FC2ブログ

「失われてゆく、我々の内なる細菌」7

アメリカでは、
ファクトリーファーミングというらしいですが、
食肉の生産は、もはや生き物という扱いではない。

「2010年に鶏卵のサルモネラ菌汚染が見つかり、
全米で5億個の卵が回収された。
様々なブランドで売られていたが、
この5億個はただ1社の巨大企業が生産していたものであった。」

これは以前私が紹介した「シティー・ファーマー」
に出てきた話ですが、
一握りの超巨大企業が巨大な工場で、
工業製品のように作っている。
そして過密な環境で病気が起きないように、
抗生物質が投与される。
ここまでは知っていたが、
短期間で低コストで太らせるためにも、
抗生物質が与えられているという話が出てきた。
このことについては説明が短すぎて、
どういう理由でそうなるか、
ちょっとよく理解できなかったが。
実際アメリカで流通している抗生物質の、
実に70から80パーセントが、
家畜に与えられているという。
EUでは太らせるための投与は禁止されている。

そしてスーパーに並んでいる、肉、乳製品に、
抗生物質はかなりの高確率で残留しており、
抗生物質の耐性菌も、検出されているのである。
2015年07月29日 | Comments(0) |
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード