FC2ブログ

イサムノグチ6

いよいよと言うか最後に、
イサムと女性について。
いっぱいいすぎるので、
私の印象に残った三人を紹介します。

フリーダ・カーロが出てきたのには、ややびっくり。
つながった太い眉毛の自画像で有名な、
メキシコの画家です。
彼女は子供の頃の小児まひ、娘時代の交通事故の影響で、
何度も手術を受け様々な病気と格闘しながら、
精力的に力強い絵を描き続けた人です。
ダンナのディエゴ・リベラは有名な、
国民的というレベルの壁画家であった。
イサムはこの人にコロリと参ったわけである。
情事の現場を押さえられ、
ピストルを持ったリベラに、
追いかけ回されたらしい!

次なる女性はインド独立の父ネルーの姪である。
ナヤンタラという美しい娘は当時まだ16歳であった!
(ちなみイサム39歳)
インドはイギリスからの完全独立をかけた、
戦いの真っ最中で、弾圧を逃れ、
アメリカに留学してきたのである。
非暴力不服従のあのガンジーをお父様、
ネルーを、叔父ちゃまと呼んで育ったお嬢様である。
この年の離れた恋愛は双方気持ちを残したまま、
別れることになったので、純愛のイメージがある。

帰属の不確かなことに一生悩んだイサムとは、
まさに正反対で、
インドという国と強く結びついた、
離れることは許されない
最高のカーストの家の出である彼女である。
ノマドのアーティストなどと、
結婚ができようはずもなく、
彼女もそういう自覚があった。
こういう立場ってのもあるんだねぇ。

さて三人目は唯一イサムと結婚した女性、
山口淑子を書くべきかもしれんが、
別の人にする。
つぎ最終回だから安心してね。
2015年06月28日 | Comments(0) |
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード