FC2ブログ

怪しい首

昨日はいい天気で、のんきに出先から帰ったら、
Pさんが、朝ごはんをすっかり吐いていた。
朝はあんなに元気に散歩に行ったのに。

帰ってきたらなんかもらえると思ってるから、
ほんのちょっと、ご褒美をやったが、ほどなく吐いてしまう。
食べてすぐ吐くのはよい傾向ではないので、
これはまずいと、ケアにかかる。
首の後ろとサイドの面が熱い。
中で何が起きてるかはわからないが、
この熱をとってやらなきゃならない。

犬は汗をかかないと、なんにでも書いてある。
しかし、ゆっくり手を当ててマッサージすると、
しっとりと湿ってくる。
汗腺はなくても毛穴はあるわけで、
こういうケアを真剣にやると、実際熱はとれていく。
お腹が空いているらしいので、
ほんの少し柔らかいドックフードをやって、様子を見る。
外に出すと、さっき飲んだ水をちゃんとおしっこしたので、
やや安心。
その後は朝まで吐かなかった。

この間、私は隙を見て、頼まれた絵をかく。
朝のうちにスケッチはオッケーが出ていたので、
メインの二枚の本番を描いて、スキャンして送る。
あとの小さい説明図は、そっちでやってと頼んだが、
スキャナーがないからだめだというので、
夜になって残りを描く。

とりあえずピピンの元気は復活したが、
首の内部は実に怪しいなぁ。
2013年10月29日 | Comments(0) | 動物
コメント

管理者だけに表示する
«« 黒豆の枝豆 | HOME | 昨日の話 »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード