FC2ブログ

着物関連

お嫁さんの赤い襦袢は、結局うちにあった、
一番薄い襟芯を入れた。
広襟の襦袢なので、間に挟んで折って止めた。
ずっと前試着した時は、新しめの別の襦袢だった。
娘の着物は比翼仕立てで厚いので、
薄い新しい方にして、
赤はいかにもクラシックなお嫁さんらしいので、
少し暑いけど、こちらをお嫁さん用にした。
だから、赤い襦袢で着せるのは本番がぶっつけになる。

襦袢はけっこう大事で、襦袢が綺麗にきれると、
着物はそれに乗っかるだけで、上手く着れる。
帯はまたべつだけどね。
お嫁さんが締める予定の帯はあまりハリがない。
彼女は細いので、扇の部分を二枚とも二重にするが、
そうなると長さはギリギリである。
最初の手をどのくらいにとるか、そこが決めて。

しかし日本の赤は本当に綺麗。
惚れ惚れする。

私はこんなにいろいろ気を使っているのに、
(勝手に好きでやってるんだけど)
本人たちは仲間内のパーティーの方に、
入れ込んでいて、年寄り向けセレモニーは、
あまり興味はないらしい。
パーティーの方にも行きたいけど、
息子が絶対許してくれない。
変装して侵入するか…
2015年09月30日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード