FC2ブログ

ショック・ドクトリン11

この章のタイトルは

イラク抹消
  中東の〈モデル国家〉建設をもくろんで
である。

「1991年の湾岸戦争の際には、およそ300発のトマホーク・ミサイルが
5週間に渡ってイラクに打ち込まれたが
2003年、たった1日で380発以上が発射された。
3月20日から5月2日までの間に、
米軍はイラクに3万発以上の爆弾を投下し、
2万発の精密誘導巡航ミサイルを発射したが、
これは過去に発射されたミサイル総数の実に67%に相当する。」

こうした〈衝撃と恐怖〉のきいているうちに
おなじみの経済改革である。
200社に上る国営企業の民営化、新たな経済法の制定。
45%だった法人税を15%に引き下げ、
外国企業がイラクの資産を100%保有することを認める、
投資家はイラクであげた利益を100%無税で国外に持ち出せる、など。

ふー

国立図書館は灰燼に帰した。
美しい装飾が施された1000年前のコーランは燃え
国立博物館は略奪された。

最古の文明の記録が失われたが、それは
何千年と続いた文化にたいする人々の誇りを
抹消するために、なされたことであるらしい…

コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード