FC2ブログ

IWJウィークリーから

 私の問いかけに、佐藤議員は「福井県議会は変わっていない」と断言し、昨年10月、福島第一原発の立地自治体である福島県富岡町に、福井県議ら10人ほどが視察に行った時の様子を語った。
「バスで線量計を付けて入ったが、線量計の『ピッピッ』という音が大きくなるにつれ、議員は静かになり始める。富岡町役場の人は『もう人は住んでいない、家も修理できない、田んぼも作れない。原発関連死も……。原発と共存してきたけど、このザマです』と話してくれた。
これが、原発と共存してきた街の姿。議員からは、途中で『もう見学はいいんじゃないか』『もう帰ろう』という声も出た。最後まで日程をこなし、議会も少しはそれを踏まえて議論したが、結局は変わらなかった。その背景には、新たな安全神話がある」
──新たな安全神話ですか?
「福島の原発は事故を起こしたが、福井の原発は安全対策を取らせた。消防ホース、冷却用の電源も敷地内にある。仮に、電源喪失事故が起きても対応できる、と知事、県庁、自民党県会議員らは主張する。バックには利益、財政、自民党への電力関連会社からの資金提供もある。そういったところにどっぷり浸かり、抜け出せない。選挙応援や政治資金パーティーにも頼っており、今さら(脱原発方向になど)手のひらを返せない状況だ」

引用が長くなりましたが、
これはIWJの原記者の福井のリポートです。

私は今までメディアが真実を伝えないのが大きいと思っていたが、
やはりそれだけではなかった。
デマでも嘘でもない、自分の耳で聞き目で確かめても、
結局はだめなのである。

本人によって、真実は完全にブロックされている。

自分の安逸のためなら、事実をやすやすと曲げる。
これは一種の引きこもり現象である。
嫌な現実からは徹底的に逃げる。
多くの人はこうなのだろうか。
これでは命がけのジャーナリストも浮かばれない。
日本人の多くがこうであったならば、
日本は決して変えられない…かも。
2013年10月23日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード