FC2ブログ

アメリカのこと

アメリカではずっと前から、
回転ドアと揶揄されているように、
大企業のトップがそのまま閣僚になり、
自分たちが都合がいいように、
国の政策に関与していたわけです。

しかし、私は、寄生虫が宿主が死んだら生き残れないように、
アメリカが破産したらどうなるのかと思っていました。
しかし、民営の市が次々と誕生しているのをみると、
(中国の富裕層もこれに興味しんしんらしい)
単に、これの国版なのだと思う。

そう考えると、TPPでは国家間の貿易協定でありながら、
商取引上の問題が起きた場合、アメリカ企業が、
日本を訴えることができるようになっているのは、
まさにこういうことの先取りなんだなぁと解る。
連邦政府は飛ばされている。

アベ政権はほとんどアメリカの傀儡政権のようだが、
動かしているのは、オバマではなく、巨大企業集団です。
そういう意味では、アメリカの一般国民とわれわれは、
立場はおんなじようなものです。



2013年10月23日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード