FC2ブログ

「愛と哀しみのボレロ」

1982年の映画ですが、
今回リマスター版の4週間限定上映である。

封切られた時に見ているが、その時は、
ベジャールの振り付けが衝撃的に新鮮で、
ジョルジュ・ドンの踊りが素晴らしく、
そこにばかり気持ちがいってしまったが、
今回は戦争に翻弄され生活を破壊された、
ドイツ、フランス、ロシア、アメリカ、
それぞれの国の人たちの哀しみも、
しみじみと心に響いた。
音楽映画、バレエ映画としてだけでなく、
全体として素晴らしい映画だと感じた。

しかしベジャールのボレロは本当に素晴らしい。
シルヴィ・ギエムのも有名だが、
ジョルジュ・ドンのものがやはり好きだ。
ギエムは物凄いテクニックがあって、
クールな踊り手だが、シャープ過ぎる気がする。
ジョルジュ・ドンは死んでしまったけど、
こうしてまたボレロを見ることができて、
本当に良かった。

恵比寿ガーデンシネマ、もう少しやってます。
意外にすいてた。
2015年11月06日 | Comments(4) | 映画
コメント
No title
ベジャールは一時期、ローザンヌの街中の家具屋の上階に、日本人のボーイフレンドと住んで居て、掛け軸をたくさん飾っておった。 昔の話じゃ!
ホント、愛と悲しみのボレロじゃねー。
コブ爺 URL 2015年11月07日 03:18:28 編集
Re: No title
やあやあいらっしゃい!
ベジャールはローザンヌだから、爺はどうしとるやらと、
思い出していたとこじゃった。
掛軸ねぇ。家具屋の上にねぇ。日本人のボーイフレンドとねぇ。
さすがの地元情報です。

昔テレビで二十世紀バレエ団の番組があって、
ベジャールも出て、ローザンヌの街も見たことがあるよ。
なつ代 URL 2015年11月07日 08:52:30 編集
No title
やっとほぼ本来の生活リズムを取り戻せたのじゃ! 
お陰様!であります。
ところでミラノは姉上様の一周忌にも帰国しなかったようじゃね。 同病相哀れむじゃから、気になっておるのじゃが、金沢に問い合わせても「シカト」されるだけじゃからね。
元気になったから、遊びにおいで!
コブ爺 URL 2015年11月09日 17:07:04 編集
Re: No title
爺もしかしなんだかんだで、しぶとく復活やねぇ。
おめでとうでごわす!
スイスはこれから寒かろう。
なつ代 URL 2015年11月09日 17:58:45 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード