FC2ブログ

また食べる話

野生の生き物の一日は、
食べ物の調達に費やされる。
子育てというのもあるが、
これも子どもに食わすというのが主な仕事である。

人も昔はそうだったのだろう。
いまや、食べ物の調達、調理にかける時間は、
限りなく減っていっている。

高校野球の地区予選などでは、
だいぶ力の差のあるチームがあたったりする。
相手のピッチャーがちょっといいと、ぜんぜん打てない。
頑張っても負けてしまう。
悔し泣きに泣いた後、キャプテンは相手チームの所に行って、
「ぼくらのぶんも頑張って次も勝って甲子園にいってくれ!」
「わかった、次も絶対勝つよ!」
てなことを、言ったりする、ほんと。
ま、次であっけなくまけたりするが…
いやはや甲子園への道は遠いのである。

私はこれが食物連鎖に似てるなあと思う。

食われるやつのぶんも頑張ってまじめにやれよ!と思う。


子どもの中学の同級生のお母さんに、
保育園の先生がいた。
その人と、話していて、子どもの朝ごはん調べをしたら、
おせんべいとチュウペットなんていうのがころころでてくる。
夜は夜で、今日は、マックねなどと話している。
園でだす昼食に力を入れざるを得ないと。

世界にはいろんな食事があるから、なにを食べろとはいえないが、
チュウペットとマックでは、食われるやつのことを、
考える隙がないというのは事実だろう。

料理だけじゃなく、子育てでも仕事でも同じだけど、
自分の手や頭を使い、面倒でも時間を割いて取り組むことで、
楽しみも、やりがいも、いろいろ発見もでてくる。
関わらなければ、どんどんどうでも良くて、
興味もない関係ないことになってしまう。

高校球児くらいのまじめさで、戦わなくちゃね。
2013年01月30日 | Comments(0) | 食べる
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード