FC2ブログ

言葉について

朝っぱらからなんですが
「亡くなる」という言葉についてです。
私はこれがどうも前々から気に入っていなかった。

自分の母の時は使いたくなかったので
〈死んだ〉と書いた。

ずいぶん前から気になっていたと見えて
本を読んでいてもつい気になってしまう。
私のみた限りでは、
私の好きなふたりの女性の作家、
須賀敦子と藤本和子は、肉親については〈亡くなる〉を使っていない。
〈死ぬ〉と書いている。

須賀さんは、肉親以外も別の表現を使っている。
藤本和子については確認できていない。

どうやら私と同じような気持ちの人もいるんだなと思った。

〈死〉というものの捉え方と関係があるのではないかと思う。
これについてはまたゆっくり整理してみたい。
2012年02月29日 | Comments(2) | 未分類
コメント
実はわたしも
ずうっと違和感をおぼえつつ使っている。
私のつねで深くは考えなかったけど、敬語のような気がして。
身内のことだとうんと親しい人には死んじゃった、とか言うけど。

ちょっとちがうけど「地球にやさしい」とか「からだにやさしい」という表現が嫌い。やさしいってなんじゃ!と言いたいぞ。
うう URL 2012年02月29日 10:16:51 編集
Re: 実はわたしも
やさしいというのは、ほぼ100%わりと表面的な利益になる時に
使われるので、やさしいというのは重要なことじゃないんじゃないかと
わたしは思っています。
なつ代 URL 2012年02月29日 14:10:17 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード