FC2ブログ

あーあ2

本当に情けない。
ネットうよくの親分だけあって、
かれには誇りというものがない。

ジョン万次郎は、四国の漁師のせがれで、難破して、
外国船に拾われた時、十代であったが、
じつに堂々と誇り高かった。

わたしは見たわけではないが、
彼の行動のながれや、周りの人の反応でそれはわかる。
彼は、きちんと意見を述べた。
学びたいという要求もした。
かれはよく働きもした。
かれを見下す人はいなかったし、
多くの人に愛され、援助を受けた。

人としての誇りは、学歴でもなければ、お金でもない。

貢げば貢ぐほど、顔色を伺えばうかがうだけ、
軽蔑されるというわけである。
哀しいソーリダイジンのナンバーワン!
2013年02月24日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード