「博物誌」

ルナールの「博物誌」を読んでいる。
訳者は岸田國士である。
ルナールというのはあの「にんじん」の作者である。
最近はあまり有名じゃないのかもしれないが、
にんじんはメロンが嫌いだろ?という、
恐ろしい台詞は忘れられない。

この博物誌は身近な動物一つづつに、
ごく短い文章が付いたもので、
フランスじゃ子どものお勉強の、
書き取りなどのテキストになるという。
読んでいて気が利いていて文章も面白く、
なるほどちょうどいかもと思う。
訳者が書いているように、我国の俳文学に、
通じる簡潔さがあるかもしれない。

蝙蝠の章の一部を引いてみよう。
「毎日使っているうちに夜もだんだん摺り切れて来る。
中略
どんなところでも、夜の帷の裾の入り込まないところはない。
そして茨に引掛かっては破れ、寒さに会っては裂け、
泥に汚れては傷む。で、毎朝、夜の帷が引き上げられる度に、
襤褸っきれがちぎれて落ちて、あっちこっちに引掛かる。
こうして蝙蝠は生まれて来る。」
こういう感じ。

白鳥では、泉水の上を白い橇のように滑る。
という表現があった。
私の好きな川柳の、白鳥がアイロンのように滑る、
というのを思い出した。

挿絵はこれも有名なボナールである。
うまい。

新潮文庫
2017年07月05日 | Comments(0) |
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード