FC2ブログ

大豆のこと

農家の人たちが苦労しながら、先祖の土地を守って、
仕事を続けてきたことに対して、
世間では頑迷で保守的なという印象があるかもしれないが
私はどうしても共感してしまう。
時代遅れであろうと、効率的でなかろうと、
止めるのは難しい仕事に違いないと思う。
米であれ野菜であれ、生き物に関わる仕事である。
例えば大豆は、
木が枯れすっかり汚く茶色に変色した鞘から、
真っ白の本当に美しい種、豆がこぼれ出る。
種というものにはどれにも完璧な美しさがある。
大豆の一生は終わったが、その豆を手にした人間は、
それを植えざるを得ない。
この種を植えてくれろ、
と強く願っている者の気配を感じるからである。
人間もまたそういう風に脈々と、
命をつないできた生き物であるのだから。
そういう連続する繰り返しを、
続けていこうという感覚を、
普通の人間なら誰もが持っているのではないか。

しかし最近はそうでもないように感じる事が多い。
2016年11月25日 | Comments(2) | 未分類
コメント
No title
種は蒔くものだよね。
それも買うのだはなく
自分で育て採った種を。
毎年蒔いてもちゃんと育つ種を。
野草たちには当たり前のことなのに。
Yaruqi URL 2016年11月25日 11:25:38 編集
Re: No title
経済が介在しない、人間が関与しない分野では、
ごく普通にそうなっているんだけどねぇ。
娘の大豆ももちろん去年の種。
黒豆は出来立ては赤紫なのよ、
乾くにつれて真っ黒になってくる。
なつ代 URL 2016年11月25日 16:42:24 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード