FC2ブログ

光のノスタルジア

星の光というのはとんでもなく遠くから来る、
大昔のものである。
天文学者は天文学的なほどの大昔と向かい合う科学者である。
また、この砂漠には有史以前の人の残した、
岩絵が数多く残されている。
それを研究する考古学者もここをフィールドにしている。
そして、この砂漠で何十年も小さなスコップで、
地面を掘り返しながら、
遺骨を探している女性たちがいる。
ピノチェトに肉親を殺された人たちである。

それぞれが離れ具合の違う過去と向き合っている。

1970年チリにアジェンデによる社会主義政権が発足する。
彼はチリの重要な産業である、
鉱物資源の鉱床を国有化するなど、
一部の外資や金持ち階級の独占を阻む政策をとる。
これに激怒したアメリカは、軍人ピノチェトを支持し、
クーデターを起こさせる。
アジェンデの最後は凄まじいものであった。

そしてアメリカから送られた新自由主義経済学者によって、
彼らに都合の良い新しい憲法が制定され、
軍事独裁政権がはじまる。
同時にアジェンデの支持者たちへの粛清が始まる。
労働組合関係者などが次々に殺された。
この時、歌手ヴィクトル・ハラも殺されたのである。
逮捕や拷問にもアメリカは深く関わっている。

新自由主義経済学の最初の草刈り場が、
チリだったのである。

続く
2015年10月22日 | Comments(2) | 映画
コメント
No title
 昨日観ました。老母が暇そうにしているので誘いました。(きっと美しい景色だよ)と言って誘いました、、笑 天文台の設備をあんなに撮らなくても、、もっと星空や雄大な景色を増やせばいいのに、、と帰り道。吹き出しそうになるのを堪えて帰りました。
青ねこ URL 2015年10月26日 09:29:20 編集
Re: No title
結局のところお母さんは、きにいってくださったのよね?
この前神保町で待ちぼうけ食らった時、脇に歴史解説地図みたいのがあったんだけど、
お宅はこの近所やな、と思っていました。
なつ代 URL 2015年10月26日 12:30:12 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード