山城議長のインタビューから

デイズと世界の両方に、
ひろじさんのインタビューが出ていいたのですが、
一見なんて事ない所でグッとくるものがあった。
「辺野古のテント村、高江のゲート前という空間は、
権力のまさに反対側。自由で平等で、
暮らしや命を守ろうとする人たちが集まる場所。
そういう空間が大事だし、大好きです。
これほど守りたい場所は他にはない。」

私はどちらも行った事がないのですが、
初めてここを訪れる人は、マイクを渡され、
自己紹介するらしい。
警察に持って行かれた場合、
誰だかわからないと困るからだと言います。
ひろじさんが逮捕された時も、
これらの現場の他に那覇署などにも人々はいって、
外から激励し続けました。
最後まで開放されなかった、
東京からきた高橋組長に対しても、
ずっと手書きのプラカを掲げて、
スタンディングしている人達がいた。
私は本当にここは素晴らしい所だと思っていたので、
この文章を読んで急に涙が出ました。
沖縄の人のどんな厳しい中にあっても、
決してへこたれず暖かさを失わない、
逞しい優しさが凝縮している場所です。
ここでみんなは歌ったり踊ったりもしながら、
来る日も来る日もダンプを止めようと体を張って、
ごぼう抜きされ続けている。
2017年06月17日 | Comments(0) |
コメント

管理者だけに表示する
«« 豊洲! | HOME | 本日! »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード