は土なのに!
備前焼は釉薬がかかっていない。
土に鉄分がたくさん含まれているのだろう。
それにしても兄弟のようや。
2021012808285519c.jpeg
2021年01月28日 | Comments(0) | 未分類

力がわかない、

いくらグローバル化しようが、
多国籍化しようが、
国家は絶対なくならない。
資本主義経済のシステムを、
制度的に支えているのも、
支配の構造を、力で強制しているのも、
国なんだからな。
民主主義なんて言葉に騙されて、
ホモサピエンスは悲しい動物や。
自由を享受しているのは、
ごくごく一部の人間で、
平等なんて冗談みたいなもんや。
2021年01月27日 | Comments(1) | 未分類

続き

ヨーロッパが地球を征服した要因として、
17世紀オランダで生み出された、
軍事訓練の様式の話が出てくる。
オラニエ公マウリッツの、
「陸軍操典」と言うもの。
これは歴史の中で絶大な有効性を証明したと。
オスマン帝国もこれにやられた。
どう言うものかと言うと、
「集団訓練のなかで醸成される、
小隊、中隊単位の末端兵士の連帯感を、
大隊を経由して縦の命令系統へと接続する
巧妙なシステム」
「最終的に近代軍隊のみならず工場労働における自己規律の権力配置をも可能にした。」

なんと、
絶対服従の被支配と仲間との「絆」があれば、
最も効果的に働くと言うのが、
サピエンスの特徴なのか!?
なんかげっそり。
日本では学校教育にも当てはまるよね。
これを叩き込まれると、
自由を求めることもなくなり、
横の繋がりを乱す者をいじめると言う、
よくあるパターンになるのか。
2021年01月26日 | Comments(1) | 未分類

世界2月号より

今月の世界は、
大絶滅の時代である。
三宅芳夫氏の記事が面白い。
「自由と平等のサピエンス史
そして資本主義の持続不可能性」
ホモサピエンスが登場した時、
4種類の人類がいた。
最後のネアンデルタール人を、
絶滅に追い込んだ時、
地上最強の捕食動物になった。
我々の先祖は4万5000年前ころ、
オーストラリア大陸に到着、
1万4000年前アメリカ大陸に。
この時点で、
「オーストラリア大陸の大型哺乳類の9割、
アメリカ大陸の大型哺乳類の75%、
地球上の大型哺乳類のほぼ半分を、
絶滅に追い込んだ」!
その後は仲間とみなさない人類を、
大量に殺した。
西アフリカの黒人奴隷、数千万人、
カナリア諸島、イスパニョーラ島絶滅、
南北アメリカ大陸先住民2000万人の、
9割が絶滅。
キリなく出てくる…
そんな我々ホモサピエンスに、
贅沢や便利を手放してまで、
生物多様性を目指すことなど…
2021年01月25日 | Comments(1) | 未分類

まるか

丸かブランド、
半ズボンができた。
裏付きの大き目の袋も。
2021012417230177c.jpeg
2021年01月24日 | Comments(0) | 未分類

今朝の東京新聞

とるのやめるか、
2021012315484506d.jpeg
2021年01月23日 | Comments(0) | 未分類

どこの荒野で?

志位さんが国会でオリンピックやめろと、
言ったけど、この期に及んで、
太郎と共産党だけとはね。
国民の多くは、
既にオリンピックなど無理と知っているはず。
何故全力で彼らを支持しない?
命がかかってるのに。

足並みを合わせて、
政府の言い分を垂れ流している、
大手メディアは、
国民を裏切っている自覚はないのか。
そうやっていれば、
自分たちは、
幸せに暮らせると思っているのだったら、
聞いてみたい。
どこの荒野で?
2021年01月22日 | Comments(0) | 未分類

手袋、、

バイデンが大統領になったね。
トランプがほとんど狂人の域に達したせいで、
比べればバイデンが上等に見えるし、
確かに上等だけど、
サンダースを周到に排除するあたり、
なかなかアレだなあとお見受けした。
カマラ・ハリスはよくて、
オカシオ・コルテスはダメなんだろうな。
サンダースは手袋が話題になるというね…
2021年01月21日 | Comments(0) | 未分類

また読んでしまった、

やっぱり、王のしるしは面白かったです。
読むのは多分4回目か5回目だと思うけど。
今回はまた新たな発見もあったし、
何度もいけるね。笑
猪熊さんの訳はなかなかこっていて、
雷という字を、いかづち、とふったり、
かみなりとふったり、芸が細かい。
荒々しい物語にぴったりなクールな語り口。
川の水が泡立つ様子を、
発酵に例える表現が二度までも出てきました。
イギリス人にとって、
発酵の現場を見る機会は、
多いのでしょうか。
ビールとか?かなあ。
発酵好きとしては興味深いところ。

1人の奴隷身分であった剣闘士が、
容貌が似ているというだけで、
ある部族の王に仕立てられる話だが、
最後は王にしかできない決断を下し、
真の王として見事な最後を見せる。
女系部族の王殺しの儀式や、
馬族の王の戴冠の儀式など、
文化人類学者顔負けの詳細な描写も、
面白い。
もちろん目の位置がずれているコノリーは、
最高にかっこよかったです!
2021年01月21日 | Comments(0) | 未分類

変異!

メモ
ウイルス変異の理由は2つ。
①ウイルス複製過程でのミスコピーによる変異
②ワクチン接種などで抗体産生しウイルスが中和されようとするとき、中和回避のために、ウイルスは変異。これを免疫エスケープバリアントと呼ぶ。
英国変異株はこの免疫エスケープバリアント。

笹山さんついとより

こう言うこともあるのか!
知らんかった。
だめじゃん…
2021年01月20日 | Comments(1) | 未分類

火鉢

実は火鉢開きと言うイベントを、
企画していたのだが、
コロナさんのおかげで、延期に。
昨日、初めて火を入れた。
うまく燃えずに途中で消えたりしたが、
使いはじめは、
灰が湿気を含んでいると言う話もあり、
なるほどと今日もう一度やってみたが、
今度は上手く燃えている。
最初はガスで火をおこし、
それを火鉢に入れる。
いとつきづきしいやろ?!
部屋があったかくなるほどではないけど、
冷え冷えした感じは無くなるし、
私のような寒い好きには、
火鉢は結構向いているかもしれない。
2021012010254603b.jpeg
2021年01月20日 | Comments(0) | 未分類

絶望が止まらない

太平洋戦争において、日本と戦争をしなかった国は?そうしたら、50人中実に13人がアメリカと答えた。『僕の授業を聞いてるのに、君たち13人はふざけてるのかね?』と聞いたら、大真面目だと言う。しかもその一人が手を挙げてこう言った。で、どっちが勝ったんですか?』

先日亡くなった半藤一利氏の、
話の中からの引用。
あまりのことに、言葉が出なかった。
この若者たちは、
長崎も広島も知らない?

キリなく出てくる総理の言い間違いと、
夢希望安心……証。
私は大変な国に生きているんだなぁ。
今日は、絶望的な気分だった。
2021年01月19日 | Comments(1) | 未分類

怪しい仲間たちや

ついにご対面した3人組です。
いっぬはにじみ出る豚感を、
弱めるため、まだ鼻先の改良中です。
足の間やお腹の、彫りにくいところも、
少し綺麗にしてます。

2021011811343223c.jpeg
2021年01月18日 | Comments(0) | 未分類

鏡びらいた

2021011712164236e.jpeg
2021年01月17日 | Comments(0) | 未分類

ゆうちゃんのスカート

この前の端切れストックの整理をした時、
再発見された布で、
ゆうちゃんのスカートを作った。
この生地はお姉ちゃんがかって、
我が娘のためのワンピースを作ったときの、
残りである。
ゴムの入ったギャザースカートは、
手軽にできるものだが、
意外にゴムのところが問題である。
ゴムの幅ピッタリにしないと、
細かいギャザーができないが、
あんまりピッタリだと、
ゴムを通すのが難しい。
今回は私にしては丁寧にやった。
ウエストがちょっと大きいかなぁ。

202101170916000ed.jpeg
2021年01月17日 | Comments(0) | 未分類

ベッド

病床あたりの医師・看護師数
日本は極端に少ない。

だから、死者数が少なくても医療がひっ迫している。
愛知県医労連ついとより

ベッドというものは、人が寝る時乗る台、
一般家庭にも良くある家具である。
これさえあれば、
病気が治るというものではない。
2015年の資料だが、
現在はもっと少ないのかも。
他の国もだけど。
現在実際、各家庭で、
これの上に乗っているだけの人、
治療を受けられない人が、沢山いる。

202101161227296bc.jpeg
2021年01月16日 | Comments(0) | 未分類
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード