FC2ブログ

今朝の朝刊より、世界剣道

スポーツ欄に小さな記事だが、
世界剣道の結果が出ていた。

息子が高校時代ちょっとやっていたのもあって、
たまたまテレビで全日本の中継を見て、
剣道に注目した時期がある。
三年に一度の世界剣道は今回が16回大会で、
日本はみごとに16連覇を達成した。
決勝は全日本を最年少で制した竹之内選手と、
網代選手の日本人同士の対戦。
網代が勝った。

とにかく第一回大会から一度も負けていない。
今や剣道こそが日本のお家芸と言える。
世界中に選手がいるというほどではないが、
今回は55カ国211人がエントリーしている。
かなり盛んな国はあって、そんなところでは、
みんな目の色を変えて打倒日本を、
それだけを目指して、必死の努力をしている。
日本では現役警察官が多いが、外国の選手の中には、
仕事をやめて日本に留学し、日本に勝つために、
すべてを捧げている人もいるらしい。
今回は日本で行われたようだが、海外での大会では、
日本の注目度は凄まじい。
一度そういう密着番組を見たことがある。
試合は会場で何面かで同時に進むが、
日本選手の試合は、人が群がって見ている。
オフの時も、試合会場付近では、
ジロジロ見られるので、気を抜くいとまもない。
剣道は今も礼儀作法を重んじるため、海外の指導者たちは、
すべての面で日本選手をお手本として見る。
そんなことより、一度も負けてないということの、
プレッシャーが凄まじい。
テレビで見ている私が苦しくなったほど。
(三年に一度だから48年間だ!)
今回の優勝者網代選手も言っているように、
「とにかく日本選手に当たるまでは負けられない」
「責任を果たせて良かった」
「とにかくほっとしている」
これに尽きるのであった。
(その上パワーで責める外国勢相手でも、
日本選手は綺麗な一本で勝たなきゃならないのだ。
これは見ていて面白いし気持ちいいから賛成だが)

剣道の試合は実際にみると、速くて、
どっちが一本か全然わからない。笑
でもあたりにみなぎるその緊張感が素晴らしい。
もう少し大きく報道してあげてほしいな。
2015年05月30日 | Comments(0) | すぽーつ
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード