FC2ブログ

死刑、これで最後

日本の有罪率の高さは有名で、
1957年以降、常に99パーセント以上です。
これは、世界一と言われています。
世界中から異常な数字であると、驚かれています。
捕まったら最後無罪になることはほぼないといえる。
何が何でも犯人にしたてあげるということが、
日頃行われていると、想像できます。
警察に不都合な証拠は隠す、
また証拠品をでっち上げる、
味噌ダルにズボンをつけるとかね。
冤罪が起きる可能性が極めて高い。
警察は冤罪をなくすことに積極的ではなく、
政府もそういう法律は潰す方向に動く。
万が一無罪を勝ち取っても、
「世間を騒がせた」という罪で、一生許されない。
それが日本の警察、司法、社会の現状です。

これまで冤罪で死刑になった人は、
少なからずいると言われています。
これも死刑に反対する理由です。

もう一つは、言い方が良くないかもしれないが、
もっと死刑にふさわしい人がいるのに、
そういう人は決してそうならないというのも。

日本では死刑は厳しく隠されている。
普通の人は死刑がどのように行われるかも知らない。
執行は直前まで知らされない。
刑が確定してから、いつその日がくるのかわからない。
そして新聞には執行されたと出るだけである。
熱狂的に死刑を望んだ人々も気がつかないほどごく短く。

死刑の話は嫌いだと思うけど、
書き始めたので全部書いた。
これでおしまーい。
2016年06月29日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード