FC2ブログ

「イスラームのロジック」7

もちろんアラブ世界といえ、一様ではない。
ムスリムの国でもトルコのように、
西洋型の国家形態を持ち、EUに入りたいところもある。
(なんだかんだ言って入れてくんないけど)
油が絡んでくると、アメリカと仲良しになったり、
地理的にロシアとヨーロッパの間に当たるので、
ロシアとの関係も微妙にある。
日々こくこくと状況はかわり、とてもわかりにくい。
ただ、あまりにも世界は非対称である。
そのことだけは、日本にいても認識したいし、
間違った先入観や偏見を持ちたくない。

アラブという言葉の語源は、
遊牧民ベドウィンのことだと、言われている。
ラクダを育てそれを売り買いし、また隊商として、
商売や流通にかかわる。
以前読んだソマリアの本を思い出した。
ソマリアはアフリカだが、海を挟んでイエメンの向かいっ側で、
もともと遊牧民の国。(イエメンでもカートを食べるらしい)
遊牧民気質みたいなものがなんとなくわかる。

ハサン先生のこの本はイスラームの神学の部分は、
難しくて手が出なかったが、そのほかは、
案外読みやすく私が求めていたタイプの本であった。
わかりやすく面白く紹介しようと頑張って見たが、
なかなか難しかった。

おしまい
201411062017169c3.jpg

20141106203145588.jpg

@Minzokubot: 19世紀初頭に撮影された若いベドウィンの男性。
現在のパレスチナ周辺で撮影されたとされている。 http://t.co/qxRHem832R
コメント
少し前の記事へのコメントで恐縮ですが、ご本の紹介ありがとう。
最近マンガしか読んでないので、そろそろ腰を据えて読むような本に取りたいと思いつつ、なかなか手が出ない…。
気合がたりないのか?
ふくすけ URL 2014年11月25日 13:23:23 編集
Re: タイトルなし
ま、そんなこともよくあることや。
わたしも気分によって読める本のタイプがある。
なつ代 URL 2014年11月25日 13:33:53 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード