FC2ブログ

「パプーシャの黒い瞳」見てきた

さて、東京の公開は今日が最後だというので、
頑張って神保町まで行ってきた。

ジプシーという人たちは、
迫害されても迫害されても、もうどうしても、
旅をして生きていきたい。
多分、私が冷房の風じゃなくて外の風が好きで、
寒くなっても窓をちょっと開けたいというのと、
ちょっと似ていて、
もっともっと重症の外が好きなタイプなのだと思う。
自由に移動できないと息が詰まっちゃう。

そして管理する側は、自由なジプシーがいることが、
我慢がならない。
この場合お金はあまり関係がなくて、
自分の管轄外の人間が存在することが、
許せないという感じか。
演奏の許可がないとか、馬車に灯火がついてないとか、
とにかく管理してがんじがらめにしたい。

文明人は本当のこというと、
自由が嫌いなのかもしれない。
怖いんじゃないか。
ジプシーが貧しいのは迫害されているからで、
存在を認められれば生きていけるはず。
彼らは森があれば生きていけるというていた。

アラブでもアフリカでもノマドは迫害され、
自由な移動を禁止される。
定住が偉くて移動が悪いということに、
正当な理由など一つもないのに。

それにしてもポーランドの風景が美しすぎた。
あの風景の中で、
馬や犬たちと焚き火を囲んで過ごす夜は、
どんなだろう。
(冬は寒いと思うけど。)
映画は時間軸が頻繁に前後するのが、
納得がいかなかったが。
本当に綺麗な映画です。
音楽も素晴らしい。
もっとあっても良かった。
2015年04月10日 | Comments(4) | 映画
コメント
No title
爺はジプシーの音楽が大好きじゃ!
商業的に編曲されたヤツも含めてね。
何時聴いても胸がキュンとなる。
コブ爺 URL 2015年04月11日 18:56:12 編集
Re: No title
彼らはアーティストなんよね。
なつ代 URL 2015年04月12日 08:57:18 編集
No title
私も観ましたー!ポーランドというお国にも興味が湧きました。美しい景色といい、音楽といい最高でした。悲しい側面もありましたが、画像だけでも ずっと眺めていたい映画でした。
青ねこ URL 2015年04月13日 13:15:24 編集
Re: No title
ポーランドの映画はいいのが多いねぇ。
とにかく美しい写真集を眺めているようだったねぇ。
なつ代 URL 2015年04月13日 13:34:13 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード