FC2ブログ

嫌な雲行き

米国が、日本に対して強く求める
集団的自衛権行使の容認にストップをかけてきた
内閣法制局のトップが、つい先日、変わりました。
その内閣法制局長官に、
アベソーリの肝いりで就任することになった小松一郎氏は、
まさに容認派です。

これを、なぜ慌てて今なのかと思ったが、
シリアに間に合わせるためだったのではないか。
シリアに、自衛隊をがっつり〈従軍〉させ、
戦費も日本持ちにするというのが、
アメリカのアイデアではないか。

福島の復旧に使う金はなくとも、
宗主国のためなら、いくらでもという…

2013年08月28日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する
«« 計算… | HOME | こんちさんは? »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード