FC2ブログ

私のロシア擁護論

ロシアについてアサド擁護という批判をする人が、
ほとんどだが、体制をぶっ潰すのではなく、
国の体裁を維持したまま、
アサドを、手続きに則って引き摺り下ろそうというのが、
その考え方であると私は思う。
ロシアは粘り強く調整している。
アサドは最低であるというのは同感。

リビヤのガダフィのことを思い出して欲しい。
アメリカはガダフィを抹殺するために、
リビヤを国全体をボロボロにしてしまった。
ああいう乱暴なやり方をするのが、
アメリカの中でも好戦的なネオコンである。
ここではオバマは、
ネオコンの圧力をはねのけているように思う。

ガダフィにかんしては私は支持していた。
あれは酷すぎた。
2015年09月29日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する
«« 菓子型 | HOME | 鶴見俊輔6 »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード