FC2ブログ

「少年たちの戦争」1

201503030840540ee.jpg

徳永徹さんのご本を送っていただいた。
徳永氏は私の友人明子さんのご主人である。
明子さんにはこのやまのカテゴリー宮沢賢治で、
何度か登場してもらっている。
偉そうにお友達呼ばわりしているが、
ずいぶん年長のお話界の重鎮であります。
そして徹氏もまたえらい先生であるのだった。
(おじさんに関しては、家がご近所だった時代に、
お届けものをしたおりなどに、
言葉を交わしたことがあるくらいです)

岩波から出るという話を聞いてすごいねぇと喜び、
「世界」に広告が出たと言って騒いでいたのだが、
ついに手元にきたのである。
徹氏は現在88歳、戦争のさなかに、
少年時代を過ごしている。
友人たちとの手紙や中学時代の文集など、
貴重な資料を元に、リアルに時代の動きを、
再現している。
素晴らしい御本である。

戦後生まれの若い松井さんには、
わからないだろうなぁと言われるのがオチだと思う。
確かに信じられない、どうしてこうなるの、という
ものはいっぱいある。
でもこんな私たちのようなものに向けて、
まさに書いてくださったのだと思うから、
もう少しちゃんと読んで、
私なりに真面目に紹介したい。
2015年03月03日 | Comments(0) | 少年たちの戦争
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード